mr.gonsukeの感謝するから幸せになれる
素直な心・感謝の気持ち・謙虚な姿の3つを日々心がけています。松下幸之助氏、鍵山秀三郎氏の経営学に影響を受けた42歳です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
反省ただそれだけ
今日は「反省」の一日です。

いつも「感謝」の言葉を口にしている自分でありながら、灯台下暗しとはこのことです。

一番身近な人、大切な社員さん達にそれができていませんでした。

リーダーとして失格です。

「お客様との心のつながりを大切にしたい」と思っているのに、身近な社員さんたち、一人ひとりの顔が全く見えていませんでした。

私の何気ない言葉や態度をきっかけに、組織の土台が揺らぐ程のピンチでしたが、偶然が重なり何とか立ち直れそうです。

借りを作りたくない人に今回は助けてもらいました。

「大きな借り」が出来ました。

でも、何もかもその人に言う通り。

原因は私の未熟さと、エゴ、ただそれだけ。

脱帽です。

先方は、リーダーの大先輩です。

冷静に分析されました。

EQでは負けないと思っていたのに。

でも、その人のおかげで救われたようなものです。

借りがどうとかより、素直に謙虚に感謝です。

ということで、自己嫌悪に陥りそうでしたが、何とか復活出来ました。

ポジティブに考えれば、今回のことを乗り越えて、またひとつ大きくなれそうです。

自分の一番いやな部分が、ハッキリと出てしまいました。

でも今、この時点でそれに気付けたことに感謝します。

これからは、もっと視野が広く、大きな心をもった人間になりたいです。

まだまだ、ガキですねぇ。

40過ぎても人生修行は続きます。




 こちらのポチっもよろしくお願いします。皆さんに感謝、ありがとう。
人気ブログランキングへ~貴重なポチっありがとうございます。心から感謝・感謝です。

スポンサーサイト
今週の休みは・・・
今日は木曜日。

定休日ですが、月末支払いの分で気になるところがあって結局出勤です。

いつも通りに会社に行って、確認をしてから一週間ぶりに80km先の家に帰る予定でしたが、会社に行けば色々と仕事はあるものです。

結局、午前中一杯仕事をしていました。

そこから帰ったので、お休みは0.5日になってしまいました。

このパターンはまた「ウォーキング」が出来ないリズムです。

家に着いたのは2時。

学校から次男が、仕事から家内が帰ってくる時間は3時。

あと1時間あります。

遠くまで行って帰ってこれないと、鍵を持っていない次男がパニックになるので、今日はあまり遠くまではいけません。

という事で近くをジョギングしました。

今日は久しぶりに良い天気。

すごく気持ち良かったです。

そして、子供の習い事の送り迎え。

家内の買物のお付き合い。

その後、久しぶりに川向こうの町に住む母親の顔を見に行きました。

一人暮らしなので、本当はもっとケアしてあげなければならないのですが・・・。

母と会うたびになんかドンドン小さくなっていくように感じます。

会うと嬉しそうな顔をして、年金生活者であるのに「これ持って帰り」といつも何か手渡してくれます。

離れて暮らしているので、休みのたびに家庭サービスも必要ですが、これからは毎週母の顔を見に行こうと思いました。




 こちらのポチっもよろしくお願いします。皆さんに感謝、ありがとう。
人気ブログランキングへ~貴重なポチっありがとうございます。心から感謝・感謝です。


思っていたより意外と
今日は朝から、大腸内視鏡検査に行ってきました。

周りの経験者に聞くと「たいへんやでー」「本当につらいー」こんな感想ばかり。

本当は行きたくなかったのです。

バリウムは毎回行っていますが、内視鏡検査はまだ未経験。

でも40歳を超えると「受けておいた方が良い」と皆さん言うので。

でも、受けると決めたときから気持ちはブルーでした。

検査前日は、食事は気を使いました。

朝は蒸しパンとポタージュスープ。

コーンスープは粒が入っているのでNG。

昼は薬味を入れない「素うどん」のみ。

夜は、プレーンなおかゆと冷やっこ。

これも薬味なし。

お腹があまりにも減ってきたので、こっそりプッチンプリンを食べてしまいました。

そして、朝から水とミルキー(飴)だけ。

10時からの検診ですが、30分も早く着いてしまいました。

そして、下剤と1.8Lの水(下剤入り)を何回も分けて飲むのですが、これは、スポーツドリンクのようでバリュームのように苦痛ではありませんでした。

30分かけてゆっくりと飲み干すと、そこからはトイレの連続(笑)

この先はワープしましょう。

そして、検査を終えましたが「思っていたほど」苦痛でもありませんでした。

大きなモニターを見ながら、先生が説明をしてくれます。

ちょっとお腹の中が気持ち悪かったのですが、鎮痛剤も使用しなくても十分でした。

全く異常なし!

きれいな大腸とのお墨付きを頂きました。

本音を言うと、少しホッとしました。

学生時代と変わらず、暴飲暴食のクセがついついでてしまいます。

飲みに行った帰りは必ず、こってりとしたラーメンを食べてしまいます。

勿論、スープも残さず。

今まで、不摂生をしているくせに、ちゃんとした検査はロクにしていませんでした。

これをきっかけに定期検診をしようと思いました。

今で通りの健康診断だけでは、これからは少し心配ですもんね。




 こちらのポチっもよろしくお願いします。皆さんに感謝、ありがとう。
人気ブログランキングへ~貴重なポチっありがとうございます。心から感謝・感謝です。

ポリシーを曲げない
今日は、チラシ用の写真撮影会でした。

お天気はあいにく曇り空、途中から雨がぱらついてきました。

でも、撮影会はいつも引き渡し式をお願いしているHさんのおかげで、笑い声の耐えない時間になりました。

お堅いチラシ用の写真でなく、いろいろな自然体のスタッフ写真が撮れました。

私のコンセプトは、家やインテリアより「人」が中心になったチラシです。

そういった意味でも、Hさんにお願いして良かったです。

写真撮影の様子は、ブログ形式のホームページに早速UPしました。

その後、地域の情報誌「Pど」さんにお越し頂き、販促ツールの講習会を行って頂きました。

折角、月一モデルハウスでイベントを行っているので、情報発信を携帯メールで行うような形にチャレンジします。

担当は2人の主婦スタッフにお任せします。

彼女達のモチベーションUPにもなった感じで、非常に盛り上がっていました。

また、詳しく報告させてもらいます。

外は雨がきつくなり大荒れになってきました。

今から私は、クレームでお客様を訪問します。

人間関係が出来ているので、そんなに深刻ではありません。

確認不足が原因です。

確認したつもりでも、お客様のイメージと結果的には違っていたのですから。

工事は恐らくやり直し箇所になると思います。

お客様はそこまで望んでおられませんが、「100%喜んで頂きたい」ので、こちらから提案しようと思っています。

すでに職人さんや業者さんには段取りは済です。

大工工事も終わり仕上がっているので、大きなロスではあります。

しかし私の、会社のポリシーは「お客さんに喜んで頂く」ということですから。

今から笑顔で行ってきまーす。




 こちらのポチっもよろしくお願いします。皆さんに感謝、ありがとう。
人気ブログランキングへ~貴重なポチっありがとうございます。心から感謝・感謝です。

締め切りに追われています
この週末は、パソコンを前に悪戦苦闘。

①3月号のニュースレター(情報誌)作成。

②情報誌「Pど」(地域の情報誌)に折り込む一色刷りチラシの作成。

毎月20日過ぎは、これが重なってきます。

責任者は自分です。

この春から、加盟しているVCの標準仕様が大きく変わるので、新聞折込用のカラーの仕様チラシも作ることになっているのです。

ちなみに積算担当は、各業者と毎日打ち合わせが大変です。

VCの仕様が変わっても、コスト面は手助けがありませんから、自助努力の厳しい世界です。

新仕様のチラシの方は、VCご推薦の業者にお任せでいいのですが、他人に丸投げすると今までのツールと方向性が違ってしまう危険性が大なので、こちらからあれこれと口を挟んでいます。

多額の費用が発生するので、当然なことなんですがFCやVCに入会していると「人任せ」が定着してしまうのです。

やってもらって当然。

上手く行かなければ、人のせいにする体質に染まってしまうことが多いです。

でも、費用は勿論自分ところ持ちなのは当然です。

集客が悪ければ「今回のチラシは外れたな」程度で流してしまいます。

特に請求書を見ない社員は、全く痛みを感じません。

こちらは請求書を見る立場ですが、分かっていても集客と照らし合わせるとガックリきます。

今は使う写真やレイアウト、紙の質、文字の大きさ、種類、色など、時間をたっぷりとかけて考えています。

①のニュースレターも、②の一色刷りチラシも、即効性を狙ったものではありません。

でも、ニュースレターのレスポンスは少ないけれど上がってきています。

こんな事がありましたよ。

モデルハウス付近では、車がすれ違う時に会釈されるようにもなりました。(これはNL+月一やっている地域イベントのおかげですね)

