mr.gonsukeの感謝するから幸せになれる
素直な心・感謝の気持ち・謙虚な姿の3つを日々心がけています。松下幸之助氏、鍵山秀三郎氏の経営学に影響を受けた42歳です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
つかみはOK
ちょっと面白い本を見つけましたのでご紹介。


これであなたも「つかみはOK」ってダチョウ倶楽部じゃありませんよ(笑)。


プロ講師が使っている 朝礼・スピーチの「つかみ」話材プロ講師が使っている 朝礼・スピーチの「つかみ」話材
(2008/07/31)
安宅 仁

商品詳細を見る



5秒間で聞き手を惹きつけ、その心を動かす


プロ講師育成コンサルタントである著者が、自然界に特化して創作した「つかみ」話材の数々を紹介してくれます。


この手の話、結構好きなんですよねー。


ポジティブになりますから。


例えば、


・ムササビの挑戦とダチョウの選択


・カメは後退できない


・ヒョウとシマウマの微妙なバランス


・スズムシは鳴くためにはねを捨てる


・フグは毒で自分を守る


・バッタは自分の成長に限界を作らない


・トカゲは危機を乗り切るため「自切」する


・キリンは安全になって座った


・反芻動物の吸収力


・渡り鳥のV字飛行


・生命の誕生はタイミングが大切


・クマは戦わずして勝つ


・ネズミは歯が伸びすぎると食べていけない


どれもこれも聞いてみたくなりませんか?


どうです、面白そうでしょう。


では、今日その中から一つだけご紹介しましょう。


ナマコを生きたまま港まで持ち帰るには・・というお話です。



漁師によれば、海の沖合で捕ったナマコを生きたまま持ち帰ろうとしても、港に着いた時に死んでいる事がおおいといいます。


そこで、ナマコに入れた水槽にナマコの天敵であるカニを入れる。


すると、ナマコは臨戦態勢に入る。


その緊張感がナマコの生命力を上げるので、生きたまま港まで持ち帰ることができる・・・


というお話。



この話は、そのままビジネスに当てはまるようです。


人はライバルの心配に存在により危機感を持ちますが、それは自らを高めるために必要な感情なのです。


企業もライバルと競争する事で、より良い商品・サービスを提供する事ができ、その結果会社も繁栄する事ができる。


つまり、「ライバルほどありがたい存在はない」と解釈すると、このナマコの話は凄い例えですね。


こういった比喩をつかった「つかみネタ」は分かりやすく、いつまでも心に残るのです。


朝礼やスピーチの「つかみ」がたくさん詰まっている本です。


きっと皆さんのお役に立ちそうですよ。



ecocap.jpg



 こちらのポチっもよろしくお願いします。皆さんに感謝、ありがとう。
人気ブログランキングへ~貴重なポチっありがとうございます。心から感謝・感謝です。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ダイツネさん
わかりやすい表現で、つたえるというのが大切ですね。話もオモローです。

優希さん
現代人は、ストレスの対応が苦手な人が多いようです。人間づきあいさえ上手くいっていれば、起こらなかった事件って多いように思います。人間の理性も限界になるほどのストレス社会なんですね。

YHさん
十分朝礼のネタになりますよー。是非お買い求めください。私も、こんなわかりやすい例え話を求めていたんです。

acbさん
トカゲのしっぽ切り・・・これある意味で、大変大切なお話です。
また次の機会にご紹介しますね。

オリオリさん
我々スポーツの世界も、必ずライバルっていました。特に親しいチーム内に必要ですね。相乗効果がありますからね。
講演のネタ、つかみにお使い下さい。

らんさん
適度な緊張感って必要ですね。和気藹々が一番いいんですけど、モラルハザードの意味合いからも、それがある方が、特に日本人はいいんじゃないかなと思います。


2008/10/04(土) 15:03:05 | URL | gonsuke #-[ 編集]
面白そうですね~

今回紹介されたナマコの話だけでも、かなり興味深く思いました。
gonsukeさんの例え話(ビジネスに置き換えて)も納得!

そう思うと、適度な競争と適度な緊張感はある意味必要なのでしょうね~
2008/10/03(金) 19:42:11 | URL | らん #-[ 編集]
たしかにライバルは必要ですね。

知っていても、すぐに忘れてしまう事や、触発される話をたくさんくれそうな本ですね。

早速購入、&ポチッで帰ります。
2008/10/03(金) 13:04:42 | URL | オリオリ #-[ 編集]
面白そう!
ちょっと読んでみようかな?

ナマコの話は早速します!!
2008/10/03(金) 13:03:48 | URL | てつっち #-[ 編集]
 gonsukeさん おはようございます
このつかみ いいですね。
・・・というか つかみというより その話自体が面白そうです。
今科学も自然界に学んでいます。
ヒマラヤを越えるアネハヅルを研究して新しい自動車に生かす・・・とかね。
トカゲの尻尾きり・・・これから本体を守るために起きてくるんでしょうか?
ポチッ!
2008/10/03(金) 08:59:06 | URL | acb #-[ 編集]
おはようございます。

この本、面白そう。
朝礼のネタになりますか?
早速、購入しま~す。

ポチッ
2008/10/03(金) 08:35:40 | URL | 単身赴任のYH #-[ 編集]
おはようございます!
自然界から教わる事が多いですね~
私のツカミネタはサカナくんが話していた
『魚の世界にもいじめがある』です。
不登校関係人と話すときに使います。

狭い水槽に数匹の魚を入れて
水槽を叩くなどの過度のストレスを与え続けると
その中でいじめが始まるそうです。

いじめられている魚を助けると
別のいじめていた魚が次にいじめられます。
このように自然界でも同じように
狭い人間関係でストレスが与え続けられるといじめとして発散しようとされます。

これを解決するのは
ストレスの対応策を持つこと。
つまり、人間関係を増やす事なんです。

なまこのような分かりやすい例えって
いいですね~
2008/10/03(金) 08:20:16 | URL | 優希 #mQop/nM.[ 編集]
昔の大人は粋な話やとんちの効いた
話でまわりを和ませてた。
あれは経験や環境からくるもんやね。

今の大人は型があって話がつまらん人が多い気がする。
でもこういう本で場を和らげるのもええ事。
役に立ちそうですね~!
2008/10/02(木) 23:56:29 | URL | ダイツネ #s1LjQTHM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://onigirigorogoro.blog46.fc2.com/tb.php/719-75fae988
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。