mr.gonsukeの感謝するから幸せになれる
素直な心・感謝の気持ち・謙虚な姿の3つを日々心がけています。松下幸之助氏、鍵山秀三郎氏の経営学に影響を受けた42歳です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「自分だけ」」という歪な心
 来店されるお客様のなかには、何かと難癖をつけなければ気の済まない体質の人もいます。なかでも、しつこく食い下がられるお客様は、比較的社会的地位の高い人が多いように感じます。

 この人たちの共通点は、「自分のいう通りにならなければ許さない」
「人のいうことは全く聞こうとしない」「自分の基準でしか物事を考えられない」「人のことはどうでもいい」「しつこい」ということです。
考え方が刹那的で、判断基準は「自分だけ」「いまだけ」。
 
 たぶん、こうした人は、会社組織のなかで自分の成績を上げることだけに躍起になって生きてこられたのでしょう。どちらかというと、アメリカナイズされた価値観のなかで、ただひたすら駆け抜けてきた自信家ではないかと思います。
 
 それだけに、自分以外の価値を容易に認めようとしません。ある面では、競争社会で心が歪になり、砕かれてしまった人なのだといってもいいかもしれません。

 当然、人間は誰しも、幸せを求めて生きています。しかし「自分だけ」では幸せになれません。現実社会で「自分だけ」が幸せになろうとしても不可能なことです。だとしたら、「自分だけ」という考え方を捨てて、「みんなで」幸せになる方法を考えることです。

 そのためには、どうでもいいことはできるだけ譲ることです。


   ひとつ拾えば、ひとつだけきれいになる 
                 鍵山秀三郎 PHP より



「我」を強くを出したりするのは、自分を他の人に誇示するためです。

恥ずかしながら、私も以前に比べて態度が横柄な時があります。
人からチヤホヤされると、すぐ実力以上に自分を過信してしまいます。
そんな時この本をある人から頂きました。

鍵山さんの本は、過去何冊も読みました。このブログでもよくご紹介させてもらっています。

でも、今このタイミングで読んでみると、また新たに心に響きます。

あと一年で結果を出さなければ、みんなに迷惑をかけるという中で、顔には出さないですが、正直言って焦っているのか。

何気ない一言で、必要以上に反応したり・・・。

もう一度、この本じっくり読んでみます。


blogランキングへ ありがとうございます。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
gonsuke
ワンマンさん
大体その様なことです。今まで必死にはやってきましたが、黒にはなっていない。家庭のことも含め、この一年が勝負です。
2007/09/08(土) 03:40:01 | URL | ワンマンさん
大体その様なことです。今まで必死にはやってきましたが、黒にはなっていない。家庭のこ #-[ 編集]
期限を切られたんですね。
心中お察しします。
最後まで走りましょうね。
私もプロジェクトなので年内か3月には決断が出そうです。しかしどんな人にも明日になれば日はまた昇りますから・・・先の心配はせずに今やるしかないですね
2007/09/04(火) 23:04:38 | URL | ワンマン #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://onigirigorogoro.blog46.fc2.com/tb.php/346-95e4b681
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。