②の「Pど」に入れる一色刷りのチラシは、「平日のモデルハウスの来場」を促すものです。

だから、キャッチコピーや内容は、奥様方に訴えるものにしています。

「営業マンのいないモデルハウスへようこそ」とか「モデルハウスのスタッフは普通の主婦・普通のお母さんです」なんて内容に。

また、フォントや内容に関しても、女性スタッフの意見を取り入れるようにしています。

明日はスタッフの写真をセミプロに撮影してもらいます。

より、人を重視したチラシやHP作成の為です。

その後、携帯メールを使った情報発信を女性スタッフとミーティングの予定です。

モデルの来月のイベントの企画も彼女達から上がってきました。

対投資効果を考えると、まだ結果となっては現われていませんが、時期が来れば必ず形となって現われるはず。

周りの偉い人からなんと言われようと「超地域密着」のためがんばります。




 こちらのポチっもよろしくお願いします。皆さんに感謝、ありがとう。
人気ブログランキングへ~貴重なポチっありがとうございます。心から感謝・感謝です。

変な電話が・・・
昨日の夜、事務所で仕事をしていたら、知らない番号から電話がかかってきました。
 
会社の電話ならいざ知らず、プライベートの携帯電話に見ず知らずの人から電話がかかってきても、あまり出ないようにしています。

一時期、ワンギリの変な電話が流行ってましたから。

でも今会社で使っているウィルコムのPHSを機種交換してから、すごく調子が悪いのです。(クレーム言っても又連絡しますで止まっているんですよ。困っているのに)

だから、お客様や業者の方には、プライベートの携帯の方の電話番号を伝えることが多くなりました。

そんな理由からもしやと思って電話に出てみると、

「私のブログに変なコメント書かないで下さい」なんか訳のわからない声が聞こえてきました。

やっぱり、訳のわからない電話かよー。

「誰ですか」と私。

するともう一人に代わって「もしもしオレだよ」という声。

「誰ですのん」と私。

「オレの声忘れたのかよ ふざけんなよー」

「???」

そんなやり取りが、長らく続きました。

でも関西弁じゃないので、○ン○ード時代のアメフト関係者だというのはすぐわかりました(笑)

「いま・・・クラで飲んでるからすぐ来いよ」

「えっキャバクラですか?」

「違うよ か・ま・く・らだよ バカ」

この口調懐かしい感じ。

「お前昔よ、TPOのOってわかんなかったじゃねえかよ」

そんな事で先輩のYさんにおちょくられたことありました。

「Y内さんや めっちゃ懐かしいですね」

口うるさい先輩だったけど憎めない人でした。

あと一人はK部さん。

自分が「車に荷物を積んで、浦和寮を後にするとき見送ってくれたなぁ」

「大阪のM井には、今来いって言ったから、今新幹線でこっち向かってるよ」

ムムムっ、これぞ体育会のノリ。

妙なテンションでかなりハイになってます。

話しながら「順番に電話かけてんのかあ」と思いました(笑)

「Y内さん、もうしっかりと出来上がっていますね」と私。

「そうだよ。12時から飲んでるよ」

現在午後7時前・・・ このテンションについて行くのも・・・(汗)

「おれまだ仕事中やで」と心の中でつぶやきました。

それから3人目に出てきたのは、同期で仲の良かった「A木君」。

A木君のお亡くなりになられたお母さんには、よくご飯を食わせてもらいました。

飲んでるうちに盛り上がって、「あの人は今」みたいな感じで電話していたようです。

○ン○ード・スカ○ラー○スが無くなって、また元のチーム名のオークスに戻るそうで、そういった意味で、昔のメンバーと会いたいなぁというような話になっていたようです。

「8月に大阪みんなで行くから、会場をおさえといて」と言ってましたが、シラフでもう一度
聞かないといけませんね。

今朝A木君からメールが来ました。

「Y内さんやK部さんが、随分懐かしがっていたよ」

3つ上の先輩方です。

○ン○ードという会社には、2年間しか在籍していなかったのですが、こうやって覚えていてくれて声をかけてくれるのは嬉しいものです。

たった2年だけでも「昔のメンバー」に入っているなんて光栄です。

Y内さんはN体大、K部さんはH政大、A木君はOB林大出身。

皆さん元、競合校の主力選手でした。

社会人時代も、ライスボウル優勝の日本一のメンバーです。

私はその一年前に辞めちゃったのですが。

先輩たちの声を聞いたのは18年ぶりくらいかな。

話が出来て嬉しかったです。

何か元気が出ましたよ。

やっぱ、過去全てベストですね。




A木君、ブログにコメントよろしく!(*^_^*)

 こちらのポチっもよろしくお願いします。皆さんに感謝、ありがとう。
人気ブログランキングへ~貴重なポチっありがとうございます。心から感謝・感謝です。




自宅に欲しい設備
2月18日の日経の関西版から

関西の消費者がこれから自宅に欲しい設備を調べると、防災や防犯関連の需要が年々強まる一方で、高齢化社会を反映し、バリアフリー設備導入を検討している人が増加傾向となった。

またブロードバンド(高速大容量)通信などインターネット環境の充実を望む回答の増加も特徴となった。

 博報堂が二年ごとに調査している「生活定点」によると、2006年は耐震構造など災害対応設備が阪神圏(大阪市中心部から30km内)の一位となった。

1998年の初調査から毎回、約5割の回答率を保っている。

 98年と比べて変化が目立ったのはセキュリティー設備。

当時は35%だったが、06年には47%まで伸びた。

治安に対する意識の高まりのほか、防犯ガラスやモニター付きドアホンなど空き巣や侵入を防ぐ防犯ツールの普及が影響したようだ。

 高齢者や障害者対応のバリアフリー設備は98年の7位から4位に上昇。

 これに対し首都圏では06年調査で上位三位までの顔ぶれは変わらないが、バリアフリー設備は8位にとどまった。

阪神圏は首都圏に比べ、構外の大規模宅地やニュータウンが都心部から近い。

高齢者の居住比率が高いこうした地域が調査の対象エリア内だったことが、阪神圏の順位を押し上げた。

 98年にブロードバンド通信の回答率は約10%だったが、06年では約28%に上昇。

無線LANの回答率も約20%と、通信インフラの充実は生活に欠かせない要素になっているようだ。


【これから自宅に欲しい設備ランキング】

★1998年             ☆2006年

1位 災害対応設備       1位 災害対応設備 52%
                      (耐震構造など)
2位 健康関連設備       2位 セキュリティー設備 47%

3位 趣味を楽しむ設備     3位 健康関連設備 42%
                      (空気清浄機など)
4位 近隣配慮の設備      4位 バリアフリー設備 33%
                       (高齢者向けなど)
5位 セキュリティー設備    5位 趣味を楽しむ設備 33%
                      (ガーデニングなど)
6位 省エネ設備        6位 省エネ設備 32%
                       (太陽光発電など) 
7位 バリアフリー設備      7位 近隣配慮の設備 31%
                       (防音など)
8位 環境保護の設備      8位 ブロードバンド環境 28%

