mr.gonsukeの感謝するから幸せになれる
素直な心・感謝の気持ち・謙虚な姿の3つを日々心がけています。松下幸之助氏、鍵山秀三郎氏の経営学に影響を受けた42歳です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
諦めるカマス
「諦めるカマス」

 ある大学で行われた実験なんですが、大きないけすの中に入れたカマスに、一定時間ごとにエサを与えるんです。エサを与えるたびに、ものすごい勢いで食べるんですね。

バナー小橙人気blogランキングへ
 


ある日、意地悪をして水槽の中に透明なガラスの仕切り板を入れたんです。でもカマスにはわからないので、エサを入れるとカマスはすごい勢いでガラス板にぶつかりました。それこそ脳しんとうが起こるくらい。何回も繰り返すと憶えてしまって、ガラス板を取ってエサを入れても食べようとしなくなるんですね。餓死寸前になっても、もう食べに行かないんですよ。でもそのカマスにもう一度エサを食べさせる方法があるんです。
 
 どうすればいいと思いますか? 


それは別のカマスをいれるんです。そのカマスには先入観がないので、エサを食べに行くんですね。するとそれを見ていた他のカマスも、「あれ?食べられるのか」と自分から食べるようになる。

この水槽はマンネリ化した組織の象徴なんです。

マンネリを解消するには、新しいカマスが必要なんですね。

それは時には新人社員かもしれませんし、中途社員かも知れません。

でもそのカマスも自由に泳がせてあげないと意味がありません。

「初対面の1分で相手をその気にさせる技術」 朝倉 千恵子氏 から引用。

まさに以前の私のような話です。私は新しい水槽で、新しいカマスに刺激を受けています。

カマスとなって頑張ります!!

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
変化があるって楽しいですね
松Pさん
人生 山あり谷ありそれが苦しみでもありますが、楽しさなんですね。安定より変化を求めることが私の人生です。お互いがんばりましょう。
2006/05/07(日) 18:34:59 | URL | gonsuke #-[ 編集]
リフォームは人の出入りが激しく空しさを感じていました。自分も改めたり色々改善しながら、やっと今のメンバーは3年定着し、そして昨年中途で一人採用し少し水面から顔を出して息ができたような感覚がありました。秋頃には社内の他部署からの登用を考えています。いい意味での新陳代謝は必要ですね
2006/05/07(日) 14:31:37 | URL | 松P #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://onigirigorogoro.blog46.fc2.com/tb.php/33-23e278c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。