mr.gonsukeの感謝するから幸せになれる
素直な心・感謝の気持ち・謙虚な姿の3つを日々心がけています。松下幸之助氏、鍵山秀三郎氏の経営学に影響を受けた42歳です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
続・松下歴史館
今日は休日だったので、以前訪問した松下歴史館に行きました。

松下歴史館


バナー小橙人気blogランキングへ


前回は見学する時間がほとんど無くて、松下幸之助さんの実録講演を聴く事が出来ませんでした。今度は「時間をつくってじっくりと聴こう」と思っていたので、実現できて良かったです。

歴史館に朝の10時に入って、出たのが12時30分。あっという間に何と2時間半もたっていました。

今回は「メイン映像コーナー」で「経営を語る」「人生を語る」「人づくりを語る」をテーマにした34話の講演のうち26話を聴くことができました。


どれもこれも非常に深い言葉の数々であります。特に今の自分の心にしみた言葉は、


○自己観照

 
 私は早くから“自己観照”をやらないかんと言ってきた。自分は一生懸命やっているから、成績が上手く行っているからこれで結構だと思っていても、それだけではいけない。やはりいっぺん自分と言うものを自分から引き離して外へ出して、そして自分を振り返って検討しないといかん。そして悪いところはないか、誤まっているところはないかということを十分に自己検討する。そうすれば、「ああ、こういう点はいかんのだな、こういう点は変えないといかんな」ということに気がついてくる。外部から自己を見る、そういうことがきわめて大切である。それをやれば、大体において大きな過ちは無いと思う。
  -1980年8月 夏期経営懇談会にて-    


松下幸之助像



・・本日の感謝・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

やはり“経営の神様”松下幸之助さんは、映像であっても迫力がありました。

いろいろな気付きと新しい発見がありました。感謝。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
acbさん
大阪に来られた時はのぞいてみてください。京阪電車の西三荘駅からすぐです。もちろん入館は無料です。
2006/06/05(月) 18:23:27 | URL | gonsuke #-[ 編集]
初めて知りました
 松下幸之助氏の本に教えられています。
録音とは言え 肉声を聞く事ができるんですね。

 自分の事を第三者的に見る事 ふっと気付いてみると
忘れていたりします。
会社もそうですね。
そこで進歩が止まるか もっといい会社になるか 
社員一人一人が絶えず観照できる そうなりたいですよ 
2006/06/05(月) 13:23:35 | URL | acb #-[ 編集]
コメントありがとうございます
どんぐりさん
難しいですけど、お互いがんばりましょう。

松Pさん
幸之助さんの成功は、「謙虚さ」と「熱心さ」にあると思います。

hさん
ありがとうございます。これからもよろしくお願いします。
2006/06/04(日) 06:01:24 | URL | gonsuke #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/06/04(日) 02:25:09 | | #[ 編集]
ははぁー
このようなお方に基本的なことを言われると、背筋が伸びますね。でも観照とは凡人は書けません。
ありがたいお言葉です。いつも足元を見ながら物事を進めていかないと・・6月も頑張りましょう。
2006/06/03(土) 20:43:07 | URL | 松P #-[ 編集]
こんにちわ
私も自己観照しなくては・・・。
2006/06/03(土) 17:40:16 | URL | どんぐり #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://onigirigorogoro.blog46.fc2.com/tb.php/52-410dbd8b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。