mr.gonsukeの感謝するから幸せになれる
素直な心・感謝の気持ち・謙虚な姿の3つを日々心がけています。松下幸之助氏、鍵山秀三郎氏の経営学に影響を受けた42歳です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
がんばれ新人君
ある会社の営業担当君の話。

彼は、来月からウチを担当してくれることになるそうです。

新卒の2年目。

春から営業としてスタートしたのですが、あまり上手く行っていないようです。

担当しているお客様から、キツイ事も言われているようです。

彼をひと言でいうと、「間が悪い」のです。

それとあと一つ・・・

私も建材営業時代、工務店の現場担当さんや建材屋の営業さん、材木屋の番頭さんなどに、立ち直れない位、涙が出そうな位、キツイ事を日々言われ続けながらやってきました。

その度に、自己嫌悪に陥りながら「こんなんでは負けへんどぉ」という気持ちで、その悔しさを忘れませんでした。

それと、相手の方が、考えておられる先を見越して行動し、同じ失敗をしないように、気をつけてきました。

何だか、社内、社外の人に頭を下げ続けている彼が、不憫になり、余計なおせっかいかも知れませんが、自分の経験と自分の考えを、彼に熱く熱く(暑苦しいかも)伝えたのです。

「教師時代の血」がぐぐっときたのです。

結局、自分の昔話などもしたので、2時間くらい話していたと思います。(正直、声がかれたから)

大分、きついことも言いましたが、それは、こんなことくらいで負けて欲しくないからです。

「自分を変えろ」「相手に伝われなければ意味が無い」このような内容が中心です。

周りは彼を「のれんに腕押しタイプ」と評価をしているようです。

確かにその様にも感じますが、でも彼の良いところも一杯あるのです。

例えば、頼んだことを覚えていてくれて、必ずやってくれるところ。真面目なところ。それと最大のポイントは「素直なところ」です。

「素直さ」

これだけは、なかなか自分だけの力では難しいのです。ご両親、ご兄弟、お友達他の影響も多分にあるからです。

そういう意味では、全ての自分の周りにいる人に「感謝」ですね。

ただ彼は、「間が悪い」「空気が読めない」「感情の起伏が少ない」「線が細い、声が小さい」などコミュケーション力が少し弱いだけなのです。

今まで学んだ営業スキルを、時間の許す限り、彼にレクチャーしました。

ノンバーバル、バーバルコミュニケーションのとり方、人の話を真剣に聴く態度、挨拶の仕方etc

一つ強く言ったのは、「人に興味を持て」という事。

人に関心を持てば、空気は読めるようになります。

彼は、知らずにですが、何と「相手に怒られる為のコミュニケーションのとり方」をしていましたので、それはすぐに修正するように言いました。

ただ彼の素晴らしいところは、「素直さ」です。こんな自分も、同じことを得意先の営業マンさんに、逐一教えてもらったのです。

帰りがけ、彼は「ボクこの仕事、向いてないのかなぁと思ってました、でも今日、いろいろとボクの為に、言ってくださって、本当にありがとうございました、少し元気がでてきました」と。

もう、指導した成果がでたようです。

私自身、そんな事を言われれば、ご機嫌さんになりましたから。

今後、彼の成長が楽しみです。

絶対立派な営業マンに育てますから(笑)

共に成長できれば、良いですね。

彼はノートに書きとめていました。

「素直」「謙虚」「感謝」

これが、彼のこれからの、営業マンとしての指標になってくれると良いですね。


バナー小橙blogランキングへ

スポンサーサイト
繁栄を招来する一番大切な鍵
 素直な心は反映につながる

 何ものにもとらわれない心になれば、物事の実相がおのずとわかってくる。物事の実相がわかれば、成功をもたらすための適時適切な行動がとれるようになる。素直な心こそ、物心一如の繁栄を招来する一番大切な鍵である。
  
                     松下幸之助「繁栄」より



世の中の経営者を見てみると、「私利私欲」で人生を台無しにする人もいれば、世の中が良くなる方向へと身を投じる人もいます。

経営者は、皆を背負っているのだから、会社を繁栄させなければならない。これは、自分の使命です。

ただ、金儲けだけを考えていては、繁栄はありません。

自社の社員を世の中の役に立つ、立派な社会人に育成しなければなりません。

教育者でなければいけないと思うのです。

どのような社会人を育成するのか?