9位 プライバシー保護の設備 9位 環境配慮の設備 25%

10位ホームコントロールシステム 10位無線LAN対応通信機器 20%
 
                                                               
どんどん便利になっていきますね。

ちょっと気になったので、UPしてみました。

かつて、高度経済成長下でニュータウンと呼ばれた地域が、バリアフリー設備が必要になっているのですね。

少子高齢化をモロに感じますね。

20年前「金妻」で有名になった当時憧れていた、田園都市線沿線の白い家が建ち並ぶ街も、現在はバリアフリー工事が行われているのでしょうか。

もしも願いが叶うなら~♪ 

「恋におちて」は徳永さんで、復活してますね。





 こちらのポチっもよろしくお願いします。皆さんに感謝、ありがとう。
人気ブログランキングへ~貴重なポチっありがとうございます。心から感謝・感謝です。

それでもウォーキングは
今日は木曜日。

定休日なので、前日の夜に単身赴任先から帰宅しています。

でも休日を満喫・・・とはいかずに、専業主婦状態でした。

昨日から奥さんがダウン。

たちの悪い風邪に感染しました。

という事で、中学生のお弁当作りに始まり、子ども達の朝食、布団の上げ下げ、洗濯、掃除、お買い物、奥さんのケアと大回転。

印鑑証明が必要で、市役所にも行ってきました。

子供の習い事の送り迎え、晩御飯も作って、洗い物も終えました。

後は子ども達とお風呂に入って、布団を敷いて取り合えず本日の任務が終了。

本当に濃い一日です。

明日は、長男のお弁当作りとゴミ出し、古新聞出しが朝一あります。

会社に着くのが間に合うか・・・少し心配です。

普段離れて暮らしていると、普段の家内の大変さが身にしみてよくわかりますね。

でも、休みの2時間ウォーキングは続けています。

市役所に用事があったので、そこまで歩いていきました。

そして、用事を済ましてからいつものコースを逆に歩いてみました。

こっちの方が確実にきつい。

圧倒的に上り坂が多いからです。

雪が積もったり、この所ずっと寒い日が続いていましたので、今日のよい天気の中歩くのはすごく気持ちよかったです。





 こちらのポチっもよろしくお願いします。皆さんに感謝、ありがとう。
人気ブログランキングへ~貴重なポチっありがとうございます。心から感謝・感謝です。


超地域密着マーケティングのように
今朝はVCのメーカー担当さんと、チラシ担当の方と打ち合わせをしました。

普通のチラシ屋さんと違って、VCメーカーの関連会社の方です。

この方とは、2回目の打ち合わせ。

話していると周波数が合いました。

それもそのはず、私が建材営業時代担当していたIJ建設の社長を知っていたからです。

IJ建設の社長は、自分と同じ歳ですが雲の上の人でした。

私自身、“この人に会わなければ今の自分はない”という方。

だから、「gonsukeさんがおっしゃる事はこういうことですね」と言った具合にツーカーなので凄く楽なんです。

ずっとオリジナルでチラシを作成していたのですが、08年仕様というのがこの春登場するので、その切り換えのチラシはVC色が出たものにしようと思い、費用は倍以上かかってしまいますがカラー版B3サイズを外注することにしました。

あまり独自路線を走ると、VCに加盟している意味がなくなってしまいます。

でも今まで、VCさんが推奨するチラシは、お値打ち価格とメーカー工法や設備機器ばかり目立っていて、ビルダー独自の色が全く見えないものでした。

加盟店の中には、「メーカーのブランド力のおかげでこんな自分たちに家の依頼が来る」と思っておられる社長様もいらっしゃいます。

だから、それをそのまま利用して、成果が上がっているところはそれでいいのでしょう。

でも結果が伴わない加盟店は、一重にビルダーの努力不足で片付けられています。

確かに、それも大いにあるでしょう。

自分を変えられない人ってたくさんいますから。

でも私は、決してそれだけではないと思ってきました。

同じ県の中でも、かならず地域差というのはあるはずです。

人口の増減、年齢層の推移、大手企業の撤退による法人税の減少が影響してのインフラ整備、財政難により市立病院の閉鎖、都市計画の変更・・・等など、風土、文化も違います。

全て同じパターンで、“金太郎飴状態”が上手く行くはずはないのです。

そんな中に居つつ、後ろ指を差されても、私が地道に実践してきた事は「超地域密着型」のビルダーになることです。

以前、ブログ仲間のビルダーナースさんが紹介してくれた、平岡さんの本がベースです。

この本を何回も読んでみて「外的な要因を理由に愚痴ることができない」と思いました。

田舎なら田舎のやり方、過疎化が進む地域ならそこの合ったやり方というのが必ずあるはずなのです。

決して、日本全国同じマニュアルではいけないのですね。

だから、○○総研や○ッ○に高いお金を出して、ノウハウを買ってもそれだけではダメです。

平岡さんは、人口が非常に少ない閉鎖的な地域でありながら、イナックスの衛生機器の台数コンテストで、日本一を複数年取っておられるのです。

大事な事、それは自分のお客様をよく知ること。

だから、高額な費用をかけてメーカーやコンサル鼻に付く話を聞くより、自分たちのお客様、お客様予備軍の方に近づいて、もっともっと交流する事なのです。

でも、この方法は即効性がないので地道にコツコツと努力、辛抱する事が必要になります。

どこまで、我慢できるかがポイントですね。

私も山あり谷あり、今そのど真ん中にいます。

あとは自分のやり方を信じてやり抜くだけです。

話が流れてしまいましたが、先ほどのチラシのタタキが出来ました。

さすが彼は、ブレていませんでした。

狙い通りの路線で、上げてくれました。

あとは細かな打ち合わせですが、ウチらしいチラシが出来そうです。

彼は帰り際に、「私もこの方向性に共感できますからやってみます」と言ってくれました。

このチラシ3月中くらいに登場する予定です。





 こちらのポチっもよろしくお願いします。皆さんに感謝、ありがとう。
人気ブログランキングへ~貴重なポチっありがとうございます。心から感謝・感謝です。


超地域密着マーケティングのススメ超地域密着マーケティングのススメ
(2007/09)
平岡 智秀

商品詳細を見る
やっぱええです
今日はお客様とモデルハウスでプランの打ち合わせ。

丁度1階では、女性スタッフが「エコクラフト」セミナーを午前中行ってまして、その時のコーヒータイムでお出しした手作りマフィンが、我々の打ち合わせでもホットコーヒーと一緒に出てきました。

モデルのIHクッキングヒーターの魚焼きコンロで焼いたケーキ。

女性スタッフHさん作。

これが、なかなかの出来なんです♪

お客様ご夫婦も、喜んでお召し上がり頂きました。

しばらくしていると、ハーブティーが出てまいりまして場が和みました。

お客様を設計と女性スタッフたちとでお見送りし、彼女達はかたづけとブログ作成。

そうです。

毎月やっている手作りセミナーを会社のブログに必ずUPします。

こんな作品作りました~っていう報告もかねて。

これが結構いいネタになるのです。

ニュースレターにも使えます。

今日はお二人しか来られませんでしたが、それでもめげずに来月もやりますよ。

だって、モデルハウスって売り込み色強いでしょ。

だから、敷居を低くしたいのです。

この効果か、近隣の奥さん達がよく挨拶してくれるようになりました。

入れ替えリフォームも。

クチコミ効果も少し期待しつつ・・・。

その後、OB施主様の奥様がお誕生日なので、プレゼントに恒例のフラワーアレンジメントをお届けにあがりました。

でも、タイミングが悪くお留守・・・。

でも私はすぐ近くにあるご実家を知っているので、そちらにお届けすることに。

そこでは奥様とご主人様のお母様ともお会いできました。

こちらの施主様宅は、お引渡ししてから、設備商品のクレームが何回か続いたので、

お母様にも「立て続けで会わす顔がありません」と思わずお詫び。

お母様には、地鎮祭、上棟式、引渡し式にも参加され、スタッフや職人にすごくよくお気遣いいただいたのです。

「本当にgonsukeさんじゃなかったら、ただで許されへんとこやわ」

と言われて、ただただ平謝りです。

でもすぐに、「冗談、冗談」とニコっと笑われて

「家はこんな小さなことは付き物、これから20年、30年懲りずに面倒みてやってくださいね」と言われて逆に恐縮してしまいました。

奥様に「お誕生日のお花」をお渡しすると、すっごく喜んでくださいました。

「どうして知っているのですか」と聞かれます。

「初めてお会いしたにお聞きしましたから」って言うと、「えーっ」と言われました。

今日もとてもいい笑顔に出会えました。

やっぱええです。

お花をプレゼントすると、自分も嬉しい幸せな気持ちになりますねぇ。

自慢できる所それは、

お客様のお誕生日管理を女性スタッフが徹底しています。

勿論、バースディカードは必ず出しています。

帰り際に、小3と2歳の女の子も「おっちゃんバイバイ」って手を振ってくれました。

スピード受注はできないけれど、子供たちとは仲良くなれるんです。

子供達と仲良くなれたら、ご両親は安心されますね。

必ず間違えなく笑顔です。

「あっ!お仕事ポケモンゲット!」なんて言われて喜んでるんすけど(笑)





 こちらのポチっもよろしくお願いします。皆さんに感謝、ありがとう。
人気ブログランキングへ~貴重なポチっありがとうございます。心から感謝・感謝です。

顔が見たかったって・・恥ずかしいなぁ
先ほど建築中のお客様のところから帰ってきました。

工事が始ってから、以前に比べてお会いする回数が減ったので、先日お電話で「顔を見なくなってなんか寂しいわぁ」とご夫婦に言われ少し反省。

別に急ぎではなかったのですが、丁度時間が空いたので、夕方から書類をお届けにあがりました。

玄関先でお話しするつもりでしたが、「丁度gonsukeさんの顔が見たかったって、嫁さんと言うててん。まあまあ上がって」とご主人様に言われ、美味しいコーヒーをご馳走になりました。

