mr.gonsukeの感謝するから幸せになれる
素直な心・感謝の気持ち・謙虚な姿の3つを日々心がけています。松下幸之助氏、鍵山秀三郎氏の経営学に影響を受けた42歳です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
三方500円得
今日は久々のお休みです。流通時代の祝日休、週休二日休と比べて、ありがたさを感じます。

午前中は、評判店のモデルハウスを見学に行き、午後から時間があったので、古本屋にフラっと顔を出しました。

特に何か買いたい本があるわけではなくても、本屋へはよく行きます。いい本があれば「衝動買い」と言ったスタイルです。

新刊コーナーで鈴木敏文さんの本を見つけました。

私自身ヨーカドーにはほんの少し縁があります。


バナー小橙人気blogランキングへ
  
今から18年前、オンワードでの営業時代は、東京タワー横の森ビル(IYグループ本社)に毎日通いました。

営業と言っても、アメリカンフットボール選手との「二足のわらじ」でしたから、「補助」のような立場だったので偉そうなことは言えませんが、、ヨーカドーの単品管理の徹底さは、CSに関しても当時から他のチェーンストアーと比べて抜きん出ていました。

わずか2年間、サブ担当者という立場でありましたが、体育大出身の私としては、非常に勉強になりました。

当時から、鈴木敏文さんの考え方にはいろいろと影響を受けました。また、氏の書かれた本は、出来るだけ読むようにしております。

見つけた本は、 「なぜ売れないのか なぜ売れるのか」という本です。あまり安くなかったのですが、やっぱり買ってしましました。鈴木敏文さん関係の本はこれで8冊目です。

アマゾンでは、酷評ですが・・・。(ーー;)

この本は、講談社から1500円で発売されたいます。古本屋の買取リストには500円と書いてありました。古本屋での再販価格は1000円です。

いい商売ですね。500円で仕入れたものを1000円で売るなんて。

でも考え方によれば、

①私→古本であるが、定価1500円の本を新品同様で1000円で購入(500円得)
②古本屋→500円の仕入れた本を1000円で販売(500円得)
③最初の購入者→読んでしまって本棚にあった本を500円で古本屋に売った。(500円得)

ということになります。「三方500円得」まるで大岡越前みたいですね。

でも、やっぱり②が一番儲かっています。ちなみに②は税込みで購入し税別で販売。③は税別で購入し税別で販売しています。

忙しかったので、本をしばらく読んでいませんでした。今日から時間をつくってこの本を読み始めます。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://onigirigorogoro.blog46.fc2.com/tb.php/39-41904f89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。