mr.gonsukeの感謝するから幸せになれる
素直な心・感謝の気持ち・謙虚な姿の3つを日々心がけています。松下幸之助氏、鍵山秀三郎氏の経営学に影響を受けた42歳です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ひきつける
新リーダーとして4ヶ月目。

「今、自分に必要なこと」読んでみてそう思いました。

“続きを読む”の前に「ワンクリック」ご協力お願い致します。
バナー小橙人気blogランキングへ





秀吉が北条氏を攻めた時、伊達正宗は招請を受けながら、形勢を観望してなかなか出かけなかった。しかし秀吉軍の優勢を見て、自分の非を覚り、叱責を覚悟の上、遅まきながら小田原にやってきた。

すると秀吉は、遅参に対しては詰問したものの、そのあと「この陣営を見せてやろう」といって、山の上にのぼり、いちいち指さして説明した。その時、秀吉は自分の刀を正宗に預け、小姓を一人連れただけだったが、まったくそれを気にする様子はなかったという。

後に正宗はこの時のことを人に、「あの時はただ恐れ入るだけで、太閤を害しようというような気は少しも起きなかった。全く、大器というか天威を持った人だ」と語ったという。さすがの正宗も完全に秀吉に心服してしまったわけである。

正宗を始め、九州の島津義久をはじめ秀吉に敵対した多くの人びとが、後にみな秀吉に心服している。徳川家の重臣であった石川数正ほどの人が、家康のもとを去り、秀吉の臣下となった例さえある。秀吉という人には、それほど人をひきつける魅力があったようである。それは秀吉の天性の人がらか、あるいは幼い時から諸国を流浪し、人情の機微というものを身をもって知り尽くしたことによるのか、それはわからない。が、いずれにしてもそうした秀吉の魅力が、あたかも磁石が鉄片を引きつけるように、多くの人を彼のもとにあつめたのであろう。

そのような、ひきつける魅力というものを持つことが、指導者にとって、きわめて望ましいことだと思う。指導者に「この人のためには・・・・・」と感じさせるような魅力があれば、期せずして、人が集まり、またそのもとで懸命に働くということにもなろう。そういうものを持たずして、よき指導者となることはなかなかむずかしいと思う。

もっともそうは言っても人柄というものはある程度先天的な面もあって、誰もが身につけるのは難しいかもしれない。

しかし、人情の機微に通じるとか、人を大事にするとかといったことも、努力次第で一つの魅力ともなろう。また、自分自身でなく、自分の会社、自分の団体というものになんらかの魅力を持たすことでもいいと思う。

いずれにしても指導者は、そういう“ひきつける魅力”の大切さを知り、そういうものを養い高めていくことが望ましいと思う。


PHP 指導者の条件 松下幸之助 より
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
YAMATYUUさん
本当に「秀吉」のようにオーラーがある存在になってください。ネタは提供しますよ。
2006/07/31(月) 13:22:11 | URL | gonsuke #-[ 編集]
本気の期待感!
人をひきつける指導者!私もこれに憧れます。
一番の方法は、本気で部下や生徒に対して「こうなったほしい!」と期待感を持って接する事ではないでしょうか?原田先生の請売りですが、本当に期待している生徒には、自然にそういう言葉がけをしているし、親御さんにも、周りにもそのようなストロークを発信していると思います。それとももう一つは、率先垂範・ハンズオン指導・・・一番しんどく・一番汚く・一番厄介な事を、指導者が自ら愚直に取り組んでいるか、どうかではないでしょうか?私自身、まだまだですが、その気にさせる指導者を目指します。
2006/07/30(日) 22:58:35 | URL | YAMATYUU #-[ 編集]
松Pさん
ありがとうございます。そうですね。小学校3年から少年野球を始めて、中学、高校バスケット、大学、社会人アメフトとずっと10歳~25歳までクラブ漬けで、他の人みたいに「夏休み」なんてなかったんです。炎天下のグランドや蒸し風呂のような体育館で頑張ってきた経験は、誰にも負けない気持ちはあります。ファイトで頑張ります。今度、大阪に来られる時は教えてください。飲みに行きたいですね。
2006/07/30(日) 18:22:29 | URL | gonsuke #-[ 編集]
だてに・・・
・・スポーツをやってきたわけじゃないと思いますよ。それもチームプレーを必要とする団体競技だったわけで。
gonsukeさんに関しては文面からだけですが、ひきつける部分についてはあまり心配しなくてもうまくいきそうな感じがしています。
くだらない精神論で申し訳ないですが、昔の練習より苦しい仕事ってありますか?
この炎天下で水も飲まず朝から夜まで殴られ蹴られしながらやってたことを思うとまだまだいろんなことが出来ると思える自分がいます。
家族の存在もそうですね。
今の結果が人生の結果ではないと思います。
お互いジジイになったとき、あの頃は苦しかったけど頑張ったなぁと笑って言えるようにコツコツ頑張りましょう。
今度大阪行くときは声掛けますね。
では
2006/07/30(日) 16:30:12 | URL | 松P #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://onigirigorogoro.blog46.fc2.com/tb.php/88-0c6fe6a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。