FC2ブログ
mr.gonsukeの感謝するから幸せになれる
素直な心・感謝の気持ち・謙虚な姿の3つを日々心がけています。松下幸之助氏、鍵山秀三郎氏の経営学に影響を受けた42歳です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
SHINJYO
昨日、北海道日本ハムが日本一になりました。

その優勝より、話題性のあったのがSHINJO選手の引退です。

自分でも「マンガみたい」って言ってましたが、日本一を決める試合が引退試合なんてプロ野球選手ってなかなかいないですよね。

ミスターでも最後の年は、リーグ優勝も出来なかった。

例の「巨人軍は永遠に不滅です」で涙の引退。

でも、昨日はそんな感じではなかったですね。SHINJYO選手は泣いていましたが、最後は終始笑顔で、とても明るい感じの引退でした。

バナー小橙blogランキングへ


同じ関西のチームでプレーしていた、イチロー選手と比べてみると面白いですね。

明らかにイチローのほうが成績も上。また当時オリックスは、強くて日本一にもなりましたね。でも新庄は当時、万年下位チームの阪神。

でも、関西での人気は実力のあるイチローより上でしたね。

タイプ的には全く逆の動と静。新庄は、とにかく明るく親しみやすいノー天気タイプ、逆にイチローは冷静で寡黙な人に尊敬されるタイプ。

その後、二人の舞台はアメリカに。すでにイチローはメジャーで大活躍していました。それに比べて話題性はありましたが、新庄は「結果」を残す事はできませんでした。

しかし、このアメリカでのプレーが彼を変えましたね。というか、彼の潜在能力が開花したとも言えるのではないでしょうか。という事は、彼の存在は、当時の日本球界の枠には入りきれないキャラクターだったのでしょうね。

今まで日本の野球界は「勝つ」ことが100%で、ファンが楽しむといったサービス精神があまりありませんでした。これにメスを入れたのがSHINJYOです。

「これからはパリーグ」「札幌ドームを満員にする」とコミットメント通り、パリーグ人気の向上や、今までの常識を覆すような数々のパフォーマンスで、野球自体興味なかったという新しいファン層も多数増やしました。

元々日本ハムは、全国的にはもう一つ人気もなく、地味なチームでした。パフォーマンスといっても大阪出身の岩本投手が、ヒーローインタビューで「イチ・ニ・サン マイドー」くらい。一部の人しか知らないマイナーな世界。

それをSHINJYO選手が、森本選手を筆頭に、個性派集団の12球団一の明るいチームに改革しました。それも優勝とは縁遠かったチームを日本一に。

これもSHINJYOのおかげだと、選手もファンも言ってますね。

ファンサービスに徹し、日本のプロ野球を改革した男SHINJYO。

彼が本当のスターでありプロですね。今後の彼の活躍に期待します。

明るい楽しい彼の存在、大きかったですね。

対戦相手が中日じゃなくて、阪神だったら、これ以上に盛り上がった日本シリーズだったでしょうね。新庄も思い出の甲子園だったし。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
woodhomeさん
コメントありがとう!
「記録より記憶」なるほど面白い表現ですね。またそちらへコメント書きに行きますのでよろしくね。
2006/10/30(月) 12:46:38 | URL | gonsuke #-[ 編集]
お久しぶりです。
SHINJYO選手が「記録はイチロー君にまかせて、記憶は僕が作ります」という感じの言葉を言っていたのを思い出します。確かに生涯記録をみてもそれほどたいした記録ではありません。それが今や彼を知らない人はいないほどの有名人。
でもこれもイチローと同じく、彼の努力あってこそですよね。
2006/10/30(月) 11:23:27 | URL | woodhome #-[ 編集]
やはり宇宙人なんですかねぇ。でもすごいですね。北海道と日ハムを変えたんですから。
2006/10/29(日) 18:01:59 | URL | gonsuke #-[ 編集]
入団1年目に買ったグラブを使っていたのには驚きました。(ホントかな?!)
高額契約を蹴ってメッツへいき帰国時には一番早くから誘ってくれたハムへすんなり入ったことが印象的です。実はお金とか名誉では動かない骨っぽい九州男児なのかも・・
2006/10/28(土) 18:56:28 | URL | ワンマン #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://onigirigorogoro.blog46.fc2.com/tb.php/158-443bb10c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。