mr.gonsukeの感謝するから幸せになれる
素直な心・感謝の気持ち・謙虚な姿の3つを日々心がけています。松下幸之助氏、鍵山秀三郎氏の経営学に影響を受けた42歳です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鄙事多能
鄙事多能 (ひじたのう)

世の中に特別なこととか特別なものは何もない。

そのことを慶応大学をつくられた福沢諭吉先生は、「鄙事多能」と言っておられます。

慶応大学というと、さぞ立派なことを教えられたのではないかと思うのですが、先生は鄙事、つまり普通の人たちが雑然と片付ける細々としたこと、例えば、朝起きたら布団をたたむとか雨戸を開けるとか、ちょっと家の前を掃くとか、そういった身辺の雑事に対していつも多能で、器用でなければいけないと教えております。

また、芥川龍之介は、

「人生は瑣事(さじ)に苦しみ、瑣事を楽しまなければいけない」と書いております。

 鄙事・・いやしいことがら 瑣事・・こまかいこと つまらないこと

 凡時徹底 平凡を非凡に努める 鍵山秀三郎 (致知出版)  


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【本日の感謝】

福沢諭吉先生は、慶応大学を設立された立派な教育者です。それでも、鄙事の大切さを訴えておられた。芥川龍之介氏も瑣事を経験しなければ、人間としての成長はないというような素晴らしい考え方の人。そこの身分の違いは無関係です。

  この素晴らしい人生訓に対して感謝!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

バナー小橙人気blogランキングへ

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://onigirigorogoro.blog46.fc2.com/tb.php/3-f709a5b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。