mr.gonsukeの感謝するから幸せになれる
素直な心・感謝の気持ち・謙虚な姿の3つを日々心がけています。松下幸之助氏、鍵山秀三郎氏の経営学に影響を受けた42歳です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「うらみ」と「のろい」と「たたり」の経営
「初心7年」と言われるとおり、独立して7年もたつと初心の素直さや原点の心をすっかり忘れ、自己中心的になる社長が増えます。
さらに「横着15年」と言われるとおり、15年もたつと自分に直言する人がいなくなるため、経営が横着になってきます。
 

バナー小橙blogランキングへ


 
 すると、お客から注文をもらっても「当然」という顔をして、感謝を態度で表さなくなります。さらに、得意先からみると大事な商品であっても、納期もサービスもいい加減になります。これを「自己中心の経営」と呼びます。

 こうなると、お客は嫌気がさして他者に注文を出すようになります。ところが自己中心の主観経営をしている人は、自分の行いの悪さを棚に上げ、「いままでうちの会社が面倒をみていたのに、よその会社から買うなんてけしからん」とお客の悪口を言うようになります。これを「うらみの経営」とか「のろいの経営」と呼びます。

 お客の悪口を言うようになると、これが態度に出るので、お客の評判は一層悪くなり、そのうちにお客が少なって経営が危なくなります。これが「たたり」です。

 業績が悪いのは「景気が悪い」「政府が悪い」「場所が悪い」とか言いますが、実は業績不振の大半はこのタイプの会社が多いんです。常に、自分の会社をお客からみたらどうなのか、チェックを怠らないようにしましょう。
 
      小さな会社★儲けのルール より 武田陽一・栢野克己


 そこそこの業績が何年か出ていると「社長」「社長」と取り巻きの輩も多くなりますし、何か自分が特別な人間のように「勘違い」してしまうものです。
 取り巻きと付き合っていると、何でもかんでも「成功事例」として持ち上げてくれるので、社長自信は心地よいのですが、彼らから一切、真実は伝わってきません。徐々に違った方向に走り出してしまうのです。
 一旦業績が落ち始めると、取り巻き連中はシビアです。一斉に手を引き出し始めます。

 商社時代、そういう工務店の社長をを何人も見てきました。

 結局、人間は慢心するとこうなってしまうのでしょうね。

「裸の王様」にだけは、ならないようにしなければいけません。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
acbさん
コメントありがとうございます。

社長自らブログを書いて、「今考えている事」や「社員に対してのモチベーションUP」を社員に読んでもらうというのは、素晴らしいことだと思います。多くの会社では、社長とコミュニニケーションが上手く取れているところは非常に少ないですから。
2006/09/14(木) 08:24:30 | URL | 感謝するから幸せになれるgonsuke #-[ 編集]
 そういう意味では ブログを書いたり読んだりするのはいいことだと感じています。
誰も 裸の王様の記事は読んでくれないでしょうからね。
従って 自分は裸の王様になっていないだろうかって 自分を振り返る事が出来ますからね。
考えなくなったら 前に進まなくなったら 現状に満足したら いけないんですね。
2006/09/13(水) 11:50:02 | URL | acb #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://onigirigorogoro.blog46.fc2.com/tb.php/128-430361fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。