mr.gonsukeの感謝するから幸せになれる
素直な心・感謝の気持ち・謙虚な姿の3つを日々心がけています。松下幸之助氏、鍵山秀三郎氏の経営学に影響を受けた42歳です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
活気のある
今日は、業者さんの出入りが激しかった。

いろいろな人が事務所を出たり入ったり。

こう見てみると、大きく変わった。

事務所に活気がある。

笑い声も聞こえるし、担当者も楽しそうです。

去年一年間はどうかと言えば、一言・・・「暗かった」「ジメジメしていた」「いつもブラインドを下ろしていた」

空気も重い。

商売は活気がないといけない。痛切にそう思う。

人も変わったので、明るくなった。

最近施主さんも頻繁に事務所に来られる。

それを見た業者さんは、また勢いがつく。

協力業者さんも楽しそうだ。みんな自然に笑顔が出る。

集金日で、月末で、シブい顔をしている自分に気付いた。

やっぱり人生明るく行かないとダメだな。


blogランキングへ ありがとうございます。

スポンサーサイト
大阪南北縦断レポート
今日木曜日は私の定休日。朝8時前に仮住まいを出て、一週間ぶりに自宅へ帰りました。

出るときは晴天ではありませんでしたが、雲の間から青空も見えました。

阪和道から近畿道に入ります。自宅までの距離は約75km。順調ならば1時間弱で走れます。

途中、次男から携帯に電話が入りました。

「集中豪雨で、雷がなり響いているけど運転大丈夫か」とのこと。

阪和道から近畿道に入ったあたり、まだ雨など降っていないのでピントはずれでした。

会社から着信がありましたが、職場付近は「晴れ」とのこと。

他県と比べて狭小な大阪府も意外と?広いなぁと実感しました。

北上するにつれて、段々と天気が悪くなってきました。

途中、門真あたりから渋滞、完全に止まってしましました。「名神吹田ICまで9km」の表示。

と同時に来ました。集中豪雨。

ワイパーも効かないくらいの“バケツをひっくりかしたような雨”です。

大雨その1


ワイパー効かない大雨


光ってから3秒位で、「バーン、ゴロゴロ、ドーン」地響きするような雷もありました。

自宅前に着いても、一瞬でビチョビチョになるので、しばらく車から降りることができませんでした。

その頃、職場付近もようやくポツポツという状況だったようです。

大阪南北縦断レポートでした。


blogランキングへ ありがとうございます。


ホームページの反響
本日、本契約致しました。

順調に7、8月で3棟目のご契約を頂きました。

本当に有難い話です。

契約書約款、契約調印式の祝辞を読み上げるのも3回目。

この瞬間は、ピリッと緊張しますね。

見積もりを少し拾い忘れて、「損しますよ、ちゃんと入れておいてくださいよ」と言われました。

「恥ずかしい」

でも、そんな関係って不思議ですね。

ほとんど「値引きしてよー」ってありません。

逆にお客様に「これだけはサービスさせてください」って言うくらい。

今までと全然違う展開。ただ単にお客様に恵まれているだけなんだろうか。

でも、そうでも無さそうです。

リニューアルしたホームページ、中々好評です。

現場担当者さんも、主婦パートさんも、知らない間にUPするようになってきました。

今日契約したお客さんも、先に始まった現場をデイリーでUPしているのには、お喜びの様子。

「地鎮祭の投稿が消えていたよ」なんて教えてくださいました。

まだまだ、慣れないのでミスも多々あります。

この影響かわからないですが、電話連絡が2件ありました。

事前告知があって、来場するなんて今までありませんでした。

少しづつ変化が出てきました。


blogランキングへ ありがとうございます。

レジ袋追放
レジ袋追放!ってこれアメリカの話。

8月27日付け日本経済新聞・朝刊の一面、「環境」に関する記事から

米国全土で環境汚染につながる恐れのあるレジ袋の使用を禁じる自治体の動きが広がり始めた。
カリフォルニア州サンフランシスコが11月、米都市で初めて小売店による配布を禁止。
同州オークランドも来年から禁止する。
オレゴン州やマサチューセッツ州でも同様の処置を検討中で、日欧に比べて遅れていた取り組みが自治体主導で一気に加速する可能性がある。


地球温暖化の最大の壁は、アメリカだと思っていましたが、ついに動き出しましたね。

サンフランシスコは今春にレジ袋禁止の条例を制定。レジ袋の代わりに、布などで作られ繰り返し利用できる袋かリサイクル可能な紙袋、トウモロコシなど生分解性素材を使ったプラスチック袋などの提供を義務づける。

