mr.gonsukeの感謝するから幸せになれる
素直な心・感謝の気持ち・謙虚な姿の3つを日々心がけています。松下幸之助氏、鍵山秀三郎氏の経営学に影響を受けた42歳です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
弁当箱を洗う人と洗わない人
私はいつもお弁当を会社に持っていっています。

前にも書きましたが、毎朝自分で作っているのです。

作っているといっても、ほとんどが昨日の残り物や冷凍食品を入れるだけ。あんまり偉そうに言える事ではないかも知れませんが。自分で作るといったら、玉子焼きくらいです。

自分で言うのなんですが、私の作る玉子焼き、出し醤油を入れて、微妙な焼き具合で、なかなか美味しいですよ。

長男でしたので、小さな時から何でも母親任せで、結婚しても家内になんでもやってもらっていた自分が、最近は何かと自立してやれるようになってきたと思います。

その弁当ですが食べ終わった後の弁当箱を、すぐ洗う人と洗わない人がいることに気づきました。

カップ麺も食べ終わって捨てる前に、洗ってから捨てる人もいますね。

自分は、弁当もカップ麺も食べ終わったらすぐに洗うのです。

洗う人と洗わない人の違いは何か。

自分も以前は、洗いませんでした。何故洗うようになったか。

その答えは、自分で弁当を作っているからです。カップ麺は、ゴミの処理をするようになったからです。

最近は、缶コーヒーも飲んだ後洗って捨てるようにしています。飲んだ後の缶には糖分が充分残っています。缶を洗ってから捨てるだけででも、ゴキブリ等の発生を少しは防げます。

「いいかげんなヤツ」と思われるかもしれませんが、自分で翌朝弁当をいれる時、面倒くさいのと、不潔に感じるから洗うようになったのです。

それまでは、翌朝まで弁当箱を出さずに、家内に文句を言われることも多々ありました。

結局、自分で実際にやらなければ、その人の気持ちやその人の苦労などわからないということなのです。

これは、いろいろなことに当てはまります。実際に自分でトイレ掃除している人は、トイレを汚しません。

喫煙者でも、どんぐりさんのように道路のゴミ拾いをしている人は、吸殻を道にポイ捨てしません。

尊敬するイエローハット鍵山秀三郎さんがおっしゃる、「凡時徹底」という意味合いはこういうところにあるのだなぁと思います。

私が毎朝続けているのは、弁当を作って、スラックス、シャツにアイロンを当てること。こういう家事を行うと、家内の気持ちがほんの少しだけですがわかります。

感謝の気持ちが湧いてきます。


気づき力は、凡事徹底から。

ここまで読んで下さってありがとうございます。
バナー小橙blogランキングへワンクリックお願いいたします。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://onigirigorogoro.blog46.fc2.com/tb.php/211-bc10c63f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。