mr.gonsukeの感謝するから幸せになれる
素直な心・感謝の気持ち・謙虚な姿の3つを日々心がけています。松下幸之助氏、鍵山秀三郎氏の経営学に影響を受けた42歳です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クレームとおめでとうございます
先月、出産のために帰郷する前日に、奥様からクレームの電話をお聞きしました。

「クロスの継ぎ目が目立ってきた」という内容です。

すぐに、お伺いさせてもらうところですが、3歳のボクちゃんが風邪をひいているそうで、ご出産後という話になりました。

予定日は3月の中ごろとお聞きしていたので、本日夕方に奥様の携帯に電話しました。

すると、元気な奥様の声が。

予定日が随分遅れて、金曜日にご出産されたところだとお聞きしました。

「おめでとうございます」

無事、安産で男の子をご出産されました。

産後はご実家におられるようで、ゴールデンウィーク明けにお戻りになられるようです。

普段、ご主人はお仕事で留守がちなので、随分先になりますが、ご訪問するお約束をしました。

「いつもありがとう」

と声をかけてもらいました。

こちらのご夫婦は、この会社の一番最初の施主様です。

こちら側の至らぬこともあり、クレームでチョコチョコご訪問することが多かったのですが、温かく対応してもらっています。

チラシやホームページへのお客様の声もいただいています。

本当に感謝します。

ご出産祝いなにがいいかなぁー。





 こちらのポチっもよろしくお願いします。皆さんに感謝、ありがとう。
人気ブログランキングへ~貴重なポチっありがとうございます。心から感謝・感謝です。

スポンサーサイト
こんな関係羨ましい
ローコスト系の工務店にお勤めになられている女性と、結婚される方の結婚式に行ってきました。

その方はお客様担当の女性で、長年社長さんと一緒に会社を支えてきた方で、披露宴ではいろいろな職人さんや、関係者が盛大に式を盛り上げていました。

その中で、ふとあるテーブルを見ると、主婦らしき女性が固まって座っていました。

お話を聞いてみると、全てOB施主の奥様とのこと。

結婚すると聞いて「是非、祝福したいので、式に参加させて欲しい」という施主さんが7、8人も来られていたのです。

そういえば、チャペルを出たときに自転車に乗ったお子様連れのご家族がいました。

ナント、その人たちは、今着工中のお客様とのこと。

うーん。

鳥肌もの・・・すごく立派ですね。

お客様にここまで言わせる女性、すごい人間力です。

こういうお付き合いを続けているこの女性、初対面に近い存在ですが、すごい人間力です。

このようなお客様との関係、すごく羨ましかったですね。

その反面、形だけの引渡し式を行って、施主様に一言もかけずに立ち去った営業マンに、施主様が気分を悪くされたと言う話も、別のローコスト系工務店の工務の方から聞きました。

この業界、時に「売る人間」が素晴らしい人間と思われがちです。

先の女性は「売る人間」でもあるのですが、大きく違いますね。

ローコストだからどうとか、付加価値住宅だからどうとか、そんなのはあまり関係ありません。

我々工務店は、工法へのこだわり、素材、デザイン・・・に固執しがちですが、要はそこのお住まいになられる方のお気持ちに、こだわり続けなければならないのですね。

お客様に喜んで頂き、感動を与えられる人間、それが地場工務店に、本当に必要な存在だと私は思います。

まだまだ、日々修行です。

上には上がおる。

モチベーション上がりました。

リッツじゃないけど、いろいろな感動を与えれるように、感性を磨きます!





 こちらのポチっもよろしくお願いします。皆さんに感謝、ありがとう。
人気ブログランキングへ~貴重なポチっありがとうございます。心から感謝・感謝です。

ツキ効果でいつも元気でニコニコと
以前「ツキ」を呼ぶ魔法の言葉について書きました。

自分が発する3つの言葉によって、ツキを呼び込む事ができるというお話でした。

それの続編になりますが、最近読んだ本の中に、「ツキ」を呼び込む方法というのがありましたので、皆様にもご紹介したいと思います。

これを読んだ方が、元気になってもらえたら嬉しいです。

【ツキを呼び込む方法】

「ツキ」を呼び込む方法は、まず正しい生き方をすること。

正しい生き方とは以下のようなことである。

1、人間として生まれてきた目的は、人間性を高めることである。

そのためには、

*良心に従う努力をする。

*自然の秩序を壊さない努力をする。

*自分も同様に他人も大事にする努力をする。

*自分だけ、目先だけがよければいいと考えることや、そのような行動を出来るだけ減らす努力をする。

2、世の中で起こることは、すべて「必然」「必要」「ベスト」になるように、できているようだ。このことを理解し生きる。

3、世の中は公平である。「因果の理」が作用している。

与えられたら与えることを理解する。

いまやっていることは、自分の将来に影響するのだ。

・・・・このようにして正しい生き方をしていれば、自然に「ツキ」が呼び込まれていくようである。

 ツキはじめれば、人相もよくなり、健康にもなる。

逆に正しくないことをしつづけていれば 、ツキがなくなり、病気になり、人相が悪くなっていくようだ。

 自由、融合をめざし、肯定、感謝、プラス発想で生きるのが、ツクための決め手のようである。

 自分の運命は結果的には自分でつくっていると考えるのが正しいようだ。

苦しみも、悲しみも、喜びも、自分が招き寄せたものだといえるだろう。

                船井流 元気の出る生き方  船井幸雄  青春出版社 より引用



皆さん、前向きに、正しい生き方を実践していきましょう!

