mr.gonsukeの感謝するから幸せになれる
素直な心・感謝の気持ち・謙虚な姿の3つを日々心がけています。松下幸之助氏、鍵山秀三郎氏の経営学に影響を受けた42歳です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
喜び半分
今日の大阪、雨が終日降り続き寒い一日でした。

特に現場の仮設トイレの掃除は、手がちぎれるかという位水が冷たかったです。

本日、7ヶ月目のお客さんから「建築申込」を頂きました。

申込金もお預かり致しました。

私、これで2棟目。

まだ契約ではないですから、100%とは言えませんが。

本来なら嬉しいはずなのです。

しかしちょっと複雑。

すんなり行かないのです。

信頼関係も人間関係もバッチリ。

でも・・・。

お客様の宿題が難問なんです。

いや、まわりの環境が一番大きな壁か。

今日のところは、オール・オア・ナッシングという感じ。

微妙なところです。

今日は半分だけ「ヤッター」

ここまで読んで下さってありがとうございます。

blogランキングへワンクリックお願いいたします。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
まわりの人は、「お客さんと人間関係が出来ていないから、そんな事を言われるんだ」と言いますが、人間関係は出来ていると思います。何回も家に上がって、お茶やお菓子を頂いて長居させてもらっています。ご主人は商社にお勤めで以前、約款を軽視して大変なめに会われたそうです。インターネットでも、「建築四会のを自分の会社流に、都合よく変更しているところがあるが、そんな時は意義申し立てして、話し合い改定してもらいましょう」なんて書いてありました。私自身、人を見る目も持ち合わせていますし、大丈夫と思うのですが、まわりがどうも・・・。どんな約款で「契約しても消費者にとって良くないと判断されると裁判でもその約款は無効になる」勉強になりました。相談してみます。
2007/02/19(月) 17:01:11 | URL | gonsuke #-[ 編集]
社会通念上その変更はどうなんでしょう?
約款は表現が抽象的なので拡大解釈するとお客さんの言っている事に合う場合がありますが・・あとは代表としてそれを約束するだけですね。頑張れば問題なく進むことなら私の一存で変えたことはありますし上司を説得したこともあります。
第3者に相談してみたらどうでしょう。契約しても消費者にとって良くないと判断されると裁判でもその約款は無効になるそうですから・・
2007/02/19(月) 09:50:02 | URL | ワンマン #-[ 編集]
契約書の約款の文言の一部変更を言われておられます。当社の約款は建築四会のものではないのです。約款の変更は、できないと伝えましたが、お客様もそれは納得できない。どうするか・・・。
2007/02/19(月) 06:18:37 | URL | gonsuke #-[ 編集]
色々あるようですがおめでとうございます。
なんだろ宿題って?!
造作とか?コーディネートの部分ですか?
人手のこと?
無理しないようにしましょうね。
2007/02/18(日) 15:54:24 | URL | ワンマン #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://onigirigorogoro.blog46.fc2.com/tb.php/227-32a5ab28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。