そこから、ご主人様、奥様と延々とおしゃべりをしていました。

初めて構造見学会でお会いした時の話や、私にたいする第一印象など。

いろんな話題が飛び交います。

ちなみに私の第一印象は「地元のちょっとやんちゃな工務店の2代目」だったそうです。

これってどうなんでしょうか。

たぶんVCの講師が聞いたら、住宅営業マンとして「失格の烙印」を押されそうですね。

その後段々と地元の話題に。

ここは比較的田舎なので、共通する話題も多いのです。

私も話題提供は、なかなか負けていないので、

「gonsukeさん、地元の人間よりこの辺の情報詳しいねぇ」と奥様からお褒めの言葉を。

私のようなよそ者は、こうやってお客様と雑談する事から「情報収集」することが多いのです。

その後の話題は建築中のお家が中心ですが、ご主人様と奥様は、

「鍋がいいかな?お酒は辛口がいいの?」

「完成したら一緒にお酒を飲んで、うちの風呂に入って、和室で泊まって帰ってよ」

「gonsukeさん、実際はあの風呂に入ったことないでしょ」

「いや俺は酒飲まないから、社長を送っていくわ」

ともう完成した時のご新築祝いの「宴会」の話題で盛り上がっています。

そうしていると、3人のお子様方が帰ってきました。

「わあ社長やぁー」とニコニコしてくれます。

結局、なんだかんだで1時間半もお邪魔していました。

ご家族一人ひとりに神田さんの「実践会」がらみで購入した“ツイテルシール”をプレゼントしました。

大したものではありませんが、「お財布の中に入れて大事にするわ」とみんなが喜んでくださってとても嬉しかったです。

でも夕飯の支度の時間帯に家に上がりこんで、長居する私は住宅営業マンとしては「失格」ですね。

でも終始笑顔のご夫婦は、外までお見送りしてくださいました。

お客様を喜ばせなくてはいけないのに、いつもこちらのモチベーションを上げてくださいます。

こちらのお客様と出合って、私も随分いろいろな事を勉強させてもらいました。

建築現場はもう足場も取れて、大工さんは木曜日まで。

金曜日からクロス屋さんが入ります。

そのような中、お客様がこんなことを言われました。

「家が出来上がってくるのは嬉しいけど、段々みんなと会えなくなっていくのは寂しい」と。

本当にお客様、ご家族様との「出会いに感謝」です。

スケジュールでは3月末にお引渡しです。

工程表通りに進んでいるので、あとひとふんばり。

頑張って美味しいお酒を頂きます。





 こちらのポチっもよろしくお願いします。皆さんに感謝、ありがとう。
人気ブログランキングへ~貴重なポチっありがとうございます。心から感謝・感謝です。

どの業界も
私は12年前まで、高校の教師をしていました。

勤めていた学校は新設校。

当時まだ新しい「単位制」という形態をとっていた学校でしたので、生徒募集をしっかりと頑張らなければ、定員割れをおこしてしまうというような危険性がありました。

そのような理由から、テスト期間中は各自教師が、地域別に中学校周りをするといったことをしました。

学校の生徒募集要項をお届けし、中学の進路担当の先生方にお願いするのです。

中学校によっては、新任の先生が出てこられるところもありました。

進路担当の先生は、忙しいのでなかなかお会いできないという事もありましたが、特に名前の通っていない新設校への対応は冷淡であったように感じます。

ある中学での話ですが、進路担当の先生に、学校の説明を一生懸命しておりました。

説明が終わるとその先生は薄ら笑いを浮べて、

「オタクらも大変やなぁ そんな営業マンみたいなことをしないといけないなんて・・・、ボクらやったら例え生徒がゼロになっても、クビにはならへんからなぁ」

要するに、「公務員なので、ボクらは安泰やねん」というキモチで言われたのです。

私は教師になる2年間、企業スポーツの選手ではありましたが、営業補助を行っていたので、営業の真似事はできたのですが、他の先生は「教師一筋」の方ばかりだったので、大変だったと思います。

学校の先生は大きく分けると2タイプいて、あの有名な原田隆史先生や深夜遅くまで、理想的な教師を目指すために勉強している教師塾の熱心な先生がたのようなタイプと、事なかれ主義で「労働者」としての教師を主張されるタイプの方がいらっしゃるのです。

今、その先生の世界も「少子」によって大きく流れが変わってきたのです。

次男の去年担任は、定年まで3年のおじさん先生Y氏。

保護者の前で「平穏無事に教師生活を終えたい」と堂々と発言していました。

案の定、その態度が子供たちに伝わったのか半年で学級崩壊状態。

これは初めてではないそうです。

学級崩壊をさせる先生は、繰り返すそうです。

何十年も教師をやってきた大ベテランが問題教師?

翌年は2年生なので持ち上がりのはずでしたが、何故かクラス替え。

手に負えない子はよそのクラスへ放出。

次男の今年の先生は、ベテランの女性教師O先生。

参観日に授業を見てビックリ。

実に子供達が授業に集中しているのです。

恐怖政治の軍隊式ではなく、先生が子供たちが迷わないように、ルールをきちんと決めて的確な指示されていました。

子供たちの笑顔も絶えません。

国語の授業でしたが、残りの10分間は内容をがらり「百人一首」をやってました。

小学2年生で、上の句で「これやこの・・・」「ハイ!」「はい!」「HI!」

札を取る子がたくさんいました。

うちのチビも、がんばっていました。

「もう一回!」

子供たちからアンコールがかかったので、次の対戦へ移動。

みんながルールを把握しているので、移道して相手探しは一瞬。

すぐに新しい対戦を始めました。

親たちは流れるような展開にみんなビックリです。

ちなみに、去年の担任おじさん先生Y氏のクラスが隣だったので、授業をちょろっと覗きましたが、子供たちの雑談が多い多い。

生徒の質ではなく、これはあきらかに指導力の違い。

いかに授業に対して、考えられているか、いないかが明確でした。

次男に聞くとO先生は、研究授業にも積極的に参加されているようです。

自分の仕事に対しての想いの違いを感じました。

百人一首の二回戦をやっている時、隣のおじさん先生Y氏は「チョット早いけど」と言って帰る用意をさせていました。

今、日本の子供たちの学力低下を嘆いていますが、指導者である教師の人間力の向上が一番大事だと思います。

小学生は、教科担当が変わりませんから、担任で大きく左右されることが多いのですが、その先生を選ぶ事はできません。

我々ビルダーの場合は、お客様が中心であります。

お客様に喜んで頂き、満足して欲しいというのが仕事の前提です。

学校の先生は教育者なので、生徒がお客様ではありませんが、仕事の対象は「生徒」であるはずなのです。

生徒の満足度を上がるというなら、「楽しい学校生活」のはずです。

それに対して全力をかけるべきだと思います。

勿論、「楽しい学校生活」といってもルール、道徳を守った上であるのは当たり前ですが。

間違っても、平穏無事な教師生活や自分の自己満足ではあってはならないと思います。

「少子」によって先生方も厳しい環境になってきました。

特に私学は一般企業と同じで「勝ち組」「負け組」がハッキリとしてきます。

公務員でも、段々と“ひだりうちわ”ではいかなくなってきました。

公立中学離れも進んできています。

どの業界も、危機感を持たずに20世紀と同じやり方をやっているところは、加速がかかって衰退していくのです。

私の周りでも、それに背を向けて逆行しているところは、どんどん破滅へ進んでいます。

謙虚になって、素直になって、勉強して、変化し、行動すること。

今の現状に満足せずハングリーに。

バカと言われても、今までの安定にすがりつかないで、茨の道でも自分の信じる道を歩む事。

これが私のモットーです。





 こちらのポチっもよろしくお願いします。皆さんに感謝、ありがとう。
人気ブログランキングへ~貴重なポチっありがとうございます。心から感謝・感謝です。

努力が実るか?
ニュースレターを22ヶ月続けてきたおかげでしょうか。

新築をメインにしている当社に、近隣の方からリフォームの相談を受けました。

VCに専門特化するように言われてきたので、リフォームの販促は行っていませんでした。

「高速道路のパーキングエリアのレストランには、メニューは豊富だがこれと言って上手いものはなにもない」

それが多くの工務店の姿だそうです。

「リフォームは、ある程度棟数をこなせる会社になってから」ということでした。

でも、訪販業者や地場のリフォーム会社がたくさん営業に押し寄せてくる中で、あえてうちの方に問い合わせをくださったのです。

これはとても嬉しいしありがたいですね。

明日、工務がアポイントを取っています。

今までの努力が実るのか?

楽しみです。

ありがたい事に、新築の方も案件が上がってきました。

今からスタートなので、少し間が空いてしまうのですが、焦らずに一歩ずつ歩んでいきます。





 こちらのポチっもよろしくお願いします。皆さんに感謝、ありがとう。
人気ブログランキングへ~貴重なポチっありがとうございます。心から感謝・感謝です。


本当に厳しい状況
昨日は木曜日、私の定休日です。

ウォーキングに出かけようと、玄関のポストを見たら「回覧板」のファイルを発見しました。

中を見ると用紙が一枚だけ挟まっており、読んでみると、自宅周辺の「道路拡幅・歩道設置工事」を行っている業者が、破産申請中とのこと。

そういえば、昨日の夜に帰宅した時、雰囲気が先週と少し違っているように感じました。

今は一日中、ガードマンも作業員さんもおらず、工事中のまま放置されています。

新しい業者が、工事を引き継ぎ行うのは、今月末の予定と書かれてましたがどうでしょうか。

ウォーキングの帰りに現場看板を確認しましたが、回覧板と同じことが書かれた紙が貼ってありました。

建築業界は、底冷え状態。

現実は、厳しい状態ですね。

新聞を見れば、資材や原材料の値上げの記事ばかり。

パンも小麦粉の急騰で、スーパーに100円パンがなくなっていました。

建築業界も、同じように厳しい状況です。

私も回りでも、この前までイケイケだった建築会社がトーンダウンしてきました。

この先、期末の3月に向かってこのようなことが、頻繁に起きていくのでしょうか?




 こちらのポチっもよろしくお願いします。皆さんに感謝、ありがとう。
人気ブログランキングへ~貴重なポチっありがとうございます。心から感謝・感謝です。

一歩一歩階段を登るように
住宅業界でも、お笑いと同じように「一発屋」的な存在にお目にかかることが多いです。

去年、倒産したF総研がコンサルしていたリフォーム店。

すごい勢いで、店舗と社員を増やしていました。

某コンサルタントの著書にも、いかに「イケテル会社」かということが書かれてあったし、大学のサークルのようなノリで、展開されていましたね。

「安心リフォーム」とか「自然派」なんてキャッチで、営業していました。

でも、知らない間に倒産。

また、ヤワラちゃんがCMに登場、ビックリする規模のショウルームを建てて派手な宣伝をしていた某リフォーム店。

実際の家がショウルーム内に何棟も建ってましたよ。

東京に行ったときは、観光バスが何台も止まってました。

東京の名所になっていたくらい。

当時、大阪から私も見学に行きましたが、ショウルーム内で、タモリの物まねをしていた「コージー富田」がショーをやっていたのにビックリしました。

殖○住宅を傘下に入れて、新築部門に進出なんて言ってましたね。

その他、いろいろな会社がありますよ。

「ぱっとさいでりあ」なんて歌の会社もありました。

要するに、会社としての「基盤」も出来ていないうちに急拡大して、

母体が大きくなり、それを維持する為に無理な営業展開を行い、結局市場から消えていく。

このようなパターンが、多すぎますね。

“ローマは一日にして成らず”ということわざがあるように、一歩一歩階段を登るように会社も成長しなければなりません。

成功ばかりではなく、失敗も成長には必ず必要なのです。

ノウハウを学びさえすれば、すぐに受注できるという某システムもあるようですが、そんな甘いことは決してありません。

「大人の許された特権、それはカンニングです」

こんなセリフで営業を仕掛けますが、やはり階段を登らなければ、ノウハウの生かし方がわかりません。

悪徳ビジネス以外は、猿マネで高額商品は決して売れません。

ノウハウも全て自分なりに「ひとひねり」しなければ、成功はありえないのです。

住宅は基礎が重要です。

基礎がしっかりとしていなければ、お客様に喜んで頂くことはできないのです。





 こちらのポチっもよろしくお願いします。皆さんに感謝、ありがとう。
人気ブログランキングへ~貴重なポチっありがとうございます。心から感謝・感謝です。

一発屋の特徴は?
『なんでだろう♪なんでだろう♪なんでだなんでだろ~う♪』

赤と青のジャージで、お茶の間を賑わせたテツ&トモ。

「こち亀」のテーマ曲もやってましたね。

あれ何年前でしたっけ。

『残念・・・・○○切り』

ギター侍 波田陽区 大ヒットでした。

HGの『フォー』は2年前、大流行どころか・・・・。

小学生がマネをして、先生も大変だったでしょうね。

気持ち悪かったですね。

あの人たちのコントも全然面白くないし。

阪神セリーグ優勝のビールかけで、赤星選手があのカッコをしてましたね。

十年後にそのビデオを見たら、たぶん引きますよ(笑) 

『上から上から何かが来て~る♪』のムーディーは?

『そんなの関係ねー』小島よしおはどうでしょうか? 

テツ&トモなんかは、笑点なんかに出てコツコツと頑張ってますね。

でも一時の勢いとは雲泥の差。

でも、あの時は何だったの?と言うくらい、お笑いでは一発屋が必ず毎年出てきますね。

要するに実力以上に突然ブレイクする人たち。

学生や子供に「一発ギャグ」がうけて、勢いで売れちゃった人たち。

でも「あきられちゃったら急降下」っていうのがお決まりのパターン。

次のギャグを披露しても、以前のように反応がない。

一度落ちた勢いは止められないのです。

そして「一発屋」は表舞台から消えていきます。

「オリラジ」なんかも「武勇伝」のノリで売れてきましたがは、今はレギュラーがいくつかあって、結構人気バラエティーなんかにも、ゲスト出演していますね。

その違いはなにか?

