mr.gonsukeの感謝するから幸せになれる
素直な心・感謝の気持ち・謙虚な姿の3つを日々心がけています。松下幸之助氏、鍵山秀三郎氏の経営学に影響を受けた42歳です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
心も豊か身も豊か
物やお金はあるに越したことはない。


しかし、それらにとらわれ道を誤ってしまうようであれば、むしろ物などない方がよい。


物やお金は、やはりそれらを適切に生かす心の豊かさがあってはじめて、


自分のため、社会のために生きてくるのである。


                   松下幸之助 「繁栄」 PHP



我々工務店も、売上を上げる、利益を上げることは大事なことですが、


そればかりにこだわって、お客様不在の態度を取ってはいけないのです。


先ほど、お客様との打合せが終わりました。


何だかんだで、2時間半・・・・。


またまた『gonsuke劇場』を開幕させてしまいました。


聞き上手になるまでは、まだまだ時間がかかりそうです(笑)。


でも、終始笑顔の打合せ。


今後のスケジュールもきっちりと決まりました。


夢の実現に向かって、進んでいくうち、ふとお客様がブルーになられます。


『失敗』へのトラウマなんでしょうか?


トラウマに関しては、ぱぱ☆きんぐさんのブログを読んでみてください。


いろいろな面で、私はすごく参考になりました。


明るく、陽気に振る舞い、お客様の不安な心から、自分が逃げない姿勢を取ることで、


お客様の心の中に、安心感が生まれます。


自社サイドから現実を見れば、確実に『逃げ道』を作ってしまいます。


でもそんなスタンスは、いつか通用しなくなるような気がします。


お客様と心がつながっていれば、『逃げ道』は必要ないはずです。


だから、量を取らなければ維持できないという、ビジネススタイルをしないことです。


誰でも、かれでも、スピード契約を迫る営業スタイルは、


「自分たちの家づくり」と考え方が合わないお客様も集めてしまいます。


だから、重ーいクレームにつながってしまうのです。


そうならないためにも、心の豊かさが必要ですね。


量にこだわらないビジネスモデル、それを一生懸命考えて、知恵を集めて探し出すこと。


それが結局は自社のためだけでなく、社会全体のためだからです。


無駄な「価格」の戦いはやめにして、お客様との心のつながりを広めていきましょう!




 こちらのポチっもよろしくお願いします。皆さんに感謝、ありがとう。
人気ブログランキングへ~貴重なポチっありがとうございます。心から感謝・感謝です。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
事業の存続に資金は必要ですが、それもお客さまに心から満足していただければ、結果としてついてくるでしょう。
本部と意見が食い違うとこですが、信じた道を淡々と進みましょうね。
何があってもぶらさない。
ここが試されているところだと思います。
2008/08/02(土) 18:06:51 | URL | ビルダーナース #-[ 編集]
こんにちは!
日本文化のいいところを
YouTubeで観るのが好きです。

日本人は相手にどう見られているか
相手に不快感を与えていないかという
思いやりの文化を持っています。

外国人観光客があるお店で
テーブルのチップとして
100円を置いたそうです。

そうしたら、片づけをしていた
店員さんが忘れ物として
わざわざ駅まで追いかけてきて
120円の入場切符を買って
100円を返してくれたそうです。

お客様のためを考える日本の心。
その心を大切にした商売が
信頼やつながりを生み
結果として、長く儲けれる商売になるんだと思います。
2008/08/02(土) 12:18:24 | URL | 優希 #mQop/nM.[ 編集]
滝さん
お互いのことをよく知るというのが大原則です。あとから問題が出るのは、勢いで契約を進めるという形が巻きおこすこと・・・。
これを机上の人たちに伝えるのが、大変なんですね。独自流でやってますが。

YHさん
結局、何だかんだと言っても、「満足」しなければいくら利益率が高くても、長期的に見て、本当の利益ではないように思います。

haracyuさん
「こころ」の部分が大切ですね。
CSも今までは「お客様が神様」的なスタンスを取るのが、王道だったように思いますが、今では「価値感」が一緒でなければ無理だと思います。
「オレは客やぞ」というお考えの方とつながっても、自分達は楽しくないです。
お客様と自分達の関係は、イイブンだと思いますし、だからこそ、金額以上のものをつくり上げたいと思うのです。
テングになるというのではなく、謙虚な姿勢であり続けることは忘れないようには心がけていきたいと思います。
2008/08/02(土) 10:23:45 | URL | gonsuke #-[ 編集]
「こころ」ですネ。

なんのために仕事をしているのか?
数を売る(追求する)商売やそんな会社の方針はお客様のこころを見なさ過ぎな傾向にあるように思います。

来ていただいたお客様にとりあえず良い顔をしてひとり残さず契約を取ろうとするのではどこかで無理が生じるというものです。

gonsukeさんのおっしゃるとおり、
心を豊かにし心のお付き合いができれば棟数や売上げの呪縛から開放されると思います。

まずは「人」としての生き方が大切ですネ。
2008/08/02(土) 08:59:54 | URL | haracyu #-[ 編集]
味方
おはようございます。

建てることを決めたお客様は、幸せと不安が半々。
この気持ち、よ~く分ります。
そんな時、「絶対逃げない」「あなたの味方であり続ける」という姿勢が伝われば、お客様は安心するんだと思います。

あなたの味方。
gonsukeさんの姿勢はきっと伝わると思いますよ!

ポチッ
2008/08/02(土) 08:23:00 | URL | 単身赴任のYH #-[ 編集]
こんばんわ
同感です
仕事を取る為にガツガツするのは本来の形ではない
仕事をするということはお互いの利益があってこそなのです
あとから問題が出るのはおかしい
2008/08/01(金) 22:46:58 | URL | 滝英樹 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://onigirigorogoro.blog46.fc2.com/tb.php/650-7eaf6754
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。