mr.gonsukeの感謝するから幸せになれる
素直な心・感謝の気持ち・謙虚な姿の3つを日々心がけています。松下幸之助氏、鍵山秀三郎氏の経営学に影響を受けた42歳です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
松下歴史館
今日「松下歴史館」に行きました。松下電器産業本社横、京阪電車の西三荘駅前にあります。なんと入場料は無料です。よくこの辺りは車で通るのですが、「歴史館」の存在は知らなかったです。

中に入ってみると「歴史館」というだけに、松下商品の元祖と言われる「二股ソケット」から「プラズマ/液晶テレビ・ビエラ」まで数々の商品が時系列に展示されており、また創業当時の家が復元されていたり、マルチメディアコーナーでは幸之助さんの肉声と映像から、人間像をさまざまな角度から知ることができます。

私はその数々のすばらしい言葉の中で、特に「社員稼業に徹する」という幸之助さんの昭和35年当時の企業理念に感動しました。

●会社に勤める社員の皆様は、自分は単なる会社の一社員でなく社員という独立した事業を営む主人公であり経営者である。自分は社員稼業の店主であるというように考えてみてはどうかということである。

●時代の変化に対応している会社は、社員全員が経営に興味を持ち知恵を出し合っている会社である。
少人数であれば知恵も集めやすい。それには人の和が大切。
和を持って 衆知を集め 全員経営を推進する。


やらされている、使われているというネガティブな考え方は、今すぐやめなくてはいけない。そう思う言葉です。

「雇われている」と言う考え方は他人に依存的で、責任も回避するような雰囲気がありますが、「社員稼業の店主」という考え方は、逆に責任感を持って何事も取り組む感じですね。

松下幸之助さんの言葉にはとても深みがあります。

今度は、時間を作って幸之助さんの言葉をじっくりと聞きたいですね。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【本日の感謝】

 松下歴史館で新しい学びがありました。今度は時間をつくってもう一度訪問して、幸之助さんの言葉をじっくりと聞いてみたいと思っています。

 ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

バナー小橙人気blogランキングへ


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
いつもコメントありがとうございます。
松Pさんコメントありがとうございます。中村体制のもと、スクラップ&ビルドで松下電器は見事にV字回復し、例の石油ファンヒーターの問題も、見事に乗り切りました。しかし、松下の原点はやはり松下幸之助の経営理念です。現在、松下電工と取引がありますが、TOB以降良い意味でも、悪い意味でも松下電器の影響を受けて大きく内容が変わりつつあります。原点を見失う事がないようにお願いしたいですが・・・。

2006/03/25(土) 05:48:44 | URL | gonsuke #-[ 編集]
わたしは新商品発表会時に、ここの講堂に入ったことがあります。幸之助さんの大きな肖像画が高いところに掲げられてて見守ってらっしゃるという印象を受けました。V字回復を実現した中村さんも退任?されるそうですが、新旧織り交ぜながら改革を進めることは的確な判断・決断ができないと難しいのでしょうね。またある部分では「誰がなんと言おうと」という気概も必要と思います。
2006/03/24(金) 10:36:01 | URL | 松P #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://onigirigorogoro.blog46.fc2.com/tb.php/12-4b720503
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。