mr.gonsukeの感謝するから幸せになれる
素直な心・感謝の気持ち・謙虚な姿の3つを日々心がけています。松下幸之助氏、鍵山秀三郎氏の経営学に影響を受けた42歳です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
レジ袋追放
レジ袋追放!ってこれアメリカの話。

8月27日付け日本経済新聞・朝刊の一面、「環境」に関する記事から

米国全土で環境汚染につながる恐れのあるレジ袋の使用を禁じる自治体の動きが広がり始めた。
カリフォルニア州サンフランシスコが11月、米都市で初めて小売店による配布を禁止。
同州オークランドも来年から禁止する。
オレゴン州やマサチューセッツ州でも同様の処置を検討中で、日欧に比べて遅れていた取り組みが自治体主導で一気に加速する可能性がある。


地球温暖化の最大の壁は、アメリカだと思っていましたが、ついに動き出しましたね。

サンフランシスコは今春にレジ袋禁止の条例を制定。レジ袋の代わりに、布などで作られ繰り返し利用できる袋かリサイクル可能な紙袋、トウモロコシなど生分解性素材を使ったプラスチック袋などの提供を義務づける。

"義務”というところがすごいです。

面の対象となるのは一定の規模以上のスーパーとドラッグストア。違反店には「違反一件につき最高500ドル(約5万9千円)の罰金を科すなど取り締まりも厳しくする。

違反一件につき5万9千円って・・・。すごくないですか?これ本気モードですね。

ポートランド、ロサンゼルス、ボストン、ボルティモア、ハワイのマウイ等今年に入って続々と具体的な検討に入ったそうです。
専門家によると、「米国は毎年、一千億枚以上のレジ袋を消費する世界最大のレジ袋王国だそうです。

このレジ袋、原油で作られており「地球温暖化」の原因の一つに上げられていますし、ゴミとして出されても、分解されて土に戻ることもないものです。野生動物が誤って食べて死んだりするケースもあるようです。

こんな状況ですから、我々も買い物には「エコバック」忘れないようにしたいですね。

宝塚市に住んでいる今から10年以上前「コープ神戸」でレジ袋有料化をいち早くやっていました。価格は一枚5円。その当時はまだ問題視されていませんでしたから、不評で一年後無料に。

その当時は、マックのナゲットやフィレオフィッシュなんかのパッケージもまだ紙じゃなくPET製でしたから。

でもマックは96年頃から、紙のパッケージに変わりました。

あの“自由”と“資本主義の象徴”、“弱肉強食的な発想”のアメリカでも、自分一人の利益より、周りの人、地球全体の利益を考える人が徐々に増えてきたのですね。

日本も負けてられませんね。

自分でできる身近な小さなことから始めましょう。
STOP!地球温暖化。

うちの会社も遅ればせながら、チームマイナス6%に参加しました。


blogランキングへ ありがとうございます。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ビルダーナースさん
アメリカは人種の坩堝で、なかなかモラルの徹底は難しいのでしょうね。
どんぐりさん
今回はどんぐりさんの十八番、環境ネタでした。
2007/08/31(金) 06:25:15 | URL | gonsuke #-[ 編集]
身近な小さな事からコツコツと!
2007/08/29(水) 21:51:28 | URL | どんぐり #-[ 編集]
アメリカも本腰入れたんですね。
それにしてもアメリカのレジ袋って、ポリなのにすぐ破れてしまい、用をなさないことが度々あります。
ゴミも分別しないし。
マナーから徹底してもらいたいですね。
2007/08/29(水) 15:37:18 | URL | ビルダーナース #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://onigirigorogoro.blog46.fc2.com/tb.php/340-7ed03897
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。