mr.gonsukeの感謝するから幸せになれる
素直な心・感謝の気持ち・謙虚な姿の3つを日々心がけています。松下幸之助氏、鍵山秀三郎氏の経営学に影響を受けた42歳です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
全てを決めるのは難しい
今日残念な事がありました。


ウチが建築している隣地のコンクリート製の排水マスが今朝割れていました。


隣地はまだ更地で、土地の所有者の方にお願いして、資材を置かせていただいているのです。


バックで行き過ぎて、車輪が上に乗ったようです。


で、その場にいた瓦屋さん、大工さんに確認していくと、どの業者なのか推測が付きました。


そして、その業者の窓口に問い合わせると、割った人まで誰か分かりました。


その業者の窓口の方に強く抗議しました。


すると親方が謝罪に・・・。


「費用はお支払いします」


・・・・・。


そんな問題じゃないですよね。


たくさんの職人が出入りする現場なので、何かあるのは仕方ないと思います。


でも、その次の日に聞かれるまで言わなかった・・・というのが問題です。


信頼できる業者なら、すぐその場で何かあれば連絡が入ります。


以前も、テレビアンテナを取り付けるときに、瓦を割った電気屋さん、すぐに連絡が入りました。


その方とはずっと信頼関係のお付き合いです。


今回の職人さんは、商社が窓口・・・・。


規模が大きくなるとこうなってしまうのか・・・・。


こちらは、所有者の方へすぐに謝罪へ・・・でもお留守、3回も訪問してようやくおられました。


そして、勿論平謝りです。


それでようやくお許しを頂いたのに・・・。


結局、商社の方からはその後連絡はありませんでした。


お金を払えばそれで済むと思っているんでしょうか。


よく現場マナーが大切なんて、メーカーも、商社も言いますが、じゃあ自分たちはちゃんと下請け教育をしているのか・・・・。


地元の業者さんは、決してそんな事はしません。


もし、先に所有者の方が気付かれて、ウチが遅かったらなんて考えたら、本当にゾッとしますね。


今まで築いてきた信頼なんて、一瞬で消えてしまいます。


昨日もメーカー商社がらみで同じような事がありました。


現場に土足で出入り、挙句の果てにモノを落として傷をつけて・・・。


これまた、大工さんが見ててくれたので発覚しました。


規模が大きい=安心なんてありません。


メーカー施工・・・これもいろいろあります。


何かあれば金で解決できる力がある人は、仕事が粗いですね。


CSの道は本当に難しいですね。


マナー研修をしても、大きなところは窓口が来るだけ。


たくさんの職人がいるところは、末端まで決して伝わりませんし、教育に時間やお金をかけないのです。


小さなところや、地場密着は、いい加減な仕事をしたらそれで終わり・・・だから一生懸命やるんです。


この辺も地域密着店の信頼できる強みですね。


アンガー(怒りの)コントロールを教えて頂いたので、ギャーギャー言いませんでしたが。


逆にレスポンスの無い方がたを「可愛そう」だと思えたのは、自分が成長できたからなのでしょうか。


私は行けませんしたが、今日、スタッフ2名はトステムさん主催の研修会に参加しました。


何の取引もないのに、一生懸命来てくれる代理店の営業マンからセミナーの案内を頂きました。


彼らから「目からウロコの研修でした」という報告を聞きました。


話を聞くととても共感できました。


やはり、私たちがよろうとしている動きは間違っていないようですね。


「狼少年ではなかった」という答えが2009年形となって現れてくれる・・・・そんな気がします。


ecocap.jpg



 こちらのポチっもよろしくお願いします。皆さんに感謝、ありがとう。
人気ブログランキングへ~貴重なポチっありがとうございます。心から感謝・感謝です。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
想いが弱いのか当事者意識が低いのか、がっかりする対応でしたね。

仕事を真正面から見ていない感じがします。そして感謝の気持ちも薄いのでしょう。

やはり、そこで働く「人」で決まるのではないかと改めて思いました。
2008/12/18(木) 21:56:21 | URL | らん #-[ 編集]
 gonsukeさん こんにちは
悪いことそ報告する ・・・ これが鉄則じゃないかと感じます。
ミスは誰にでもありますが それを放置すればただのミス きちんと反省して“先生”にしなくてはなりません。
とは言うものの・・・これってけっこう難しい
だからこそ問題点が隠せない仕組みづくりが必要なのですが・・・
こういう厳しい時期 選別の結果は見えていますね。

ポチッ!
2008/12/17(水) 21:07:37 | URL | acb #-[ 編集]
こんばんは!
まさに大企業病ですね~
上場企業によくある光景です。
こういった企業体制で世界に出て行くんですから
日本人は。。って言われるのも無理ないと思いますよ~

責任の所在がハッキリせず
無責任になってしまうのは
仕事が細分化しすぎるんですよね~

作業員はお客様とお話しないし
苦情も直接は受け付けない。

そんな人たちがお客様の気持ちを分かるはずありません。
現場に業務があるだけで
そこにお客様はいないんです。

この業務でいくら収入があるかもわからない。
お客様はそのお金を出すのにどれだけ苦労しているかも知らない。
そんな思いがあって購入しているかも分からない。

働くっていうのは『はたを楽にする事』だと思います。
業務をこなす流れ作業的なやり方で
効率を追求するのは働いているとはいえませんよね~

共感しすぎて久しぶりに熱くなってしまいました!
応援しています!
2008/12/17(水) 20:09:09 | URL | 優希 #mQop/nM.[ 編集]
人間性って、悪い状況のときこそ露呈するものですよね。
だからこそ何かあったときの対応を日頃から考えたり、練習しておくことが大事なのに・・・。

FP工法の松本建工も民事再生申請しましたね。
大手でも、安心とは言えない時代が本格的にこの業界にも来ましたよ~
2008/12/17(水) 20:05:10 | URL | ビルダーナース #-[ 編集]
コチラの方では手広くやられている足場屋の職人さん達は常に礼儀正しく、感じがよく、彼らに挨拶されるとこちらまで、元気になるんです。おそらく過去はみんな、やんちゃなお兄ちゃん達と推測できるんですが・・・
営業の方になぜあすこまで教育ができているのかと尋ねましたところ、月に1度かならず全員で会議をしているそうです。最初は、おれには関係ないじゃんとか、忙しいとか、態度がわるかったそうですが、続けるうちに色々なことが身についてきたそうです。
そこで、うちも月に1度会議をしようということになりました。議題は、もちまわりです。
大きな会社の人も小さな会社の人も些細なところから変わることが出来ることを信じて続けて行こうと思っています。
2008/12/17(水) 10:44:46 | URL | なかにし #-[ 編集]
おはようございます。

gonsukeさんのおっしゃるとおりだと思います。言われる前に報告。これが信頼関係ですよね。
失礼な言い方かもしれませんが、gonsukeさんは、とても真っ当な方だな~と、改めて思いました。
だからたくさんのお客様に信頼されているんですね!
見習いたいです。

ポチッ
2008/12/17(水) 05:48:17 | URL | 単身赴任のYH #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://onigirigorogoro.blog46.fc2.com/tb.php/800-dc5db868
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。