うそや適当なことだけやるような、いいかげんな人格ではなく、自分以外の人のためへの役立ちを考えて、一生懸命汗を流すような人材を。

それは、「素直な心」をもった人間をです。

松下幸之助さんも
「素直な心こそ、物心一如の繁栄を招来する一番大切な鍵」と言われています。

素直な気持ちと、感謝の気持ちを忘れない、謙虚な心を持った人の集まりは、必ず繁栄すると思います。


バナー小橙blogランキングへ


待っていてくださったお客様
昨日の夜、先日モデルハウスにご来場されたM様に、資料をお届けしようと電話をかけました。

ご自宅の住所を頼りに、地図を見ましたが住宅街から離れた山側のお家で、道がよくわからなかったからです。

大体の目印をお聞きし、ご自宅へ。

途中でやはり、迷ってしまいました。

「すぐに参ります」と電話では言いましたが、少々時間がかかってしまいました。

不安ながら、暗くて細い道へ突入。

しばらく走ると、お子様連れの女性が立っていました。

「こんばんわ」

M様の奥様とお嬢ちゃんです。

ずっとここで、待っていてくださったようです。

本当に恐縮していしましました。

申し訳ない気持ちと、お客様への感謝の気持ちで一杯に。

別れ際に「ありがとう」と笑顔で見送っていただきました。

お嬢ちゃんは「バイバイ」と私に手を振ってくれました。

自宅にご訪問すると、「嫌がられる」という人がいます。以前は私もそのように思っており、あまり気乗りしませんでした。

でも、お客様に恵まれているのか、「嫌がられた」という経験はありません。

逆に「ありがとう」とよく声をかけて頂きます。

そう言われれば、余計に頑張ってしまいますね。

お客様に「感謝」です。

今後、M様とのご縁がつながればと思います。


バナー小橙blogランキングへ

真実にもとづいての経営
経営者というものは、知識は最高でなくてもかまわない。

けれども、真実にもとづいて経営をしなければならないという使命感だけは、誰にも負けないものをもっていなければいけない。

それで皆が働いてくれるのだと思います。  
                       松下幸之助


心に染みます。松下幸之助さんの言葉。

正直に生きるただそれだけですね。

バナー小橙blogランキングへ



あの事件で感じること
ミートホープの事件を見て、考えることがありました。

社長の口癖は「無駄を無くせ」だったそうです。

社長の言う「無駄」とは何だったんでしょう?

利益、お金を優先して「お客様」のことは、全く頭の中になかったみたいですね。

ウソとイカサマで、固められた人生。

人を騙して、儲けたお金で幸せなんでしょうか。

結局、長い目で見れば、大きな物を失ってしましました。

これはお金では買えないもの。

「信用」です。

今回の事件で、いろいろな事を感じました。

「目の前の得」より「長い目で見た得」を追い求めなければ、成功はないと強く感じています。

社長の誤った判断が、いろいろな人に迷惑をかけました。

お客様は勿論のこと、従業員の方も不憫ですね。

社長の背中には、いろいろなものを背負っているのです。

しっかりと、自覚をしなければなりません。


バナー小橙blogランキングへ


輝いている人は美しい
桑田投手のメジャーでの復活、素晴らしいですね。

大阪では、とにかく阪神タイガース色が強いですよね。

でも先日このようなことが・・・。

この前運転中、AMラジオを聞いていたら、G嫌いのコテコテの阪神ファンの女性が「私、最近ドンドン桑田さん好きになってきた、どうしよう?」なんて言ってました。

私も、実はタイガースファンで、その中で中心的であった桑田選手はあまり好きではありませんでした。

一時、「投げる不動産屋」とかスポーツメーカーのG担当者の「暴露本」なんかでお金のイメージが強く、良いイメージはなかったのです。

でも、投げれない状態で一人黙々とランニングを続けて、そこの芝生だけが剥げてしまったという「桑田道」の話や、今回のシーズン前のケガによる挫折。

それでも、諦めずに見事復活を果たしました。

イチロー選手を三振に抑えるシーン、かっこいいですね。

『この人、よっぽど強い信念と仕事である「野球」が本当に好きなんだ』と思いましたよ。

普通なら、あの年で「開幕直前」でのケガ。どんな強い意志があっても潰れてしまうでしょう。

またそこで、リタイヤしても「ここまで頑張ったんだから・・」で終わりますよね。恥ずかしいものでもないでしょう。

実際、江夏さんの時もそんな感じでしたしね。

「強い信念」と「夢」を持っている人は輝いていますね。

年齢なんて関係ありません。

オールドルーキーを見守りたいし、桑田選手に負けないように、自分も「夢」に向かってチャレンジしていきたいと思います。


バナー小橙blogランキングへ


最近話題の・・・
昨日モデルハウスのH様のご夫婦と、今話題のビリーズブートキャンプの話で盛り上げりました。

深夜の通販で、繰り返し流れているCM。

先日は、来日したビリー・ブランクスでワイドショーで盛り上げっていましたね。

もともとアメリカの軍隊で行われていた、短期間で体を絞り込むための集中トレーニング方法。ビリーバンドと呼ばれている、ゴムチューブを使用してのトレーニングはかなりハード。