それが、一番いい自分も、他人も楽しい生き方だと思います。




 こちらのポチっもよろしくお願いします。皆さんに感謝、ありがとう。
人気ブログランキングへ~貴重なポチっありがとうございます。心から感謝・感謝です。

花と飴玉とお手紙
今ウチのリフォーム工事に入っている、大工さんから聞いた最近の状況。

以前、大手住宅会社の仕事をしたときの話。

そこの大工さんは、有償の「研修」を定期的に受けなければ、仕事が出来ないそうです。

そこまで徹底できるなんて、すごいですねぇ。

会場に大工さんをたくさん集めて、コンサルがこれからの住宅会社の理想像を叩き込むそうです。

研修の内容は、施主様に「感動」を与えると言う話。

その影響からか、大工さんが、施主様にお花をプレゼントしたり、子供さんに飴玉をあげたりしているそうです。

また、施主様に感謝のお手紙を置いて帰る大工さんも。

また、週に何回かは分譲地周辺をみんなで清掃するそうです。

そうして、お引渡し後のお客様のアンケートの成績が総合的に高ければ、評価の高い大工さんは表彰され、金一封を頂くそうです。

また表彰された大工さんは、以後優先的に仕事が来るそうです。

ウチに来ている大工さんが言うには、大工は「仕事」で評価されるべきだというのです。

また、そういう行為は住宅会社側の仕事で、大工の仕事ではないとも。

大工が言いたいこともわかりますが、住宅会社の意図もわかりますね。

良いことは続けるべきだし、お客様が喜んでくださるなら、それでいいと思います。

社員でもないその現場限りの「手間請け大工」さんを、そこまで動かす住宅会社の強い力は素晴らしいですが、それが本物かどうかは甚だ疑問です。

「言うこと聞かなければ、仕事が来ないからやっている」というのであれば、それは違うような気がしますねぇ。

あいさつもロクに出来ないような、愛想の悪い大工さんでは困りますが、恐怖政治の中で本物の「顧客満足」はありえないような気がします。

金のためにやっている善意は、値打ちが無いように思います。

恐怖政治は、発言の出来ない人を一方的にポジションパワーで動かすという事なので、その会社の風土や文化まで決して変えることはできません。

皆が共感して、お客様の幸せを想い行動することが、大切だと思います。

そんな工務店を目指しています。




 こちらのポチっもよろしくお願いします。皆さんに感謝、ありがとう。
人気ブログランキングへ~貴重なポチっありがとうございます。心から感謝・感謝です。

自分は自分である
自分は自分である。

百億の人間が居っても、自分は自分である。

そこに自分の誇りがあり、自信がある。

そしてこんな人こそが、社会の繁栄のために本当に必要なのである。

自分を失った人間が百億居っても、それこそ烏合の衆にすぎない。    松下幸之助



人の意見に耳を傾けることは重要で、自分の考えだけでは固執しがちです。

いろいろな方から意見を聞くことにより、事前にいろいろな事を教えてもらえます。

しかし、人の意見に耳を傾けすぎてしまう人も多いですね。

現場が見えていない、しかし完全には「権限の委譲」ができていないといった、老舗経営者がこのタイプに多いようではないでしょうか。

周りから入ってくる、180度違う意見に、頭を悩まし決断できない。

結果、「社会的な地位」が高い方の意見を正しいと判断してしまう。

この混沌とした時代に、セオリー通りの意見が全て正しいとは言えない筈。

自分の中で、コレと言った判断基準を持ち合わせていないのでしょうね。

この時代、情報は調べればいくらでも得る事ができます。

しかし、「情報」を自己分析し、決断するのは自分しかいないのです。

「オレは最近実務から、遠ざかっているからわからないけど・・・でもな営業っていうものはな・・・」

こんな事を部下に言っても、効果はありません。

部下は部下で「出来ない要因」を内、外から探してきますから。

要するに、アンテナを高くし、いろいろな物に興味を持ち行動し、逆転の発想が出来るくらい頭が柔らかくなければ、これから迎え撃つ難局を乗り切っていけません。

そうすることにより、「自分の誇り」、「自信」というものが生まれてくるのではないでしょうか。

幸之助さんは、経営者にも、サラリーマンにもそういうことを言っているのだろうと思います。

烏合の衆にならないように、自分の意見や考え方をしっかりと構築し、自信を持って仕事に取り組んで行かなければならない。

その時初めて、他人からのアドバイスが生きてくるのです。



 こちらのポチっもよろしくお願いします。皆さんに感謝、ありがとう。
人気ブログランキングへ~貴重なポチっありがとうございます。心から感謝・感謝です。

楽しく仕事をするためのマーケティング
今リフォーム工事を行っていますが、契約時に比べていろいろなものな工事が、追加されてきました。

リフォームはこういうケースが多いですね。

某超大手ハウスメーカーが25年くらい前に建てたお家ですが、何とも雑な工事をしていた事がわかります。

ユニットバスを入れ替えるために、既存のお風呂を撤去しましたが、その床下には廃材がたくさん。

旧お風呂との取り合いの断熱は、不規則にところどころが抜けています。

丁度、材料が少し足りなかったのでしょうね。

そんな感じです。

寡黙で真面目がとりえである、現場担当のスタッフは、床下など工事が進んでいくと隠れてしまう部分は、必ずきれいに徹底して清掃します。

そして、社内検査の時には床下にもぐって、もう一度清掃をします。

そんな基準で、工事を進めているのでこのような現場を見るとたまらないですね。

このような姿勢で、工事現場写真もきっちりと撮って、お施主様に報告しながら、工事を進めているので、信頼してくださったのでしょう。

現場担当は、先日ワインを1本プレゼントされました。

今度、施主様のご主人さまから、「近所のHという居酒屋に一緒に飲みに行こう」と声をかけられたようです。

先日、追加工事の見積もりを担当が持っていきましたが即、「これでお願いします」と言ってくださいました。

毎月ポスティングしている、ニュースレターも読んで下さっていたようで、「この雰囲気」と「実際の社風」がブレていなかったから、ご安心されたのでしょうか?

そういう意味では、コツコツ継続をしていく事の重要性を、あらためて感じますね。

自分たちと同じ価値観のお客様と、一緒にお仕事させて頂く時ほど楽しいものはないですね。

そう言った意味で、マーケティングは本当に重要だなぁと思います。

このような雰囲気の中で、地域のお客様のお役に立てるビルダーでありたいなと思います。




 こちらのポチっもよろしくお願いします。皆さんに感謝、ありがとう。
人気ブログランキングへ~貴重なポチっありがとうございます。心から感謝・感謝です。

またまた小さなレスポンス
パワーポイントで、知恵を絞って作成した『手作りチラシ』の反応が上がってきました。

というか・・・今までVCの推奨する「仕様」「設備」「お値打ち価格」が中心の万人受けする、ターゲットは「新築を考えている不特定多数」というB3のカラーチラシでは、得れなかった喜びがあります。

といっても、小さな喜びですが。

狙った、仕掛けた層のお客様が来られたら、嬉しいですね。

このチラシは、価格や工法は一切入れていません。

今回のチラシはどんなメッセージなのか、

●いつ・・・平日の10時~16時。
 
●どこへ・・・パートの主婦スタッフが案内するモデルハウス。

●誰が・・・専業主婦のお客様。

●何を・・・営業マンのいないモデルハウスをゆっくりと見学したい奥様。

先輩主婦に、家選びについて相談したい30代前後の奥様。 

娘のために、下見をしておきたい50、60代の奥様。          

●何の為に ・・・地域密着活動展開の一環。

平日のモデルハウスを有効活用するため。

パートの主婦スタッフのモチベーション、スキルUPのため。

●それによって得られる会社のメリット・・・モデルハウスの情報を知人に、クチコミで広めて欲しい。

そうすることで、地域密着イベントにつなげたい。

●地域性は・・・地元の方の人間関係は「狭く、深く」。

地元出身の娘さんの家族は、親元の近くの賃貸に住んでいる。

母親は、都心に住んでいる娘の家族を、地元に呼び寄せたい。

●障壁は ・・・ 設立2年の新しいウチの会社は、地元の方に印象が良くない。

地元には、大工工務店が多数あり、盛んなお祭り等で人間関係がある。

ウチのスタッフに地元の人間はいない。

●一連の活動での成果
         
地元のお客様に対してのハードルを低くする。(受注できる、できないは別として)

本日来られたお客様はお二人の奥様です。

女性スタッフ(社員)が接客。

お客様(奥様)お二人とも30代前半、地元出身者。(モデルがオープンして10ヶ月ですが今回初来場)

