FC2ブログ
mr.gonsukeの感謝するから幸せになれる
素直な心・感謝の気持ち・謙虚な姿の3つを日々心がけています。松下幸之助氏、鍵山秀三郎氏の経営学に影響を受けた42歳です。
嬉しさx2
参観日の後、職場へ。午前中の強烈な雷雨も上がって、午後から日が差してきました。

祝・本日お客様から口頭契約を頂きました。

ご主人様のご両親もご一緒に来場されて、「これからよろしくお願いします」と言ってくださいました。

現在ご両親とは一緒に住んでおられるので、お宅をご訪問していた時には、ご挨拶程度はさせていただいていたのですが、今日はじっくりとお話できました。

本当に心から嬉しいですね。

競合店には、今日の午前中に「他社で決めました」とお断りを入れたそうです。(この間まで、よくウチが言われていたセリフでした)

残念ながら、昨日打ち合わせのお客様は、プランOK、価格OK、人間関係もOKという感じだったのですが、まだ決断できずに、答えを一週間先送りにされていたので、実は今日も心配だったのです。

でも、すぐに頭を切り替えて、夜遅くまで、今日の商談の準備を工務のスタッフをしたのです。

そういった意味でも、余裕を持ってお客様と打ち合わせができたのが良かったと思います。

お客様をお見送りした後、スタッフ全員で握手をしました。

喜びも束の間、OB施主様から、床鳴りクレームの件で電話が鳴りました。

少し不機嫌な声。

「また訪問します」と言ったが、すぐに考え直して現場へ急行。

今日の時点で、床鳴りは完了できませんでしたが、お客様と顔を合わせてお話していると、場が和んできました。

勿論、修理の段取りをして月曜日に連絡させて頂く約束をしました。

それから、「こちらのお家の現場見学会で初来場された方から、口頭契約を頂いたんです」とお話をしたら、施主様はすごく喜んでくださり、「他のお客さんも連れておいで、いつでも見せてあげるよ、もっと沢山注文取りなさい、社長やったらやれるで」と言ってくださいました。

クレームで怒られるはずが、逆に褒められて、励まされて帰ってきたのです。

これこそ「嬉しさx2」です。

今までの「逃げない姿勢」を認めてくださいました。

「お客様のお気持ち」を考えて、「すぐに行動する」ということの大事さを実感しました。

日々、お客様に教えてもらうことばかりです。 心から感謝。
スポンサーサイト



お父さんとしての仕事
今日は、朝から自宅にいます。

中一の長男の体育祭と小二の次男の参観日。中学校と小学校またこれがかなり離れた場所にある。

よりによって同じ日に。

家内は次男の参観日に、私が長男の体育祭に行く予定でしたが、あいにくの天気で体育祭は中止、という事で急きょ私も参観日の方に出席になりました。

今日は午後から、プランの打ち合わせがあります。お客様にお願いして、ご希望の時間を一時間だけ遅らせて頂きました。

自宅と職場が80kmも離れているので、こういう時はたいへんです。

最初は「お客様が来られる土曜日に、参観日なんて出れない 仕事優先」と家内と次男にそう伝えていましたが、前回の休みの日に、その話をすると次男は寂しそうな顔になっていました。

さっき起きてきた次男は、「今日は発表が二番目だから遅れたらあかんで」と膝の上に乗ってきて、嬉しそうに今日の参観日の予定を私に伝えました。

この時、忙しいけど「午前中だけでも休んでよかった」と思いました。

単身赴任をするようになって、体的には非常に楽になりましたが、家族には迷惑をかけているなぁとはつくづく思います。

他のサービス業の方も同じでしょうが、まだ小さい次男は、他の友達とは遊べずに、日曜日はいつも一人ぼっちが多いみたいで少し不憫ですね。

去年までは会社務めで、土・日・祝はお休みでしたから、子どもたちと、どこかに出かける事が多かったですものね。

仕事と家庭の両立、難しいですね。

お父さんとしての仕事もがんばらなければ・・・。