H様も2日に1回は、汗をかいておられるようです。

お聞きすると、このトレーニングは毎日行うより1日おきに行った方が、体脂肪を減らす為には良いらしいのです。

何せ50分間休みなしだそうですから、相当ハードなトレーニングですね。それでも、トレーニングに疲れてきたら、ビリーが励ましたりしてくれるようです。

このビリーの「7日間集中ダイエットプログラム」運動不足の私もチャレンジしなくてはいけませんね。


バナー小橙blogランキングへ

No1とNo2の差
日本一高い山は?

「富士山」

誰でも知っています。

では日本で二番目に高い山は?・・・・


正解は、「キタダケ」


では、日本一大きい湖は?

「琵琶湖」

誰でも知っています。

では、二番目は??  「カスミガウラ」

知っている人は、勿論知っているけど、全国的にはポピュラーではない。

“No1とNo2の差は想像以上に大きい”という話を以前、営業研修会で聞きました。

だから、何かの一番にならないといけない。

それも自分のスタンスで、自分の一番自信のある部分で。

うちなら「何かな」と考えてみた。

この街で「一番話しやすい工務店」「何気ないおもてなしが、一番のモデルハウス」etc・・・。

本当は、「着工数No1」とか「売上高No1」なんかにならないといけないんですよね。

でもそれは、自分だけでは決して達成できない。

お客様が支持して下さってこそのNo1なんだから。


バナー小橙blogランキングへ

次に備える
今週末、チラシを入れます。

2月途中から、積極的にチラシを入れていたのですが、GWにチラシを入れてから、しばらくぶりになります。

というのも、5組のホットなお客様がいらっしゃったからです。

一ヶ月半ぶりのチラシ。

どういう結果かが楽しみです。

建材営業時代、小規模工務店、リフォーム店の店内会議なんかに同席させて頂くことも多かったのですが、資料を見ると、一年間「ジグザグ」の売上、集客、回収の状態。

要するに、営業を頑張ると、2~3ヵ月後に現場が始まり、会社がたちまち忙しくなります。

すると、営業活動が停止します。

現場が終わりに近づく頃と「そろそろ動き始めないと・・」と営業また頑張ります。といった具合で、少人数の悲しさ、余裕がないので、結局一年を通じると売上が「ジグザグ」といった具合になってしまいます。

勿論、資金繰りも・・・。

ということで、現場が始まる前のアクションです。

今は、一人何役をしなければならず、本当に忙しいのですが、ここを頑張らないと次のステップへ進めないのも現実。

私のやれなければならないことは、仕様決めに進むお客様を、いかにもれなく女性スタッフに引き継ぐかです。

「権限の委譲」も必要ですね。

どうせ全責任は、リーダーにかかってくるのですから、覚悟の上です。

心の余裕がなければ、グローバルに考えられないし、全体が見えない。

責任者は、全体を見通すことが重要です。

「自分が業務の「一つの駒」になってしまうと、それだけで精一杯になり、お店をコントロールできない」とマック時代、先輩の店長に教えてもらいました。

自分がやった方が楽でも、あえてやらずにおく。

部下や後輩に考えさせて、あえてやらせる。

エンパワーメントという言葉を学びました。

成長していくには、一人では無理ですからね。

また、パニックになるかも(笑)

問題やクレームと上手に付き合える位の人物になりたいですね。


バナー小橙blogランキングへ

共存共栄
 共存共栄に徹する

一人だけ先に進もう、自分だけうまくやろう、そんな思いがいらざる対立や闘争を生む。

またそこから、妬みや疑う心が広がって、社会全体が貧しくなっていく。

皆が共存共栄を強く願い、たえず最善の努力を傾けてこそ自他ともの反映が実現するのである。

                 松下幸之助「繁栄」より



仕事のパートナーである、外構屋さんをが頭に浮かびました。

ウチが伸びれば、外構屋さんも伸びる。

だから、お互い協力しあう。

良い関係を築いている。

お客様も喜び、業者さんも喜ぶ。感謝され私も嬉しい。

ウィンウィンの関係をもっと、もっと広げて行きたいと思います。

20世紀までは、「競争の時代」。

21世紀は「共存共栄の時代」なんですから。

「共存共栄」って本当にいいなぁと思います。大好きな言葉です。


バナー小橙blogランキングへ

食料品を買いに
会社の帰り、夜のスーパーで買出し。

田舎なので、地元の小さなスーパーです。

玉子が切れていたので買う、その他は野菜を中心に購入。

月末なので、肉や魚は今回見送り。節約モードで。

kaimono


これで、1,510円。

安くないですか?

何か得した気分♪。

この晩のおかずメインは、麻婆茄子。

あと、肉じゃがのダシが残っていて、もったいないので、それを使ってジャガイモの煮っ転がし。

それを肴に、ビール(発泡酒)500mmと芋焼酎グラスに3杯。

そのまま良い気分で「うたたね」して、風邪を引いちゃいました。

バナー小橙blogランキングへ


夏に向けてのおもてなし
以前ビルダーナースさんにおもてなしの重要性をアドバイスを頂いてから、モデルハウスにご来場頂いたお客様に、美味しいお茶とお茶菓子のサービスを続けています。

「ホットコーヒーは、豆をミルで挽いたものをドリップで、入れたてでお出しする」「少々良い紅茶を購入して、ポットでお出しする」「冷たいお飲み物用のグラスは、冷蔵庫で冷やしておく」といった、ほんの少しではありますが、気を効かせた対応を心がけています。

女性スタッフが2名になったので、これからソフトサービスは、より一層強化していきたいと思っているのです。

近頃は暑くなってきたので、近くのシャトレーゼさんで「アイスクリームケーキ」を買ってきて、お客様にお召し上がり頂いています。

お子様用にアイスキャンデーやミニソフトなんかも常備していますが、これが中々好評です。

勿論、冷たいものなので、お母様に許可を頂いてから、ご提供させてもらっています。

でも、一番食べているのは、お子様ではなく、私かも知れません。

これから夏に向けて、デブにならないように気をつけます。


バナー小橙blogランキングへ

ついに肉じゃが
一人暮らしも一ヶ月半。

ついに「肉じゃが」を作りました。

自分で言うのも何ですが、実に美味い。

ダシも効いてます。

じゃがいもはホクホク。

嫁入りできそうですね。

nikujyaga


お弁当に入れても美味しかったー。

今晩も残りをいただきマース。

バナー小橙blogランキングへ



気を引き締める
昨日も口頭にてご契約を了承頂きました。

お客様に心から感謝しています。

昨日のお客様は、以前別のスタッフが担当させて頂いていましたが、事情により、私が引き継いだ形になりました。

ただ、前担当者が、受身対応をしていたので、予想以上にコストUPしてしまっていました。後は、その点を一緒になってクリアしていかなければなりません。

あと、ご主人の年回りがあまり良くないようです。

それを奥様がかなり、ご心配されていました。

それに対しては、少々勉強している部分と、相談に乗って頂く方もいるので、落ち着いてアドバイス出来たかなと思います。

無責任に、いろいろなことを中途半端な知識で言う人も多いので、お悩みになられる方もいらっしゃいますね。

それだけ、家を建てるということには重みがありますから。

こちらもドッシリ構えてアドバイスするだけの準備は必要ですね。

お客様に熱意を持って対応し、安心感を与えるため、「実践しながら学んだ経験」を大切にしています。

より気を引き締めて行きたいと思います。

バナー小橙blogランキングへ
ありがとうございます。


調べてみると
今朝、何気なく「ブログランキング」を調べてみると、260位でした。

“人気ブログランキングへ”は入れていなかったつもりがなぜ?

