mr.gonsukeの感謝するから幸せになれる
素直な心・感謝の気持ち・謙虚な姿の3つを日々心がけています。松下幸之助氏、鍵山秀三郎氏の経営学に影響を受けた42歳です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ついに業界の重鎮も
住設建材事業を再編

・人員700人・営業所2割削減

・門扉・玄関設備は撤退 松下電工

 松下電工は主力の住設建材事業を抜本改革する。三月末までに人員を約700人削減し、国内営業所を150ヶ所から2割減らす。住宅回り事業からも撤退する。

 改正建築基準法の影響による住宅市場冷え込みに加え、人口減で市場縮小が避けられないとみた。

 事業基盤テコ入れでコスト競争力を上げる。

(松下電工の住設部門の構造改革策骨子)

07年度 ・・・ 約700人の人員削減・営業拠点を150ヶ所から2割削減

08年度 ・・・ 短納期対応の受注生産方式を導入・国内17ヶ所の生産拠点再編に着手・子会社のクボタ松下電工外装の工場再編も検討

                 上記記事は、昨日の日経新聞から引用。


ついに改正建築基準法が引き金となり、国内建材大メーカーが再編に動き始めましたね。

松下電工の事業構成は、連結売上高1兆7030億円。

トップが電材(照明・配線器具他)7000億円(41.1%) ついで住設建材(水回り、建材、内装材)が5220億円(30.7%)と全体の約1/3を占めている。

商品力強化で売上高は増加傾向ですが、形成建築基準法の影響で住宅着工は鈍化し、部門業績は急速に悪化。

松下電器産業グループは、グループ全体の経営目標として営業営業利益率8%を掲げているが、グループ企業の住宅関連分野の低採算性が収益力向上の足かせとなってきた。

松下電工全体の07年度同利益率は5%だが、住建事業は1%に満たない。


とこう日経は記事を締めている。   

私自身、建材営業時代から、松下電工さんとなじみが深いのでショックが大きいです。

他の事業、電材、制御機器、電子材料、家電に比べて、住設建材が足かせになっているのは、随分前からも聞いていました。

分社化をしているので、勿論同じ電工社員でも業績に伴って待遇は変わるようです。

日本の住宅産業が良い時代に、地場工務店と共に成長した松下電工の住建事業。

何年か前まで、工務店のオヤジに松下ファンはすごく多かった。

その分他メーカーに比べて、いろいろと踏み込んだ人脈営業をやってました。

特に「お膝元」、関西地区の市場には電工ファンの工務店がすごく多いです。

その分工務店や流通との“飲みにケーション”も多かった。

本当に「良い」時代でした。

でも、その頃活躍されていた濃いキャラクターの方は、団塊の世代の方々がほとんど。

その方々が市場からリタイアされる直前に、TOBにより松下電器の完全子会社に。

そして、“古き良き時代に活躍された方がた”と、入れ替わるように「パナソニック」に社名変更を発表。

そして、住建事業の再編。

パナソニックに社名変更したあとは、今までの松下電工とは考え方も、行動も大きく変わりそうですね。

人口減、市場縮小の中、各メーカーの視点は国内ではなく「海外」へ向いています。

世界市場も注目は「BRICS」。

ジャパンバッシングからジャパンパッシングへ。

いろいろな業界の中で、一番遅れているというこの「建築業界」も、遂に大きな変革の流れにのってようやく動き始めましたね。

やはり、どう考えても「量」の部分で勝負する時代ではなくなりました。

ということは、「大量仕入れによるコストダウン」とか「数をこなさないと赤字になる」といったス
タイルではどう考えても上手く行かなくなるのは当たり前ですね。

うちもBNさんからヒントを頂いて(本当にいつも感謝です)新しいことに取り組み始めています。

強い会社になるために、工務が原価をしっかりと把握した、きちっとした工程管理を行い、満足度をさらに高めようということで、昨日ミーティングをしました。

今のうちに、足元をしっかりと固めてルーティーン業務を見直そうということです。

早速専門書を探して2~3冊申し込みました。





 こちらのポチっもよろしくお願いします。皆さんに感謝、ありがとう。
人気ブログランキングへ~貴重なポチっありがとうございます。心から感謝・感謝です。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
そうですね。多くのビルダーは売値ありきで、きちっとした原価計算ができていないところが多いです。集客が落ちている時に、頭を切り替えて新しいステップへ進みます。ありがとうございます。
電工の件、良い意味でも悪い意味でも新しい時代への幕開けかも知れませんね。
2008/02/11(月) 19:04:27 | URL | gonsuke #-[ 編集]
お役に立ててうれしいです。
CPMの次は原価と経費をきちんと分けた見積もり提示になるでしょうか。
だいたい他のビルダーさんもその道筋に行きつくようです。
どんどん新しいことにチャレンジして進化してくださいね。

松下の方針もさびしいですが、先を見越して今のうちに手を打つとはさすがです。
業界再編は今後もっと進むのでしょうね。
2008/02/10(日) 22:27:31 | URL | ビルダーナース #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2008/02/10(日) 12:40:27 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://onigirigorogoro.blog46.fc2.com/tb.php/487-e13830d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。