"義務”というところがすごいです。

面の対象となるのは一定の規模以上のスーパーとドラッグストア。違反店には「違反一件につき最高500ドル(約5万9千円)の罰金を科すなど取り締まりも厳しくする。

違反一件につき5万9千円って・・・。すごくないですか?これ本気モードですね。

ポートランド、ロサンゼルス、ボストン、ボルティモア、ハワイのマウイ等今年に入って続々と具体的な検討に入ったそうです。
専門家によると、「米国は毎年、一千億枚以上のレジ袋を消費する世界最大のレジ袋王国だそうです。

このレジ袋、原油で作られており「地球温暖化」の原因の一つに上げられていますし、ゴミとして出されても、分解されて土に戻ることもないものです。野生動物が誤って食べて死んだりするケースもあるようです。

こんな状況ですから、我々も買い物には「エコバック」忘れないようにしたいですね。

宝塚市に住んでいる今から10年以上前「コープ神戸」でレジ袋有料化をいち早くやっていました。価格は一枚5円。その当時はまだ問題視されていませんでしたから、不評で一年後無料に。

その当時は、マックのナゲットやフィレオフィッシュなんかのパッケージもまだ紙じゃなくPET製でしたから。

でもマックは96年頃から、紙のパッケージに変わりました。

あの“自由”と“資本主義の象徴”、“弱肉強食的な発想”のアメリカでも、自分一人の利益より、周りの人、地球全体の利益を考える人が徐々に増えてきたのですね。

日本も負けてられませんね。

自分でできる身近な小さなことから始めましょう。
STOP!地球温暖化。

うちの会社も遅ればせながら、チームマイナス6%に参加しました。


blogランキングへ ありがとうございます。

心の鍛え方
 肉体を鍛える方法を知っている人は多くいます。しかし、心を鍛える方法を知っている人はそう多くないのではないでしょうか。

 碩学(せきがく)中村天風先生の教えに「連鎖暗示法」とか「命令暗示法」というのがあります。

寝ぎわの心がけとして、消極的なことは寝床に一切持ち込まないための訓練法です。

消極的なことは、たとえば、「悲しいこと」「腹の立つこと」「気がかりなこと」などです。

 具体的方法は、明るいことを意識的に連想したり、鏡に映る自分の顔に命令的な言葉を発して心をいつもプラスに保つ実践です。

 ひとつ拾えば、ひとつだけきれいになる 鍵山秀三郎 PHP研究所より
 
   
実は私もある人に言われたことがあります。

「あなたはいやなことがあると、口がへの字になる」と。 

確かに自分でも納得。

「いやなことがあればすぐ顔に出る」と指摘される前に、自分でもわかっていました。何故なら、相手に伝わるようにやっていたからです。

でも、ある時自分の未熟さに気付き、徹底的に注意をするようにしました。

いい年のオヤジが時々、鏡を見て笑う練習をしたりします。

口角が下がっていないか。

胡散臭そうな笑い顔じゃないか。

点検するのです。

でも・・
「悩んでも仕方ないこと悩むのやめよう」
といつも自分に言い聞かせていますが、時折「自己嫌悪」に落ち込むことがあります。

不安、恐怖の気持ちに引っ張られていきます。

そんな時は、誰かに明るく大きな声を出して話しかけるのです。

そうする事により、自分の気持ちが段々と明るくなっていきます。

恐怖、不安な気持ちに対抗するのは、「自信」しかない。

いつでもプラス発想で、自信を持って、明るく笑顔で過ごすことで、心は鍛えられて行くのです。


blogランキングへ ありがとうございます。

すばらしい集中力
甲子園が終わると、いつも寂しい。夏休みが終わってしまうし、一番長い2学期が始まる。

って勉強嫌いなだけかよって感じですが。

今回の甲子園で優勝した佐賀北すばらしかったですねぇ。

リアルタイムで見た人は、興奮したでしょうね。

私は「熱闘 甲子園」で見ました。

結果は、移動中のラジオで聞いたのですが、母校の広陵を応援していた金本アニキは、TVの前でのけぞったらしいですよ。

何せ、あんな漫画のようなストーリーは現実ではなかなかお眼にかかれませんから。

優勝をした佐賀北の「集中力」信じられません。

今大会前、私学の特待生制度が騒がれましたね。

佐賀北は、特待生とは縁のない普通の公立高校。

野球部も事前のNHK大会で優勝したそうですが、去年県予選は一回戦負けしたチーム。

そんな普通の高校生が、一気に頂点まで上りあがってしまうなんて。

通常、このようなチームは甲子園出場が目標であり、県大会優勝した時点で、モチベーションはあがりきってしまうものです。

