FC2ブログ
mr.gonsukeの感謝するから幸せになれる
素直な心・感謝の気持ち・謙虚な姿の3つを日々心がけています。松下幸之助氏、鍵山秀三郎氏の経営学に影響を受けた42歳です。
不二家は他山の石ではない
このところ毎日不二家の「期限切れの原料」を使用していた問題が、TV・新聞を賑わせています。

思い起こせば、高校三年の冬。

体育大学の推薦試験が終わって、生まれて初めて「アルバイト」した店が不二家レストランでした。

坊主頭でペコちゃんのバッチを胸につけて、ウエイターをしていました。確か時給480円スタートだったと記憶しています。(時代を感じる・・・)

来られているお客さん達は、不二家ブランドを信頼している方が非常に多かった。

クレームでも「不二家さんなんだから・・・」といった内容。

ペコちゃんのブランドは信頼の証でした。

それがこの事件。雪印の教訓が全く生かされていない。

雪印の事件は、相当大きな影響を及ぼしました。

広告やチラシの影響力を大きく低下させたのですから。

当時、ハーストーリィの日野さんの講演でも、このことは言ってましたね。

この事件を皮切りに広告やCMは「いいことが書いてあって当たり前、これを100%信じちゃいけない」って。

ここから、自画自賛するようなチラシのレスポンスが大きく下がりました。

ハセップでしたっけ?そいういう検査規準で安全に商品を管理していると、当時堂々とCMしていました。

でも、それは「嘘っぱち」でした。

その影響は多大。

自分達の判断基準を強化しなければ、自分の子ども達は守れないと考える人が多くなったのです。

お得意先の近くに、雪印食品の大きな工場がありましたが、そこで働く多くのパート従業員の方が、解雇されました。長年働いていた人達が簡単に・・・。そこから住宅ローンを支払っている人も多かったはず。年配の方は、なかなか再就職はできません。

雪印牛乳の販売店の方がたは、お客さんに罵声を浴び、何度も謝り続けていました。

そこで、「俺も寝てないんだよ」という社長の発言。

購買層のキーマンであるお母さん達から、総スカンを食らいましたね。

これは「他山の石」ではありません。

我々地場工務店も「コンプライアンス」を重視しなければ、今や死活問題。

その辺が、どうも建築業界は甘いような気がします。

以前ではありますが、建材営業時代「このシステムバス入らないから、柱動かすわ」とか、「土台欠くから」なんて工務店、実際ありましたから・・・。しかも施工管理者レベルで。

社長や幹部社員が意識しても、現場サイドまで伝わらないことが多いのも事実。

また、多くの職人が介在する現場の管理が、充分でない事も多いです。

私の会社でも、「気に入らない」ことが多々あります。

着工ベースが上がらなければ、職人もなかなかいう事も聞かないというのも、悲しいかなこの業界。

でも、お客さんの命を守る住宅に携わる者として、命をかけて仕事に取り組むというのは、当然のこと。

職人のプライドや人間関係も大事ですが、全てその視線はお客様に向いていなければいけません。

時間がかかるかもしれませんが、必ず変えていきたいと思います。

不二家の事件で、このように感じました。

ブログ仲間のacbさんは、会社でビジョンブックを作成されました。社長の思いを末端まで伝えるツール。このように実践されることが、重要だと思います。



スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
acbさん
プロ意識を持っていない職人さんって意外と多いですね。志がなければ、大きな存在にはなれません。「思い」があるかないかですね。

ビルダーナースさん
そうですね。時間が必要なのですよね。ローマは一日にして・・・。ですね。でも理想は高く持ち続けます。
2007/01/17(水) 09:46:05 | URL | gonsuke #-[ 編集]
ちょっと残念な事件でしたね。
ホントに教訓が生かされていないというか。
命かけようという想いがないままの仕事なら、仰る通りプロじゃないですよね。

スタッフ全員をそういう気持ちに持っていくのは大変でしょうが、紅茶と同じで少しおもてなし精神を取り込むといいかもしれません。
トップダウン式だと自分の頭で考えなる人多いですから・・・。
2007/01/16(火) 18:34:21 | URL | ビルダーナース #-[ 編集]
 建築現場で働く人が全て自分の会社の従業員だったらまだ楽なのでしょうね。
やりやすい 意識付けしやすいということでしょうか・・・
職人のプライドと言いますが 私も随分その壁にぶつかりました。
私も 自分のやり方がそれで世界最高ですか?おいしい蕎麦屋はきっと他の店のそばを食べている・・・みたいな事を言いつづけた記憶があります。
人間国宝になったら仕方がないけどね・・とも
何の為にその仕事をするのか そのためにはどうしたらもっと良くなるのか考えられないのはプロではないのだと思っています。
不二家はその点で甘かったのだと 自分で判断できなくなっていたのだと感じています。
2007/01/16(火) 10:32:42 | URL | acb #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://onigirigorogoro.blog46.fc2.com/tb.php/182-2d90ead5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック