mr.gonsukeの感謝するから幸せになれる
素直な心・感謝の気持ち・謙虚な姿の3つを日々心がけています。松下幸之助氏、鍵山秀三郎氏の経営学に影響を受けた42歳です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
亀田選手世界戦に思う
昨日は亀田の世界戦が見れなかったんで、帰ってきてからインターネットですぐ調べました。

2chや格闘技ブログなんてすごく荒れてますね。

“続きを読む”の前に「ワンクリック」ご協力お願い致します。
バナー小橙人気blogランキングへ



「TBSがベルトを取らせた」「八百長試合」とか、きつい内容です。

もともと、「俺は強いからな 絶対負けへん」などと言うビックマウスや会見で、ハンバーガーを食べるといった常識外れのパフォーマンスのため、人気もあったが、「弱い相手ばかり選んでいる」「ボコボコに負けたらいいのに」等のアンチ亀田も多かっただけに反動も相当です。

今朝「朝ズバ」にも出演していました。スポンサーであるTBSの番組だったので、あまり本人には突っ込んでいませんでした。試合の内容以上に盛りたてる展開に少しシラケました。
しかし、フジ、日テレなんかのニュースでは、「疑惑の判定」といった表現をしていましたね。

朝日の朝刊も、協栄ジムの鬼塚選手の話を持ち出してきての酷評。

普通の人間なら、つぶれてしまいそうな位の世論の中、19歳の新チャンピオンは、これからどう歩んでゆくのか。

多くの意見がありますが、マスコミにどんどん踊らされて、チャンピオンになる前に国民的なスターにもなってしまったのですが、結局「自分らしさ」を失ってしまったと思います。
3Kの暗いイメージのスポーツだったボクシングをジャニーズのコンサートのように若い女性も応援に来られるほど明るい雰囲気にした功績は大いに認められます。でも、亀田自身も「入場の時から地に足がついてなかった」と言っていた位プレッシャーがかかる世界戦。この引くに引けない状況下で、明らかに自分のスタンスではないですね。

活動拠点は元々、大阪西成というコテコテの大阪であったが、現在ではTV出演などのカラミからか、東京葛飾区(勝つしかないという意味だそうです)に変わっています。気付かないうちに、大きな力に引かれたレールの上を歩かされていたといった感じでしょうか。大きな力の脚本は、「常勝伝説」負けは一切許されなかったのでしょう。ある意味かわいそうだと思います。

マンガ「明日のジョー」での矢吹ジョーも何度も負けて、挫折があり、それを克服していく、人間には強さや弱さがあり、その中に男の美学がありました。

亀田選手も今回負けた方が、自分本来のスタイルに戻れた分、楽だったんじゃなかったかとも思います。スポンサーは去って行くかも知れないが。

ボクシング=ハングリーが強さの源のような気がします。

歴代チャンプが亀田選手に辛口なのは、そういった点ではないでしょうか。

映画ロッキー3でも、惨めな敗戦により、英雄から地に落とされてから「虎の目」を思い出し、もう一度チャンピオンに返り咲くというストーリーでした。

そちらの方が、亀田選手のスタイルのように思うのです。自分らしさをもう一度取り戻してほしい。

亀田選手の性格なら、あんな試合の後に、朝一から生でテレビ出演するのは辛いでしょう。それでも、TBSのアナウンサーからのくだらない質問にも、口調は別として丁寧に答えていました。

精神力は強いですね。でも頑張った後の反動が怖いです。キャラクターを守ってマスコミ用の対応していますね。本音ではないはず。

こんなことを乗り越えて、強いボクサー、立派な成人になってください。

妬みや僻みの人間たちにつぶされないように祈っています。

彼が人一倍影で努力している事は分かっています。それをもっと青少年にアピールしてほしいと思います。口だけじゃなく、人一倍努力していることを。

今週は、阪神タイガースと同じく遠征続きです。

今日は滋賀県まで、商品研修会に出かけます。

そして明日、明後日は和歌山県のビルダーで泊り込みでOJTの研修。

ちょっとハードですが、頑張ります。阪神も頑張って!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
acbさん
コメントありがとうございます。今日の会見では人間が出来ていくといった感じではありませんでした。ただ、みんなの分、全部自分で請けているといった感じがしました。

ふなきさん
コメントありがとうございます。こちらこそよろしくお願いします。そうですね。今日はほとんど寝ていなかったようだし、少し時間を置いてから冷静になって考えればいいのではないでしょうか。私も次に期待しています。

ワンマンさん
いろいろなブログで亀田選手記事に目を通しましたが、11回に本当の19歳の亀田を見たという記事がありました。ビックマウスは似合わないですね。何かを守るために必死で頑張っている姿が気になります。親父はどう思っているんでしょうか。彼一人で頑張っているようで・・。
2006/08/04(金) 00:47:15 | URL | gonsuke #-[ 編集]
しらけました
ダウンした選手がダウンしていない選手に勝つ試合をはじめて見ました。ありえませんよねぇ。あの11回の足にきてフラフラな亀田に対し終始安定してジャブを決めていた暫定チャンプが負けるなんて・・・
親子愛もここまで来るとしらけますがなんと言っても試合後のTBSのスポーツコーナーに登場し謙虚さが出るかと思いきやこれまでどおりのビッグマウスがこいつアホカとも思ったしだいです。あの11回の苦しそうな顔からもうビッグマウスは似合わない。
2006/08/03(木) 23:57:21 | URL | ワンマン #-[ 編集]
次に期待
こんにちわ。
始めまして。ふなきと申します。

私も昨日の判定に疑問をもつ者のひとりです。
しかし、そんなことより、これからの彼に注目しています。

判定の結果には色々と意見があるかもしれませんが、世界ランカーを相手に判定にまで持ち込んだことは実力のある証拠です。

また、ボクシングというスポーツが、これほどまでに騒がれていることも、彼の亀田家の功績と言えるでしょう。

何にしても「次」です。「次」の試合が彼にとってとても大切なものになるはずです。
私は一皮向けた「次」の彼に期待しています。


がんばる会社研究会 ふなき


2006/08/03(木) 13:52:48 | URL | ふなき #-[ 編集]
地位は人を作るか?
 プロスポーツの世界では 若くしてトップにつきますからね。
その地位にふさわしいかどうか そんな側面からも厳しく見られるようになりますね。
そういう点が一番厳しいのが大相撲
朝青龍もなりたての頃はいろいろなコメントをもらっていました。
先日の優勝の会見を聞くと 彼が25歳 というのは信じられない気持ちになります。
すごい貫禄です。
イチローの言葉は その道を極める そんな重みがあって ビジネスにも通じます。
若いチャンピオンは 彼らと比較される位置に来てしまいました。
誰が見ても 地元採点 の勝利から しばらくは針のむしろかもしれません
このケース 地位は人を作っていくのでしょうか?
それとも ・・・ 
2006/08/03(木) 13:43:05 | URL | acb #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://onigirigorogoro.blog46.fc2.com/tb.php/92-3be6fe93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。