尊敬する原田隆史先生も言っておられましたが、全国大会に出場した選手たちの多くは、「全国大会出場」というだけで満足している。

何故なら、それが目標だったからです。

それ以外の選手の中でも、「ベスト8」、「入賞」といった目標の人がほとんど。

結局、自分たちと同じように日本一を狙っているのは、2~3人(チーム)。

と言っていました。

宇治山田商、帝京と続いた重苦しい延長戦。

普通の高校生であんなに緊張感は持続できないはず。

佐賀北の練習時間も普段は3時間。

試験一週間前は休部。

それに比べて帝京や広陵は、何倍もの練習量と練習時間。

聞くところによると、グランドが狭くて、サッカー部との併用だとか。

逆に限られた時間、限られた環境の中では、計画をしっかりと立てて、目標管理までしっかりと取りくまないと、ロクに練習もできません。

ある程度までは行けたとしても、根性、運だけで、絶対頂点は上れないはずです。

去年の早実、駒大苫小牧、広陵などに比べて、寄付金も全然違うでしょうし・・・。この日本一はお金もほとんどかかっていない。練習施設だって雲泥の差。

強豪校でも何回か決勝までは進むのに優勝出来ないチームって意外と多いですよね。

互角に戦っていても、最後の壁が越えられなくて、なかなかチャンピオンにはなれないものです。

よく言うじゃないですか、「一位と二位の差は大きい」と。

それが、うーん。ミステリアスです。

佐賀北の監督さんにご指導頂きたいものです。


バナー小橙blogランキング

初・ブログ
ついに、ブログ研修会の腕前を試す時がきました。

昨日私は定休日でしたが、モデルハウスで女性スタッフ二人がブログの更新にチャレンジ。

途中電話がかかってきて、写真を上手くUPできないとの事。

リサイズが上手くいかなくて、枠から写真がはみ出したようです。
私も最初にはまったパターンです。

自宅で管理画面を操作し、スタッフと電話のやり取り。

ちなみにスタッフはウィルコムのPHSを全員に持たせているので、こういう時はエンドレスでやり取りしても、電話代は無料です。(場所によっては、少し電波が入りにくいのが難点ですが)

七転八倒、何とか上手く行きました。

よく見ると、写真が縦長なので、左端に寄せてその横に記事を書くというようなテクまで使っており、ビックリして電話を入れると、モデルハウスに置いていたHTMLの本を見て、タグを入れたそうです。

今まで他の男性スタッフにも教えてきましたが、特別な事をしようとはせず、いつも受け身でした。

さすが女性スタッフ。向上心が違います。

ブログ研修会で、彼女たちに「なぜブログをするのか」をしつこく語った意味を理解してくれたようです。

本当に頭が下がります。

投稿の内容は、住宅とは関係の無い「日常の事」。

彼女達には「それが良いのだ」と言ってます。

ただし、モデルハウスにシフトインした日は、必ず更新してもらうように頼みました。

私もそうでしたが、一度やってみると次からはスムーズに溶け込んでいけるのが、ブログの良いところ。

ネタを探すことで、日々のアウェアネスも高くなります。

モデルハウス担当の主婦スタッフには、プラスなことばかりです。

何か良い感じになってきそうな予感がしました。


バナー小橙blogランキング

何かと忙しい一日
今日は、何かと忙しい一日だった。

午前中は、月末支払いの段取りをしているところにお客様がご来場。

その後、業者さんと販促の打ち合わせ。

昼からは女子社員と「ブログ研修会」を行っている時に、お客様がご来場されたり、その後外観プランをお届けに隣町まで。

帰りは大渋滞。

何かあっという間に一日が終わってしましました。

でも、内容が濃いのかなぁ?

帰ろうと思ったところで雷雨。

結局タイミングを逃してしまい、まだ、会社にいます。

生産性悪いのかなぁ?

とりあえず、お腹空いたんで帰ります。

今日も自炊です。料理かなり上手くなりましたよ。


バナー小橙blogランキング

ブログを強化していきます

今日、モデルハウスの主婦スタッフの人に「ブログの重要性」「何故ブログか」を伝えました。
というのも私がほぼ一人でやっていたHPにリンクした「ブログ」を今後女性スタッフに更新してもらおうと思っているからです。

今までは、オリジナルメンバーの男性スタッフ3人で取り組んでいました。しかし、前回のブログで書きましたように「物指向」の人達ばかりなので、書けばマイナスイメージの暗ーい投稿や市販商品の批判、または、建築関連の記事をを固く固く長文で書き綴るので、目指すべき方向と大きくズレていたのです。