Aさんはそろそろ家を考えている。

Bさんは、新築して2年。

主婦スタッフが案内、説明をしました。

持ち家のあるBさんがご自宅と比べた感想をAさんに話す。

Bさんが「ウチの家と比べて○○がすごくいい」といった感じで、Aさんの気持ちを盛り上げてくれたそうです。

会話の中で、Bさんの親御さんは建て替えの時期という情報をキャッチ。

1時間半の接客。

心配になって見に行きましたが、女性スタッフと話が盛り上がっていたので、私は全て任せました。

チラシのキャッチが、

「営業マンのいないモデルハウスをゆっくりとご見学してみたい奥様へ」

でしたから。

勿論、お二人ともアンケート記入も頂けました。

地元出身者なのでネットワークも、しっかりとお持ちのようです。

4月よりニュースレターやイベント情報を送らせて頂こうと思います。

ブログ仲間のBNさんにアドバイス頂いたチラシをただいま製作中です。

地元への配布は4月4日。

お客様の反応が楽しみです。

歩合制の営業マンで、棟数を伸ばしていたビルダーの代表が、

「これからは狩猟型はダメだ、これからは農耕型、お客様との関係を構築する」

といっていました。

でも、考え方の核は「量産型」。

受注棟数ありきです。

そんな人に、“感動”を決して与えることはできません。

お客様が感動して、お話になられるクチコミは、どんなチラシより効果があります。

逆に、生産性や自社の都合ばかり考えているビルダーは、すぐに悪いクチコミが広がります。

残念ですが、コチラの方がスピードも勢いも強いのです。




 こちらのポチっもよろしくお願いします。皆さんに感謝、ありがとう。
人気ブログランキングへ~貴重なポチっありがとうございます。心から感謝・感謝です。

       
ブログをやっている意味
最近流行のように、工務店のホームページに、ブログを併設している所が増えてきました。

ホームページ制作会社も、ブログを積極的に、提案しているみたいです。

でも、制作会社も、工務店も、ブログをやる意味が全くわかっていない所が多いので、悲惨な状況になっている場合をよく見かけます。

まず、『更新頻度』。

始めた頃は気合を入れて、真面目にやっているのですが、途中で息切れしてしまい、数ヶ月前から止まっている・・・。

こんなブログ結構見るでしょ。

私の「同期・ブロガー」もかなり消えていきました。

次は、『ブログの内容』。

自社が採用している工法に関する記事や採用している設備機器、リフォーム相談会、商談会といった、売り込み色の強いイベント情報ばかり発信してしまう。

また、ブログで実際に商品の“売り込み”をしてしまう。

そんなブログを見たら、急に引いちゃいますよね。

後、意外と多いのが、折角頂いた「コメント」を返さない。

これ、本当に多いのですよ。

割とマメに更新しているブログなのに、そのまま放置状態。

私が送った本人なら、次からコメントは二度と送らないし、第三者から見たら印象悪いでしょう。

「人とのご縁を大切にしている」 なんてブログで語りながら、コメントには返事をしない・・・。

明らかに矛盾ですね。

気がついていないのか・・・。

コメントのやり取りが嫌なら「最近のコメント」なんてプラグインにカテゴリー作らなきゃいいのに。

この辺の部分をわかっていない方が本当に多いですね。

ブログは、「自分をもっとわかってもらうツール」だと思います。

自分はこんなことが好きだ、こんな考えだ、じっくりと膝詰めで話さないと、分かってもらえないような事がブログから分かってもらえる。

口下手で、中々想いを伝えられない地場工務店こそ、最良のツールだと思います。

ただ流行りだから、みんなやっているから、という感覚では逆効果でしょう。

「よくほぼ毎日更新できますねー」

「いやあ、マネできませんわ」

そりゃあ、「想い」がなけりゃ、書くのも苦痛でしょう。

こっちは、会社のブログと2本立てやで!

BNさんがよく言っていっていること。

それは「発信したものしか帰ってこない」。

本当にその通り。

だから、いろいろな方面の本を読んだり、セミナーに参加しアンテナを高くして勉強するのです。



“十年偉大なり  二十年畏るべし  三十年歴史なる”


尊敬するイエローハットの鍵山相談役の言葉。

毎日続けることは、どんなことでも「歴史」になるのです。 

信じて続けること。

継続は力なり。




 こちらのポチっもよろしくお願いします。皆さんに感謝、ありがとう。
人気ブログランキングへ~貴重なポチっありがとうございます。心から感謝・感謝です。


忘れられない一日
昨日は、お家の「お引渡し式」がありました。

たぶんこの「お引き渡し式」のことは、一生忘れないでしょう。

いつものようにテープカットから始まります。

テープカット

その後リビングに移動し、私が祝辞を読んだ後、設計担当、工務担当からもお祝いの言葉を述べさせて頂きました。

そしてその後、お引渡書にご署名を頂き、キーの贈呈(レプリカ)、そしてご主人様から奥様に花束の贈呈です。

「いつもありがとう」普段の感謝の気持ちを込めて、お渡しされました。

奥様の好きな淡い色のお花、季節柄チューリップが中心です。

実は、事前に奥様の好きな色を聞いていたのです。

いつもの花屋さん、ドンピシャのセレクトです。

お引渡し式

その後、ご主人様から一言を頂きました。

お手紙を書いてこられたのをお読みいただきました。

その手紙にスタッフ一同、大感激です。

お客さんはご夫婦で涙、また奥様のお母様も涙・・・。

我々スタッフ一同、このような経験は初めてです。

この日が来るまで、山あり、谷あり、恥ずかしながら、多大なるご迷惑をかけました。

でも、大きな山を越えて、ご夫婦と共に流した涙を私は忘れません。

この気持ちを書きとめておきたくて、そのお手紙の一部を御紹介させて頂きます。

「そろそろ建て替えを」と思っている時にたまたま御社の新聞チラシを見ました。

モデルハウスを見て、プランの提案などを重ねているうちに、私たち夫婦は、スタッフの人柄にひかれました。

それにこの構造体なら、自慢で安心の、家を建てれると思い、お願いすることにしました。

お願いしたのは間違いなかったと今は確信しています。

        <中 略>

私たち家族は、私設応援団として、いつまでも応援していきますので、これからも、末永くお付き合いよろしくお願いします。

最後に私達からのお願いがあります。何年後になるか分かりませんが、この子たちが迷わなくてすむように、今のままの会社を続けていて下さいね。

直球勝負の熱き男gonsukeさん、いつも冷静なOさん、現場で細やかな気づかいのIさん、親切に説明頂いたTさん、笑顔の素敵なNさん、Hさん、本当に素晴らしいスタッフ、最高です。
心から有難う御座いました。