「アドリブでどこまで対応できるか」

だと思います。

ネタなら猛練習すれば、合わせることが出来るかもしれません。

でもアドリブは頭の回転の速さが要求されます。

一発屋で消えていく人たちは、司会者に急に予期せぬことを振られると「タジタジ」になってしまうことが多いのですね。

例えば「ザぼんち」のおさむちゃん。

元々実力のあった大阪の漫才コンビでしたが、オチはいつも決まって橋幸夫の物まね。

そして、おさむちゃんが一生懸命大きな声でボケるというのが、ネタでパターンがある程度決まってました。

そのパターンがウケて、当時の漫才ビームの波にのりました。

人気の高さから歌も出しましたね。

「恋のぼんちシート」がザベストテンの一位にもなり、アイドルなみの人気でした。

でもしばらくすると、いつもいつも力の入ったおさむちゃんのワンパターンのしゃべり口調が飽きられてきたのです。

逆にその不器用さをネタに「オレたちひょうきん族」ではメンバーにいじられていましたね。

それをいじっていたのが「島田紳助」。

これでわかりますよね。

今でもたくさんの人気番組を持つ実力者です。

台本通りじゃ、ネタ帳通り、マニュアル通りだけじゃ業界では生き残っていけないのです。

先日、その島田紳助が「行列が出来る法律事務所」という番組で、

「東野を好きやという人聞いたことあるか? 別におもろい事言うわけでもないのに、なぜでかずっとテレビに出てる」

と東野幸司に向かって言ってました。

すると彼は言いました。

「目立たんでも、別におもろい事言わんでも、ずっと長い間テレビに出続ける」

「それがプロや」って。

確かによく出てますね。

そんなタレントって多いですよね。

また東野は言ってました。

「おもろいヤツの横で笑っている」

これが秘訣だそうです。

この話を強引に我々の業界に結びつけると・・・。

「急成長した会社は、長続きしていない」

要するに住宅業界の「一発屋」も意外と多いですね。

何故、だめになっていくか・・・。

これもお笑いと共通する点があるのです。





 こちらのポチっもよろしくお願いします。皆さんに感謝、ありがとう。
人気ブログランキングへ~貴重なポチっありがとうございます。心から感謝・感謝です。

次の戦略
最近、タマホームさんのCMが変わってきました。

以前は「この仕様でこの価格」と価格面ばかりを強調していたのに。

最近のCMは、みのさんと子供が話をしているバージョン。

家を建ててから変化した家族をアピールしている。

お父さんが早く帰ってくるようになり、お母さんが明るくなったというような事を子供が答える。

そして家族全員が食卓を囲んで食事をしているシーンが映る。

みんなの顔は、思いっきりの笑顔です。

チラシを見ても、ごちゃごちゃしていなくなりましたね。

「大安心の家」と価格25万8千円はチラシの表面にありますが、そんなに目立たないサイズです。

大量のCM効果で、認知度はかなり高まっています。

次の段階へ進み始めたようですね。

地場ビルダーは集客が悪いので、地味な構造見学会をやらなくなってきましたが、タマホームは頻繁に行っています。

現場に来ていた営業マンに聞くと「内容の濃いお客様が一組でも来てくれたらそれでいい」という方針だそうです。

営業マンが展示場から、半日交代で現場に詰めています。

エース級は来ないようですが…。

さすがタマホームさんは優秀なので、ビジョンがしっかりとしているのでしょうね。

ナックさんとも完全に分かれたようですし、これからが第2ステージですね。

一部では、タマホームさんが培ってきたノウハウを生かして、地場ビルダーをコンサルする動きもあるようですね。

確かにノンキにやっていた注文建築の部分は「タマの登場で、一切取れなくなった」と地場の工務店さんが言ってました。

状況が読めずに流されていると、色々な渦に巻き込まれていくのですね。

タマさんは人口減少の中、拡大オンリーの路線ではいつかは息切れするのは分かっているはずですから、戦略を色々と考えているのでしょう。

もし、このまま拡大路線オンリーなら・・・・。

そんなことはないでしょう・・・・・・・・・・・・・・ね。





 こちらのポチっもよろしくお願いします。皆さんに感謝、ありがとう。
人気ブログランキングへ~貴重なポチっありがとうございます。心から感謝・感謝です。

ついに業界の重鎮も
住設建材事業を再編

・人員700人・営業所2割削減

・門扉・玄関設備は撤退 松下電工

 松下電工は主力の住設建材事業を抜本改革する。三月末までに人員を約700人削減し、国内営業所を150ヶ所から2割減らす。住宅回り事業からも撤退する。

 改正建築基準法の影響による住宅市場冷え込みに加え、人口減で市場縮小が避けられないとみた。

 事業基盤テコ入れでコスト競争力を上げる。

(松下電工の住設部門の構造改革策骨子)

07年度 ・・・ 約700人の人員削減・営業拠点を150ヶ所から2割削減

08年度 ・・・ 短納期対応の受注生産方式を導入・国内17ヶ所の生産拠点再編に着手・子会社のクボタ松下電工外装の工場再編も検討

                 上記記事は、昨日の日経新聞から引用。


ついに改正建築基準法が引き金となり、国内建材大メーカーが再編に動き始めましたね。

松下電工の事業構成は、連結売上高1兆7030億円。

トップが電材(照明・配線器具他)7000億円(41.1%) ついで住設建材(水回り、建材、内装材)が5220億円(30.7%)と全体の約1/3を占めている。

商品力強化で売上高は増加傾向ですが、形成建築基準法の影響で住宅着工は鈍化し、部門業績は急速に悪化。

松下電器産業グループは、グループ全体の経営目標として営業営業利益率8%を掲げているが、グループ企業の住宅関連分野の低採算性が収益力向上の足かせとなってきた。

松下電工全体の07年度同利益率は5%だが、住建事業は1%に満たない。


とこう日経は記事を締めている。   

私自身、建材営業時代から、松下電工さんとなじみが深いのでショックが大きいです。

他の事業、電材、制御機器、電子材料、家電に比べて、住設建材が足かせになっているのは、随分前からも聞いていました。

分社化をしているので、勿論同じ電工社員でも業績に伴って待遇は変わるようです。

日本の住宅産業が良い時代に、地場工務店と共に成長した松下電工の住建事業。

何年か前まで、工務店のオヤジに松下ファンはすごく多かった。

その分他メーカーに比べて、いろいろと踏み込んだ人脈営業をやってました。

特に「お膝元」、関西地区の市場には電工ファンの工務店がすごく多いです。

その分工務店や流通との“飲みにケーション”も多かった。

本当に「良い」時代でした。

でも、その頃活躍されていた濃いキャラクターの方は、団塊の世代の方々がほとんど。

その方々が市場からリタイアされる直前に、TOBにより松下電器の完全子会社に。

そして、“古き良き時代に活躍された方がた”と、入れ替わるように「パナソニック」に社名変更を発表。

そして、住建事業の再編。

パナソニックに社名変更したあとは、今までの松下電工とは考え方も、行動も大きく変わりそうですね。

人口減、市場縮小の中、各メーカーの視点は国内ではなく「海外」へ向いています。

世界市場も注目は「BRICS」。

ジャパンバッシングからジャパンパッシングへ。

いろいろな業界の中で、一番遅れているというこの「建築業界」も、遂に大きな変革の流れにのってようやく動き始めましたね。

やはり、どう考えても「量」の部分で勝負する時代ではなくなりました。

ということは、「大量仕入れによるコストダウン」とか「数をこなさないと赤字になる」といったス
タイルではどう考えても上手く行かなくなるのは当たり前ですね。

うちもBNさんからヒントを頂いて(本当にいつも感謝です)新しいことに取り組み始めています。

強い会社になるために、工務が原価をしっかりと把握した、きちっとした工程管理を行い、満足度をさらに高めようということで、昨日ミーティングをしました。

今のうちに、足元をしっかりと固めてルーティーン業務を見直そうということです。

早速専門書を探して2~3冊申し込みました。





 こちらのポチっもよろしくお願いします。皆さんに感謝、ありがとう。
人気ブログランキングへ~貴重なポチっありがとうございます。心から感謝・感謝です。

悲観より楽観
 悲観より楽観

 楽観か悲観か、積極か消極か、心のあり方で、物の見方が変わってくる。

 見方が変われば判断が変わり、判断が変われば行動が変わって、

 おのずと結果も変わってくる。

 まずはできると信じて取り組もう。

 そこからよいアイデアも生まれ、成果が上がってくる。

     
              松下幸之助 「繁栄」 PHP

 
 

 人の気持ちは、常にアップダウンを繰り返すもの。

 わかっていても、自分がちっぽけな人間に思えて、些細なことで落ち込む時もあります。

 自分の気持ちをコントロールすることって意外と難しい。

 そんな状況の時に、「良い結果」が出ていたとしても、悲観的、消極的な見方をすれば、それに気付かず、全てが歪んで見えてしまいます。

 自分のやり方を信じて、楽観的に、積極的に取り組むことにより、気持ちのアップダウンの幅を小さくするために、 くだらないことを考える余裕がないくらいに全力で取り組むこと。

そうすれば、必ず成果に結びつくはず。
  
 これからも頑張ろう。


 


 こちらのポチっもよろしくお願いします。皆さんに感謝、ありがとう。
人気ブログランキングへ~貴重なポチっありがとうございます。心から感謝・感謝です。

雪の3連休初日
今日の大阪は雨から雪。

   続モデルハウス付近


   モデルハウス付近


3cmくらい積もりましたね。

あっという間の出来事でした。

お昼ぐらいから、雨に変わってすっかり雪が融けてしまいました。

80km離れた家に電話したら、次男が外に遊びに出かけたまま、中々帰って来なかったそうです。

こっちはすっかり融けてしまいましたけど、家の方ではまだ降り続いているようです。

大阪も結構広いなぁーと思いました。

でもとにかく寒いですね。

こんな日は、モデルハウスには誰一人も来られません。

3連休初日は大荒れのようです。




 こちらのポチっもよろしくお願いします。皆さんに感謝、ありがとう。
人気ブログランキングへ~貴重なポチっありがとうございます。心から感謝・感謝です。

嬉しい報告
昨日の木曜日は私の定休日です。

ずっと休みの日も、午前中だけ仕事をして自分の家に帰るといった生活をしていましたが、今年に入ってからは、水曜日の夜に帰って木曜日一日家に居て、金曜日の朝家を出るといったパターンに戻しました。

木曜日は、とにかく自宅から万博公園を往復する2時間ウォーキングと、奥さんの手伝いをするに徹しています。

普段、お手伝いできない事は、やってあげるつもりで一日を過ごしています。

布団の上げ下げ、洗濯、子供の宿題や新聞やダンボールゴミのかたずけ、子供の習い事の送り迎え、妻のお買い物の助手・・・・。

一週間に一回しか帰って来れないので、普段の家内の負担は大変ですね。

おっとそうそう、最近生意気になり、言うを聞かなくなって来た中学生の兄ちゃんと、一人前なことを言うようになった次男。

ヤツらの説教も一週間分です。

その代わり、フォローもしていますよ。

彼らの話を聞いてやるのも一週間分ですから。

そんな時に嬉しい報告があります。

兄ちゃんは勉強あまりしないわりに、先日の実力テストの数学がクラスで1位だったようです。

また、次男はサッカーで2得点を決めたとか。

嬉しい報告もまとめてくるのです。

奥さんには申し訳ないけど、生活にメリハリがハッキリとするようになりました。

家庭もそうなんですが、昨日の夕方奥さんと夕飯のおかずを買い物していたら、突然携帯が鳴りました。

事務の女性から、一旦保留になっていたお客様から、もう一度プランの依頼と候補地があるので一緒に見て欲しいという電話があったとの報告。

その後設計のスタッフから、事務所の近隣にお住まいのお客様が飛び込みで来られたと連絡がありました。

セ○スイHのOBさんだそうですが、屋根の葺き替えとお風呂の入れ換えのリフォームで相談に来られたそうです。
近くのリフォーム専門店には行かずに、ウチに相談に来てくださったのが嬉しいです。