よく見てみると、「リンク」のところにありましたね。

“人気ブログランキングへ”が。

こんな小さなところをクリックしてくださる方。

ありがとうございます。

という訳で、久しぶりに。


バナー小橙blogランキングへ
ありがとうございます。

女性スタッフのおかげ
男ばかりの会社でしたが、女性スタッフが2名になりました。

今まではモデルハウスのお花も、おっさんの自分が買ってきて、鉢に植えていました。

女性スタッフに任せるとやっぱり違いますね。

自分が目指すべき方向性の会社になってきましたね。

今までできていなかった、いろいろなソフトサービスが実践できそうで楽しみです。

後は、正直者で笑顔が素敵な現場管理のスタッフが、いれば完璧なんですがねぇ。

今週日曜日に地元の求人紙で、募集をかける予定です。どうでしょうか。
家族に感謝、お客様に感謝
ある方に「マイホームのお手伝いをするあなたは、奥さんや子供さんにもっと愛情を注ぎなさい」と言われました。

ブログにも書きましたが、実際に思い当たる事がありましたので、その言葉が心に響きました。

謙虚に受け入れて、「昨日の休み」と言っても、午前中は仕事でしたが、家に帰ってからは、今までと違って、家族とのコミュニケーションを重視しました。

奥さんには、結婚して2~3年は、誕生日と結婚記念日にお花を買って帰っていたのですが、子供が生まれてからそんな事は無くなってしまいました。

現に、先週誕生日だったのに、「おめでとう」の言葉一つかけていません。

ふと、先週お客様のお誕生日にプレゼントした「フラワーアレンジメント」を思い出して、奥さんに買って帰りました。

一週間遅れのプレゼントに奥さんは「もったいないのに」と照れていましたが、喜んでくれました。

本当に、仕事中心の生活で、家に居ても「うたた寝」ばかりで、ちゃんと家族との会話もしっかりと出来ていませんでした。

子供たちとも、昨日はたくさん話をしました。

たまの休みの日も、怒ってばかりで、機嫌が悪い事が多く、申し訳ないと思います。

「俺は疲れてるんや」というオーラをかなり出してましたね。

外面が良くても、これでは全くダメです。

家族が幸せでなければ、お客様を幸せになんて出来ませんから。

寝る前、パソコンの前で仕事をしている奥さんに、

「自分のことしか考えていなかった自分に反省してん。これからお父さんは変わるからな、ゴメンな」と恥ずかしかったけど言いました。

「どうしたん」と奥さん。

「家づくりを考えてはる、お客さんと何組も会ってたら、幸せの原点は何かって考えるようになってん ほんならな 本当に自分は悪かったなぁと感じてなぁ」と私。

奥さんは、笑ってました。

でも、言って良かったと思います。

本当に、いろいろな人に教えられ、成長できますね。

もっともっと「大きな器」になり「広い大きな心」を持ちたいです。

私に気付きを与えてくれた方に心から感謝。

謙虚に生き続けたいと望みます。
結果は・・。でも良かったかな
本日アポイントのお客様、プラン決定、前回に見積もり提出しました。

内容はOKのようでしたが、その時には答えが出ず、一週間後、ご主人のお休みの日に再度、モデルでお会いする約束をとりました。

結果は、「他社で建てる事にしました」と言われました。

4連勝とはいきませんでした。

でも、電話で言われるのではなく、わざわざモデルまでご来場頂き、言ってくださったのは、良かったです。

「今までありがとうございました、会って直接言わなければ悪いと思いました」とご主人様。

「良い家づくりをしてください、お幸せに」と私。

元々他社で、建築申込みをされていたお客様。

最初から、そのご意思はお聞きしていましたので、こちらも「家選びのアドバイス」を中心にご説明したのです。

でも、何か引っかかるから、当社に起こし頂いたのです。相当迷われてからご決心されたご様子でした。

結局、元のハウスメーカーS林にお戻りになられました。

一生に一度の大事な決心。

後悔されず良かったです。

結果はNGでしたが、良かったかなと思います。

お人よしと言われるかも知れませんが、そのようなスタンスでやって行こうと思います。
こんなことって
最近、平日のお客様とのアポイントが増えてきている。

それだけ、土日休みでない方も多いということです。

昨日・・・。

午前中にT様とアポ。

ご夫婦と奥様の妹様がモデルハウスにご来場。

プランの打ち合わせに花が咲きます。

2時間後、口頭契約を頂きました。

来週、建築の申し込みをされます。

その後、午後からH様ご夫婦とアポ。

プランの打ち合わせ、更に資金計画に花が咲きました。

何と、2時間後に口頭契約。次回お申し込みです。

こんなことって・・・。

今までの厳しい時期が、何だったのか。

でも、ぬか喜びではいけません。本契約ではないのですから。

でも、我々はお客様との住宅計画のベクトルを合わせるため、申込金を契約金なみにお預かりするようにしています。

