mr.gonsukeの感謝するから幸せになれる
素直な心・感謝の気持ち・謙虚な姿の3つを日々心がけています。松下幸之助氏、鍵山秀三郎氏の経営学に影響を受けた42歳です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
原油とオレンジジュースの関連性
今、建築業界も合板、鉄、アルミ、セメントその他の素材価格の高騰、素材インフレで建築コストが増大し、大変苦労しております。

しかし販売価格の方は、未だにデフレ傾向。

住宅会社・工務店は厳しいですね。(T_T)

昨日、ニュースでハム、ソーセージの値上げが発表されました。

これは原油価格高騰の影響です。

この関連性の説明は、テレビやラジオで頻繁にやってましたが、要するにハム・ソーセージの値上がりは、「とうもろこし」の値上げが影響ということ。

これは、牛ちゃんや豚ちゃん、鶏ちゃんのエサ、飼料である「とうもろこし」の値上げがそのまま影響しているのですね。

じゃあどうして、「とうもろこし」がこんなに値上げになったのか?

別にアメリカで、大干ばつがあった等、異常気象の影響ではありません。

これは、エコエネルギーと言われる、「バイオエタノール」の影響らしいですね。これの材料は、とうもろこしやさとうきびが中心だそうです。

今日ラジオで聞いた話では、アメリカは世界の40%のとうもろこしを生産しているそうです。

そのアメリカが、国をあげてバイオエタノールの生産を推進している。

となれば、儲かる話ですから、皆がバイオエタノールにとびつき始める。

その影響で、とうもろこしが急騰しているそうなんです。

アメリカは急ピッチで、このバイオ燃料を生産をし始めたので、バイオエタノールの世界でNo1の生産国になってしまったそうです。

ここまでは、ハム等が値上がりした理由。

では、オレンジジュースはどう言う関係なのか。

その理由は簡単。

それまで、バイオエタノールの生産国No1と言えばブラジル。

そのブラジルが、オレンジなんかより、とうもろこしやさとうきび作った方がずっと儲けが多いという事で、作るものをそちらに変更。

だから、原油が上がればオレンジジュースの値段が上がるわけなんです。

ここまで読まれていかがでしたか。

本当に人間のエゴは、恐ろしいものです。

儲かることには何でもすぐにとびつく、こういった人の多いこと。

アメリカに圧力をかけられて、食品を買わされてきた我が国は危機的状況ですね。

もう既に、大豆などは大幅に高騰しているようです。これも、バイオエタノールの材料になる。

鶏にコストがかかると、玉子も値上げ。キューピーもマヨネーズを値上げしました。これから、豆腐も上がるんでしょうね。

住民税が、大幅にUPして手取りが少なくなったのに、これだけ日々の食品で値上げが続くと、住宅産業にも影響は大です。

何とかならないものでしょうか。


バナー小橙blogランキングへ

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
この流れは止まらないでしょうねぇ。
色んなところから入る情報を分析していくと、食物だけでなく建材も輸入に頼る状況を止めさせるためにこういう流れになっていくようです。
今後ますます加速化すると思われます。
なので、国産材の活用を今から真剣に考えた方がいいかも。
ここ1,2年がその転換期になりそうです。
2007/07/06(金) 17:07:38 | URL | ビルダーナース #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://onigirigorogoro.blog46.fc2.com/tb.php/292-bc01252f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。