FC2ブログ
mr.gonsukeの感謝するから幸せになれる
素直な心・感謝の気持ち・謙虚な姿の3つを日々心がけています。松下幸之助氏、鍵山秀三郎氏の経営学に影響を受けた42歳です。
言葉のしつけ
 「コミュニケーション」は非常に重要ですね。上司に対して「報告・連絡・相談」(ほうれんそう)の徹底などを会社の方針書に書いているところも多いでしょう。

 でもそんなことを言っている会社で、挨拶が普通にできていない所が意外と多いのです。

 バナー小橙blogランキングへ


「しつけの三カ条」というものは、家庭教育の土台づくりといってよく、幼少の間に、すなわち、その事柄の意味などわからぬ間に、最基本的な行動のルールとして子供の身につけさすわけです。

 なお以上の他に、なお以上の他に、言葉のしつけとして次の二つを付加すれば一応完璧といえます。

 (一)「ありがとう」と、(二)「ごめんなさい」、前者は感謝の念のタネ蒔きであり、後者は、自己反省を表する最初歩のタネ蒔きといってよいでしょう。        森信三・魂の言葉より (PHP)

   
「ありがとう」という言葉は、出し惜しみせずもっともっと使うべきですね。

 お茶を入れてくれたら、「ありがとう」 宅配業者さんが荷物を届けてくれたら「ありがとう」一日何回も言うべきです。

 また、自分が間違っていたと気付けば「ごめんなさい」と謙虚に言いたいですね。

 「感謝」と「自己反省」の一歩。

 これも、上位の人が率先して実践すべきです。

 これに元気な声と笑顔を忘れなければ、良い組織に必ずなります。
 
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
ワンマンさん
「美しい国日本」言葉も美しくですね。
言葉って本当に大事ですから。
しんじさん
ありがとうと言う回数を増やしたら、商売が繁盛したなんてことよく聞きます。応援クリックありがとうございます。
2006/09/30(土) 06:52:50 | URL | gonsuke #-[ 編集]
言葉のしつけ
こんにちは、しんじです。
その通りですね。ありがとう、ごめんなさい
言葉は何回使ってもおカネはかかりません。
そして、お互いがいい気持になれます。
応援クリックしていきます。
2006/09/29(金) 09:21:28 | URL | しんじ #-[ 編集]
今回の安倍内閣の伊吹文科大臣が小学校での英語教育について「まず正しい日本語の習得をさせるべき」という見解を述べていました。そのとおりです。
2006/09/28(木) 13:13:49 | URL | ワンマン #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://onigirigorogoro.blog46.fc2.com/tb.php/144-e50f0560
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック