mr.gonsukeの感謝するから幸せになれる
素直な心・感謝の気持ち・謙虚な姿の3つを日々心がけています。松下幸之助氏、鍵山秀三郎氏の経営学に影響を受けた42歳です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
保証のないことに挑戦するからエネルギーが湧いてくる
今の人に欠けているものはエネルギーです。

現代の人はエネルギーが非常に弱まっています。

バナー小橙人気blogランキングへ
  


すぐにくたびれたり、へばったりしやすい。

その原因はたくさんあって一様ではない。
体力が衰えたからだと、いろいろいいます。

けれども私が思う限り、エネルギーが弱くなってしまった原因は一つです。
それは何か。未来が約束されている、ということです。

「これだけ働いたら幾らあげますよ」「こういうふうにしたらこうしてあげますよ」というように、未来が約束されている、あるいは、結果が保証されているものに対しては、人は一生懸命に取り組みます。

ところが何の保証も約束もないことに対しては、ほとんどの人が取り組みません。結果がわからないことをやっても無駄だという考えの人が非常に多い。

実はこれは大変な間違えです。結果の約束も保証も、未来の保証も約束も何もないことに挑戦をしていったときにのみ、大変なエネルギーが湧いてくるものなのです。

(イエローハット相談役 鍵山 秀三郎)社長の哲学 致知出版社 より引用


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「何の保証もないこと」今私が取り組んでいることかも知れません。

と言っても「FC」のようなモノなんで、全部がそうとは限りません。

こうやれば、大体こうなる、と言ったようなことが多いです。

でも一般的には「FC」なんて成功する方が少ないと言いますね。

絶対に成功するノウハウがあるなら、人に教える前に自分がやるからです。

ということは「成功する保証」なんてどこにもないということです。

特に研修中は講師に、業者相手に営業していた人は、ユーザー相手の営業は難しいと何回も言われました。営業の手法が全然違うと言うことです。

「gonsukeさん、業者相手なら○○かも知れませんが、住宅営業は△△ですよ」とか「gonsukeさんならこんな時○○と言うでしょうが、それはダメです、そんなことしたらお客さん怒って帰ってしまいますよ」こんな表現ばかりされました。「過去の経験」にしがみつかないようにということで、そういう言い方をされるのかと思いますが、正直何回も言われて「カチン」ときました。

 講師はシステム通り100%聞いていたら、絶対成功するといった「保証」は決してくれません。そこは自助努力の世界です。

 だからこそ、頑張らないといけないのです。「成功」か「失敗」かの二つに一つだけです。実践する方は、甘くないのです。

 今エネルギーが一番強まっている時なんですね。

しかし、人生っていうのは、プラスのエネルギーが湧くと、他方からマイナスのエネルギーも発生する。特にそれは自分の家庭など身近なところから。これは何でもバランスがあるので仕方のないことです。

それも予想して、自分をコントロールしなければならないのです。






スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
松Pさん
いやいや意味不明ではありません。
今の自分も感じていることです。
組織で一番大切なことは人の問題です。

第一印象はすごく良くても、メンタル部分が弱ければ、持続できないのですね。

そう人もいての組織ですから、そういう人の気持ちも理解できたら、良いマネージャーになれるんでしょうが・・。

悩みますね。もっと人を見る目が欲しい!
2006/05/15(月) 06:56:53 | URL | gonsuke #-[ 編集]
バランス感覚
gonsukeさん
本業でのいろんな壁がこれから出てくるのは当然としても、それ以外のことって結構ありますよね。私も悩んだ時期がありました。やはりヒトの部分が多かったですね。(いまでもそうですが・・)
我々の仕事はメンタル80%だと思います。気持ちの持ちようで変わります。「本当のやる気」を教え込むのが大変でした。本人はやる気があると思っていても行動が伴ってないことがよくあります。
それがスタートでした。
まぁその繰り返しの中で自分も部下から色々教えて貰ったことがたくさんあります。新築からこの仕事について自分の至らなさが解った事もあります。
ただ私はサラリーマンですが、彼らの人生を預かっているという責任だけは忘れないようにしています。
意味不明の文章でごめんなさい。
2006/05/14(日) 16:52:28 | URL | 松P #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://onigirigorogoro.blog46.fc2.com/tb.php/40-36c6f5d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。