mr.gonsukeの感謝するから幸せになれる
素直な心・感謝の気持ち・謙虚な姿の3つを日々心がけています。松下幸之助氏、鍵山秀三郎氏の経営学に影響を受けた42歳です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
感謝リセット
昨日の「心の切り替えスイッチ」と同じような内容ですが、今回は和田裕美さんのメルマガから引用させていただき、最後に私の感想を書きたいと思います。

「感謝リセット」について

「運命の仕事に出会う本」でも書いている「感謝リセット」
これって実は陽転思考の原点みたいなものなんです。
そして、私たちは感謝を忘れたときに
人としての心のあり方さえも忘れてしまうので
いつだって「感謝」を感じていないといけないのだなって思うのです。


バナー小橙人気blogランキングへ


もう、11年も前ですが(そんなに経つんですね)
阪神大震災がありました。
当時、私は東京にいて、テレビでその様子を知ったのでした。
そのとき、震災にあった友人が
後に言った言葉が今でも耳に残っているんです。
「あのなぁ、蛇口ひねったら水が出るってすごいことなんやなって思ったよ。
毎日お風呂に入れるってことがすごくありがたいことだって思ったよ。
当たり前にあったことが
当たり前でなくなったときに
やっと感謝できた
こんなことになってからでしか感謝できない私も私やな。」

私は友人にこの言葉を聞いてから
「感謝リセット」するようになったんです。

むかついて仕方ない時
精一杯やったのに認めてもらえなくて自分がとことん惨めな時
神様なんていないんだって思う時

何もかも投げ出したくなって
逃げたくなります。

そんなときに
そのネガティブな感情を捨てるために
あえてその対象をゼロにする
リセットです。

ゼロ・・・
仕事がなかったら
帰る家がなかったら
食べるものがなかったら
あの人がいなかったら
健康がなかったら
お金が一銭もなかったら
もし、歩けなかったら


今あるものをすべて
リセットしてゼロにする
当たり前にあったものも全部リセット
頭の中でゼロにしてリセット
そうすると、今、目の前にあることに
「ああ、仕事があるだけでもよかったな、感謝だな」と
感謝が生まれます。
ゼロにして空っぽになったバケツには余裕があります。
だからそこに「感謝」を入れていく。
それだけなんですけれど、そこには
何か新しいものが生まれやすくなります。

一人で時間をつくって
今、いかに自分が恵まれているかを
感じてみることによって
今の自分が「ついてる」自分に変化すると思うんです。
だから、陽転思考の原点は
「よかった」を探すこと
「よかった」を見つけるためには
感謝を探せばいいのだと私は思っているんです。



私も阪神大震災の「被災者」であります。住んでいた宝塚市から震災の当日、西宮市の職場に原付バイクで向いましたが、その途中まさに地獄のような情況を目の当たりにしました。

アスファルトは地割れしており、バイクでは走りにくい状態、信号は停止し、水道管は破裂、マンションは傾き、戸建て住宅は悲惨な情況でした。市立病院は、入口付近まで怪我人で溢れており、街中が緊急自動車のサイレンが響き、ライフラインは崩壊し、食料も不足しました。勿論職場に着くと、建物はひびだらけで、一部崩壊していました。周辺のアパートは、ほとんどが・・・。

その時、被災者の人が言っていた言葉

「生きてるだけで、儲けもんや」

すごく実感できる言葉でした。

デール・カーネギーの本でも、

売れないセールスマンが自己嫌悪から自殺を考えていた時、見ず知らずの体が不自由な人を見かけた。大変そうに見えるけれども、彼の表情はは明るく希望に満ちており、ハツラツとしていたそうです。その後、売れないセールスマンは考え方を変えてみて、がんばり成功者になった。こんな感じの話がありました。

今の現状を振り返り、自分の「恵まれた情況」を確認し、その事について感謝するということは、考え方や行動も変えてしまうのですね。

大震災も劣悪な状態がしばらく続きましたが、「人のやさしさ」に触れたことも本当にたくさんありました。

多くの人たちが、「感謝のリセット」を感じていたのかもしれませんね。

そんな体験をしながら、時間が経つと忘れてしまうというのは、人間の悪いところであり、逆に「つらい事は時間が癒してくれる」いいところでもあるのかなとも思います。

和田さんの文章に触れ、あのときの気持ちを思い出しました。

このブログのタイトルは「感謝するから幸せになれる」

もう一度、原点に戻ります。   感謝。






スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
信じて頑張ろう
YAMATYUUさん
私もいろいろなことに取り組んでもなかなか成果が現れません。いつか結果が出る事を信じてがんばりましょう。
2006/07/08(土) 22:29:08 | URL | gonsuke #-[ 編集]
後厄?
クラブで不祥事があり、長期間の練習自粛になっています。かなり凹んでいます。でも、「感謝リセット」の内容には、すごく感銘を覚え、勇気を貰いました。今日のミーティングでは「身の周りの事柄に感謝する事の大事さ」を伝えましたが、明日はこの「感謝リセット」の内容を引用させて貰います。感受性が乏しい生徒たちに、少しずつでも伝えていきます。今こそ指導者の「愚直さ」が必要だと自分自身に言い聞かせて!
2006/07/07(金) 00:02:56 | URL | YAMATYUU #-[ 編集]
acbさん
私も震災前までは、防災に関してのゼロポイントがそれ以上のところにありました。今では考えられないですが、当時は大きな整理タンスの横で寝ていましたから、そのときが来るまで、人はなかなか気が付かないのですね。恵まれない情況からのスタートは、力強いですね。それより下がないから、上がる一方だという陽転思考が発揮できますから。

てっつちさん
建材問屋は、リセットしないとやっていけない部分、ありますね。(笑)

ビルダーナースさん
私もビルダーナースさんのブログでしっかりと勉強させてもらって感謝しております。こちらこそよろしくお願いします。


2006/07/06(木) 22:28:09 | URL | gonsuke #-[ 編集]
目の前の出来事だけに目がいくと、感謝する余裕もなくなってしまいます。
毎日素直に生きていけることに感謝できる人でありたいですね。
gonsukeさんにブログを通じて出会えたことも感謝です。
これからもよろしくお願いします。
2006/07/06(木) 13:56:12 | URL | ビルダーナース #-[ 編集]
感謝のリセットですか…
毎日リセットすることだらけです(笑)
2006/07/06(木) 08:19:08 | URL | てつっち #-[ 編集]
前向き
 陽転って 読んでみると良く解りますね。
昔 母に アフリカの飢える人人の映像を前に ”学校にいけて 食べられるだけでも幸せだね”
といわれたことを思い出します。
 当時はピンとこなかったんですがね。
自分の ゼロポイントが それ以上のところにあった
ということかもしれません。
 そういう意味で ゼロから作り上げた人が強いのはうなずけます。
松下、稲盛、永守の関西の経営者は いづれも バラックからのスタート
彼らには 明るい未来志向とともに リセットスイッチも
あったのかもしれませんね。
2006/07/05(水) 11:42:15 | URL | acb #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://onigirigorogoro.blog46.fc2.com/tb.php/71-804eba9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。