mr.gonsukeの感謝するから幸せになれる
素直な心・感謝の気持ち・謙虚な姿の3つを日々心がけています。松下幸之助氏、鍵山秀三郎氏の経営学に影響を受けた42歳です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
涙が出そう
現在のモデルは「オール電化住宅」なので、メーカーさんが協力してくれて、来月IHクッキングヒーターの実演をしてくださいます。

ウチのスタッフが、御願いしたのです。

「ただでやってくれるって」

彼はレスポンスがあると思っているようですが・・・。

他社の方が、当社のイベントに協力してくれるのはありがたいことです。

でも今さらという感じも・・・。建材営業時代嫌というほど、工務店、リフォーム店に提案してきたのですが、「もう一つ」という感じですね。

営業マンは、工務店がイベントするとなると、バカの一つ覚えのようにIHの実演。昔よく冷凍食品を買いに走りましたよ。女の子に休日出勤御願いして。

冷凍ポテトなんかを揚げて、それを配って「どうですか~美味しいでしょ」なんてパターン。

「ガスに比べて火力が強いねぇ」と驚いてくれる人もいるが、最近はスーパー等のイベント会場等でもよく行われているので、お客さんの方も「ああまたか」と言った感じですね。

ここで、発想の転換。

このモデルを購入してくれるT様。

先日、ブログでもお伝えしたように非常に横のつながり主婦同士の「コミュニティ」を持っておられる。

何回も、お友達をつれて見学に来られる。

私も「遠慮しないで、どんどんお友達を連れてきてください 美味しいお茶でおもてなしさせてもらいます」と言ってます。

そのT様が「IHって上手く調理できるかなぁ」と。

私は「すぐ慣れますよ 皆さんそうです」と答えました。

でも・・・。

そこで、メーカーの人に電話。

「IHをつかった料理教室をやっている先生って、お知り合いいらっしゃるでしょ モデルハウスで、出張料理教室やってください 勿論費用はお支払いします」

すぐに回答がきました。出張費、材料込みでそこそこの金額。

T様に「費用は当社持ちで、お友達の奥さんをたくさんお呼びして、お披露目会やりませんか 作ったお料理を試食してワイワイやりましょうよ」と聞いてみました。

すると、すごくお喜びになられて、「人数が集まらないともったいないので、友達集めてみます また電話します」と。

どうせやるなら、お客様に喜んでいただきたい。また紹介もして欲しいという気持ちです。

するとどうでしょう。T様から連絡が。

「次の土曜日に、家を考えてる友達がいるので一緒にいきます」と。

「うぁーうれしいなぁ 涙が出そう」

ありがたいなぁ。本当に感謝、感謝です。

お客さんが喜ぶことを考えていたら、おかえしに嬉しいことが返ってきました。

ビルダーナースさんにアドバイスいただいたように、前日に地元で人気のあるケーキ屋さんで、クッキーか何かを買っておこうと思います。


バナー小橙blogランキングへ




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
失敗を恐れずに「いいな」と思ったことは、即実践していきたいと思っています。この不苦労、私たちを救ってくれています。
2007/01/26(金) 01:21:51 | URL | gonsuke #-[ 編集]
 素敵な発想ですね。
自分が使っているところを 想像できるどころか 実演まで出来ちゃうなんて
しかもお友達同士。
一般の料理教室ではこうはいきませんからね。
こういう仕掛け 全てに上手く行くわけではないにしても貴重なノウハウとして積み上がって行きますね。

 “不苦労”今日送られてきました。
ありがとうございます。
かわら版も読ませて頂いています。
随分力の抜けたものになっているって感じています
2007/01/25(木) 12:47:40 | URL | acb #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://onigirigorogoro.blog46.fc2.com/tb.php/193-22444277
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 机の上に 見慣れない会社名の封書が届いていました。中に何か入っているみたいですが ・・・・ 大阪 ・・・ ○○データハウス・・・・う~ん どこだったっけ ・・・ 先日の展示会でそんなブースを覗いたっけ・・ ・・・とこんな感じで空けた封書の中には 一枚..
2007/01/25(木) 15:31:11 | いい会社ってどんなだろう
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。