こちらこそ、本当に、本当に有難う御座います。

私たちスタッフ一人ひとりに、こんな優しい言葉をかけてくださって感無量です。

私たちは、このお手紙を『社宝』として大切にしたいと思います。

その後、ノンアルコール・シャンペンで乾杯をしました。

お子さんもみんなで笑顔の乾杯。

みんなで一人ひとりとワイングラスを重ねました。

乾杯をしているとてもいい写真をスタッフが撮ってくれました。

ご家族にご迷惑がかかってはいけないので、この場でアップするのは控えますが、本当に最高の写真です。

これからも、どうぞ長いお付き合いをお願い致します。

工務店として、これ程「良かった」と思ったことはありません。

お役に立ててよかった。

「この気持ちをいつまでも忘れないで生き続けたい」そう思いました。



 こちらのポチっもよろしくお願いします。皆さんに感謝、ありがとう。
人気ブログランキングへ~貴重なポチっありがとうございます。心から感謝・感謝です。

今日が始まり
今日はお客様のお引渡し式です。

昨日のうちに準備はしていますが、今日は女性スタッフが式には来れないので少々不安です。

忘れ物はないかなぁ。

その時は、私の満面の笑顔でご勘弁を・・・(汗)。

でも、ステキなお引渡し式ができそうです。

昨日、こちらのお客様にプリプリのえびを頂きました。

家に帰って食べると、甘い甘い。

美味しかったです。

ありがとうございます。

海が近いので、美味しい魚介類をいつも頂きます。

こういう関係を続けていけたらなぁと思います。

お家は本日お引渡しですが、今日が新たなお客様とのお付き合いの始まりです。

さあ今から出発します!




 こちらのポチっもよろしくお願いします。皆さんに感謝、ありがとう。
人気ブログランキングへ~貴重なポチっありがとうございます。心から感謝・感謝です。

お客様の声をチラシに
現在春チラシの作成中です。

いつものVCカラーの強い「お値打ち価格」チラシとは違って、今回は「人」をメインにしたチラシを時間をかけてでも作りたいと思っています。

ブログ仲間のBNさんには、いろいろと意見を頂き、お手伝いいただいております。

我々地場の工務店というのは、小さな組織体であるため、方向性が偏りがちになります。

リーダーが基本的にワンマンな方が多いので、ひとつの方向に突き進んでしまうと、マニアック路線にはまって抜けられなくなってしまうという場合もよくあります。

だからこそ、客観的な意見が必要なのです。

BNさんとは2年半ブログでのやり取りが続いているので、最初から考え方を説明するという作業が要らないので、こちらとしても楽ですねぇ。

「gonsukeさんの考え方なら、こうした方がいいのでは」といった意見が本当に助かります。

FCやVCのように、「何から何まで同じパターンで」では、マーケティング脳は停止した状態。

だからこそ、ヒントや意見というのが有効なのです。

私達のブログ型ホームページも、データベースが蓄積されてきました。

今になってようやく、HPに対してのレスポンスが少しづつ上がり始めてきました。

こういう地道な活動は、即効性はありませんが、一度反応が上がり始めると続きだすものなのです。

「ほぼ毎日ブログなんてよくやりますなぁ」とか「ニュースレターもいいのは分かるけど、そんなのやっている暇がない」「ウチは事務の女の子にそんなのは全部任せてるから」このような声が上がってきます。

ナンセンスでしょう。

それより「営業マン」と「売り込みチラシ」のようです。

「そんな活動をやっても受注はできませんよ」。

指導する立場の人がこのような考え方なのです。

今は実績が上がっていなくても、マネできないという人が多いことを、やり続ける意味がありますね。

「逆にマイナス」だと思うのに、自社の更新しないHPに更新頻度が少ない「担当者ブログ」をリンクしているビルダーも多いですね。

マメでなければ、アフター、メンテナンスなんて続けていけないと思うのです。

ホームページ、ニュースレター、チラシ、DMが一貫したものにするために、修正しなおしです。




 こちらのポチっもよろしくお願いします。皆さんに感謝、ありがとう。
人気ブログランキングへ~貴重なポチっありがとうございます。心から感謝・感謝です。

今書いたブログが・・・
ありがとうございます。現在16時44分現在、25位の復活しました!

一瞬だけかも知れませんが、本当に嬉しいです。

ご協力感謝致します!

