mr.gonsukeの感謝するから幸せになれる
素直な心・感謝の気持ち・謙虚な姿の3つを日々心がけています。松下幸之助氏、鍵山秀三郎氏の経営学に影響を受けた42歳です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今までの「常識」には検証が必要
昨日(3月27日)の日経新聞26面(商品)から
主要鋼材、下げ止まらず

建設用のH形鋼と異形鉄棒は過去半年間で4割弱下がり、2008年初めの水準に逆戻りした。
ニッケル系ステンレス鋼板も約5年ぶりに1トン30万円を切った、2007年秋の過去最高値に比べると56%安い

その横にはこんな記事が
針葉樹合板、最安値圏に

住宅の壁や下地に使う国産針葉樹合板の卸値が過去最安値圏に突入した。
戸建て住宅の着工件数の減少を背景に需要の冷え込みが厳しい。
メーカーの大幅減産でも在庫調整が進まず、流通業者の間では安値販売が激化した。
危機感を強めた国内メーカーは安値受注の停止に乗り出した。

「もう売上は追わなくていい。とにかく安値は一切断れ」。

メーカー最大手、セイホク傘下の販売会社社長は今週、営業担当者に一斉に号令をかけた。
身を削るような安売り合戦に歯止めをかけるためだ。

合板相場は、3月下旬2001年につけた過去最安値水準に並んだ。
東京地区の問屋卸売価格は1枚630-650円(厚さ12ミリ、大口需要家渡し)。
直近の高値だった08年9月からの下げ幅は30%に達する。
流通企業も積み上がる在庫と価格下落の速さに悲鳴が上がった。

国土交通省が2月末に発表した1月の新設着工戸数は前年同月比18.7%減の70,688戸と改正建築基準法施工で着工が急減した07年10月以来1年3ヶ月ぶりの低水準に沈んだ。
3月に入りに動きの停滞感は一層強まっている。

3月決算期末をにらんで問屋や建材店などから安値販売が出たことも驚いた。
在庫圧縮を急いだ一部のメーカーや流通の安値出荷が増え、「あり得ないような値段が耳に飛び込んでくるようになった」(問屋)。

メーカーは1月から生産能力比5割の大幅減産を始めた。
4月に4ヶ月目に突入し、じわじわと企業の体力を奪う。
危機感を強めたメーカー各社は「これ以上価格を下げても赤字を膨らませるだけ」と市況対策に本腰を入れ始めた。

セイホクは取引先の商社に対し、今週で極端な安値受注を停止し、来週以降は650円を下回る安値発注には一切応じないと通達した。
併せて「今後700円を目標に段階的に引き上げる」方針を固めた。

これまでの相場の急落で需要家は買い控え姿勢を強めてきた。
「モノがが動かないのに価格だけが下がる悪循環」(建材商社)だったが、変化の兆しをかぎ取る流通関係者もいる。
減産で供給が確実に絞られてきたことで「底値ムードが出れば反発は近い」(建材商社)。

問題は先々の需要だ。
4月以降も需要の回復は期待薄。
住宅ローン減税や資材価格の下落といった住宅取得への追い風はあるものの、「不況で将来の見通しを描けず、住宅の購買意欲が起きない人が多い」(資材加工メーカー)との声も多い。

生産調整だけでは価格上昇には限りがある。

.........................................................................................................................................................................

少し引用するつもりでしたが、随分長文になってしまいました。

住宅着工の低迷からいろいろと影響が出ていますね。

今のような不況下、「量」は明らかに強みではなくなっていますね。

先の合板の記事からも、市場の需要が急激に落ち込んだ今、「在庫」は負担になってしまっています。

薄利多売という商売形態は、「少ない利益でも、たくさん売る事により儲かる」という形ですが、「売る」という事が停滞してしまうと、全て崩れてしまいますねぇ。

メーカー、問屋、建材店は、「安売りで損しても、在庫を減らす」という形に皆が動いているようですが、「量」が多ければ安くなるという今までの形が明らかに崩壊してきました。

現在は「量」をたくさん買ったことが、逆に高くなってしまっているのですから。

では住宅業界ならどうでしょうか。

「棟数を上げるためには、たくさんの営業マンが必要」

「莫大な広告宣伝費をかける」

この辺はどうでしょうか。

現在の状況下と合板の事例で検証してみると・・・・。

「ゼロサムゲームに参加しても決して幸せはありませんね。

世間の状況を良く判断し、「今までの常識」がまだこのご時勢で、通用するのかどうかを検証することが大切です。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
gonsukeさん、お元気ですか?
最近、アップされていないので、少し心配です。
体調が悪いのでしょうか・・・。
近いうちに、元気な記事を期待しています!
2009/04/26(日) 13:24:23 | URL | 単身赴任のYH #-[ 編集]
 gonsukeさん こんにちは
安値競争・・・・これだけ仕事の絶対量が少ないと起きちゃうんでしょうね。
定時まで仕事がなかったら 残業にならない限り値引きしても会社の存続に役立つには違いありません・・・
しかし もう少し先を見ると それは自分の首を絞めることと同義になります。
目先生き残らなくてはならない・・・でも価格を崩したくない・・・大いなる悩みです。
2009/04/01(水) 10:29:10 | URL | acb #-[ 編集]
ごんすけさん、こんにちは!

企業努力は必要ですし、その分の価格
競争は消費者としては有り難いのですが、
品質を落とす値下げは勘弁して欲しい
ですね!

やっぱり、信用できるところから買いたい!
これが消費者の本音だと思いますが!
2009/03/31(火) 13:32:47 | URL | 岡本達也のCFOなBlog #-[ 編集]
こういうのがゲームオーバーのサインなんですよねぇ。
そこに気づかずに同じことをしていても、泥沼にはまるだけ。

でもなかなか切り替えられないのでしょうね。
2009/03/30(月) 10:53:56 | URL | ビルダーナース #-[ 編集]
こんにちわ
難しい判断ですね
電気屋は銅の値段には敏感です
どうやればいいという方法はないのかも
2009/03/28(土) 16:45:11 | URL | 滝英樹 #-[ 編集]
こんにちは。

そんなことが起こっていたのですね。知りませんでした。
年度末に在庫を多くかかけているところはダブルパンチです。つらいですね。
ここ1週間、株価は上昇傾向。すったもんだの定額給付金と高速道路1000円で、ほんの少し明るくなったような気がします。
さて年度が変わって、一気に上げ潮ムードにならないかな~。願うばかりです。

ポチッ
2009/03/28(土) 15:28:24 | URL | 単身赴任のYH #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://onigirigorogoro.blog46.fc2.com/tb.php/861-2fc9f125
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。