それでも、良いと言ってくださるお客様に感謝。

何とH様は本日、夜に家族でご来場。

ご夫婦、お子様、お父様、妹様が来られて、再度確約を頂戴しました。
奥様の幸せ一杯の笑顔、ご主人様の「よろしくお願いします」の言葉、忘れられません。

私どもを信頼下さった、お客様の大切な大切なマイホーム、決して後悔はさせません。

幸せのマイホームへのお手伝いは、真剣に、命がけで取り組ませて頂きます。

お客様に心から感謝。
招客招福の法則
ビルダーナースさんがご紹介されていた本を買いました。

招客招福の法則

ワクワク系の小阪裕司さんの本です。

もともと日経流通新聞で、連載されていたのを興味深く読ませていただいていたのですが、商売のヒント、コツが楽しく書かれています。

儲けの王道がみえる88話。

「儲け」には理由がある

客単価なんて決まっていない

ビールが正価で売れる店

「買うべき理由」を繰り返し語る

真夏に羽毛布団を売る

など。

是非、私からもお勧めします。購入されて損は決してありませんよ。
嬉しさx2
参観日の後、職場へ。午前中の強烈な雷雨も上がって、午後から日が差してきました。

祝・本日お客様から口頭契約を頂きました。

ご主人様のご両親もご一緒に来場されて、「これからよろしくお願いします」と言ってくださいました。

現在ご両親とは一緒に住んでおられるので、お宅をご訪問していた時には、ご挨拶程度はさせていただいていたのですが、今日はじっくりとお話できました。

本当に心から嬉しいですね。

競合店には、今日の午前中に「他社で決めました」とお断りを入れたそうです。(この間まで、よくウチが言われていたセリフでした)

残念ながら、昨日打ち合わせのお客様は、プランOK、価格OK、人間関係もOKという感じだったのですが、まだ決断できずに、答えを一週間先送りにされていたので、実は今日も心配だったのです。

でも、すぐに頭を切り替えて、夜遅くまで、今日の商談の準備を工務のスタッフをしたのです。

そういった意味でも、余裕を持ってお客様と打ち合わせができたのが良かったと思います。

お客様をお見送りした後、スタッフ全員で握手をしました。

喜びも束の間、OB施主様から、床鳴りクレームの件で電話が鳴りました。

少し不機嫌な声。

「また訪問します」と言ったが、すぐに考え直して現場へ急行。

今日の時点で、床鳴りは完了できませんでしたが、お客様と顔を合わせてお話していると、場が和んできました。

勿論、修理の段取りをして月曜日に連絡させて頂く約束をしました。

それから、「こちらのお家の現場見学会で初来場された方から、口頭契約を頂いたんです」とお話をしたら、施主様はすごく喜んでくださり、「他のお客さんも連れておいで、いつでも見せてあげるよ、もっと沢山注文取りなさい、社長やったらやれるで」と言ってくださいました。

クレームで怒られるはずが、逆に褒められて、励まされて帰ってきたのです。

これこそ「嬉しさx2」です。

今までの「逃げない姿勢」を認めてくださいました。

「お客様のお気持ち」を考えて、「すぐに行動する」ということの大事さを実感しました。

日々、お客様に教えてもらうことばかりです。 心から感謝。
お父さんとしての仕事
今日は、朝から自宅にいます。

中一の長男の体育祭と小二の次男の参観日。中学校と小学校またこれがかなり離れた場所にある。

よりによって同じ日に。

家内は次男の参観日に、私が長男の体育祭に行く予定でしたが、あいにくの天気で体育祭は中止、という事で急きょ私も参観日の方に出席になりました。

今日は午後から、プランの打ち合わせがあります。お客様にお願いして、ご希望の時間を一時間だけ遅らせて頂きました。

自宅と職場が80kmも離れているので、こういう時はたいへんです。

最初は「お客様が来られる土曜日に、参観日なんて出れない 仕事優先」と家内と次男にそう伝えていましたが、前回の休みの日に、その話をすると次男は寂しそうな顔になっていました。

さっき起きてきた次男は、「今日は発表が二番目だから遅れたらあかんで」と膝の上に乗ってきて、嬉しそうに今日の参観日の予定を私に伝えました。

この時、忙しいけど「午前中だけでも休んでよかった」と思いました。

単身赴任をするようになって、体的には非常に楽になりましたが、家族には迷惑をかけているなぁとはつくづく思います。

他のサービス業の方も同じでしょうが、まだ小さい次男は、他の友達とは遊べずに、日曜日はいつも一人ぼっちが多いみたいで少し不憫ですね。

去年までは会社務めで、土・日・祝はお休みでしたから、子どもたちと、どこかに出かける事が多かったですものね。

仕事と家庭の両立、難しいですね。

お父さんとしての仕事もがんばらなければ・・・。
冷凍常備菜作ったぞ
昨日「はなまるマーケット」で見た「食材の冷凍保存の2つのポイント」「ごはんの美味しい解凍の仕方」「冷凍常備菜」をいきなりやってみました。(なんと夜の11時過ぎから開始)