これからは女性の観点から、日々のモデルハウスでの出来事や感じる事を書いていってほしいと思います。


明日は、ついに実務編に入ります。楽しみです。




バナー小橙blogランキング

人のタイプ

先日、住宅営業の研修会で面白いお話を聞きました。

人のタイプには大きく分けて4つのタイプがある。
優秀な住宅営業マンは、「展示場にお客様が来場されたら、代表的な4つのタイプのうち、どのタイプのお客様かを瞬時に判断し、その方に合った応対を行う」
何故なら住宅営業と言うのは高額商品を扱うので、少しでも気になる点があれば、「非常に敏感に反応」されます。と言う事は“第一印象”が特に重要なので、『この営業マン、私とフィーリングが合わない』と思われたら、それ以上先に進めない」のです。

4tunotaipu

この図の縦ラインは、「決断出来るタイプ」か「なかなか決断できないタイプ」か、横ラインは「人指向」か「物指向」かという判断基準になります。

研修会で行った「Q&Å方式」で、自分は何タイプかを判断しました。
ちなみに私の場合は、「超感覚タイプ」(誰もが納得していた)。
図の左上ぼエリア、“人指向で決断力あり”というタイプです。
このタイプ別の考え方でウチの社員を見てみました。
すると「途中で去って行った営業責任者」は「主導タイプ」。
そりゃあ社長の自分と合わない筈な訳です。
もう一人の設計担当は「分析タイプ」。

こう見てみると、三人で立ち上げた会社でしたが、結局「人指向」は私だけで他は、外部の取締役も含めて「物指向」の人ばかり。

その人達が、この一年間「情報誌」や「ブログ」「清掃・あいさつ等の現場営業」などをプッシュしてきた私のやり方を理解できないのも納得できました。

お盆明けにホームページをリニューアルしましたが「選挙にでもでるの?」といわれるくらい「社長の人間性」「会社の方向性」を全面に打ち出しました。

カタっくるしいと言われている社名の由来も「工法」を意味するもので、物指向の人達が良いと思って付けたものです。
HPでは、社名から伝わる冷たいイメージを一新するような「社長の想い」をを載せました。
「これから、人指向の工務店に生まれ変わるぞ」という宣言みたいなものです。

私が建材営業時代から、理想とする“人間味溢れる”工務店へ一歩前進です。




バナー小橙blogランキング


最後の近畿勢敗れる

連日、甲子園球場では熱戦が繰り広げられていますが、昨日奈良県代表の智弁学園が帝京高校に6-0で敗れてしまいました。
これで、近畿勢は全て敗退しました。高校野球フリークの私としては、非常に寂しいですね。

近くで言えば四国勢。残り1校「今治西高校」に頑張ってもらいたいです。

元々、近畿・四国は野球どころで、多くの出場校が目標とするベスト8には、必ずといっていいくらい3~4校は残っていたような記憶が小さい頃からあります。
しかし残念なことに最近の大阪勢は1回戦敗退が目立ちます。

小学生の当時から、甲子園大会に関する新聞記事のスクラップを欠かさずやってきた私は、ホント残念であります。
自分の中では1回戦敗退のイメージは数えるくらいしかなく、中村紀の渋谷高校、荒木大輔のデビュー戦で完封された北陽高校・・・。あっわが母校も選抜で高松商業に負けていました。でもコメントで「大阪代表として恥ずかしい」といった感じでしたね。
他にもあるのかも知れませんが、小さな時の記憶には、こんな位??大阪勢は強かった。

府立春日丘高校が甲子園出場を決めた時、たまたま外出で親に連れられてタクシーに乗ったのですが、その運転手さんはなぜか怒っていました。
「甲子園で勝とうと思たら、近大付属が出とった方がええんや」と。
その位大阪勢には、プレッシャーがかかっているのです。
それが近年、ベスト8どころか初戦敗退の多いこと。予選で力とモチベーションを使い果たしてしまうのか・・・。「もう一度、野球王国復活」考えなあきませんね。

悔しいのは、あのダルビッシュも、楽天田中マー君も元々近畿勢。良い選手は、他県に流れすぎているのか。大阪大好き、近畿大好きの自分としては、歯がゆいですね。

来年こそは頑張ってや!!



バナー小橙blogランキング

現場付近から
暑いですね。ニュースで見ましたが、多治見市の気温は連日40℃を越えているそうですね。

こちら大阪南部も、本当に暑い。汗が止まりません。

世間では、クールビズですが住宅営業は、上着着用でネクタイを締めていなければならないので、本当に辛いです。(といっても私はほとんど着ていませんが・・・)