さっき1時間もかけて長文を書き、見直しをしている段階で操作ミスにより消えてしまいました(涙)。

初期のライブドアブログ時代に、再構築で固まってしまったなんてことはよくありましたが、FC2に替えてからしばらくそういうことはなかったのですが・・・。

モデルハウスの古いノートPCに大きな問題がありますが、最近FC2と何か愛称悪いです。

問題は私側なのですが、FC2に八つ当たりしてしまいます。

操作ミスや何かで消えてしまったブログと、同じ内容のものは書いたためしがありません。

モチベーションが続かないのですからね。

内容がころっとかわっていまします、

結構、消えた文章でいいものって多いんですよ。

いつもブログを書きながら考えるので、これからはワードか何かで下書きをしてからブログ投稿をしようと思いました。




 こちらのポチっもよろしくお願いします。皆さんに感謝、ありがとう。
人気ブログランキングへ~貴重なポチっありがとうございます。心から感謝・感謝です。



笑顔のいい人
笑顔のいい人を私は信用します。

人なつっこい笑顔ほど、人の心を和ませるものはありません。

明るい笑顔と大きな声。

それと多少の知性があれば、たいていのことはうまくいく。

                          樋口廣太郎/アサヒビール元会長


“スマイル0円”はマクドナルドのメニューで有名です。

いい時代のマックのクルーの笑顔はみんな素晴らしかったです。

今日、同じVCのモデルハウスを見学させて頂きました。

感じた第一印象は「いい人たちだなぁ」

それは、皆さんが自然体の「笑顔」でお出迎えしてくださったからです。

私は、自分で言うのもなんですが、教師、店長、営業所長など、いろいろと人がらみの仕事をしてきましたので「第一印象」があまりブレません。

いくらニコニコしていても、腹の中に黒いものを持つ人は、大抵見分けがつきます。

いくら美辞麗句を並べてこられても、年の功、ビビッと来るのです。

とくにこの一年間は、山あり谷あり、更に眼力がついてきました。

私も樋口さんと一緒で、「笑顔のいい人」を信用します。

心が曇っていれば、「自然体の笑顔」は絶対に出てこないもの。

営業テクニックなんて、対して大きな影響はないものです。

信用できる人物か、そうでないかは、見る人がみれば判断がつくもの。

そういった意味で、交流が持てたのは本当に良かったです。

いい人達とつながることは、自分自身のツキもアップしてくるもの。

いろいろな学びがありました。

それは、テクニック的なものではなく、人間的な真面目さや一生懸命さです。

今日一日、ありがとうございました。

出会いに感謝です。




 こちらのポチっもよろしくお願いします。皆さんに感謝、ありがとう。
人気ブログランキングへ~貴重なポチっありがとうございます。心から感謝・感謝です。

心に染み入る言葉
先週、テレビドラマで女優さんが、朗読をするシーンがありました。

その詩のような文章にすごく心を惹かれました。

何からの引用なのかわかりませんが、自分が探し求めていた「答え」のような詩でした。

今の自分の心にはすごく響きました。

仕事に、プライベートに、いろいろなシーンで、いろいろな壁に立ち向かった時に自分は、より前向きに、よりポジティブに向かい合おうとしています。

しかし、そう言った日々の中で、ポカンと空いた小さな心の隙間を埋めてくれるような、そんな気がしました。

人は人を恨み、怒り、裁いて罰を与えようとする。

怒りに身をゆだね行動することは、実はそれ程困難なことではないのだ。

人間にとって最も困難なこと、

それは他者を、そして自分を許すことなのだ。

その先にこそ、調和があると知りながらも、人は許すことがなかなかできない。

誰もがその内側に黒いものを抱えている。

誰かを傷つけることもある。

罪をおかすことも、悲しみにうちひしがれることもあるだろう。

だが・・・その同じ人間が純粋に愛を求めることがある。

本当の愛を手に入れたいのならば・・・許すことを知りなさい。

他者を・・・そして自らを。


今日は、一日休息日でした。

じっくりと、考えなければならないこともありましたが、あえて頭をリフレッシュさせました。

また明日から、新しい自分で頑張っていきたい、そう思いました。




 こちらのポチっもよろしくお願いします。皆さんに感謝、ありがとう。
人気ブログランキングへ~貴重なポチっありがとうございます。心から感謝・感謝です。

その一言を聞きたくて
本日、引渡し間近のお客様・G様と銀行のローンセンターへ同行しました。

その道中、ご主人様といろいろとお話しました。

ご主人様は

「いよいよ来週引渡しだけど、これでgonsukeさんとも終わりかと思うと、淋しくなるなぁー」

と言われました。

「そんなことありませんよー、これからもあつかましくお邪魔しますよ!」と私。

工務店冥利に尽きる言葉です。

ご主人様は、近くにお住まいだったのと夜勤シフトが多いので、毎日のように現場に来られて工事をご見学されていました。

施主様が、毎日見学に来られるのを嫌がる工務店もありますが、うちの場合はそういう方が本当に多いのです。

心配して・・・というより、構造に対して“こだわり”をお持ちの方が多いのです。

前回のお客様は、自営業の方で、仮住まいは3軒先だったので、日に2~3回は来られてましたよ。

毎日望遠レンズ付きのカメラで、現場の写真を撮影されて、「僕の建築日記」のような家づくりブログを行っておられました。

しかも、ウチのHPのリンク付きで(笑)。

施主様のブログが、「建築ブログランキング」で、25位以内に入っていた時は、正直ヒヤヒヤものでした。

別に見られて、公開されて困ることは一切させていませんが、心配は多少ありました。

写真に撮られたものが、瞬時にブログにUPされるので。

「全国に見られている」という無言のプレッシャーは感じました。

でも業者へのクレームは、そのブログを見させて手直しさせることが出来たので、webカメラのようで話や処置はすっごく早かったですよ。

こちらのお客様のおかげで、業者・職人との結束、会社の姿勢がより明確になれたのは本当に良かったです。

さすがに、大工は精神的に疲れていましたが、結果としては当社には大きな財産になりました。

今では、新しいお客様に、このブログを紹介するくらいになりました。(ちょっとキツイことも書いてあるんですが、ウチの応援を随所でしてくれています)

お客様の生の声なので、すごい説得力があります。

勿論、G様も全部読まれておられました。

「昨日、家内とgonsukeさんところにお願いして、本当に良かったなと話していたんです」

もう私は、うれしくて涙が出そうです。

続けて、

「最初は何かあったときのために、大手ハウスメーカーがいいってみんなに言われていたんです」

そうです、G様は大手企業にお勤めで、ご年収からも充分なお方です。

「でも、大手はここまでやってくれないですよね」

今回最後に、大きなご迷惑をかけてしまったのですが、逃げずに正面から向かっていった姿勢を評価して頂きました。

小さな工務店の付加価値が「豪華仕様で、お値打ち価格」というようなレベルじゃなかったという事が本当に嬉しいです。

そなままスンナリと行くより、より深くつながった感があります。

住宅営業は、お客様の人生を背負う重要な仕事である分、ストレスやプレッシャーもきつい仕事です。

でも・・・

「あなたに頼んで本当に良かった」

その『一言』で、苦労も何もかもが一瞬にして消えてしまいます。

だからこそ、大きな大きなやりがいがあるのです。

「一生のお付き合いです」

と言えるお客様に、一人でも多く出会いたいと思います。




 こちらのポチっもよろしくお願いします。皆さんに感謝、ありがとう。
人気ブログランキングへ~貴重なポチっありがとうございます。心から感謝・感謝です。

春に向かってスタート
今日も温かかったですね。

テレビで白く煙るようなぐらいの勢いで舞う「杉花粉」の映像見ました。

自分は花粉症じゃないですが、あれをみたらゾゾゾっとしますね。

あそこの突っ込んでいったら、どうなるんだろうなんて思いながら・・・。

現場近くで、白いモクレンの大きなつぼみを見かけました。

たくさんのつぼみが、この陽気で今にも開花しそうでした。

目に見える形で、確実に春がやって来ましたね。

そんな中、中規模・リフォームがスタートしました。

まずは、屋根のリフォーム。

こちらのお客様は、地元中の地元です。

毎月、情報誌を配布している地域なのです。

近くにモデルハウスもあったので、知り合いのおばちゃんもたくさんいます。

「あらー、gonsukeさんとこリフォームもやるの~」

「VCメーカー以外の商品も扱うのねー」

こんな声がかかりました。

設立して2年足らずで、おばちゃんファンが多いのです(笑)

すごいっしょ。

ホント60代の女性にはなかなかの人気です。(あまり自慢にならない・・・)

でも、VCメーカー+新築イメージが浸透していたのですね。

色あせたコロニアルの屋根のお宅は、この周辺ではたくさんあります。

大手Sハウスの分譲した団地800世帯。

「高い」「下請け任せ」と言われていますけど、毎月どこかでセ○○イリフォームのシートを見かけます。

意外と建て替えは非常に少ないですが、500万前後のリフォームは頻繁に行われています。

担当メンテマンが軽トラで、800世帯巡回していますからね。

「新築に特化すべき」という親身になった温かいアドバイスも頂戴しています。

田舎の地域密着路線を歩むには、新築だけを追いかけるだけでは、なかなか厳しいものがあります。

我々の取り巻く環境を考えてみると、薄利多売のスピード受注、狩猟型、刈り取り型では成り立たないと思います。

究極の農耕型を目指して、超地域密着マーケティングしかないと断言します。

賛否両論ですが、究極のリフォームは建て替えだという考えで歩んでいきます。

今日、不動産屋さんの紹介で、お客様が来られました。

私と波長の合うご夫婦で、何か縁がつながりそうな予感がしました。

気持ちが春らしくなってきましたよ。

今日、お世話になっているブログ仲間のビルダーナースさんから、ピピっと来る様なヒント、アドバイスをたくさんもらいました。

自分ひとりで悩んでいると、視野が狭くなって固執しがちです。

肩の力が抜けたような感じです。

猪のように突き進まなくて良かったと思いました。(私の場合、よくあるんですこれが・・・)