冷凍庫用の「フリーザーパック」なんて使ったこと無かったけど、冷凍庫内が整理整頓できますね。

今日から、「冷凍常備菜」を使っていろいろな料理にチャレンジしてみます。

情報誌にもレポート書こうっと♪

※冷凍常備菜
油をひかずに、たまねぎ2個、にんじん1本、セロリ1本をみじん切りにして、水分が出なくなるまで炒める。その後、豚の細切れ肉400gを炒めて、火が通ったら完成。ラップで薄くくるんで、即冷凍。
コレをベースにシチューやカレー等いろいろな料理に使えば、スピーディーだそうです。

志って大事やな
以前ある人に、私とその人がハッパをかけられていた。

いわゆる「根性論」の展開。

ある人に「君の夢は何だ?」とその人は聞かれて、

「年収一千万円です」と答えた。

それを横で聞いていた私は、少し不安になった。

と同時に悲しくなった。

やっぱり、その影響が出ていたような気がする。

どんよりとした、マイナスオーラをずっと感じていたからである。

それは結果から見て、お客様も感じていたのだろう。

今、私の周りでは、そのオーラは完全に消え去った。

お金は人生で最も大事なもの。

きれい事だけでは済まされないことも沢山ある。

ここで父の話をします。

亡くなった父は飲み屋と酒に溺れた。

若くで会社を興し、社員を何人も雇っていた立派な商売人だったが、結局酒で全てを無くした。

その父の影響で母はたいへん苦労した。

両親は、その後関連する仕事で商売を始めたが、父の悪い癖は、大失敗の後も直らない。

飲み屋からの莫大なツケ。派手金遣いは、以前と変わらない。

飲みに行って、仕事をしない父の尻拭いを母がしていた。

そしてドメスティックバイオレンスの恐怖。

そんな母は私が小さな時、父の仕打ちに泣きながら「お金が無いのは、首が無いのと同じ」(これは母の独自の格言か、何かを引用し間違えているのかは不明)と言っていた。

だから「サラリーマンになりなさい、家族のためにも」が口癖でした。

父は「北新地」で酒を飲み歩き、贅沢する事で「自分の成功」を実感していたのだと思う。でも、そんな発想では折角のチャンスを生かすことはできないし、結局周りの人を不幸にすることになってしまう。

父は亡くなった後にも、いろいろとトラブルを残しました。今はそんな父を不憫に思いますが。

要するに、お金は人生において重要だが「目標」にすべきものではない。

お客様や周りの人に、支持されて認められることがまずは先決。

だから、受け身で展示場でくもの巣を張って「いい客狙い」ばかり考えている住宅会社の営業マンには、お客様は近づいて来ないのです。

志って大事やなって思いますね。 
お休みに、はなまるマーケットを見ていて
今日は久しぶりのお休みで10日ぶりに我が家にいます。

といっても、朝から水道屋さんや現場から電話があったりして、いつもと変わらないのですね。

ちなみに、今日も打ち合わせのために、夕方から会社へ出勤するのです。

さっきまで、テレビの“はなまるマーケット”で食品の「冷凍保存」の特集を見ていました。

今単身赴任をしていまして、全て自炊をしているのでこの「冷凍テクニック」がかなり重要なのです。

番組を見ながら、手帳に控えたりもしました。

「食材の冷凍保存の2つのポイント」「ごはんの美味しい解凍の仕方」「冷凍常備菜」etc

早速、実行してみようと思いました。

悲しい話、住宅ローンと教育費、育ち盛りの男の子を二人抱える親父としては、節約生活をせざるを得ない状況なので、出来るだけ安い特売品の食材を買い、自炊しなければやっていけないという状況。