gennbakara



現場付近からの景色です。

晴れ渡っているので、携帯電話のカメラでもきれいに写りますね。

目の前には鮮やかな海の青さが眼にしみります。

握るハンドルの熱さでやけどしそうです。


バナー小橙blogランキング

成功者の告白
 

忙しいということを理由に中々本が読めずにいましたが、この4日間の夏休みの間に、家庭サービスの合間に読んでいます。

昨日は、神田昌典さんの実体験に基づく小説 成功者の告白 を読みました。

この本はブログ仲間の ビルダーナースさん がお勧めしてくださった本です。

私は「成功者」ではありませんが、読めば読むほど納得できることばかり。

私人生もまた、この「見えざる法則」に左右されていたのでした。

「仕事が上手く行き始めて、自分の評価が高まると、それと同時期に家庭でのプライベートな問題、また会社では、原因不明の人、物にからんだトラブルが発生する」など。

この本を今のタイミングで、読めたことに感謝します。
と同時に今自分自身考え方を切り換えて、動き始めた事は、この本に書いてあることと同じ方向性なので安心しました。
これも、ビルダーナースさんを含め、私に助言をくれる仲間がいるおかげです。

私の夏休みは今日が最後ですが、子供たちを連れて連日のプールへ行ってきます。


小2・次男の日記に
「お父さんはほとんどお休みがありません。でも、お休みで帰ってきた時には、ぼくに水泳を教えてくれてとても嬉しいです。おかげで10m泳げるようになりました。クロールもできます。」
日記には、こう書いてありましたが、読んでみると反省します。今まで子供たちへの愛情が不足していた事を。


本の最後は、このようにしめられていました。

愛する子供を抱きしめられること。妻の存在に心から感謝できること。こうした悲しみ、そして喜びをともに共感できる友にであえること
すべてが僕の人生に、宝石のような光を与えてくれる。
優しさと力を与えてくれる。


ひさしぶりに自宅で過ごしていると、「普通」であることの幸せを実感します。




バナー小橙blogランキング





 
のんびりと

夏休みもあと2日となりました。

一昨日は、奥さん側の親兄弟家族とビアホールで食事会。
昨日は自分の母親、弟とでバーベキュー大会と食って飲んでのダラダラした生活を送っています。

昼間は、読書と高校野球をボーッと見ています。
あれもこれもと思っていましたが、こんな生活も久しぶりなので、リラックスして楽しんでいます。

今日、明日は、次男をプールに連れて行ったりお子様サービスディなので、ボーッとした幸せな生活はもうできなさそうです。(現在、甲子園に高校野球を見に連れて行くか、もう一日プールに行くかの交渉中)

こんな風に何も考えずに、のんびりするのも大切ですね。あと2日間の夏休みを楽しみます。




バナー小橙blogランキング

まず願うこと

“川にダムがなければ、少し天候が狂っただけで、洪水になったり、かんばつになったりする。
しかしダムをつくれば、せきとめ溜めた水をいつでも有効に使うことができる。
それは人間の知恵の所産である。経営にもまたダムがなければならない。
経営者は、「ダム式経営」、つまり余裕のある経営をするように努めなければならない”

幸之助さんは、京都の中小企業経営者が集まった講演会で、「ダム式経営」のすすめを説いていたそうです。

話が終わった後の質疑応答で、
「今ダム式経営が必要だと言われたが、松下さんのように成功されて余裕があるから、それが可能だが、我々にはなかなか難しい。どうしたらダムがつくれるのか教えてほしい」
とこの様な質問があったそうです。

幸之助さんはじっと考えてから
「そうですなぁ、簡単には答えられませんが、やっぱり、まず大事なのはダム式経営をやろうと思うことでしょうな」
周りからは「そんなん答えになってへんで」という笑い声も聞こえたようです。

この場に真剣な表情で、一語一句食い入るように聴いていた経営者がいました。
後に世界的な企業のトップになるのですが、この時点では、まだ創業してまだ4、5年というところで、経営のすすめ方に悩んでいたそうです。

その人は幸之助のこの答えに、身の震えるような感激と衝撃を受けたのです。

「幸之助さんが言いたかったのは、
余裕のない中小企業の時代から、“余裕のある経営をしたい、俺はこういう経営がしたい”とものすごく願望をもって毎日毎日一歩一歩歩くと、何年後には必ずそうなる。
“やろうと思ったってできませんのや。何か簡単な方法を教えてくれ”というふうな、そういうなまはんかな考えでは、事業経営はできない。
“できる、できない”ではなしに、まず、“そうでありたい。俺は経営をこうしよう”といった強い願望を胸に持つことが大切だ。
そのことを言っておられるんだ。そう感じたとき、非常に感動しました。
ただ多くの観衆の中には、そういう神秘的なものについては、あまり好きではないものだから、何かもっと簡便な、アメリカ的な経営ノウハウでも教えてもらえるのではないかと期待していた人も多かったようですがね」
人を見る眼仕事を見る眼 PHP研究所

