mr.gonsukeの感謝するから幸せになれる
素直な心・感謝の気持ち・謙虚な姿の3つを日々心がけています。松下幸之助氏、鍵山秀三郎氏の経営学に影響を受けた42歳です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
生産性だけ考えていても
新築をメインにしているビルダーさんも多いですが、基本的にリフォーム・・・いやいやもっと小さな仕事を受けていないところは、いつまでも価格競争に巻き込まれ続けます。


住宅FCなどの指導では、生産性が落ちるので「新築に特化すること」と言われます。


で・・・年間30棟ペースを2、3年してから、リフォームへの門を開ける・・・。


そんな事を言うそうです。


でも、この考え方では、中々上手く行かないのではないでしょうか。


計画通り上手くいくケースもあるのかも知れませんが、そもそも新築を追いかけている営業マンが、リフォームや営繕の仕事を受けることが出来るのでしょうか?


私は彼らの基本的な考え方が、その考えにマッチしないように思います。


リフォームでも悪徳訪販の営業は、種類が全く違うので、この場で語ることは省きます。


新築メインでやっている住宅会社には、歩合制の営業マンを雇います。


駄目な人間は自分から辞めていくように、この業界は歩合がなければ食べていけないような給与体系なのです。


彼らは「売ってナンボ」な訳ですから、基本的にお客様の満足を追及するのは契約をするまでです。


だから、以前お話したように、お引渡し式の途中で、担当者は中座して、次のお客さんのところへ行くなんて事が起きるのですね。


要するに「目の前の金」ありきなのです。


だから「大きなチャンス」をみすみす捨てているんです。


お客様の満足から「紹介受注」という大きなチャンスを。


建材営業時代、工務店社長の研修会で、東京・町田の「家電のヤマグチ」を題材にしました。


御用聞きのようにお客様を営業マンが回るのですが、狙いは「人間関係の構築」。


家電の調子が悪いと言っても、大手家電店のようにメーカーにふりふりはしません。


担当営業マンが、すぐに飛んでいくのです。


でも、高齢者の方からの依頼の場合、リモコンの電池切れということもあります。


その時は、単三電池を2個だけ販売します。


そんな状態なんで、何かあれば、担当者に電話します。


そんな繰り返しから、当時ハイビジョンテレビを小・中規模家電店の中で、確か日本一売っていたんじゃなかったかな。


記憶がさだかでないので、忘れましたが・・・。


信頼されると、リフォームの依頼もあるようで、水廻りリフォームも、かなりやっているようですよ。


一度、東京視察に行った時、偶然にもここの社長を某ショールームを見ましたから。


何の視察って・・・Pハウス ですよ。


覚えておられますかー。


オープンしたて多摩センターのP太くんの視察でした。


何とこの視察の目的は、リフォーム業界の革命、


Pハウスの・・・・せ・い・こ・う・じ・れ・い


の視察だったんですよ。


なつかしーでしょ、時代を感じますね。


あのショールームすごかったですからね。


でもほんの5年程前の話なんですよ・・・これ


今日は長文です。長くなりますので、お付き合い頂ける方は・・・・。


続きをお読み下さい。


話を元に戻しましょう。


ヤマグチのようなやり方をされると、工務店も上がったりです。


彼らはこまめにお客様を巡回することにより、大きな売上を上げていたんですね。


それだけじゃありません。


工務店なら、「あと10年は何もないだろう」と放置する所、今度は次の需要を探して、アフターフォローを徹底します。


メインが家電なので、需要はやり方によればいくらでもあります。


だから、新築の棟数を上げてから・・・・何て言っていても、小さな事を積み重ねてなんて、面倒なことを歩合制が主流の会社にCSは生まれることはないんです。


本当はそれが一番大事なはずです。


Tホームと似たような路線で、価格勝負で刈り取り型か、広いエリアで戦うかでなければ、存続できません。


後は、コストコントロールとクレームの調整・・・・絶対楽しく無さそう。


それか、グループにして、新築メインの会社とは別に、リフォーム会社を一からつくるか・・・・。


それも地域密着型工務店のやり方ではないように思います。


