mr.gonsukeの感謝するから幸せになれる
素直な心・感謝の気持ち・謙虚な姿の3つを日々心がけています。松下幸之助氏、鍵山秀三郎氏の経営学に影響を受けた42歳です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
勝つことより大事なことがある
6月1日のNHKのプロフェッショナル・仕事の流儀を昨日見ました。
サッカー日本代表に小野、川口、田中誠の3人を輩出した静岡県清水商業高校サッカー部監督の大瀧先生の話です。

バナー小橙人気blogランキングへ








以前番組は何回か見ましたが、今回の内容は知らなかったし、外食で出かけていたので見れませんでした。でも後日acbさん松Pさんのブログを読んで、元・体育教師としては是非見たくなりました。

以前プロジェクトⅩで伏見工業の山口先生の回を見て、号泣したことがあります。「スポーツを通じての人間形成」の話は、本当に勉強になります。

再放送の日を確認して、絶対に録画しようと思っていました。

それが昨日、晩酌をしている時に嫁さんにその話をしたら、「ビデオに撮ってるで」という返事。たまたまサッカー好きの次男(小1)に「小野」と「川口」が写るからということで、録画していたらしいのです。

嫁さんも何気なく見ていたらしいのですが、感動して大泣きしたそうです。

実は、私も見ていてグッときました。

大瀧先生の指導法は非常に厳しく、気持ちが入っていないプレーには
激しく叱りつけます。

選手同士に、相手のミスを指摘し、本音で文句を言わせます。相手の悪いところを指摘し合わない限り、チームの力は上昇しないという考えからです。時にはけんかになったりもしますが、本音で付き合った中に真の友情が芽生えるということです。

たとえインターハイ予選の最中でも、校則違反をした生徒は、いくら主力選手でもメンバーから外してしまいます。

実際に、服装違反をした主力選手をインターハイ予選の試合から外して、予選で敗退したこともあったそうです。

サッカーにはルールがある。ルール違反で勝っても仕方がない。

「勝つことより大事なことがある」と大瀧先生は言います。

高校野球で、事件を起こし甲子園を出場辞退した強豪校がありましたが、明らかにそこの指導者とは考え方が違いますね。

大瀧先生が過去の失敗経験から、学んだこと、それは

「教師の仕事は、教えることではない、考えさせること」。

今、社会人でも「指示待ち族」がたくさんいます。いわゆる「受身体質」ですね。それは、「自分で考える」より「教えを請う」方が楽だからです。

 実際指導者側も、中途半端に目先の売り上げや勝ち負けにこだわるだけなら、ヘタに自分の考えを持った社員や生徒より、軍隊方式で「言いなり」に動く人間だけの方がやりやすいのも事実です。

でも、自分で考えもせず、指導者の教えを忠実に実行するだけの生徒や社員ばかりだとどうでしょうか。

状況が急転・変化して、今までのやり方を行っても、結果が上がらなくなってくれば、そのまま指導者と沈没するだけです。

そのようなチームや会社ってありますよね。

我々、リーダーは大瀧先生を見習って、「行動」ではなく「考動」できる人材を形成していかなければならないですね。

最後に大瀧先生の言葉で終わります。

「自分で考えた答えだけが、自分のものになる」
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメント感謝です
acbさん
価値観をお互い認め合いながら仕事が出来る環境ってすばらしいですね。
松Pさん
このビデオをまた見て再びぐぐっときてしまいました。こんなに偉大な指導者でありながら、大瀧先生は謙虚であり、本当にすばらしい方ですね。
2006/06/06(火) 02:09:24 | URL | gonsuke #-[ 編集]
gonsukeさん
向上心のある行動に対し、失敗を恐れない風土が必要ですね。指導者はまたそれを受け入れる度量が求められるのです。そのうえで結果を出していく大瀧さんはスゴイです。
gonsukeさんのブログではないけれども、感謝するということは人間として基本的なことだと再認識しました。
2006/06/05(月) 23:51:19 | URL | 松P #-[ 編集]
まさに考動
 まさに“考動”を教えているんですね。
きっと 窮地で地力のある そんな人が育ちそうですね

 私が もう一つ 思いを同じくした事があります。
「それは 頑張った自分たちってすごいんだ!」という価値観です。
川口選手への励ましなんて まさにこの気持ちがベース
なんねしょうね。

 社員に“自分たちの会社 貴方の仕事って すごいんだ”
そう考えたら 仲間も大切になるし もっと上を目指したくなるだろうって
言っています。

 人間尊重の真髄を学んだ思いです。
2006/06/05(月) 13:11:07 | URL | acb #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://onigirigorogoro.blog46.fc2.com/tb.php/54-13b51436
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。