mr.gonsukeの感謝するから幸せになれる
素直な心・感謝の気持ち・謙虚な姿の3つを日々心がけています。松下幸之助氏、鍵山秀三郎氏の経営学に影響を受けた42歳です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
感性社会の3つの特徴
ブログ仲間のビルダーナースさんの本紹介で、小阪先生の新刊が出ていることを知り、早速購入。


今その本を読んでいます。


ビジネス脳を磨く (日経プレミアシリーズ 6) (日経プレミアシリーズ 6)ビジネス脳を磨く (日経プレミアシリーズ 6) (日経プレミアシリーズ 6)
(2008/05/09)
小阪 裕司

商品詳細を見る



小阪先生の本は、どれも非常に読みやすく、読んでいるとワクワクしてきます。


よくあるビジネス本の固さや難しさがなく、常にお客様目線で書かれているので、とても勉強になります。


神田さんの本から、「マーケティングとは何ぞや」を勉強しましたが、


今ではその門下生のコンサルタントたちにウンザリしています。


使い古されたキーワードをいまだに振りかざして・・・・


過去、ヒットしたキャッチコピーですが今でもちょくちょく見かけます。


「まだ○○はするな」


「私たちは○○業界の間違った常識に断固戦います」


「あなたは○○にまだこんな無駄なお金を使うのですか」


「来ないで下さい」


というような感情に訴えるもの。


明らかに小阪先生はこの路線とは違います。(以前同じ神田さんのグループだと思っていた・・・)


まだ実際にお会いしたことはありませんが、チャンスがあれば、是非講演等を聴きに行きたいと思っています。(テープセミナーなら何回か聴くチャンスがありました)


日経MJにもコラムを書かれています。(今も書かれているのか?最近はMJ読んでないので)


そのコラムをまとめた本も発売されています。


招客招福の法則―儲けの王道がみえる88の話招客招福の法則―儲けの王道がみえる88の話
(2006/03)
小阪 裕司

商品詳細を見る



何と第二弾も発売されているのですね。


amazonから引用して初めて気付きました。


これでは、小阪先生の本紹介ブログになってしまうので、この辺でやめておきます。


今回の新刊を読んで、


自分の全く成果が出なかった2年間を検証してみました。


見事に・・・ビンゴなのです。


今、楽しく仕事が出来ている理由もつながってきます。


それは感性社会の3つの特徴です。


一つ目の特徴。


「これをやれば必ずこうなる」という決まりきった解答がない


他店で売れているものをそのまま何も考えずに仕入れてはいけないということ。


二つ目の特徴。


「今日の解は明日の解ではない」


ライバル会社がヒット商品を出したからといって、そのまま何も考えず類似商品を作ってもダメだということ。


三つ目の特徴。


「A社の解はB社の解ではない」


しつこいようですが、上二つと同じ理由から、真似しても使えないということ。


私のようにビンゴの方も多いのではないでしょうか。


だから、よく企画される「○○社長の成功体験講演会」なんて行っても全く意味ないのです。


現にその○○社長が成功体験を全国で講演している間に、自分の会社が四苦八苦状態に陥っているなんてこと多いのです。


ある会社は、記念行事の特別ゲストで講演した一週間後倒産した・・・なんて話もあります。


まさに小阪先生の本にビンゴの内容なのです。


詳しくは、コチラのブログで詳しく説明されていますので、ご覧下さい。


でも、以前小阪先生の記事をブログで書いたら、その関係で検索された方からコメントを頂きました。


とても影響力のある方です。


私もこの新刊で6冊目になります。


これからも、増え続けていくでしょう。


ワクワク系で楽しくやって行きたいですから。




 こちらのポチっもよろしくお願いします。皆さんに感謝、ありがとう。
人気ブログランキングへ~貴重なポチっありがとうございます。心から感謝・感謝です。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
優希さん
原田先生の本をお読みになるのですね。
今まで講演会も何度も行きました。
素晴らしい方です。
きっとお役に立つことでしょう。

YHさん
私は神田さんの実践会に入り、NLも読んでいました。当時は、ビックリするようなことばかりでした。
今読んでみても、もう見慣れたキャッチコピーばかりです。
時間のスピードって恐ろしいですね。
それに価値を感じて使おうとする人がもっと恐ろしいのかも。

宮崎さん
小阪先生の本は読みやすいし、実践しやすいと思います。
苦痛さがなく、楽しみながらやるっていうのがいいですね。
小阪先生の世界、地場密着型工務店は、これから重要だと思いますよ。

