mr.gonsukeの感謝するから幸せになれる
素直な心・感謝の気持ち・謙虚な姿の3つを日々心がけています。松下幸之助氏、鍵山秀三郎氏の経営学に影響を受けた42歳です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
長いお付き合いのお客様
今週末は、花見最終日&春休みの最終日ということで、残念ながら新規のお客様は来られませんでした。

しかし、契約前のお客様と5時間に渡る打ち合わせ。

その後、既存のお客様と2時間。

どっと疲れました(笑)。

昨日の2組のお客様は、どちらも1年以上お付き合いのある方です。

契約前のご夫婦は、かれこれ1年10ヶ月になります。

ようやくここまで来ました。

VCでは「スピード契約に拘れ」と言われますが、全く逆のことをやっています。

でも、VC平均受注単価と比べて、現在の見積もり金額は約1.7倍。

こだわり、想いが強ければ、打ち合わせの時間もかかるはずです。

こちらも、より良い提案に拘ります。

取り巻きからは「高額客は効率が悪い」と言われます。

手間がかかって棟数が伸びないと言うのです。

企画住宅に反応する人だけターゲットにする方が、クレームも少ないと。

生産性重視なら、スピード受注が基本かもしれません。

私はこの考え方に対して納得できないのです。

詳細打ち合わせの前に「とりあえず契約」ですが、売り手の都合で家づくりを進めていくと、かならずどこかでシッペ返しを食らうと思います。

それが着工中なのか、引渡し時か、引き渡し後なのか・・・・。

私はVCの担当や取り巻きの人に言いました。

成功、不成功は1、2年の短期で言えるものではないと。

いくらスピード受注で、棟数を短期間に伸ばしても、お客様の小さな不満が蓄積されて、いつか爆発することもある。

急成長の住宅会社が、クレーム多発で知らない間に消えていくケースもこの業界は多いのです。

お客様と納得するまで、話し合うことって重要だと思います。

もう一人の方も、一年以上のお付き合いです。

奥様もおチビちゃんも勿論顔見知りで、ご主人様とは「心のお付き合い」をさせてもらっています。

以前ご主人様から、今お勤めの会社のことで「悩みの相談」を受けたことがありました。

その時は、モデルハウスで3時間ぐらいマンツーマンで話をしたのですが、この時ばかりは「人生の先輩」として意見をさせてもらいました。

それ以降、月一はモデルハウスに顔を覗かせて下さいます。

モデルハウスの場所や内容は気に入っているが、間取りが気に入らないと仰っていたのですが、今日は「モデルハウス購入しよううかなぁ・・・」との話が出ました。

お客様からの厳しいご要望はありますが、私も「このお客様に住んでもらいたい」と思います。

気心の知れた方との繋がりを大切にしたいからです。

“家づくりは「どこと」ではなく、「だれと」建てるかで選ぶべき” という私の声が届いたのでしょうか。

別に自社の施工が、全てノークレームで素晴らしいなんて、言っているのではありません。

小さなことは、いろいろと手直しもしています・・・(汗)。

ただ、どんな時も「逃げない」「言い訳をしない」という姿勢で望んでいます。

それと「お客様が喜んでくれるなら・・・」という気持ちでスタッフは動いてくれています。

そのような気持ちでいるからか、お客様に恵まれているのか、クレームで「お叱りを受けた」ということがほとんどありません。

といってもゼロと言うわけではないのです。

会社として、初めて注文住宅を建てたお客様には、烈火のごとく怒られました。

私がリーダーシップを取れず、スタッフがバラバラだった時のことです。

ただ、その時の経験は本当に役立っています。

今ではそのお客様とも、お友達関係・・・(笑)になっています。

地域密着を目指す工務店は、お客様に「喜んで頂く事」、これだけを考えることが大切だと思います。

広く・浅い関係より、私たちは、狭く・深い関係の方が向いているようですね。

だから、絶対数は少ないのですが、打率は高い方ではないでしょうか。

ちなみに今日は終日VC全体の営業研修、スピード受注の真髄?を学んできます・・・。





 こちらのポチっもよろしくお願いします。皆さんに感謝、ありがとう。
人気ブログランキングへ~貴重なポチっありがとうございます。心から感謝・感謝です。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
皆さんたくさんのコメントありがとうございます。