焦らずじっくりと。

今後の展開が楽しみです。




 こちらのポチっもよろしくお願いします。皆さんに感謝、ありがとう。
人気ブログランキングへ~貴重なポチっありがとうございます。心から感謝・感謝です。

引きずらないこと、腹をくくること
二人のアスリートの言葉。

まずは、メジャーリーガーの松井秀喜選手。

 なんとかなるものであれば、解決しようと知恵も絞りますが、自分の力でどうにもならないものについては、あれこれ考えません。
そうしたことをくよくよ考えるのは時間と労力の無駄だし、精神的にもあまりよいことではないと思うのです。


松井選手は、順風満帆でメジャーに行き、更に名門ヤンキースでも大活躍。

しかし、松井選手のような人でもケガだけは避けられません。

骨折、肉離れ、膝の手術とここ2年間は、苦労していますね。

現在は、調整が良い仕上がりのようですが。

でも、厳しいメジャーで立ちはだかる壁を乗り越えてきたのは、このような考え方が大きいと思います。

イチロー選手も三振したあとは、必ず「NEXT」と独り言をいうそうです。

次の打席には、引きずらないのですね。

でも、私のような凡人は考えても仕方がないものを考えてみたり、悩んでも結果が変わらないのに悩んだりします。

自分でストレスの原因を作っているようなものです。

ラグビー元全日本・神戸製鋼GMの平尾さんも同じようなことを言っています。

「できないことはしかたがない」と、いい意味で腹をくくることができる。
そうすれば、努力次第で解決できること、もしくは改善できることに自分の力を集中させる
ことができる。


成功できなかったスポーツ選手との違いは、「割り切り」「引きずらない」ということ。

その分、できることには全力でぶつかるということです。

焦ってあわてるより、まず問題の大きさを落ち着いて測定する。

そして、自分で悩んでもどうしようもないことに関しては、「腹をくくって」次のアクションですね。

自分の中では、大きな問題をのり超えてきたと思っているので、この言葉心に響きます。

何でもポジティブに捕らえることが大切だと学びました。




 こちらのポチっもよろしくお願いします。皆さんに感謝、ありがとう。
人気ブログランキングへ~貴重なポチっありがとうございます。心から感謝・感謝です。

伸びる時には抵抗がある
自分の携帯電話が鳴った。

お客様からだ。

お客様からの着信音は、特別なものにしてあるのですぐにわかった。

「はいもしもし」

お客様の声は暗い声だ。

良い内容ではないとすぐに感じました。

案の定、お断りの電話でした。

「あまり気にしなくていいから」と言っていた息子さんの奥さんの父親が一級建築士。

「断りきれなくて・・・」という電話でした。

12月にご紹介を受けて、一時は仮契約まで行きかけたお客様。

土地が傾斜地で、敷地打ち合わせも進んでいたし、プランも何回か変更し、見積もり提出まで行っていたのです。

「多分お宅でお願いすると思うから」と2週間前に言っておられたのですが・・・。

反省する点もありますが、残念ですが「縁」がなかったということです。

遠方からこの地に来られる方なので、地元の強みで「地元情報」をせっせと送ったり、現場見学会に来てもらった時に、建築現場の施主様から応援してもらったり、対抗がDハウスだったので、ハウスメーカーとは違う「地域密着ビルダーカラー」を出して来たのですが残念です。