販促関係は新築部門に絞り込んでいるのですが嬉しいですね。

以前のモデルハウスの近くにお住まいで、ニュースレターを毎月ポスティングしている地域にの方です。

継続は力なりですね。

ニュースレターが心のバリアを低くしてくれたと思います。

今後どうなって行くか、わかりませんが楽しみです。

うちの会社は、VC関係の1のメーカーに偏っているので、これではリフォームに上手く対応できないと思い、早速地元の材木屋さんに水回り商品のカタログを頼みました。

するとビックリするほど素早く対応してくれて、予想以上にたくさんの設備メーカーのカタログを届けてくれました。

また商品説明も熱心で、いろいろと新商品の特徴や売れ筋を教えてくださいました。

今後、VCに加盟しているメーカーだけでなく、いろいろな設備メーカーの展示会にも行ってみようと思いました。

先日お引渡しをしたご主人様が、外構工事が終了したとわざわざ報告に来てくださいました。

当社が紹介した工事店さんなのですが、お施主さんが「今までありがとう」と菓子折りを持ってあいさつに来てくださいました。

こんなことって本当に初めての経験です。

感動しました。

仕事の方も、プライベートも嬉しい報告がたくさん上がり始めてきましたね。

神様、仏様、お客様、、協力業者、スタッフ、家族・・・・・みんなみんな感謝です。(*^_^*)





 こちらのポチっもよろしくお願いします。皆さんに感謝、ありがとう。
人気ブログランキングへ~貴重なポチっありがとうございます。心から感謝・感謝です。

最近プププが多くなりました
最近「電話番号が変わりました」という業者さんからのお知らせが多くなりました。

080・・・・という電話番号も珍しくなく慣れてきました。

そのような人に電話をかけると、プププと鳴ります。

これはソフトバンクの合図なんですよね。

ダブルホワイトとかいうプランは、ソフトバンク同士ならビジネスタイムは無料なんですか?

あまり詳しくないのですが・・・。

それだったら意味大有りですね。

会社と営業マンとのやりとりに電話代って一番かかりますよね。

そう思って、会社の設立当時から「ウィルコム」の定額プランにしていたのです。

でも、PHSの電波はまだまだ辛いです。

特に田舎は辛い・・・。

乗り換えようかとも思いましたが、3ヶ月前に電池の寿命と同じ時期に、5台とも機種変更しちゃったんです。

分割で払う形なんですが、通話料の値引きで相殺されるというプラン。

今、解約すると10万円以上ペナルティーがかかってくるようです。

あと一年半はPHSかなぁ。

つながらないとイライラしますからね。

でも、ソフトバンクバンバン営業しているけど、あれで採算取れているのでしょうか?

取れているんなら、他の携帯メーカーはボロ儲けですね。

それから・・・会社のホームページですが、google analyticで分析してみると月間25,000pvを越えてきました。

これって多いほうなのか?分からないですが、とにかくお盆明けにリニュアルしてから新記録達成です。

モデルハウスの集客には、直接結びついていませんが、今月21号を迎えたニュースレターと共に他にない強い武器にはなってきたのかなぁと思っています。

それと、契約~お引渡し までの写真集を音楽に載せて編集したDVDも中々のツールになっています。

初めてお会いしたお客様に、歴史の超浅いうちの会社が、どんな「家づくり」をするのかが、5分でわかってもらえます。

また「地鎮祭」や「「上等祭」、「お引渡し式」でのOB施主様ご家族、おじいちゃん、おばあちゃんの笑顔がいい味を出していると思います。

VCにはスピード営業や訪問営業をしないので、「お荷物」扱いされてますが、この前地場住宅会社の営業責任者の方とお話したら、

「君とこ土地さわってないのに、注文住宅だけでようがんばっとるなぁ、新しい会社やのに」と。

「まあ注文住宅の部門ではライバルやけど、土地の件ならまたよろしく頼みますわ」と言われました。

VCの中では棟数勝負なので、蚊帳の外ですが地域では、少しだけ注目されているようです。

周りからの雑音に惑わされず、しっかりと信念を持ってやっていこうと誓いました。

棟数やっているから成功とは限らないですからね。

市場から去っていったビルダーはいずれも、「量を追いかけなければ、会社が維持出来なくなったところだ」ということを忘れてはなりません。





 こちらのポチっもよろしくお願いします。皆さんに感謝、ありがとう。
人気ブログランキングへ~貴重なポチっありがとうございます。心から感謝・感謝です。

住宅ローン控除
今日は、暮らしのかわら版2月号(手作りのニュースレター)と「住宅ローン控除」の資料を持って、平成19年にお引渡しさせて頂いたお客様を巡回しました。

7軒訪問して「もう行ってきました」という方は、お一人だけ。

後は、「何から用意していいのかわからないと悩んでいた」という人がほとんどでした。

とにかく、役所に電話して聞けば親切に教えてくれるのですが、皆さん「役所って言っても窓口がどこかわからない」で止まっている状態でした。

まだ時間はあるのですが、私が回ったのは「ジャストタイミング」だったようです。

住宅ローン控除(平成19年入居者)

住宅借入金等特別控除という名称で、確定申告によって納めた所得税が戻ってくる制度です。

平成19年1月1日から平成19年12月31日に入居した場合は、
1~6年目は25万円、 7~10年目は12万5千円。が控除額の上限となっています。

この上限額は、上限額が戻ってくるのではなくて、納めた所得税の額と、その年の年度末のローンの残高の1%の額を比較して、納めた所得税の額が多い場合はローンの残高の1%の額、その逆の場合には納めた所得税の額が、それぞれ上記の上限額以内で還付(戻ってくる)事になります。

申告先は、住所地の役所の税務担当。

確定申告添付用の必要書類は、申告書(役所にあり)、工事請負契約書、住民票、登記簿謄本、登記事項証明書、ローンの残高証明書


こんな感じの事をワードで書いて、PHPの小冊子と一緒にお届けしました。

皆さん喜んでくださいました。

また地元の不動産屋さんで、地元の業者さんといろいろと情報交換をしました。

その業者さんは「競合店」という立場の方で、キーマンなんですがお互い話が合いました。

同じ注文建築の業者なので、難しいところもありますが「競」より「共」でお付き合いできればと思っています。

近隣の同じVC加盟店が、チラシを20万枚もうって大イベントを行われたそうで、この悪天候の中100名を越える動員があったらしいです。

地域でのブランド力をUPさせるためのイベントだそうです。

規模が違いますね。

でも、「すごいな」とは思いますが、「うらやましい」とは思いません。

目指す方向性が違うからです。

今は、しっかりと基礎を固める時期だと思っていますから。

プレッシャーは感じますが、我慢です。





 こちらのポチっもよろしくお願いします。皆さんに感謝、ありがとう。
人気ブログランキングへ~貴重なポチっありがとうございます。心から感謝・感謝です。

変化し続けるインフルエンザウイルス
今日の大阪は朝から雪が降りました。

今シーズン雪が積もる・・というか屋根が白くなったのはすでに2回目。

元々雪が積もらない大阪でもう2回目です。

でもやっぱり冬がさむ~いというのは良いですね。

やっぱり夏は暑く、冬は寒くですよ。

今回は、会社周辺もゆっすら雪景色。

でも、本当にさぶいっす。

今日、出勤の時に聞いたラジオで気になる事がありました。

ヨーロッパで、タミフルに耐性を持ったインフルエンザが、流行ってきているらしいのです。

タミフルといえば、インフルエンザに唯一有効なお薬。

話題になった『問題行動』により、十代には服用は禁止?されていたんでしたよね。

でも、その有効なお薬が効かないウイルスが発生するなんて・・・。

でもこのウイルスは知能を持たないのですが、「種族保存の法則」に基づきどんどんと形を変えていきます。

一度かかると免疫ができてしまうので、微妙に変化し続けるのです。

これって自分たちの仕事に置き換えてみるとどうでしょうか?

