mr.gonsukeの感謝するから幸せになれる
素直な心・感謝の気持ち・謙虚な姿の3つを日々心がけています。松下幸之助氏、鍵山秀三郎氏の経営学に影響を受けた42歳です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
心の鍛え方
 肉体を鍛える方法を知っている人は多くいます。しかし、心を鍛える方法を知っている人はそう多くないのではないでしょうか。

 碩学(せきがく)中村天風先生の教えに「連鎖暗示法」とか「命令暗示法」というのがあります。

寝ぎわの心がけとして、消極的なことは寝床に一切持ち込まないための訓練法です。

消極的なことは、たとえば、「悲しいこと」「腹の立つこと」「気がかりなこと」などです。

 具体的方法は、明るいことを意識的に連想したり、鏡に映る自分の顔に命令的な言葉を発して心をいつもプラスに保つ実践です。

 ひとつ拾えば、ひとつだけきれいになる 鍵山秀三郎 PHP研究所より
 
   
実は私もある人に言われたことがあります。

「あなたはいやなことがあると、口がへの字になる」と。 

確かに自分でも納得。

「いやなことがあればすぐ顔に出る」と指摘される前に、自分でもわかっていました。何故なら、相手に伝わるようにやっていたからです。

でも、ある時自分の未熟さに気付き、徹底的に注意をするようにしました。

いい年のオヤジが時々、鏡を見て笑う練習をしたりします。

口角が下がっていないか。

胡散臭そうな笑い顔じゃないか。

点検するのです。

でも・・
「悩んでも仕方ないこと悩むのやめよう」
といつも自分に言い聞かせていますが、時折「自己嫌悪」に落ち込むことがあります。

不安、恐怖の気持ちに引っ張られていきます。

そんな時は、誰かに明るく大きな声を出して話しかけるのです。

そうする事により、自分の気持ちが段々と明るくなっていきます。

恐怖、不安な気持ちに対抗するのは、「自信」しかない。

いつでもプラス発想で、自信を持って、明るく笑顔で過ごすことで、心は鍛えられて行くのです。


blogランキングへ ありがとうございます。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ビルダーナース様
そうですね。卑屈になることだけは、避けようと思います。冷静に・・・ということが重要ですね。
2007/08/28(火) 13:47:08 | URL | gonsuke #-[ 編集]
不安や自己嫌悪に悩まされても、そこから回復する時間を早められれば、たまには落ち込んでもいいかなと・・・。
嫌な気持ちも体験しないとわからないですから、落ち込むのも経験で、その状態を冷静に自己分析できるといいかなぁと自分に言い聞かせています。
2007/08/26(日) 18:30:27 | URL | ビルダーナース #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://onigirigorogoro.blog46.fc2.com/tb.php/339-353cbf39
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。