mr.gonsukeの感謝するから幸せになれる
素直な心・感謝の気持ち・謙虚な姿の3つを日々心がけています。松下幸之助氏、鍵山秀三郎氏の経営学に影響を受けた42歳です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
けん引役交代
液晶素材の投資急減

液晶パネル向け材料メーカーの間で増産投資を絞り込む動きが広がっている。

薄型テレビなど液晶パネルを組み込んだデジタル製品の販売が急減速しているからだ。

日本電気硝子が2010年3月期の設備投資額を今期の約半分に圧縮、旭硝子も新工場の稼動を延期する。

落ち込んだ需要に見合う生産体制を構築する狙い。

投資の軸足は拡大が見込まれる太陽電池向けに移りつつある。

・・・中略・・・

世界の太陽電池部材市場は08年の約2兆円から12年には約4兆2千億円に急増する見通し。

液晶関連素材の08年の市場規模は約9兆円の見込みで10年以降はほぼ頭打ちになる見通し。

各国政府が環境対策の一環として太陽光発電への促進策を取っている事もあり、太陽電池は素材各社にとって世界的な不況下での数少ない成長分野。

自動車や家電の需要が冷え込む中、関連素材の開発・投資競争がさらに加速しそうだ。



いやー太陽光発電も、ドッグイヤーですね。

この前までは、ロハス的な考え方でなければ中々手を出さなかった太陽光発電。

「前向きな考え方の人」というイメージが、もう一転していますね。

実際、風力や太陽光にシフトチェンジするなんて、日本やアメリカではまだまだ先の話。

南極の氷が溶けようと、流氷が来なくなろうと、ガンガン生産性重視で進み続けそうな勢いでしたが、サブプライム、リーマンショック以降世界の流れが大きく変わりましたね。

プリウスなどのエコカーの普及も加速しだしてくる様子。

という事は、この世界同時不況も過ぎてしまえば「過去全てベスト」という形になるのでしょうか。

でもかなり“ハードランディング”になりそうですが・・・・。

私たちの業界も、棟数やって、自社ビル建てて、高級車を転がす住宅会社がどんどん苦しくなってきました。

建売住宅の価格はどんどん下がり続けますが、損しても売り抜けという流れのようです。

時代を強制的に変える大きな竜巻がやってきました。

もう過去の成功事例、業界の商慣習全てが一斉に変わり始めるような・・・そんな竜巻です。

そりゃそうですよね。

まだ形だけかも知れませんが、あのアメリカもあんなに変わったのですから。

日本は・・・一気に影響モロ受けですからねー。

皆さん、「○○なんてまだ早い」って言葉・・・禁句ですからね。

流れる速度、全く変わっているんですよ、去年と・・・・。


※更新頻度が、不定期になってしまった為、ブログランキングをお休みします。

毎日クリック下さった方、本当にありがとうございました。

申し訳なくって・・・・本当感謝・感謝です。

でも不定期ですが、マイペースで続けて行きますんで、時々は覗いてやってください。

お願いします。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
 gonsukeさん こんにちは
太陽電池に参入した企業は既に需要を超えているんじゃないでしょうか・・・・
一方 コストはそうは下がっていない
しかも発電できるのは日中だけ・・・で まだペイする段階ではありません

この業界も熾烈な競争が待っているって感じますね。
2009/03/12(木) 16:06:00 | URL | acb #-[ 編集]
こんばんは。

鹿児島の液晶工場も閉鎖になるそうです。社員は秋田に転勤。
でもこれって無理な話ですよね。結局、人員整理なんですね。つらい話題です。
世の中が変化しています。
しっかりついて行きたいです。

ポチッ
2009/03/10(火) 22:59:22 | URL | 単身赴任のYH #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://onigirigorogoro.blog46.fc2.com/tb.php/855-ebbd7b27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。