mr.gonsukeの感謝するから幸せになれる
素直な心・感謝の気持ち・謙虚な姿の3つを日々心がけています。松下幸之助氏、鍵山秀三郎氏の経営学に影響を受けた42歳です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
辛かった時の話 (下積み苦労編)
そういう状態が続きましたが、しばらくすると状況が変わってきました。

材木店の「上得意先」である有力住宅会社からの注文が、徐々に減り始めてきたのです。

ブログランキングに“ワンクリック”ご協力をお願い致します。
バナー小橙人気blogランキングへ


有力住宅会社に新しく入った工務部長と、K材木店との折り合いが悪くなっていたせいです。当時K材木店は、社長とのパイプラインがあったので、工務部長の新しいやり方に反発していました。今まで、何から何まで納めていたので、少し横柄になっていたのだと思います。

K材木店は、住宅会社の社長に上申しましたが、それがまた工務部長の怒りに触れて、取引がどんどん細くなってきました。

今後、実務に関しては、工務部長に任せようという社長の方針だったので、アテが見事に外れたのです。

悪い事は重なるもので、そんな状態の時にK材木店が「大クレーム」を起こしてしまったのです。

番頭さんと現場担当の連携ミスが原因でした。これをきっかけに、加速するように注文がどんどん減っていきました。

今まで私は、K材木店関係の仕事だけしていれば、そこそこの売上がありました。

これから、そうはいきません。「売上の核」となる店がなくなってしまったのです。これからどうすればいいのでしょう。

数ヵ月後、有力住宅会社との取引がゼロになった時、私の売上目標達成率は、30%を切ってしまったのです。

理由はともあれ、営業会議は地獄でした。

悪い成績の営業マンでも、目標に対して90%前後の中、私だけが目標にかけ離れていました。

全社でも、最も達成率の低い、笑われ者の営業マンとなってしまったのです。

三十過ぎの中途で入社で、ただでさえ目立った存在でありながら、毎日が悔しい屈辱の日々が続きました。

社内の研修会で、現状の数字を報告する時があったのですが、本当に恥ずかしくて辛かったです。

さすがにK材木店だけ訪問している訳にはいかず、BPの低い店や休眠店も徹底的に回りました。

何十キロも離れた山奥の建材店にも、トラックに商品を満載にして、押し売りに近い状態で売り込みに行きました。

それでも、いくら訪問して頑張っても、単月一千万を超えるギャップ値は賄う事が出来ずに、毎月の会議では針のムシロ。

この頃は「このままどこかに逃げてしまいたい」と思うことや、自暴自棄に陥ることが何度もありました。

本当に今から思えば、精神的に危なかったですね。

上司には「ダメなら新規開拓でもしろ」と言われました。

新規は当時、スキル的に難しかったのですが、何年も取引の無い「休眠店」から少しづつ注文が来るようになり、金額は少ないのですが嬉しいものです。

「必死に頑張れば何らかの結果は出る」ということを身をもって体験し、建材営業での自信が、ほんの少しづつではありますが、芽生えてきました。

しかし、相変わらず二年目になっても売上の低迷は続いており、K材木店の売上は全盛時の十分の一に落ち込んでいました。

その後、K材木店の番頭さんは、店を去って行ってしまい規模は勿論縮小へ。

そんな時、月の売上を一人で7,000万円も上げていた上司から、営業所で№1の売上であったH建材店の「お手伝い」をするように言われたのです。

そして、上司と同行し、H建材店の社長と面会しました。

《次回に続く》
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントありがとうごいます
ワンマンさん 
このルートセールスは、しがらみが強くて新人がそう簡単に売り上げ規模の大きいところは担当できません。工務店やリフォーム店のクレーム処理や商品の納期短縮などメーカーも「人」を見て動くところがありますし・・。上司は試練をわざと与えたというより、自分が新人の時と同じようにしただけではないでしょうか。住宅関係の流通業界は、社員教育のシステムがある会社なんてほとんどありませんから。たまにメーカーさんの研修会をちょこっと利用するくらいです。
2006/08/12(土) 18:57:37 | URL | gonsuke #-[ 編集]
gonsukeさん
読みながら自分も過去の振り返りをしていました。
私は長く住宅営業でしたので商社のようなルートセールスをある意味馬鹿にしていました。でも読んでて思ったのは、ストレスのたまるつらい仕事だということ、そしてなんか不公平な感じがする担当会社の質・・いいところを持てば成績もよくなるんでしょうか?年数が浅いから厳しいところばかり持っていたんですか?上司はわざと試練を与えてくれたのでしょうか?
2006/08/12(土) 18:02:05 | URL | ワンマン #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://onigirigorogoro.blog46.fc2.com/tb.php/102-36c572b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。