私も「こんな会社にしたい」「こんな社員が集まる会社にしたい」という気持ちを書き、額に入れてうちの会社の壁にかけました。
幸之助さんと同じように、「こうありたい」「こうしたい」という事を強く願うということが大切であると思います。
今はまだ未熟な会社ではありますが、「念ずれば花開く」で高い想いを持ち続けていきたいです。




バナー小橙blogランキング

ビジネスモデル

小阪裕司さんの 自分らしく稼ぐ という本を読みました。

最近小阪さん本をよく読んでいますが、本当に自分がやって行きたい共感できるビジネススタイルです。

この中で、ビジネスモデルとビジネススタイルについて書かれてありましたが、多くの経営者はこのビジネスモデルばかり追いかけて、結局いろいろなものに手を出すがどれも上手くいかないケースが多いのではないでしょうか。
“楽して儲かる”というビジネスモデルに飛び付きたい気持ちは分かりますが、そんなに簡単に成功できるわけがありません。

商社時代、好奇心旺盛な自分はよく、「成功者が語る」という経営者向けのセミナーに参加しました。
オーナーでもない自分が、どうしてそんなセミナーに参加したのかというと、自分の担当していた工務店経営者たちが、あまりにも安易に「ノウハウ売り」にはまってしまうからです。
まとまったお金を払い、ノウハウを買えば全て上手くいくと思い込んでいる人が多すぎるのです。

成功者のセミナーでは、決まって周りから「屈辱」を受けた成功者がお涙頂戴の話をします。中には「自殺未遂」なんてことを言い出す人も少なくない。
その「ノウハウ」に出会い、それを素直に信じて行動する、そこからトントン拍子に全てが上手く行くという内容。挙句の果ては、今の贅沢な、また社会的地位を得たというライフスタイルを話すといったパターン。

某有名コンサルタントKさんも実践会でこんな話はしていたし、洗剤訪問販売のAの新人勧誘でもこんな話は聞いたことがある。
「大人に許された最大の権利それが『カンニング』です」なんて殺し文句もある。要するに、「自分で汗を掻いて、時間とお金をかけるより、成功者のノウハウを買った方が利口ですよ」と言いたい訳です。

でもいくら優秀なビジネスモデルがあっても、実際には簡単に成功できるものなんて何もないのです。

成功者が社長のままで、チェーン店を増やすのとは違うわけですから、大抵大事な部分が分からないままスタートしても上手くはいかないということなんです。

それは、賢い成功者なら誰でも理解できていることなんですが、ノウハウは「宝の山」なので儲かるところまで続けるのです。

だから、安易にビジネスモデルを追い続けていても意味がない、「楽して・・」の考えではお金をドブに捨てるだけ。

たまに例外でそのノウハウで成功する人がいるんですが、その人はノウハウがきっかけとなっただけで、なくても元々成功する人だと思うんです。

やはり小阪さんが、言うように「ビジネススタイル」が確立できていないのに「モデル」だけ持ってきても決して上手くはいかないということなんですね。
本当に分かりやすくて読みやすい本です。商いの原点とは何かを教えてくれる本です

間違っても、楽して儲かるセミナーなんて行くより効果大ですよ。





バナー小橙blogランキング



今日からお盆休みです
今日から4日間お盆休みです。

今会社に来て、神棚のお酒、米、榊を整えて、今から帰宅します。

帰ったら、親戚の子供達が来てて、大変なことが待ってそうですが・・・。

また、金曜日から再スタートです。

この4日間、ゆっくりします。(たぶん無理かも)

お父さんの仕事もがんばります。


バナー小橙blogランキング


夏のごあいさつ
先週、OB施主様(といってもまだ4組)と建築申し込み、契約を行ったお客様5組の計9組のお客様へ夏のごあいさつに参りました。

お盆の期間、4日間お休みさせていただく事。

休み中も何かトラブルがあれば、私の携帯に電話してもらう事。

設備や建具などの具合は問題ないかという事。

OB様には近況報告。

住まいの瓦版(情報誌)8月号をお渡しする事。

それと、ささやかなお菓子をお渡ししました。

皆さん好意的で、上がっていくように言われたり、旅行のお土産を頂いたりしました。

私はこれからも、盆と暮れのあいさつ訪問は絶対に欠かさないようにしたいと思っています。
何故なら、建材商社時代、お客様に支持されているある工務店さんが何十年もそうされていたからです。