いつも言います。


事業は10年スパンで見ないといけません。


だから初期投資はできるだけ抑えて、人脈をつくることから始めるべきです。


最初から、営業マンやスタッフなんて増やしちゃ絶対にダメですよ。


増やしたくなくても、利益が出ていなくても、数の論理に入ると、人手は必要になります。


P太くんも5年前は、テレビCMに有名人が登場して、飛ぶ鳥を落とす勢いでした。


それが今では・・・。


社名を変更して、新たに頑張っていますが、Pハウスという会社はもうありません。


また、派手にやっていた当時の規模とは比べようにもなりませんね。


一日で成ったローマが消滅するまで、わずかたった5年です。


みんなこの事実を忘れて、同じことを繰り返します。


せ・い・こ・う・じ・れ・い   を求めて。


事業について語るとき、


「タマゴが先かニワトリが先か」という理論で片付けられがちですが、


あえて言うならタマゴが先なんです。


小さな体で、天敵に狙われながら、それでも生き抜いていく。


それが大きな力となるのです。


まず土地を耕して、肥料を入れて、土をつくらなければ作物は育ちません。


小さなことを次の仕事に育てていくこと。


絶対必要なのです。


ecocap.jpg



 こちらのポチっもよろしくお願いします。皆さんに感謝、ありがとう。
人気ブログランキングへ~貴重なポチっありがとうございます。心から感謝・感謝です。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
らんさん
仰った通り、状況はいろいろと変化しますから、仕組みをずっと引きずっても上手く行かなくなるのですね。
基本に忠実が一番ですよね。

YHさん
じっくりとお付き合いが基本ですよね。
日本は高温多湿のため、何の手入もしない状態では長持ちすることができません。
せめて、1年一回ぐらいは、見て欲しいですよね。

オオカントクさん
親切にご説明いただき感謝です。
気を使って頂きありがとうございます。
丁寧さが伝わりますね。

なかにしさん
お金はお客様から頂いているものと思っているかどうかの違いでしょうね。
それは会社側も、ゼロ棟社員は、辞めさせるのですから、お客様へ営業マンも同じ様に考えているんでしょうね。
損して得とれですよ。私たちは・・。

どんぐりさん
そうです。
小さな事からコツコツとですよね。
焦らずコツコツとですね。

haracyuさん
やはり兆候というのは、見えているのですね。事前に。Pハウスのときもそうでした。
でも、こんなに早く規模縮小になるとは、そのときは想像もつかなかったですけど。
一夜で宝くじにあたったような、ビルダーの社長は多いですから。驕りの兆候も見えてますしね。

○オハウスはTホームと仲違いして別れた会社ですよ。TホームさんのFCを唯一していたタ○キューホームっていう会社が、○オハウスです。そこで建てた人は、TホームのOB施主じゃなくレ○ハウスのOBになってしまうのです。お膝元以外では、北陸、四国近辺で頑張っています。
夢ゾウ見ましたよ。本当に良かったです。教えてくれて感謝です。

tatsuroさん
工務店も、利益確保が第一目標ですが、今まで見てきた中で、「社会性」のないところは勢力が衰えていきましたね。
家を建てるということは、社会性をしっかりもっていなければ、やってはいけない職業のはずですから。




2008/10/02(木) 23:31:58 | URL | gonsuke #-[ 編集]
刈り取り型経営が主流だったのも終わりに向かってますね。
混乱しているかのような経済市場ですが、全ては真っ当世の中回帰へのお掃除。
ウミを出し切ったら一気にまとも経営が注目されるはずです。
新築のみでなんとかしようなんてビルダーさんもあと数年の寿命かな。
2008/10/02(木) 23:16:58 | URL | ビルダーナース #-[ 編集]
こんばんは
基本線が濁ってると簡単に縮んでしまうんですね。
理念こそが最も大事ですね。
お客さんと夢のために、が第一で
効率や利益は後からついてくるものなんですね。
2008/10/02(木) 21:50:58 | URL | tatsuro #BeeIGqcs[ 編集]
こんばんは!
P太くんもう無くなったんですか!?
そういえばCMしてませんね~
福岡ではレ○ハウスという怪しげな
会社が同じようにばんばんCMしてますよ!

