mr.gonsukeの感謝するから幸せになれる
素直な心・感謝の気持ち・謙虚な姿の3つを日々心がけています。松下幸之助氏、鍵山秀三郎氏の経営学に影響を受けた42歳です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
伝説の営業マン
新しいビジネスパートナーから伝説の営業マンの話を聞きました。

伝説の人は、某有名ハウスメーカーの住宅営業の達人です。全国でも五本の指に入るスーパー営業マンだそうです。

新人の頃、売れなくて悩んでいたビジネスパートナーが、少しでも売れる営業マンの秘訣を学びたくて、「伝説の営業マン」と一緒にお客さんの所へ同行させてもらったそうです。

伝説の人は、大阪で営業するには不利な東北弁。見た目も少し野暮ったい感じだそうです。

一体どんなセールストークを始めるのか、興味津々でついて行きました。

でもお客さんの所では怒られてばったかり。一緒に数軒回ったそうですが、一緒にいる方も気が滅入るほどだったそうです。

でも伝説の営業マン曰く、「営業は怒られていくらの世界」だそうです。

「怒られる=期待している」らしいのです。また、Reアクションになりますが、お客さんの言われることを速やかに解決すれば「期待」が「信頼」に変わります。すると次のお客さんを紹介してくれるそうです。

だから、伝説の営業マンは、今まで「怒られたお客さんからの紹介受注」で売上を何年間も達成したそうです。現在は九州地区の部長とのこと。

今だに会社を変わったビジネスパートナーにもたまに「元気でやっているか」とメールが届くそうです。さすがですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【本日の感謝】

考え方をポジティブに切り替えて、お客さん思考に徹することが大切。

いくらクレームでもお客さんのお話をじっくりと聞いて、速やかに問題解決できれば、お客さんとの間に信頼が生まれる。

伝説の営業マンに感謝。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

バナー小橙人気blogランキングへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://onigirigorogoro.blog46.fc2.com/tb.php/5-4438c9d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。