この工務店さんは、何かイベントがあるとすごく集客力がありました。

もう4、5年前になると思いますが、トステムが地場の工務店を対象に「ガレージセール展開」をしていた時も、集客で記録を作った工務店です。

トステムが成功事例で、その社長のイベントをビデオに納めて、他の工務店に展開しようとしていましたが、なかなか他は上手くいかなかったようです。

何故なら、

日々のCS・アフターメンテナンス活動を実践→需要創造→情報獲得
のパターンだから、そのイベントが売上げ寄与したのです。

他の工務店は

建てっぱなし、放置(受け身)→需要創造活動→やりっぱなし(集客あれば自己満足・集客なければ不満、提案者逆恨み)→経費倒れ

このような形だから上手くいかないのです。

その時、外野から客観的に見ていた自分が、今度は実践する立場になりました。

確かに訪問すると「ドアの具合がどうのこうの」なんて話はありますが、それ以上に嬉しいこともたくさんあるのです。

例えば、リニューアルHPへ載せる「お客様の声」を頂戴しました。息子さんの母校が夏の甲子園・県予選で決勝まで進んだとか楽しいお話ができました。友達が家を建てたいと思っているという情報を頂きました。皆さん喜んでくださいました。

お渡ししたお菓子も北海道からバターサンドを取り寄せてお持ちしたので、すごく喜んで頂きました。

「みんな取り合いになったよ」なんてお礼の電話まで頂きました。

経費は、1.5万円程かかりましたが、こんなに喜んで頂いて大成功です。

今後も大きなことは出来ませんが、お客様へ感謝の気持ちをお届けできればと思っています。


バナー小橙blogランキング

今日からお盆休みですね
今日からいよいよお盆休みですね。

私は今モデルハウスで働いています。

といっても、この土、日働いて月~木まで4連休になります。

先週自宅に帰ったら、小学2年の次男が4連休のスケジュールを発表してくれました。

これ勝手に次男が決めた一方的なスケジュールなんです。

そこに書かれているのは「プールに連れて行く」「甲子園に高校野球を見に行く」「BBQを家族でする」とフラフラになりそな4日間です。

でもそれを聞いたとき、「子供たちにも、苦労かけているな」とほろっときました。

次男は日曜日、いつも一人ぼっちなんです。友達は皆、家族で行動するから遊べないのです。それも、去年私が急にこの仕事に変わったから。

でも、ほとんど家で留守番していることが多い子供たちの為に、何とか少しでも多く「夏休みの思い出」をつくってあげたいなぁと思います。

そう言えば商社時代は、毎週土日・祝日がお休みでしたが、子供たちに対してあまり、この様な気持ちで接していなかったです。

やはり、離れてくらしているからこそ、より深く強く感じるのでしょうね。

自分に時間が、有ると無駄遣いしてしまうものです。

幸せって何なのかって、考えてしまいました。

今まで当たり前のことが、当たり前じゃなくなると「自分は今まで何て幸せだったんだろう」って気づきますね。

今の仕事・生活になって、家族への感謝の気持ちも強くなりました。



バナー小橙blogランキング


小さな幸せ
本日お休みを頂きました。といっても、現在は職場にいます。

休みの日は75km先の自宅に帰るんですが、家族は三重県の伊勢に親戚一同で、海水浴に出かけている。

オヤジが仕事漬けなんで、義父と義母ががんばってくれている。

私はホームページリニューアルのツメで昼から出勤です。

午前中は何をしていたのかというと、蒸し風呂のような暑さの中、仮住まいの部屋を徹底的に掃除しました。

掃除機をかけて、床を水拭き、風呂、トイレ掃除、布団干しと普段出来ないことをやりました。

暑くて汗がびしょびしょになりました。

その後、昼飯にご飯を炊いて、カレーを作り食べました。

tatsuroさんのブログを読んで、食べたくなったからです。

今日は、夏野菜のカレーです。

一人暮らしも4ヶ月目。日に日にテクニックがついてきましたよ。

夏野菜のカレーホント美味しい。自己満足の世界です。

それとやっぱりお米がポイント。

質素倹約の為、ずっと安売りの米を10キロも買ってそれを食べていたのですがこのお米、炊き立てでも全然上手くない。
米自体に水分がなく、においもよくない。
たぶん古古古・・・・米かもしれない。

それがまだ5キロほど残っている。

もったいないので、我慢してそれを食べていたが、ついに我慢ができなくなった。

というのも、先日お世話になっている人から米を頂いたからです。

今日は、とうとうそのお米を袋から開けて早速炊いてみた。

全然違う。期待通りのお米でした。

何せ、炊く前の米。一粒ひと粒が透き通ってましたから。

なんと良いにおい。米が光っている。

カレーライスでその米を食べたけど、本当においしい。

甘みがあり、歯ごたえ、舌触り全て今までのものと違う。

味付け海苔を出してきて、もう一杯。

3合炊いたけど、なんと2合近くお昼前に食べてしまいました。

そこで、「やっぱり俺は日本人、肉は食わずでもお米だけは頑張ろう」と誓いました。

美味しいお米で、気合が入った!!