関西には進出してないみたいですけど
いづれは出てくるでしょうね~
777万円で家が建つなんてやっています。

私も小さい企業は狭い商圏を網羅する事が
大切って考えています。
片道30分以上かかるところは
採算を出すのには苦労しますからね~

私も福岡市近郊に商圏を絞って
細かい人生相談から始めようとしています!
子育てとかが一番知り合えるきっかけになるかもって今は考えています。

それこそ成功事例がないから
何で成功するかわかんないんで
試行錯誤中です!

人の役に立つという
商売の王道さえ踏み外さなければ
利益は後からついてくると
信じています!
2008/10/02(木) 19:42:20 | URL | 優希 #mQop/nM.[ 編集]
よく、一夜にして大金持ちになる
「宝くじ」に当たった人を例にして
語られていますよね。

当たった人は真のお金持ちではない。
何故なら、お金のつくりかた増やし方を
しらないし、お金の性質をしらないから、と。

なにごともプロセスが大切だと思います。
運も非常に大切ですが、たまたま運がいい事と運を引き寄せるとでは意味が違いすぎます。地道にコツコツと感謝の気持で取り組めば心豊かに仕事ができるはずです。
そして、お互いにその方がはるかに幸せだと思います。

そんな仕事を通して幸せの輪が広がっていけばこの上なく最高です。

ジュワ~っと・・・v-344
2008/10/02(木) 19:33:54 | URL | haracyu #-[ 編集]
続きもよみました。
種を撒いて

芽が出て

育てて

収穫。

収穫したものが種となる。

そしてまた芽が出る。

種まき後いきなりの収穫はありえないですよね!

コツコツと長い目で・・・。
2008/10/02(木) 19:09:06 | URL | どんぐり #-[ 編集]
うちの会社の前身は設計事務所ですので、もちろん今も設計事務所ですけど、ビルダーという肩書きが無かった時代、大手ハウスメーカーの仕事はたくさんさせて頂き、又、たくさんの営業マンの方々を知っていますが、お施主の為に家を建てようなんて方は一人もいませんでした。目の前にぶら下がっている人参(お金)だけでしたね。
それでも、お施主様が満足すれば、いいのかもしれませんが、私達はそんなやり方は性にあいません。お施主様と共に喜びたいと思ってしまいます。左うちわもうらやましですけど・・・きっといつまでも貧乏工務店かも?それでもいいかな!
2008/10/02(木) 17:19:03 | URL | なかにし #-[ 編集]
gonsukeさま 再び
コメントの件、余計なことでした
取り消してください。すみません。
2008/10/02(木) 06:43:30 | URL | オオカントク #-[ 編集]
gonsukeさま
お早う御座います。
あしとも受理 この場を借りてお礼です。
やり方 わからないと言う事ですが
あしあとマークの所に カーソルをおくと
その人のプロフィール、お友達リンク、伝言板
とありますから お友達リンクから申し込み
をします。
それから コメントが入ってら、コメント返し
も 忘れないほうが相手も喜びますよ。

Pハウス・・・派手な宣伝している会社は
危ないです。アッと言うまででしたね。
2008/10/02(木) 06:38:35 | URL | オオカントク #-[ 編集]
じっくり
おはようございます。

最後まで読みました。
小さな苗木が、少しずつ根を大きくするように、この業界はじっくりとお付き合いすることが大切なんだなと思いました。
家は大きな買い物。
家ができたらさようなら、とはなりたくないですよね。

ポチッ
2008/10/02(木) 05:33:26 | URL | 単身赴任のYH #-[ 編集]
短期で成長した企業って、短期で成果を出す為に行ってきた仕組みが必ずあると思いますが、その仕組みは次のステップから通じなくなる気がします。

いつも時代も「基本に忠実」が結局のところ一番の方法なのかもしれません。

物には順序ですね♪

2008/10/01(水) 23:11:30 | URL | らん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://onigirigorogoro.blog46.fc2.com/tb.php/718-2684c9ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。