FC2ブログ
mr.gonsukeの感謝するから幸せになれる
素直な心・感謝の気持ち・謙虚な姿の3つを日々心がけています。松下幸之助氏、鍵山秀三郎氏の経営学に影響を受けた42歳です。
次に備える
今週末、チラシを入れます。

2月途中から、積極的にチラシを入れていたのですが、GWにチラシを入れてから、しばらくぶりになります。

というのも、5組のホットなお客様がいらっしゃったからです。

一ヶ月半ぶりのチラシ。

どういう結果かが楽しみです。

建材営業時代、小規模工務店、リフォーム店の店内会議なんかに同席させて頂くことも多かったのですが、資料を見ると、一年間「ジグザグ」の売上、集客、回収の状態。

要するに、営業を頑張ると、2~3ヵ月後に現場が始まり、会社がたちまち忙しくなります。

すると、営業活動が停止します。

現場が終わりに近づく頃と「そろそろ動き始めないと・・」と営業また頑張ります。といった具合で、少人数の悲しさ、余裕がないので、結局一年を通じると売上が「ジグザグ」といった具合になってしまいます。

勿論、資金繰りも・・・。

ということで、現場が始まる前のアクションです。

今は、一人何役をしなければならず、本当に忙しいのですが、ここを頑張らないと次のステップへ進めないのも現実。

私のやれなければならないことは、仕様決めに進むお客様を、いかにもれなく女性スタッフに引き継ぐかです。

「権限の委譲」も必要ですね。

どうせ全責任は、リーダーにかかってくるのですから、覚悟の上です。

心の余裕がなければ、グローバルに考えられないし、全体が見えない。

責任者は、全体を見通すことが重要です。

「自分が業務の「一つの駒」になってしまうと、それだけで精一杯になり、お店をコントロールできない」とマック時代、先輩の店長に教えてもらいました。

自分がやった方が楽でも、あえてやらずにおく。

部下や後輩に考えさせて、あえてやらせる。

エンパワーメントという言葉を学びました。

成長していくには、一人では無理ですからね。

また、パニックになるかも(笑)

問題やクレームと上手に付き合える位の人物になりたいですね。


バナー小橙blogランキングへ

スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
仰るとおり、予定計画をしっかりと作らないと、いけませんね。我々建築業界は、手形が主流でありました。でも、現在ではどんどん現金化が進んでいます。体質が改善できない組織は、生き残って行けない時代になりました。
2007/06/22(金) 12:32:49 | URL | gonsuke #-[ 編集]
 これはあくまで当社のやり方なのですが・・・機械の製造も家と似ていると思うのです。家の場合はもっと細かくお金の回収ができるのでしょうが機械は 受注を受けて作るのに3ヶ月かかります。 OKとなってから手形を受け取るのですが現金になるのは3ヵ月後・・・こういう中では 月別受注量(仕事量)と納品予定量 さらに換金予定金額を一連のグラフにしておく必要があると感じます。
その上で 今受注しないと3ヵ月後に穴が開く・・・といった判断をしています。
2007/06/22(金) 10:00:58 | URL | acb #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://onigirigorogoro.blog46.fc2.com/tb.php/279-128ec50e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック