mr.gonsukeの感謝するから幸せになれる
素直な心・感謝の気持ち・謙虚な姿の3つを日々心がけています。松下幸之助氏、鍵山秀三郎氏の経営学に影響を受けた42歳です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
壮大な目標
一昨日、帰宅すると一枚のハガキが届いていました。

学生時代のアメフトのチームメイトからでした。

バナー小橙人気blogランキングへ



彼は、高校時代有名な選手で、スポーツ推薦で入学した選手でした。
でも、入学当初から腰痛で悩んでおり、医者通いをずっとしていたのです。

私も腰痛持ちでありましたので、彼に腰痛体操を教えてもらったり、マッサージをしてもらったりしました。

選手としては、けがとの戦いですごく不本意な4年間であったと思います。

また、スポーツ推薦の選手なので、周りからのプレッシャーも多く、精神的にも想像以上にきつかったことでしょう。

卒業時も就職はしないで、当時日本では一握りの人しか「飯が食えない」と言われていたスポーツトレーナーの道を歩みました。

可能性も何もまだ未知数の職種であります。また、有名になるのは「アメリカ」で何年か勉強しなければいけないと言われていました。たいへん厳しい「茨の道」であることは間違いありません。

その彼が、長年の下積みを経て、独立してスポーツ選手専門の整骨院を開業し、実業団の契約トレーナーや大学の非常勤講師になるなど、後に色々なところで活躍していることを聞きました。

届いたハガキは、彼が二号店をオープンするといった挨拶でした。

夜遅くでしたが、彼に「お祝い」の電話を入れました。

彼はいつものように「謙虚」であり、私が今新しい事を始めたということも友人から聞いて知っており、励ましの言葉もかけてくれました。

彼は本当に「裸一貫」からスタートし、並大抵の努力では、なし得なかった成功を収めています。

私は彼を友人として誇りに思います。

当時スポーツ障害をよく理解して、治療・指導してくれる専門的な医療機関が少なかったのです。
大きな病院の診察でも「練習を休んで安静に」としか言ってくれないし、ひどい医者になると「部活をやめなさい」なんて平気で言われました。
実際私も医者の言う事を聞いていたら、中二でバスケットボール部を辞めてたのです。
部活をやめていたら、人生は大きく変わったと思います。

当時彼の夢は、自分のように「持病やケガと戦いながら、若くして消えていくアスリートを救いたい」というものでした。

要は、その分野では医者を超えるといった壮大な目標であることは、間違いありません。

夢が実現したのです。現在は、講演会で医者を前にして講義する立場になりました。いろいろな種目のアスリート達を彼は助けています。

でも彼はそれだけで満足はしていないようです。

「業界を変える存在になりたい」それが今の彼の夢です。

壮大な目標ではありますが、夢は強く思えば実現するものだというのを、彼が身をもって教えてくれています。

私は彼に比べればずっと小さな存在ですが、同じ目標を持っています。
そのために、安定を捨てて、今の仕事にチャレンジしたのですから。

彼のような、人物は本当にモチベーションアップになります。

お互いがんばりましょう!

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ビルダーナースさん 何のスポーツをされていたのですか?部活を辞めてから、人生変わった人も中にはいるでしょうから、重要な部分ですよね。「続けながら治療する」これには大きな責任が発生しますから、大変ではあります。
2006/05/31(水) 06:26:10 | URL | gonsuke #-[ 編集]
私も腰の故障で部活を辞めた経験があるので、今日のお話を読ませていただき、素敵なトレーナーさんの存在にエールを送りたいです。
体だけでなく心も気落ちした状態で病院に行く訳ですから、事務的に辞めたほうが良いと言われるとショックですよね。
夢とハートを持ったそのトレーナーさんが、業界を変えていけることをお祈りしています。
2006/05/28(日) 16:19:25 | URL | ビルダーナース #-[ 編集]
松Pさんもそういう境遇でしたか、私も自信満々で東京に出ましたが、23年目にして味わいました。せっかく巡ってきたチャンスは、現役時代最大の故障でギブス生活になり、結局2年で退社することになります。
でも「苦汁を味わう」って成長していく上で大事なことなんですよね。
2006/05/26(金) 05:56:22 | URL | gonsuke #-[ 編集]
大学時代に下積みに絶える事を覚えたのが彼の考え方を変えたのでしょう。
私もそうでした。田舎からでてきて自信満々でしたがすぐ砕かれ日本の広さを改めて思い知らされました。
ベンチには入れそうになった時怪我をしたりして運の無さを嘆いたものです。よくその辺の気持ちはわかります。万事塞翁が馬ですね。元気を頂きました。有難うございます。ちなみに私も9年前にヘルニアをやり牽引で直しました。いまでも付き合ってます。体操が続かなくて困ってます。
2006/05/26(金) 01:18:28 | URL | 松P #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://onigirigorogoro.blog46.fc2.com/tb.php/50-caf9efb4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。