mr.gonsukeの感謝するから幸せになれる
素直な心・感謝の気持ち・謙虚な姿の3つを日々心がけています。松下幸之助氏、鍵山秀三郎氏の経営学に影響を受けた42歳です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
幸せの正体
すべての人が幸せを求めている
しかし幸せというものはそうやすやすとやってくるものではない
時には不幸という帽子をかぶってやってくる
だからみんな逃げてしまうが
実はそれが幸せの正体だったりするのだ
坂村真民「幸せの帽子」より


 
スポンサーサイト
腹の中のこと
今までの人生、腹の中に納めてきたことってたくさんありました。

あの人にいつか「これ絶対に言ってやろう」と思っていたことは、ほとんど言えませんでした。

「こんなこと本人に直接言えない」という事って、結構ありました。

でも、このニ、三ヶ月で人間がすっかり変わってしまったようです。

言いにくい事が「ハッキリと」言えるようになってきました。

「なぜなんだろう」と思いますが、それは「覚悟」が出来たのだろうと思っています。

「覚悟」って・・・。

それは今まで「相手がどう思うか」や、「その後の付き合い方」を気にしていました。

でも、相手がどう思おうと、「言ったほうが良いのか」それとも「言わないほうが良いのか」また「間接的にこう言おうか」等と悩んでいる時間がもったいないと思うようになったからです。

そんな風に考え事をすることが多かったのですが、決して時間を掛けて考えたからといっても、「言いにくいこと」は上手く解決しませんでした。

だから、ストレートに言ってしまうことにしました。

だから「覚悟」なんです。

根に持たれて、人間関係が重くなってしまうかも知れませんが、そうなった時の覚悟さえ最初からしていれば、自分自身が悩まなくて済みます。

今のところ、その方が「良い」結果が出ていると思います。そのことについて、前向きにその人と話し合うことが出来るからです。また、その問題をピックアップできるので、次につなげることができると思います。

結果、答えも早いです。

責任の重圧は、性格も変えてしまうのですね。

嫌われるかなぁー。(笑)
一つ成長すれば、一つ問題が発生する
何とか順調に推移するようにはなってきたのですが、「この部分」が上手く行くようになれば、また新たに「あの部分」に問題が起こってきます。

