mr.gonsukeの感謝するから幸せになれる
素直な心・感謝の気持ち・謙虚な姿の3つを日々心がけています。松下幸之助氏、鍵山秀三郎氏の経営学に影響を受けた42歳です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
続・休日の過ごし方
本日は会社の定休日です。

本当は毎日、現場の清掃と確認に出かけたいところなのですが、往復で152kmの長距離通勤の身でありますので、ちょっと出かけるという事は、なかなか出来ないのが辛いところです。早く単身赴任をしなければならないですね。

工務担当は今日も頑張ってくれていますが、私自身は、今週は2回目のお休みになります。何か少し罪悪感を感じてしまいます。

そう言えば、週休2日は5ヶ月ぶりですね。

建材商社で働いていた頃は、ほぼ土日祝はお休みだったのですが、今と比べて休日の充実感は少なかったですね。だらだらメリハリなく過ごしていました。

飛び石の週休2日と言っても、いつも通りのスケジュールは変わりません。

お休みの日の朝は、一時間半程ゆっくりと寝ますが遅くても7時には起床。

いつも通り、子ども達を起こして、朝食の用意(といってもカフェオーレをつくってトーストを焼くだけですが)は休みの日でも変わりません。

家内も今日は仕事(ボランティア)の日で、午前中に出かけました。

私も10時半には、ウォーキングに。今日は前回の商店街コースから少し先を歩きました。目的は「豆腐」です。

表通りから一本入った裏通りに、この「豆腐屋」さんがあります。

目立たない隠れ家のようなお店。

でもお客さんは引切り無しに来られます。一本100円の豆乳も美味。

お店の前には、何とも味のある古レンガ模様のトンネルがあります。

tn01.jpg


トンネルの向こう側から見える小さな豆腐屋さん。

バナー小橙blogランキングへ


まだ午前中であるというのに、私が食べたかった「汲み上げ豆腐」は既に売り切れ。残りは「黒ごま豆腐」1つと「ゆず豆腐」が2つ。

仕方なく3つ全てを購入。豆腐の入ったビニール袋をぶら下げながら、ウォーキング再開。

ブログ仲間の acbさん が歩いているような美しい所ではありませんが、川を埋め立てた公園の通りへ出ました。紅葉とは程遠く、まだ緑がまぶしい木々の中を歩きます。その向こうは車道で車が激しく通っていますが、公園内の道はなかなかリラックスできる視界です。
今日はいい天気なので公園内は、絵を描いているグループや、お母さんと幼児の姿を多く見ました。

sanpomichi.jpg


しばらく歩くと「川端康成文学館」があります。

kinenkan.jpg


元々川端康成はこの街で生まれたのではないのですが、2歳で父親、3歳で母親を結核で失い、祖父母のもとに預けられて、この地で高校(当時中学)を卒業するまで育ったのです。ちなみにその後7歳で、祖母が死去。祖父が亡くなる15歳時まで二人暮しだったそうです。そういった事で記念館があります。市内在住者は無料なので、ついでに見学しました。

そこから、例の「調理パン」をまた買って帰宅。今日は一時間半のウォーキングでした。

帰宅し、風呂に入る前に体重を量ると、81kg。ついに2ヶ月半で12kg減量に成功です。食べるものも食べてのダイエットなんで、苦痛もありません。逆に元気になっているんじゃないかな。皆さんにも、「大豆と黒酢ダイエット」オススメです。


その後は何と、偶然にも、次男の参観日でしたのでまた出席し、本日の休日は終わりました。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
営業マン時代、まだ携帯もない頃の話。
毎日会社(展示場)へ行き留守録を確認していました。確認しないと気持ち悪いくらいで中毒のようになっていました。当時は職住接近していましたので可能だったのですが・・知らぬが仏で割り切らないと休みの意味が無いことに気づきましたが、じきに携帯が登場し無理に持たされ電波に追いかけられています。何かあったら携帯が原因とする労災にして欲しいです
2006/11/10(金) 14:56:02 | URL | ワンマン #-[ 編集]
おいしそう
 豆腐屋さんって 今ではなかなかなくなってしまい 遠くまで車で行くっていう場所になってしまいました。
工場製の充填の豆腐に押されていますが
本当においしい豆腐を作っているところは
今は追い風ではないでしょうか
散歩しながら買い物が出来 記念館のような建物もあるってなかなか楽しそうなコースですよね。

 私も 山に雪が降ってしまいましたから
散歩に切り替えていますよ。
田んぼやりんごの木を見ながらですがね。
2006/11/10(金) 10:58:34 | URL | acb #-[ 編集]
tatsuroさん
現場にいっちゃいますよね。でも監督さんはちょろちょろやられるのって、あまり好きじゃない人いますね。昔、施主さんに「大手さんの営業は、契約するまで熱心だけど、現場が始まると工務に任せちゃって音沙汰なし」なんて聞いたことがあります。我々零細会社は役割り分担なんてあってないようなものなのですが、それが地場の良さであると思っています。
2006/11/09(木) 23:31:32 | URL | gonsuke #-[ 編集]
私も休みの日に現場へ行きたくなります。
現場へ行くより,営業しなくてはとか,次の仕事を見付けないといけないとか・・・・考えちゃって。考えすぎかなあ。
ふだんの日は極力現場の監督さんに意向を伝えて,これで良しにしようと思っています。思いが伝わってなかったり,信頼する監督さんがやることだから,信用することにしています。
だから,現場へいっちゃうことがあります。
2006/11/09(木) 22:59:39 | URL | tatsuro #eBcDHRNY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://onigirigorogoro.blog46.fc2.com/tb.php/167-df5b344f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。