サラリーマンの単身赴任のように、○○手当てなんてないから仕方ないですね。

4月末から一人暮らしですが、外食したのは一度だけ。

こちらの面でも、がんばっていますよ。

今まで朝6時だったのが、毎日5時起きで頑張っています。

朝起きて、洗濯、シャツとスラックスのアイロンがけ、掃除、朝食とお弁当づくり。結構ハードでしょう。時間との戦いですね(汗)。

また弁当の方も、以前から作ってはいましたが、おかずといっても冷凍食品を「チン」させるだけだったのです。

でも今は、そんなにコストをかけれないから、節約して全部おかずは食材から作っています。

玉子焼きも炒め物も、煮物も、みそ汁もダシを取って作ったりしていますが、これがなかなかのお味なんですよ。(自画自賛)

でも、朝の時間は厳しいので「冷凍テクニック」は本当に勉強になりました。

「このネタ、来月号の情報誌に使えるな」、「奥様との会話で、使えるネタやな」とか・・・。そう言った意味でも実際にやってみようと思います。

しみったれた話題なんですが、ボクサーじゃないけど絶対「ハングリーさ」って人間は必要ですね。

「凡時徹底」このような日常の凡事を限られた時間内でやることが、仕事の生産性やアイデア、ひらめき、行動力もUPできそうな気がします。

その影響か、どんどん本業も忙しくなってきましたしね。(プラス発想、プラス発想)

今の生活は決して楽ではありませんが、「儲け」や「良い生活」というのは後から付いてくる事で、それを一番の目標としていてはダメだということは、よくわかっています。

「お客様が幸せ」であれば、必ず自分も幸せになれると信じています。今は自分の「使命」を忘れずに、前を向いて歩くだけです。
一年もたてば
よく事務所周辺をバイクの兄ちゃんが音をたてて走っている。

田舎なんで、都心と比べて、見るからに「ちょっとやんちゃな子たち」が結構います。

この前、コンビニに寄ったら、やんちゃな兄ちゃん、姉ちゃんたちが駐車場に溜まっていた。

急にその中の男の子が「コンチハ」と挨拶してきた。

よく見れば、OB施主さんの息子さん。

私「今日仕事は、がんばってる」

息子さん「はい 休みです」「ぼちぼち・・・」(笑)

私「この前ご馳走様でした、また寄らせてもらうね」

息子さん(ニコっとして)「うん」

この息子さんは、人見知りをするタイプで最初は無愛想だった。

でも先日、晩御飯にお呼ばれ頂いて、ほろ酔い気分になって息子さんと話をしてから、何か距離が近くなった。

初対面は「やんちゃ」で「無愛想」だが、話をすると実にいい感じの青年だった。話している時の「目」が良かった。

同年代には、一目おかれる存在で少々強面、年上の我々にも「タメグチ」だったのですが、その日以降はきちっとした言葉遣いをされるようになった。

何か、教師時代の気持ちがよみがえってきた。(根っからこの路線が好きなのでしょうね)

一年もたてば、いろいろな所で知り合いと合うようになり、この街に対してまたひとつ愛着が芽生えてきた。

ビシビシきました
またまた、久しぶりの更新になってしまいました。

息抜きの時間もロクに取れなくなってきたのです。気持ちに余裕がないのかも・・・。でも、疲労感は全くありません。元気元気。

ゴールデン・ウィークを過ぎてから、大きく状況が変わってきました。

会社を立ち上げたメンバーの一人が5末に退社。ついに主力は二人に。

その事が決まり出す位から、全て良い方向に転がり始めたのです。

今現在、土地を購入されたり、不動産屋に「買い付け」を起こされているホットなお客様が5組、同時進行中なんです。

この一年間、全てマイナスな状況に動いていたのが、本当にビックリする位、プラスに転がるのです。

お客様から、「本契約に向けてスピードアップしたい」という内容のメールを頂戴したり、今まで中々取れなかったアポが、お客様から逆にアポを積極的に取って来られたり。今日も、2組の既存の土地無しのお客様が、土地の買い付けを決意されました。

この6月に入って「気の流れ」が明らかに変わりました。

その証拠に平日アポの件数が、増えてきました。

いい感じです。全て上手く行くとは思いませんが、自信はあります。

今まで我慢してきたことは、決して無駄でなかったと思いました。

仕事は充実してきましたが、後は、単身赴任している身なので、子供たちのことが少し心配です。

自分は以前、「マック時代」に家族を失いかけた経験があります。

その時感じたのは、仕事に充実感を感じてのめり込めばのめり込むほど、バランスで家庭がおかしくなるのです。これは、注意しなくてはなりません。

自分の家族も幸せに出来ない男に、お客様を、また社員を幸せに出来るはずないですもんね。

ビシビシきました!

この感触最高ですよね。

笑顔、元気、ファイトでがんばります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。