いつもワンパターンで、お客様が飽き飽きていても「失敗したら怖い」、「周りも同じ事をやっているから」と使い古された販促を繰り返し行っているという会社多いですね。

建材商社なら、ゴルフセール、旅行セールですか?

いまだにやってますね。

インフルエンザウィルスも、決して強くはないですね。

湿度や温度になどに弱い。

でも鳥、ヒト、豚など動物へ感染すると瞬く間に増殖し始める。

そして、『形を変えて、変化し続ける』

だから、生き延びていけるのです。

きっかけを掴んだら素早い行動力小さな変化を繰り返すこと。

このことが「生き残り」の条件なんですね。

例えが強引でしたかね(笑)。

会社のブログで「インフルエンザの話題」を書いていたのですが、ふと頭に浮かんだ事を書いてみました。

インフルエンザとつながったのは、昨日、ブログ仲間のビルダーナースさんの紹介で、スティーブ・ジョブスさん の スピーチ を聴いたからかもしれませんね。

すごく、勇気の出るスピーチです。

一人でも多くの人に聴いてもらいたいと思い、私からもご紹介します。

なにより自分で自分を肯定することが大事である、ことがよくわかるはず。

彼女の照会文ですが、

自信を失いかけたとき、不安に陥ったとき、努力したのに悔しい結果に終わったとき、繰り返してご覧ください。

こちらをクリックすると 別ウィンドウが立ち上がり、映像が自動で再生されます。(約14分)





 こちらのポチっもよろしくお願いします。皆さんに感謝、ありがとう。
人気ブログランキングへ~貴重なポチっありがとうございます。心から感謝・感謝です。

ウォーキング見聞録
週木曜日は、私はお休みの日です。

普段の運動不足を解消する為、週一のお休みは、“ウォーキング”を健康のために行っています。

いや・・・行っていました。9月頃までは(汗)

ちょっと忙しくなり、週一休めたり、休めなかったりと不規則な状態に。

そこからは、ピタっと「歩く習慣」が止まってしまいました。

習慣が途切れると、中々復活できないものですね。

ウォーキングを始めた理由というのは、一年半前の健康診断の結果がきっかけです。

尿酸値が高く、このままでは「痛風」になる恐れも・・・・。

ビールを控えるのと、ダイエットが至上命令となり、ウォーキングを始めたのです。

おかげで、体重は見事10kg近く落ちました。(太りすぎていたので、落ちやすかったのかも)

でも最近は、ビールもしっかり飲んで過食気味。

体重も少しづつ増えてきたので、昨日は思い切って再チャレンジ!

弱気を振り払い、自宅から万博公園を回ってのウォーキングコース(2時間)のスタート。

非常に暖かで、良いお天気でした。

万博公園に入るまでは、少々歩かなければならないのですが、自然が一杯でジョギングやウォーキングをしている人も沢山います。

気持ち的にすごく気分が良くなります。

それでは、復帰した私のウォーキングコースをご紹介させて頂きます。

まずは、アメリカンフットボール専用グランド。

アメリカンフットボール専用グランド


アメフト専用っていうのも珍しいでしょう。

関西のアメフト人気って関東などと比べてもすごいんですよ。

関学VS京大なんて大観衆でした。

今は立命館VS関学かな。

全国ネットでは、甲子園ボウルですね。

大観衆でしょ。

関東は、ラグビーですものね。

このグランドは、人工芝で立派なスタンドもあります。

今の選手は恵まれていますよね。

関西アメリカンフットボール協会が運営しているようですね。

その横にはアメリカンフットボールギャラリーというスペースが。

アメリカンフットボールギャラリー


残念ながら、この日は、閉まっていて中には入れませんでした。

外から中を覗くと、試合のパネル写真がたくさん展示されていました。

関西のアメフト熱すごいでしょ。

その横は、ガンバ大阪の練習グランドがあります。

万博公園のこの一帯は、硬式野球場、軟式野球場、テニスコート他、運動公園になっているのです。

map


さすがJ1チームの練習場。

冬場ではありますが、芝生の緑の色が目に眩しいです。

ガンバ練習場


その横にはクラブハウスがあります。

非公開練習以外は、スタンドに入れます。

この日は、グランド整備の人しかいませんでした。

クラブハウスの中を撮りたかったですが、職員の方が沢山おられて、ちょっと写真撮影は撮りにくい状況なので、外からだけでご勘弁ください。

アントニオ猪木さんの応援メッセージ「J1優勝ダーっ」が、入り口に大きく飾ってありました。

ガンバクラブハウス1


ガンバクラブハウス2


クラブハウスはリフォーム中のようで、白いシートに覆われてました。

リフォーム業者は・・・・?

ガンバクラブハウス3


やはり、パナホームっすか・・・(笑)

さすが、“パナソニック・ガンバ”ですね。

松下いやパナソニックでしたね、とは深い関係ですから。

今度練習やっている時に見に来たいです。

うちの次男は、何回もガンバの選手と会っているんですよ。

サインももらったりして。

ホームタウンなのでうちのエリアの小学生は、ガンバの試合が、タダで試合が見られることもあるんです。

結構イベントなんかやっていて、選手が近いですね。

そこからしばらく歩くと、大きな観覧車が見えてきます。

bnpaku1311.jpg


上の写真は、度重なる不祥事で、休園中のエキスポランド。

停止された遊具が、本当に寂しそうに見えました。


自然がいっぱいの万博公園ですが、近くは中央環状線、近畿自動車道、中国自動車道、名神高速道路が交差していて、かなり車が多いです。

1975年の万博の時に来られた方も多いでしょうね。

何せ「サザエさん一家」も万博に来てましたから。子供の頃再放送で見ました(笑)

万博外周から


そのまま休憩もせずひたすら歩き、家に帰りましたが、段々と足がつって来ました。

何とか無事帰宅。

しばらく休憩した後遅い昼食を取りました。

カレーの残りとインスタントラーメン。

また食べすぎでしょうか(笑)

次の日は、久しぶりのウォーキングで太モモがパンパンです。

でも、へこたれずに来週から続けようっと。

でもacbさん、やっぱり歩くと気持ちいいですね。

空気はイマイチですがね。

ゆっくり時間をかけて歩いていると、いろいろな発見がありますね。





 こちらのポチっもよろしくお願いします。皆さんに感謝、ありがとう。
人気ブログランキングへ~貴重なポチっありがとうございます。心から感謝・感謝です。

お参りとお誕生日のお花
今日は、月初ですから神棚にお酒、お米をお供えして、榊を新しいものに変えました。

そして地元の神社へお参りして、いつも通り「お客様の家族、協力業者の家族、社員の家族、自分の家族の幸せと、工事の安全、会社の繁栄」をお祈りしました。

きれいごとのようですが、他人のことを心からお祈りできる人間になりたいと思っています。

こんな気持ちには建材営業時代、全くなったことがなかったのです。

考え方が、全然変わってきましたね。

氏神様へは、よそ者の自分達が、この地で住宅を建てさせてもらうことへの感謝と応援して頂きたいという気持ちです。

毎月お参りしているのと、地鎮祭でいつもお世話になっているので、宮司さんもにこやかに挨拶してくださいます。

気のせいかも知れませんが、氏神様をお参りするようになり、何故か地元の方々に助けてもらったり、急に親しくなってきたように思います。

前向きに、信じることが大切ですね。

何より、区切りという事で、気持ちも引き締まりますから。

それと、今日は12月にお引渡しをした奥様のお誕生日だったのです。

いつも、OB施主の奥様のお誕生日には、顔には似合わないのですが、「お花」をプレゼントしています。

籐のカゴに入ったフラワーアレンジメント。

お引渡し式でいつも利用している、地元の花屋さんで買うことに決めています。

その花屋さんには、いつも3つだけアレンジメントが作ってあるからです。

奥様をイメージして、私が独断で決めます。

今日は、水色が好きな奥様ですが、青っぽいお花を使ったものがありませんでした。

ですから、明るいオレンジと黄色が主体のアレンジメントを選びました。

いつもお届けする時には、ちょっと照れくさいのですが、金額以上に皆さんすごく喜んでくださいます。

いつも帰り道は、すがすがしい気持ちになります。

毎月、お施主様にお花をお届けできるように頑張っていきたいなぁ。





 こちらのポチっもよろしくお願いします。皆さんに感謝、ありがとう。
人気ブログランキングへ~貴重なポチっありがとうございます。心から感謝・感謝です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。