「良い家を建ててくださいね」と気持ちよく電話を切りました。

それが一昨日。

小規模のリフォーム工事を一件受注しましたが、3月に入ってあまり調子がよくありません。

それでも、コツコツと販促用のチラシを作ったり、ホームページの更新を一日やっていました。

すると夕方、プラン提出中のお客様がご夫婦でお越しになられ、「これからのスケジュール」について話し合いました。

来週、神社にご主人が行って厄払いをされるようで、話がこのまま進みそうです。

一年前に仮契約まで進んだ方ですが、こちらの提案ミスで長らく保留になっていたのです。

先週、「住まい作りスケジュール」を作成しお持ちしたのですが、それを今日お持ちになられていたので、背中を押すツールになったようですね。

順調に行けば、4月初旬に本契約の予定。

創業2年目で、解体からの「建替え」を初受注できそうです。

また、60代シニア世代のお客様も初受注。

悪い事があれば、バランスを取るように良いことも起こるのですね。

お客様とお付き合いしてきた一年半の時間は、人間関係構築にはバッチリですね。

会社の方向性が固まって来る、「きっかけに」なるお客様のように感じています。

本田宗一郎さんの 『伸びる時には必ず抵抗がある』 という言葉謙虚に受けとめて頑張りたいと思います。

心配してくれた義父さんには、「受注になりそうです」と電話を入れておきました。

結果はハッキリと出ていませんが、喜んでくれました。



 こちらのポチっもよろしくお願いします。皆さんに感謝、ありがとう。
人気ブログランキングへ~貴重なポチっありがとうございます。心から感謝・感謝です。



心配してくれて
いろいろあったヘビーな一週間。

昨日はお休みだったので、一日あちらこちらと動き回っていました。

という事で、またまた「ウォーキング」は2週飛んでしまったのです。

体重計に乗るのが、ゾ~ッとしますよ。

でも有意義な一日だったと思います。

実家の母親にも会えましたし、散髪もできたし、スッキリです。

義父が「久しぶりに二人だけでメシでも食べよう」と電話がありました。

おそらく、気にしていないという顔をしていた妻が、父に相談したのでしょうね。

駅前のすし屋で、夕方から飲み始めました。

仕事のこと、息子達のこと、自分の親のこと・・いろいろと話をしました。

将来自分はどうして行きたいのかなど、いろいろと聞かれました。

さすが、元・大企業の部長さんです。

私もサラリーマン生活が長かったせいか、上司と飲んでいるみたいです。

いろいろとアドバイスをもらいました。

最後は一言、「自分が思うように生きろ」と。

自分の考え方にも、理解して頂きました。

少し安心していたようです。

自分の父親は早くに亡くなりましたが、オヤジとサシで飲むのっていいですね。

さて、昨日も飲みましたよー。

中生ビールを3杯飲んだあと、その後は芋焼酎・喜六のオンザロックを5杯飲みました。

喜六は芋くささが抑え目で、骨格のあるしっかりした味わいの美味しい焼酎です。

つまみもさすがに、

かんぱちの刺身、奄美大島産マグロ中トロ、あさり酒蒸、ふぐ湯引きetc

大将が言うには、規制がかかって、インドマグロは取れないらしいのですね。

だから奄美産なんだそうです。

ネタは新鮮で、最高に良かったです。

最後のシメは、すしをやめて「うな重」に。

ヘビーでしょ。

飲んだら食いたくなるのです。

折角10kg痩せたのに、リバウンドでただいまメタボ進行系。

でも、大満足でした。

お父さん、ありがとうございました。




 こちらのポチっもよろしくお願いします。皆さんに感謝、ありがとう。
人気ブログランキングへ~貴重なポチっありがとうございます。心から感謝・感謝です。

3つの携帯電話
今日ソフトバンクの携帯電話を契約しました。

話題の「ホワイトプラン」。

ソフトバンク同士なら、1時から21時まで通話無料というプランです。

お付き合いしているメインの業者さんが、法人契約しました。

営業さんの携帯にかけると、すぐに200、300円以上かかってしまいます。

ということで、ソフトバンク向け専用電話ということにしました。

メリットは大きいと思います。

うちの会社はずっとウイルコムを使っています。

定額プランなら、PHS同士は無料通話なので魅力的でした。

でもPHSは携帯と違い、モデルハウス周辺での電波受信が弱く具合がよくないのです。

何回かウイルコムに調査して欲しいと相談をしましたが「異常なし」という事で、こちらの話を聞いてもらえず困っています。

対応に不満があり、他者に切り替えてしまおうとも思いましたが、11月に機種交換したばかりなので、違約金が5台で10万以上掛かってきます。

ですから、当分はこのまま我慢をして、2台だけソフトバンクの携帯を契約しました。

4月1日から法人の同グループなら、24時間無料になるそうですね。

ソフトバンク頑張っていますね。CMも個性的だし。

ということで、会社の電話であるウイルコムと個人用はau、そして新しくソフトバンクと3台の携帯になってしましました。

実に不便ッス。




 こちらのポチっもよろしくお願いします。皆さんに感謝、ありがとう。
人気ブログランキングへ~貴重なポチっありがとうございます。心から感謝・感謝です。

納得するまで頑張る姿
名古屋国際女子マラソンで27位に沈み、アテネ五輪に続き北京五輪代表も逃した高橋尚子選手。

応援していましたが、本当に残念でした。

先週のドキュメント番組で、「変わった高橋尚子」というイメージを見ていたので、今回は期待していました。

でも、わずか9km地点での失速。

手術した右ひざの影響ではないというが、アップの時から足に違和感があったそうです。

でも、引退の言葉はなく次のオリンピックも目指すという。

誰しも、頂点にいた人は「過去の栄光を守りたい」という気持ちが起こるはず。

体がボロボロになってまでやるというのは、惨めだと感じる人もいると思います。

でも、自分は高橋選手のように「夢」に向かってチャレンジする人を素晴らしいと思います。

野球でも野茂選手、桑田選手がそうです。

頂点を極めた人たちですが、まだ自分自身の「夢の実現」に納得ができていないのでしょう。

夢に向かって頑張る姿、本当に素晴らしいですね。

また、高橋選手の出るレースは、応援したいと思います。




 こちらのポチっもよろしくお願いします。皆さんに感謝、ありがとう。
人気ブログランキングへ~貴重なポチっありがとうございます。心から感謝・感謝です。


覚悟を決める
いつも役に立っているメルマガ。

それが、「仕事のヒント」神田昌典365日語録です。

“新規事業を軌道に乗せるためには、この事業に対して、

命を賭けると覚悟を決めている人物がいなければならない。”


サラリーマン的に新規事業を立ち上げようとする人物を中核に据えてしまうと失敗する。

新規事業を作った会社の社長は本業で忙しくて、「オマエに任せただろう」というふうになる。

社長は中途半端、事業をまかせた部下も中途半端。

これでは、うまくいくはずがない

本当に納得できますね。

さすが尊敬する神田さん。

「命を賭ける覚悟」

この意味、最近分かり始めました。

というか、わからさせられました。

それまで、真剣にやっていたつもりでしたが単なる「甘ちゃんでした」。

背負うものの重さは、まさに命がけです。

背負うもの?

それはお客様の『想い』なんです。

ちょっと肩に力が入りすぎましたが、声を大にして言いたいです。

こういうことを口に出すと、「暑苦しいヤツ」(よく言われる)と思われがちですが、一番大切なことなんです。

超える壁の分だけ、肝座ってきますね。

サムシンググレートに感謝です。




 こちらのポチっもよろしくお願いします。皆さんに感謝、ありがとう。
人気ブログランキングへ~貴重なポチっありがとうございます。心から感謝・感謝です。


ぽかぽか
今日の大阪は、朝からぽかぽかと良い天気です。

普通ならお布団を干して出かけるのですが、先日からの黄砂の影響で、洗濯物も残念ながら部屋干しです。

「さあ出発」と玄関を開けて、驚きました。

駐車場にいつも止まっている車も1台も残っていません。

こんな良い土曜日ですから、皆さんお出かけになられているようですね。

今日は朝からモデルハウスにいますが全くヒマです。

周辺道路にも、全く人通りがありません。

ということで、黄砂でドロドロになったマイカーを洗車しました。

シャツ一枚でも全然大丈夫。

車はピカピカになりました。

ちょっと心も弾んでいます。

どん底からの復活は、小さなことでもなんでもプラスに感じます。

なんと、VCとは全く関係のない3百万円ちょっとのリフォームが決まりました。

今月末から着工します。

また、見込みのお客様として一年間お付き合いしているミドル世代のご夫婦が動き出しそうです。

奥様からお電話があり、ご主人様の年回りが良くないので、私たちがお世話になっている氏神様へ「御祓い」にいきたいとのこと、解体から地鎮祭、擁壁工事・・・のスケジュールを決めたい、契約を進めていくにはいくら用意したらよいかetc。

明日、時間の都合が合えば、先方が連絡するということになっています。

知り合いの不動産屋さんから、特別価格で処分したいという情報が。

売り出し価格より2/3の価格です。

敷地調査してきましたが、なかなか良い土地です。

早速、土地なしのお客様へ連絡。

何かたて続けに、いろいろなことが起きてきました。 

史上最大のピンチから少しづつ少しづつ良いほうへ動き始めているのか・・。

BNさんに頂いた前回のコメントは妙に説得力があります。

逃げ出したいような、ヘビーな事がいろいろとありましたが、確実に昨日の自分より「成長」できていると思います。

「経験値」とはこういうものをいうのでしょうか?

