mr.gonsukeの感謝するから幸せになれる
素直な心・感謝の気持ち・謙虚な姿の3つを日々心がけています。松下幸之助氏、鍵山秀三郎氏の経営学に影響を受けた42歳です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トップセールスを観て
先日、ブログ仲間のYHさんのブログでご紹介されていた、NHKの土曜ドラマ・『トップセールス』 を観るために、9時には家に帰りました。

このNHKの土曜ドラマは、いい作品が続いているようです。

前作 フルスイングもブログで ご紹介されてましたが、感動の作品だったようです。

観たいと思っていながら、一度も観ることが出来ませんでした。

今回のモデルはあの林 文子さんということで興味深々です。

ドラマの時代背景などは、YHさんのブログをご参照下さい。

お客様と接する仕事をする者として、このドラマには学びが一杯ありました。

商売の基本中の基本をドラマで教えてもらいました。

売ってナンボの車の営業、壁には棒グラフが貼ってあります。

売上台数は勿論ゼロ、一台も売れません。

女性のセールスというのは、昭和49年ではまだまだ厳しい逆境、ましてや車の免許も持っていない。

試用期間までに3台を売らなければクビになる久子。

そんな時、行商で野菜を売っていた母の姿を思い出します。

当時、交通の不便な山間部にいくと、商売だけでなく、たくさん「頼まれごと」を聞いてあげるのです。

それは、売り物以外の日常品、洗剤や電球、衣類・・・。

でも、母は嫌な顔一つしないでその人たちのために、町で買ってきてあげるのです。

母は久子に言います。

「どうしたらお客様のためになるか」それだけを考えていたと。

それが「御用聞き」だったのです。

そんな母はお客様から大人気で、引っ切り無しに人が集まってきていました。

そして久子も、車を売ることより先に、

「どうしたらお客様のためになるか」 を考えるという事に気付いたのです。


以前、私がいた建材商社では、受け身で駄目な営業のことを「御用聞き営業」といってバカにしていました。

でも、御用聞きでも「お客様」の役にたつと喜んで頂ければ、それは全然OKですよね。

逆に完璧な「御用聞き」なら立派なものです。

ドラマのクライマックスでの主人公・久子のセリフ

「私は車を買ってもらいたい、でもそのために家族が壊れてしまったら意味がありません。私は夢をつくらせてもらうために車を売るのです」です。

これは、住宅業界でも当てはまります。

私たち工務店が家を建てさせてもらうのは、お客様の家族の「夢」「幸せ」を築くお手伝いをさせてもらうためです。

このドラマ、YHさんが言われたように、セールスの方にはオススメのドラマです。

住宅産業に携わる人にも、絶対にオススメのドラマですよ。





 こちらのポチっもよろしくお願いします。皆さんに感謝、ありがとう。
人気ブログランキングへ~貴重なポチっありがとうございます。心から感謝・感謝です。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ビルダーナースさん
新聞折込では、あのパターンは初めてですから、楽しみですね。
是非、このドラマ見て下さい。ビルダーナースさんと同じく頑張り屋の女性ですから。

yamachuuさん
見ましたか!いいドラマですよね。
学校の先生にも参考になりましたか。
高畠さんの本が出ているなら読んでみたいですね。

ワンマンさん
そうです。ダイエーの会長さんです。
NHKでは、一部参考に・・・となってますが、林さんですね。

YHさん
お客様が店に来られたときのセリフ忘れられません。
「私たち家族の未来を一緒に作ってもらえませんか?車を売って下さい!」
でしたね。今でも思い出すと涙が出そうです。

ぱぱ☆きんぐさん
車のセールスはしのぎを削るような厳しい世界です。
そこの中で、「お客様に喜んでもらいたい、夢を売りたい」とはなかなか言えないセリフです。でもそういった志がなければ、本当のトップセールスにはなれないのですね。
再放送、きっとありますよ。HPをご覧下さい。

acbさん
>車がある生活を語る
そうですね。車を買ってどんな風に自分家族の生活が楽しくなるのか・・・。そんな話が出来る営業でなければ、売ること出来ないのですね。
いくら車の性能を熱く語っても、うけるのは一部のマニアだけですね。
特に女性は、買った後の生活のイメージ。
これが重要ですね。
2008/04/21(月) 20:44:51 | URL | gonsuke #-[ 編集]
 gonsukeさん こんにちは
やはり高額の商品はその商品を直接売るというよりは“夢”を売るんですね。
実はトヨタに入ったばかりの頃 セールス実習を3カ月やったのですが そのとき教えていただきました。
車がある生活を語るっていうのでしょうか・・
gonsukeさんは 新しい家での楽しい生活を見せていらっしゃるのですね。
ポチッ!
2008/04/21(月) 16:37:41 | URL | acb #-[ 編集]
gonsukeさん、こんにちは!

しまった…
トップセールスを見逃してしまいました…。

がーーーん、楽しみにしていたのに…。

ドラマの中の一言
>私は車を買ってもらいたい、
>でもそのために家族が壊れて
>しまったら意味がありません。
>私は夢をつくらせてもらうために
>車を売るのです

すごくいいですね♪
自分がお客様に提供する商品や
サービスが、お客様の夢に繋がるような、そういう気持ちを持って
営業をやりたいなぁと思いました♪

素敵な気付きありがとうございます!

応援ぽちっと!
2008/04/21(月) 15:21:59 | URL | アナタを180倍幸せにするぱぱ☆きんぐ #-[ 編集]
でしょう??
おはようございます。

このドラマ、いいでしょう?
gonsukeさんに喜んでもらえてよかったです。
お客様が家族で店頭に来られた時は感動でしたね。こんな関係を築くには時間がかかると思いますが、やりがいがありますよね。
gonsukeさんの営業も、まさにこんな感じですね!

ポチッ
2008/04/21(月) 09:24:39 | URL | 単身赴任のYH #-[ 編集]
これ良いですよね
私も見ています。
社内で話していると女性から車は買いたくないという人が何人かいました。
このかたは先日やめられたBMW→ダイエーの会長さん?
2008/04/20(日) 23:35:56 | URL | ワンマン #-[ 編集]
まいど!
見ました!見ました!「トップセールス」。本当に顧客の創造という観点からはヒントになる事ばかりで、食い入るように見ました。選手勧誘の参考に生かせそうです。でも、見ながら主人公の女性の姿勢と、ブログの内容から伝わってくるgonsukeさんのイメージが重なってきましたよ!
前々作の「フルスイング」もチェックしてました。「甲子園への遺言」という高畠さんの生涯を描いた本も、指導者として、教員として学ぶべき点ばかりの内容でした。さすが、土曜ドラマです!
2008/04/20(日) 23:02:06 | URL | yamachuu #-[ 編集]
昨日はご紹介ありがとうございました。
折込後のお客さまの反応が楽しみですね。
きっと相性の合うお客さまが増えると思いますので、もっと楽しく家づくりができそうですよね。

さて、こちらのドラマ話題ですね。
出遅れてしまいましたが私も見ようっと。
2008/04/20(日) 20:26:18 | URL | ビルダーナース #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://onigirigorogoro.blog46.fc2.com/tb.php/548-717dd6bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。