FC2ブログ
mr.gonsukeの感謝するから幸せになれる
素直な心・感謝の気持ち・謙虚な姿の3つを日々心がけています。松下幸之助氏、鍵山秀三郎氏の経営学に影響を受けた42歳です。
家族に感謝、お客様に感謝
ある方に「マイホームのお手伝いをするあなたは、奥さんや子供さんにもっと愛情を注ぎなさい」と言われました。

ブログにも書きましたが、実際に思い当たる事がありましたので、その言葉が心に響きました。

謙虚に受け入れて、「昨日の休み」と言っても、午前中は仕事でしたが、家に帰ってからは、今までと違って、家族とのコミュニケーションを重視しました。

奥さんには、結婚して2~3年は、誕生日と結婚記念日にお花を買って帰っていたのですが、子供が生まれてからそんな事は無くなってしまいました。

現に、先週誕生日だったのに、「おめでとう」の言葉一つかけていません。

ふと、先週お客様のお誕生日にプレゼントした「フラワーアレンジメント」を思い出して、奥さんに買って帰りました。

一週間遅れのプレゼントに奥さんは「もったいないのに」と照れていましたが、喜んでくれました。

本当に、仕事中心の生活で、家に居ても「うたた寝」ばかりで、ちゃんと家族との会話もしっかりと出来ていませんでした。

子供たちとも、昨日はたくさん話をしました。

たまの休みの日も、怒ってばかりで、機嫌が悪い事が多く、申し訳ないと思います。

「俺は疲れてるんや」というオーラをかなり出してましたね。

外面が良くても、これでは全くダメです。

家族が幸せでなければ、お客様を幸せになんて出来ませんから。

寝る前、パソコンの前で仕事をしている奥さんに、

「自分のことしか考えていなかった自分に反省してん。これからお父さんは変わるからな、ゴメンな」と恥ずかしかったけど言いました。

「どうしたん」と奥さん。

「家づくりを考えてはる、お客さんと何組も会ってたら、幸せの原点は何かって考えるようになってん ほんならな 本当に自分は悪かったなぁと感じてなぁ」と私。

奥さんは、笑ってました。

でも、言って良かったと思います。

本当に、いろいろな人に教えられ、成長できますね。

もっともっと「大きな器」になり「広い大きな心」を持ちたいです。

私に気付きを与えてくれた方に心から感謝。

謙虚に生き続けたいと望みます。
スポンサーサイト



結果は・・。でも良かったかな
本日アポイントのお客様、プラン決定、前回に見積もり提出しました。

内容はOKのようでしたが、その時には答えが出ず、一週間後、ご主人のお休みの日に再度、モデルでお会いする約束をとりました。

結果は、「他社で建てる事にしました」と言われました。

4連勝とはいきませんでした。

でも、電話で言われるのではなく、わざわざモデルまでご来場頂き、言ってくださったのは、良かったです。

「今までありがとうございました、会って直接言わなければ悪いと思いました」とご主人様。

「良い家づくりをしてください、お幸せに」と私。

元々他社で、建築申込みをされていたお客様。

最初から、そのご意思はお聞きしていましたので、こちらも「家選びのアドバイス」を中心にご説明したのです。

でも、何か引っかかるから、当社に起こし頂いたのです。相当迷われてからご決心されたご様子でした。

結局、元のハウスメーカーS林にお戻りになられました。

一生に一度の大事な決心。

後悔されず良かったです。

結果はNGでしたが、良かったかなと思います。

お人よしと言われるかも知れませんが、そのようなスタンスでやって行こうと思います。