とは言っても、まだまだ油断はできない問題は山積みです。

「我に七難八苦を与えたまえ」

と言った山中鹿之助にはなれませんが、退路を断って自ら茨の道を選んできました。

何も格好をつけているわけではありません。

私を支えているのは、大きな人間になりたい!という欲望なのです。

私の考える「大きな人間」の定義はまた別でお話します。

とにかく「ぽかぽか」してきました。

身も心も。




 こちらのポチっもよろしくお願いします。皆さんに感謝、ありがとう。
人気ブログランキングへ~貴重なポチっありがとうございます。心から感謝・感謝です。

理念の重さ
ブログが止まっていた3日間。

忙しかったです。

いろいろな意味で。

この3日間、人のやさしさや人生の苦さ、諦めない気持ちの大切さなどいろいろなことが学べました。

ただただ、「感謝」です。

自分の弱さも再認識しました。

でも、自分の周りには、すばらしい人たちがいる。

その方がたにエネルギーを頂ける今の環境。

心から感謝です。

理念はブレることなく、それに向かって自問自答をするだけ。

その簡単な言葉でありますが、掲げた理念の重さに自分がつぶされそうになることもあります。

でも、迷った時の「道しるべ」、やはり、大切なものですね。

それを信じて突き進めば、後悔はありません。

賢い選択ではなかったとしても。





 こちらのポチっもよろしくお願いします。皆さんに感謝、ありがとう。
人気ブログランキングへ~貴重なポチっありがとうございます。心から感謝・感謝です。

ご馳走になりました
昼前ケイタイが鳴りました。

建築中のお客様からです。

「今日は弁当もちですか?」

と聞かれて、「いやー今日は違います」と答えました。

すると「事務所の近くの○○園っていう中華屋さん知ってますか」とお客様。

「はい知ってます」と私。

「じゃー妻と待ってます」とお客様。

「えー急きょ事務所を飛び出し、車に乗って急行。

気さくなご夫婦で、こんな風に声をかけてくださいます。

そこの中華屋さんには初めて入りましたが、日替わり定食はすごかったです。

超大盛り。

鳥のから揚げ、春巻き、野菜炒め、スープ、サラダ、ご飯。

今会社でPCたたいていますが、まだいまだにお腹は減ってません。

逆に張ってます。

今日はチラシ作りでずっとPCでしたから・・・。

でも、40過ぎても大食いの私が、認めるだけのしっかりとした量がありました。

そういえばお店はきれいなのに、職人さん系がやたら多かったです。

でも、先方の奥さんもしっかりと完食(笑)

結局、ご馳走になってしまいました。

T様ご馳走様でした。

田舎の工務店のノリですが、私はすごく幸せです。

今日は美装だったのですが、現場を覗いて来られたようで奥様は大喜びでした。

「理想が現実になる」とご飯を食べながら、新しいお住まいに対する想い一杯お聴きしました。

家族全員心待ちにされておられるようです。

こういう場面は、この仕事をやっていて本当に嬉しい瞬間です。




 こちらのポチっもよろしくお願いします。皆さんに感謝、ありがとう。
人気ブログランキングへ~貴重なポチっありがとうございます。心から感謝・感謝です。

笑顔の写真に模様替え
この土日は、建築中の現場にお客様をご案内しています。

「知らない人に間取を見られたくない」という施主様のご意向で、完成見学会を行う事はは残念ながらできません。

「完成見学会」が一番集客力があり、こちらのアピールもできるのですが、昨今子供を狙った犯罪も多くなっていますので、これだけは仕方ありません。

でもご好意により、追客中のお客様には、案内させて頂いても良いと言っていただいています。

46坪のお家なので、お客様の反応もなかなか良いです。

事情があり、当社に仮申し込みだけされたミドルのお客様ご夫婦も「私たちももうそろそろ急がなきゃ」と仰っていました。

月曜日に美装が入り、火曜日もミドル世代のお客様がご見学に来られます。

なんか最近50代後半~60代のお客様が多くなってきました。

ローンと関係の少ない方々です。

うちの現場は皆さん複数回実に来られています。

モデルハウスは、S引越センターさんの女性の営業さんが来られました。

時間があったので「モデルハウスの見学しませんか」と聞くと「是非勉強の為に見せて下さい」と言われたので、いつものように案内していると「私の実家○○市なんです」と彼女が言いました。

「家旧家なんで古くてボロボロなんです。親に声かけておきます。チラシありますか?」

勿論営業さんなんで、口は上手なんですが、どんなきっかけがあるかわからないので「何でも言ってみるもんだな」と思いました。

モデルハウスもオープンして10ヶ月。

今までは、オープンしてすぐにオーナーが決まっていたので、こんなにロングランになるとは、予想もしませんでした。

近々設備を若干「新仕様」に入れ替えるのですが、模様替えもしなければならないですね。

ゴールデンウィークは、このモデルハウスで乗り越えなきゃいけないのですから。

今日はVC関係のPOPを外して、模様替えをしました。

先日、今まで行ってきた「引渡し式」の写真をA4サイズに引き伸ばし、透明のプラスチック製の額を購入しました。

それを順番にモデルハウスの壁にかけていきました。

笑顔の写真がたくさんで、今までのモデルハウスとゴロッと雰囲気が変わりました。

工務店さんの事務所に行くとよく『作品』が額に入れられて飾ってありますよね。

家の写真がたくさん掛けられていますが、施主さんの姿はどこにもありません。

あれってどうなんでしょうね。

笑顔の写真がたくさん飾ってある方が、施主さんは安心するんじゃないでしょうか?

社員もいつもその写真を見て、感謝の気持ちを忘れないでしょうしねぇ。

ということで、事務所の壁一面に笑顔の写真を増やしていくのが目標です。




 こちらのポチっもよろしくお願いします。皆さんに感謝、ありがとう。
人気ブログランキングへ~貴重なポチっありがとうございます。心から感謝・感謝です。

1日は節目
毎月一日は、神棚の榊を換えてお酒とお米と塩をお供えします。

ちょっと離れていますが、施主様の奥様のお誕生日に贈るお花を買っている花屋さんで、榊を買うようにしています。

理由は、一ヶ月たっても青々としているからです。

スーパーで買うのよりは値段は高いのですが、断然品質が良いのです。

地元の花屋さんも喜んで暮れるし。

そして、恒例になった月初の氏神様へ挨拶。

手と口を清めて、二礼二拍手一礼。

背筋がピンと伸びます。

お参りの途中から、日がさしてきて気持ちが良かったですね。

先月からは、同じ敷地内にある戎様へもお参りしています。

「神頼みか」と笑われるかもしれませんが、こういう事をしていると、朝・夜、一日、十五日と節目節目がはっきりするので、気持ちの切り替えができます。

それと、毎日の生活にハリが出てきました。

それと、現状の生活への感謝ですね。

昨日のブログにコメント下さった方、ありがとうございます。

あの一件は、自分自身謙虚にとことん反省しました。

で社内の悪い空気は一掃できたと思います。

その翌日が1日。

また3月という春の第一歩。

なんと節目の良いことでしょう。

今までスムーズに行かなかった事すべて、上手く行きそうな感じがします。

先ほど、アポのお客様とお別れしましたが、実に良い雰囲気でした。

見積もり提出し、あとは結果待ちです。

あとはライバル2社の出方次第。

施主様は、このあと別の住宅会社に行かれました。

そこでも、プランと見積もり提出があるようです。

VCから言われてきたことは、見積もり提出は後出しジャンケンが鉄則。

これが住宅営業の基本のようですが、駆け引きなんてもういいです。

うちの会社の特色、長所は存分にアピールできました。

悔いはありません。

明日は、リフォーム現場の見積もり提出です。

結果が楽しみですね。

今の私は上手く行くことだけをイメージしていますよ。




 こちらのポチっもよろしくお願いします。皆さんに感謝、ありがとう。
人気ブログランキングへ~貴重なポチっありがとうございます。心から感謝・感謝です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。