ビルダーナースさん
神田さんは、頭の言い方なので、常に生成発展されるのでしょうね。
パートナーコンサルの方がたも、皆さん頭がいいので、すでにお気づきでしょう。
ただ、金のなる木はなかなか手放したくないのでしょう。いくらでもノウハウのクレクレタコラ(古)は出てくるものです。
そういう人たちがいる限り、Hさんも、Sさん他の方も安泰ですから。

haracyuさん
ナッ○のセミナーでメモ取っている熱心な工務店の方いますよね。
実は5年前の建材営業時代、工務店の社長のふりして潜入しました。
自分もメモ取りましたよ。
後で読んでみると、アム○○の勧誘のトークみたいでした。

小阪先生のセミナー私もいきたいです。

オリオリさん
ようこそお越し下さいました。
参考になったなら、嬉しいです。
防犯ブログ頑張って一位の京師さん抜いて下さいね。

岡本さん
そうなんです。
ラクして儲けようと考える人が非常に多いです。だから成功者と称してツールや本を書くとバカ売れするのです。
本当のノウハウの核なんて、言わないですよね。でも、核を知っても、理解、意味が分からない人もたくさんいるんじゃないですか?お金ある人はどんどんノウハウを買って下さいって思います。デボチンに汗かいてがんばらなアカンって、死んだじいちゃんが言ってました。






宮崎さん

2008/06/30(月) 17:47:38 | URL | gonsuke #-[ 編集]
ごんすけさん、こんにちは!

最近はノウハウが多数出回っていますが、
私は基本的にそれをまねしてうまく行く
何て事はないと思います!

ノウハウの本質を理解した人がそのノウハウ
を改良すれば、非常に有効な武器になりますが、
ほとんどの人はノウハウを買おうとしますからね!

大事なのはノウハウから学ぶ事ですね!

ついでにノウハウの核なんて絶対表に出しません(笑)
2008/06/30(月) 13:28:05 | URL | 岡本達也のCFOなBlog #-[ 編集]
こんにちは!

この所、時間に追われる日が続いて嫌な感じだったのですが、私も計画的に時間を作って、この本を読んで自己研鑽に勤めます。

ありがとうございました。
2008/06/30(月) 12:53:31 | URL | オリオリ #-[ 編集]
研修会でのゲスト社長の講演を私も何度も聴きました。それを聴き熱心にノートをとる方を見かけましたが、それノートに書いてどうするの?っていつも思っていました。

知り合いに小阪さんの会員になっている方がいるので、機会があれば私も一度講演を聴きに行ってみたいと思っています。

2008/06/30(月) 12:00:35 | URL | haracyu #-[ 編集]
いつもご紹介ありがとうござます♪
神田さんの師匠のような存在が小阪さんらしいですよ。
最近では神田さんもかなりアート方面の研究もされているようです。
神田さんの門下生たちの方がいつまでも感情マーケテイングにこだわっているのかな。
相変わらずのスタイルで辟易しちゃいますね。
2008/06/30(月) 11:54:48 | URL | ビルダーナース #-[ 編集]
この本、早速購入しました。

何だか最近、弊社HPに間違えがあるように感じていたので再考したいと考えていたところでした。

私も神田さんの本を教えていただき、マーケティングを知りました。

小阪先生もそうですが、内容を自分たちのものにするのがとても難しい事だと思います。が足りない頭で何とか考えなければ・・・
2008/06/30(月) 10:19:20 | URL | 宮崎 #-[ 編集]
感性
おはようございます。

小阪さんの本は、2冊ほど読みました。
ナルホドな~って共感する点が多いです。
神田さんの本も、かなり読みました。
目からうろこが落ちる話がたくさんでした。

でも最後は、それらを参考にしたうえで自らのビジネスモデル、オリジナルなビジネスを作ることが必要なのでしょうね。

gonsukeさんは、感性のビジネスですよね。お客様、見込み客と、信頼関係を築いています。
いい感じだと思いますよ!

ポチッ
2008/06/30(月) 09:43:54 | URL | 単身赴任のYH #-[ 編集]
おはようございます!
お勧めの本を読むのって楽しいですよね~

やっとgonsukeさんお勧めの
元熱血体育教師原田さんの本を入手しました!
来週から読むつもりです!

ありがとうございました!
2008/06/30(月) 09:03:58 | URL | 優希 #mQop/nM.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://onigirigorogoro.blog46.fc2.com/tb.php/616-e110970b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。