YHさん
そうですね。お客様のエネルギーすごいです。こちらも、テンションをアップさせます。
夢のマイホームですからね。

ワンマンさん
そうですね。口に出してくれないお客様が一番怖いです。だから、こちらから訪問し、点検し、気付いたらすぐに実行する姿勢を貫いていきます。

acbさん
クレームがチャンスといいます。でもこの業界は、OB施主訪問をあまりしません。余計な手直しを言われたら、損だという姿勢の人が多いからです。だから、ここに大きなチャンスがあります。

宮崎さん
ローコスト業界は、「簡単に契約できる客を狙え」なんです。だから、高額のお客様は生産性が低くなるという考えなんです。
悲しいでしょ。まさに商品です。

ビルダーナースさん
またいろいろと語録がありました。
「売れさせすれば問題は全て解決する」
これって、ダイエー帝国の時代の中内さんの「売上が全てを癒す」と一緒です。

てつっちさん
でも、近くに来ると体が覚えているのか、胃が痛くなるよ。顔はいつも笑顔ですが(笑)
2008/04/08(火) 20:47:10 | URL | gonsuke #-[ 編集]
烈火のごとく怒られたお客様とも今はお友達関係!
こういう関係になっていけるのがgonsukeさんのいいところですね!!
2008/04/08(火) 08:15:50 | URL | てつっち #-[ 編集]
絶対数が少なくても打率が高いと気の合う楽しい家づくりができると思います。
VCの石頭さんたちには理解されないことかもしれませんが、コツコツが一番。
でも彼らにも良いところはあるでしょうから、そこは吸収してくださいね。
これからもお客さんとじっくり深いお付き合いで家づくりをしていってくださいませ。
2008/04/07(月) 10:46:42 | URL | ビルダーナース #-[ 編集]
スピード受注、これはメーカーの考え方ですよね。メーカーの下請け設計をしている頃、展示場の事務室で営業マンがよく怒られていました。「いつまで追いかけているんだ!低額な客は1ヶ月で切れ!」なんてね。
「お前の給料なんて出ないぞ!」とも。

悲しい話です。お客さんが・・・
ただの商品です。

私も今HPのリニューアル中ですが、トップページで「すぐには出来ません」と書いています。本気で向き合えば時間がかかるのは当然です。

今の気概でがんばってください。
2008/04/07(月) 10:03:35 | URL | 宮崎 #-[ 編集]
 gonsukeさん こんにちは
誰と建てるか・・・って gonsukeさんのほうもどのお客さんの家を建てるか・・・
納得が行くまでお付き合いされているのですね。
手切れ良く物事を進めることもいっっぷでは大事なことですが 家という商品の性格は むしろ手切れが悪いほうがいいのかもしれませんね。
(クレームによってじゃ困りますが・・)
ポチッ!
2008/04/07(月) 09:58:58 | URL | acb #-[ 編集]
量重視の新築のとき私はある意味面倒なことから逃げていました。組織が小さくなったリフォームで質を上げてファン作りにいそしむようになってすべてを受け止めることに気づきました。怒ってくれるかたは貴重です。何も言わずどこかであそこはやめたほうが・・なんていう人が怖い。いい関係を永く継続する・・これは私の部署のスローガンです。
2008/04/07(月) 09:34:04 | URL | ワンマン #-[ 編集]
長時間
おはようございます。

長時間の打ち合わせ、お疲れ様でした。
施主さんは納得行く話ができたでしょうね。

初めて家を建てる人は、家の完成イメージを持ちにくいので、工務店さんとの打ち合わせにはエネルギーが要ると思いますよ。
長時間の打ち合わせに付き合ったgonsukeさんも素敵ですが、良い家を作りたいという施主の気持ちもすごいです。

いい感じですね。

ポチッ
2008/04/07(月) 09:33:53 | URL | 単身赴任のYH #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://onigirigorogoro.blog46.fc2.com/tb.php/537-bbd4f5d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。