やはり、質素倹約の一人暮らしをしているから、お米でこんなに感動できたのだと思う。

小さな幸せ。


バナー小橙blogランキングへ

HPをリニューアル
最近、来場されるお客様から「HPも見たけど、なかなか良いので」と言って頂く様になりました。

会社が発足した当時、HPを作ろうと言った自分に、他のスタッフ達は「無印良品のようなHPが良い」とか「どこどこの住宅会社のHP」が良いとか意見が出ました。

それらを見ましたが、どれも「地域密着」といったキーワードとは程遠い。大手を意識した自己満足HPばかりでした。

まず、意味もなく引渡し物件の外観と内装の「写真」ばかり。

それもフラッシュを使ったりして実にゴージャス。

でもそこには、施主さんの姿はどこにも無い。

こんなHPではなく、「誰でも簡単に更新できるツールにしなくてはいけない」ということで、自社のHPをブログ形式にしました。

それが、一年続くと立派なツールになりました。

といってもこのブログと同じように専門的なことはほとんど無く、取り留めもない事ばかり書いているのです。

リニューアル中で、最近の更新は止まっているので、大きなことも言えないのですが、モデルハウスに来場されるお客様の多くは、HPを見てから来場されています。

やはり「どんなヤツがいるのか」「ザ・不動産屋みたいな営業はいないか」「自分と価値観は合うのか」などを確認して、少しだけ安心してから、来場されるのかなと思います。

確実に「どこから買うのか」より「誰から買うのか」に変わってきていますね。

新しいHP(まだ非公開)では、自分の住宅に対する想い、考えをオモッキリしゃべっています。

脳みそ筋肉の体育会系なんで、文章は支離滅裂かも知れませんが、自分の体温が伝えたい。

そういう内容で行きたいです。


バナー小橙blogランキングへ

アー勘違い
最近少し調子が良いので、よからぬ事を考えてしまった。

エゴが出てしまっていたのだ。

お客様のことより、自分の事。

といっても、個人的な事ではなく、会社のことなんです。

ピノキオの鼻が伸びていたようです。

間違った方向へ歩みだす前に、相談して良かった。

というか、自分のスタンスじゃない考え方に、もう一人の自分がアクションしたんだと思う。

よくマンガなんかである、天使に自分と悪魔の自分が戦うっていうヤツ。

自分にはまだ制御装置がついている。

でも、この制御装置を強化・メンテしとかないとヤバイなと思いました。

ちょっとでも上手く行き始めると、この程度の制御装置や天使さんでは、規制が利かなくなりそうですから。

何しろ自分で言うのも何ですが、パワーはある方なので勘違いすると厄介なタイプ。

まだまだ、私修行が足りないようですね。

神様へ懺悔してから帰ります。

でも、良いことがありました。

今日お客様と最終の請負金額のツメが終わりました。

クロス以外の仕様決めも終わりました。

次のアポは「本契約」です。

今のところ順調です。

後、恐ろしいのは法変更後の「確認申請問題」。

業界はとんでもないことになっていますからねぇ。

でも、ちゃんと現在の状況を説明をしたおかげで、お客様の方から契約を急かされます。いつもとは、逆のパターン。

もう一組のお客様も、盆前契約になりそうです。

ありがたいなぁ。心から感謝。



バナー小橙blogランキングへ


夏休みは休日も忙しい
お盆までに本契約2件を控えて、毎日遅い日が続いています。

今日も休日ですが、朝一番にホコリっぽい仮住まいの部屋を掃除した後、会社に出勤し、遅れていた8月号の情報誌作成のツメを行ってから、昼過ぎに自宅へ一週間ぶりの帰宅。

家内は今日仕事の日。子供達の昼食は私が作る約束だったので、普段の自炊生活の腕前で野菜タップリの焼きそばを手早く作り食べさせました。

食べながら小2の次男は、私に紙を手渡しました。

それは“夏休みの予定表”で今日の予定は「お父さんと市営プール」と書かれてありました。

休みといえ、ゆっくりする暇もありません。

以前の私なら「お父さん疲れてんねん。休みの日はゆっくりさせて」と言ってたと思います。

その辺が最近変わってきました。

ここ「ゆっくり」するより大事なポイントだと気付き始めました。

だから皿洗いや重いミネラルウォーターのまとめ買いや新聞ゴミ出しなどの家事は、嫌な顔をせずにやるようにしています。

普段、お父さんのいない家族なので休みの日に帰ると、スケジュールが知らないところで沢山入っています。

でも会う時間が少ないので仕方ないなと思います。

逆に家族とのコミュニケーションは深まっているのかも。

次男はプールで4時間ニコニコ終始笑顔でした。おかげで泳ぎも上達できました。


バナー小橙blogランキングへ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。