mr.gonsukeの感謝するから幸せになれる
素直な心・感謝の気持ち・謙虚な姿の3つを日々心がけています。松下幸之助氏、鍵山秀三郎氏の経営学に影響を受けた42歳です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
志を立てよう
 志とは、辞書によると「心中でこうしよう、ああしようという心の動き」 「心がある方向を目指すこと」となっています。

 自分でも、何かをしようとする時は志を立てて動き出しているつもりですが、松下幸之助さんが言われる「志」とは、そんな生半可なものではありません。真剣さが足りないと言われそうです。

バナー小橙blogランキングへ


 志を立てよう。本気になって、真剣に志を立てよう。生命をかけるほどの思いで志を立てよう。志を立てれば、事はもはや半ば達せられたといってよい。

 志を立てるのに、老いも若きもない。そして志あるところ、老いも若きも道は必ずひらけるのである。

 今までのさまざまの道程において、いくたびか志を立て、いくたびか道を失い、また挫折したこともあったであろう。しかし道がない、道がひらけぬというのは、その志になおよわきものがあったからではなかろうか。つまり、何か事をなしたいという思いに、いま一つ欠けるところがあったからではなかろうか。

 過ぎ去ったことは、もはや言うまい。かえらぬ月日にグチはもらすまい。そして、今まで他に頼り、他をアテにする心があったとしたならば、いさぎよくこれを払拭しよう。大事なことは、みずからの志である。みずからの態度である。千万人といえども我ゆかんの烈々たる勇気である。実行力である。

 志を立てよう。自分のためにも、他人のためにも、そしておたがいの国、日本のためにも。


「生命をかけるほどの思い」ほどの真剣さが自分にはあったのか?と自問自答してしまいます。

「志」があるところに必ず道はひらける。老いも若きもない。他をアテにするな。この言葉、心に響きますね。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
最近続いている幸之助さんシリーズのお言葉は心に響きますね。
誰がなんと言おうと・・・のスピリッツを感じます。勇気と実行力を肝に銘じて私も頑張ります。
2006/09/17(日) 23:52:30 | URL | ワンマン #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://onigirigorogoro.blog46.fc2.com/tb.php/133-af533907
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。