mr.gonsukeの感謝するから幸せになれる
素直な心・感謝の気持ち・謙虚な姿の3つを日々心がけています。松下幸之助氏、鍵山秀三郎氏の経営学に影響を受けた42歳です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
祭りから地域密着を考える
昨日も終日秋祭りの所曳きがありました。


うちの事務所前は、“連合曳き”のメインストリート。


車も動けないので、昨日はモデルハウスと現場見学会のみで営業しました。


と言っても、地域全体がお祭りムードで、さすがに毎年お客様はゼロに近いです。


社員さんは全員休ませて、私と設計担当のみ出勤しました。


昨日は基礎見学会に来てくれた方が再来場。


こんなこともあるので、なかなか会社自体を休むことはできないのです。


私は終日モデルハウス当番でしたが、前の道を地車が通っていくと、ソワソワしてきました。


転送電話にして、モデルハウスに看板を掛けて、見物に出ました。


地域密着を目指す為には、一年で一番盛り上がるこのイベントを熟知する必要があるからです。


といっても見に行きたいだけですがね・・・(笑)。


結局、アパートに帰ってからも夜ですが、別の地域の所曳きを見学に行きました。


本当に好きです、でも見てて全然飽きないですし、面白いのです。


はっぴ、股引き、地下足袋姿の地車を曳く、女の人が多いのも驚きました。


小さな子供もはっぴ姿で、地車に必死についていきます。


祭りを2日間、しっかりと見ましたが、本当にいろいろなヒントがありました。


やはり、都心と違って「お家の売り方というマニュアルだけで、地域密着は難しいです。


今まで2年半、この地域にいますが、まだまだ分かっていないことが、見えてきました。


知らなかったことがわかりました。


昨日の所曳きは、結局夜の12時過ぎまで続いていたのですが、今まではそんなことも知らなかったのです。


その後、片付けて終わるのは深夜2時過ぎ、そして今日の朝早くから、また雨の中片付けと掃除。


これだけのエネルギーはすごいものです。


しかも、気合は入りっぱなし。


私が育った地域では、全く考えられないものです。


特に若い人たちが、あれだけ真剣に取り組むのも、このご時勢中々ないことでしょうね。


祭りを見ていて感動しました。


地域の方といかに密着したお祭りなのか、その部分は五感で感じなければ、なかなか分からないものです。


祭りを理解することが、地域の方を知ることだと強く思いました。


この2日間で、自分も地域の人たちに、少しだけ近づけた感じがしました。


夜はお世話になっている業者の方に、「祭りなんで、たきこみご飯を作りました」とお裾分けまで頂き感激です。


うれしいですね(笑)。


これからも、どんどんと、自分から交流していきたいです。



ecocap.jpg



 こちらのポチっもよろしくお願いします。皆さんに感謝、ありがとう。
人気ブログランキングへ~貴重なポチっありがとうございます。心から感謝・感謝です。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
らんさん
地元の仲間と毎年一緒に行動できるのがいいですよね。
私も地域密着で必要なスキルがまだまだ足りないようです。今回本当に勉強になりましたよ。

オリオリさん
東京の下町も濃ーい感じですね。
人とのふれあいが楽しそうですね。
オリオリさんも、東京で頑張ってください。

haracyuさん
気付きがあって、変われたことが、とても素晴らしいです。
ブログで拝見するように、これからも地元の行事を大切に頑張ってください。
私もがんばります。

ビルダーナースさん
本当、チームの連帯感がすごいです。
祭りなので、かなりお酒が入った人も多かったようですが、自分の分担はきちっとされる方が多いようです。ちょっとさみしくなってしまいましたが。

宮崎さん
そう流儀ですね。
私も強くそう思います。
その地域の特性をよく知らずに、地域密着は不可能ですものね。

優希さん
体感して、本当に楽しかったです。
より近づけたような気持ちです。
これからですね。
2008/10/15(水) 21:37:23 | URL | gonsuke #-[ 編集]
おはようございます!
祭りの空気は一緒に体感しないと
分からないですよね~

さらに参加したら別の世界が広がりますね~

文章を読むだけでは分からない世界。
地域貢献のためには
体感して共感する事が一番ですね~
2008/10/15(水) 07:44:11 | URL | 優希 #mQop/nM.[ 編集]
地域密着を祭に学ぶとは、いい発想ですね。

全国的にも有名なお祭りだし、都会などの出店があってサークルなどの催しだけやっている、私たちの地域のお祭りとはわけが違うわけですよね。

以前、父の田舎である青森のねぶた祭りを何度か見たことがありますが、若い人たちの熱気には感動させられたことを思い出しました。

そう、土地には土地の流儀があるのです。
地域を考えるには、地域の歴史や文化を学ぶ必要があると思います。

gonsukeさんなら出来るでしょう。
がんばれ!
2008/10/14(火) 22:11:20 | URL | 宮崎 #-[ 編集]
これからの仕事にもプラスになる発見があって良かったですね~
やはり自分で感じないと次の行動にもなかなか移せないものですよね。

あれだけ飾られていたチョウチンがもう綺麗に片付けられるなんてすごいっ。
連携は祭りに学べってところでしょうか・・・。
チームワークが素晴らしい。
2008/10/14(火) 20:49:05 | URL | ビルダーナース #-[ 編集]
実は私、お恥ずかしい話若い頃(社会人なりたての頃)は祭りに参加した事がありませんでした。当然地域密着なんて考えもしていなかったので・・・今考えると恐ろしい話です(汗)そんな時代があったから今があるのかなぁ、なんて思っていますが(笑)
ま、それはともかくお祭りはもちろんですが地域のその他行事にも積極的に参加し、純粋に楽しみたいと思う今日この頃です。私の地域では次の日曜日に地区対抗運動会があります。我が地区のため出し惜しみせずに走りたいと思っています。
頑張ります!
2008/10/14(火) 18:56:22 | URL | haracyu #-[ 編集]
地域密着、いいですし、大変ですね。

私は東京下町の葛飾に住み、墨田区で支社を出していますが、やはり皆さんとの交流から、暖かい心に触れて幸せを感じています。

これからもgonsukeさんらしく、頑張ってくださいね。

ポチッ!
2008/10/14(火) 18:05:51 | URL | オリオリ #-[ 編集]
若い人が率先して動き、熱くなれるものがあるって素晴らしいと思います!!
それでなくても、今の若い人は地域活性活動に消極的な感じがするので・・・

そして、その土地で商売するならば余計知っておくべき事なのでしょうねぇ~

>祭りを理解することが、地域の方を知ること
自分もまだまだですけど、同感です!!
2008/10/14(火) 17:44:49 | URL | らん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://onigirigorogoro.blog46.fc2.com/tb.php/731-00d81e37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。