また、内部の問題で上手く行かずに苦しんでいたことが、上手く解決する方向に進み始めれば、新たに今まで問題なかった外部の問題が急に発生します。

問題というのは、深刻なものもありますが、単純なものもあります。

深刻なのに簡単に片付くこともあれば、単純なのに尾を引くこともあったりして、中々簡単には行かないものです。

組織が小さくても、発生する問題のパターンは同じです。

成長も階段のようにワンステップづつ上がっていくものですが、問題も一つ成長のステップを上がったら、同じように発生するものですね。

まあ新たな部分の悩みと言うのは、確実にステージが変わったということで、成長のバロメーターかも知れません。

「強い会社」というのは、この成長と問題のステップを一段一段上がっているところのように思います。

この成長への「試練」を乗り越えて行くということを心に誓いました。

でも本当にドラマのようにエキサイティングです。

精神衛生上、頭の切り替えと柔軟さが、今一番必要なことかも知れません。


打ち合わせの途中で写真を撮りました。

良い景色でしょ。これが私のエリアです。

こんな海を見ながら仕事できるんですよ。いいでしょ。

umi0326.jpg

春の嵐というより台風か
昨日は、本当にすごい風でした。

お施主さんのご協力で、完成現場見学会を行いましたが、すごい風。

確かに現場は海のすぐそばなんですが、海からの風より、山からはね返ってくる風がすごかった。

玄関ドアが風の勢いで開かないのです。風速何メートルあったのでしょうか。本当に台風のようです。

見学会用のノボリや懸垂幕なんかが、風に煽られ今にもちぎれそうでした。

危険な状態なので、すぐに撤収の片付けをしていると、急に雨も降り出し最悪な状況に・・・。

スーツ姿でしたが、雨でびちょびちょ、外構がまだなので、泥で皮靴やスラックスがドロドロになりながらも、近隣に迷惑がかかっては大変なので必死で動きました。

何とか、台風が来ても安心なくらいにしてから退散。

万が一のために、隣の方に声だけかけておきました。

そして今日。

うって変わって、穏やかな一日でした。朝方は曇っていましたが、午後から晴れ間も。現場は何とか無事でした。

今日の見学会は4組のお客様にご来場頂きました。近隣の奥様が2組。他2組は、既存のお客様でした。

さらにそのうちの1組は、半年前から疎遠になっていたT様でした。良いお話ができて、前向きな展開になりそうです。

もう一組のお客様とも、心のお付き合いが出来そうな感じがしました。

ようやく一年。

現場がお客様を呼び、お客様がお客様を呼ぶ。

苦しいけれど、コツコツとやっていれば、認めてくださる方が少しづつ現れてくれるのだなぁと思いました。

嬉しかったので、早速帰社後「お礼」のためにお客様を訪問。

下心ありの浅ましい態度でなく、「お礼」だけの訪問に徹したので、歓迎して頂いたようです。

即日訪問は、お客さんが嫌がると思い込んでいたのですが、「お礼の訪問」は違いました。

大変な2日間でしたが、良い見学会でした。
気分転換にウォーキング
昨日はお休みを頂きました。

朝方は持ち帰った仕事をこなし、午後から気分転換にウォーキングに出ました。

3月になってから、冷え込む日も続いていましたが、昨日の大阪はポカポカ陽気で暖かい一日でした。

気持ちが良いので、万博公園の外周を一周するコースを歩きました。

桜の名所である万博公園もまだ、花はほとんど咲いていません。

070322_1309~01.jpg


名前はわからないけど、この白い花だけが咲いていました。

070322_1334~01.jpg


しばらく歩いていると、太陽の塔が顔を出しました。

くっくりと見えているのに、携帯カメラでは、あまり上手く撮れないのが残念です。

万博公園内の総合展示場です。豪華な家が並んでいます。

070322_1338~01.jpg


外周を歩いていると、総展の裏側が見えて面白かったです。枯れた観葉植物や夏のナイター営業のPOP、掃除用具など、裏側は本当に舞台裏ですね。
外から見てもガラガラでしたが、各モデルハウスのエアコンのモーター音だけが「ブーン」と響いていました。その位静かで、閑古鳥状態。

でも向かい側の総展駐車場は、半分以上埋まっていました。

070322_1347~01.jpg


受付でアンケートに記入したら、3時間まで無料らしいです。

土日は向かいのエキスポランドの駐車場が一杯になったら、流れてくるんでしょうね。

しばらく歩いていると、「太陽の塔」が出現。40歳以上の方は、懐かしいのではありませんか。私も当時5歳で、万博に連れて来られましたが、太陽の塔だけは、記憶に残っています。あの中に一度だけでも入りたかったと思っていました。

070322_1334~01.jpg


「芸術は爆発だ!」の岡本太郎さんの作品ですね。

目の前にくっきりと見えるのに、携帯のカメラでは上手く撮影できないのが、イライラしますね。

高校生のアメフト部が試合をしていました。見れば東京の駒場学園、アメフト界の名門です。東京遠征ですね。大阪の高校は部員が20人足らず、でも駒場学園は60人位部員がいました。

070322_1419~02.jpg


3時に小1の次男が帰ってくるので、最後まで見れませんでした。残念。見ている間は、結構いい勝負していました。

その裏は、ガンバ大阪のクラブハウスがあります。

070322_1421~01.jpg


なかなか見所たっぷりのいい散歩コースでしょ。

3時間たっぷり歩いて、いい汗をかきました。

仕事のイライラものんびり、ウォーキングをしていると、解消できますね。休まず週一回は続けていきたいですね。

こんなところでも
先週、体育大時代のアメフト部の先輩と酒を飲みました。

先輩後輩の間柄ですが、今の仕事になってお付き合いをしています。

この先輩は、自分より2つ年上で元警察官という経歴をもっています。現在、当社の防犯フィルムの工事をお願いして頂いています。

仕事に関しては、業者さんと変わらない関係ですが、オフの時間は、先輩後輩です。この先輩は、自分がアメフト部に入部した時のフレッシュマンコーチで、本当に世話になった人です。

3,000円飲み放題の下町の居酒屋で、お互い楽しく酒を飲みました。
「生ビール4杯、焼酎ロック3杯」飲んだ後、次の店に。すでにいい調子です。

先輩が連れていってくれたお店でビックリ。

高校の先輩がオーナーでした。それも私と同じN商高校「体育科」の出身。

私「担任誰ですか?」

オーナー「ジャンボです」

私「あーっH先生ですね」

これだけで、親近感がぐぐぐっと。OBがたくさんいる学校は、これがあるから楽しいですね。

しかも、元甲子園球児です。

話を聞いてみれば、ワンマンさんが選抜に出られた次の年に、一番バッターで出場したようです。

でも、一つ下が大活躍で、その翌年選抜甲子園「準優勝」夏はベスト4という大活躍。

その分ギャップで、あまり記憶が残っていない年だと思います。

高校野球オタクの私の記憶が良くて、「一回戦で高松商業に3-0で敗れたあの年ですね」というとオーナーの先輩は驚いておられました。

話しているとやっぱり先輩後輩になってきますね。

「入学した時オリエンテーションで、昭和54年の夏の大会一回戦の「上尾戦」を見せられましたよ。体育主任のK先生に。これぞ雑草精神、踏まれても踏まれても・・・」と先輩にそんな話をしました。オーナー先輩もだんだんと「○○君」と私のことを呼ぶようになり、私も初対面とは思えないくらい親しみ感を持ちました。

 高校と大学の両先輩に囲まれると、次第に背筋が伸びて「自分は・・・」なんてノリになってしまします。

これも、体育会の悲しいサガですかねぇ。

でも、本当に楽しかったです。

商売もこんな調子でやっていきたいと思いました。

ごちゃごちゃ小さな事にひっかかっていたので、心が「リラックス」したようです。

先輩方にエネルギーもらったようですね。

※マニアックな話題ですみません。
お久しぶりの更新です
お久しぶりの更新です。

何か、時々急に書けなくなってしますんですよね。

今回は、結構ある事でいっぱい、いっぱいになっている時にいろいろなことが重なってしまい、しばらくお休みしてしまいました。

精神的に辛い状況、人間不信、爆発寸前。頭が真っ白になりかけました。ちょっと危険な状態だったかも・・・。ってそんなにヤワではないですがね(笑)

でも、八方塞がりでした。人間のエゴ、マイナスエネルギーを全身で受けとめた感じですね。

いろいろな事で悩み、不信感を持ち、不安定な精神状態でした。

でも、少しづつ改善、切り替えができてきました。

もつれた糸も時間をかければ、ほどけてくる。

話は変わって、今週末契約です。

建売ではなく、私が始めて「注文住宅」で受注したお客様です。

3月も半ば、がんばっていきますよ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。