mr.gonsukeの感謝するから幸せになれる
素直な心・感謝の気持ち・謙虚な姿の3つを日々心がけています。松下幸之助氏、鍵山秀三郎氏の経営学に影響を受けた42歳です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
評価は他人(ひと)がする
 ある資料から、抜粋。心に響きました。

どちらかと言えば「俺はこんなにやっているのに・・・」と言ってしまうタイプです。

自己分析は出来ているのですが、やっぱり「自我」を抑えられないのです。 

とかく人間はひとりよがりになりがちで、自分の考えや行動について自分で評価してしまう癖(傾向)がありますが、これが強いとその人の成長の大きな阻害要因となるものです。
 もともと評価と言うのは他人(ひと)がするもの、自分に与えられた仕事を精一杯取り組めば後は天命を待つ心境で、出来映えの評価まで自分でしてしまってはいけません。
 自分で自分を評価するとどうしても自己防衛的・自己弁護的になり、周囲からは思いのほか目立って見えみっともないものです。
 松下幸之助の「素直な心」も、他人の言う事に謙虚に耳を傾けることが成長の最大要素ですよ・・・という事でしょう。


「素直な心」大切ですね。これが一番の課題ですが、前向きに取り組んでいきます。

 でも俺、頑固ですからね。厄介なヤツです。

皆様の応援のワンクリックに“感謝”。ありがとうございます。
blogランキングへ よろしくお願いいたします。


スポンサーサイト
久々の新規来場が・・・。
昨日の日曜日、すごーく寒い日でした。

気温が低く、風が冷たい。

でもそれだけではなく、打ち合わせのお客様が2組ありましたが、午前中はチラシの反応なくなんとも、お寒い状況でした。

時間があるので、道路と側溝との取り合いの草むしりをやりました。

これが寒くて寒くて・・・。

午後になって、そうこうしているとアポ有りのお客様がご来場。

1時間ほど打ち合わせをしていると、次のアポのお客様が来場。

入れ替わるように、先のお客様はお帰りになりました。

その後、立て続けに4組の新規のお客様が来られました。

「熱心やなぁ」といってアンケートも書いてくださいました。

「住所記入して頂きましたら、毎月ニュースレターを送らせてもらいます この中でイベントの情報や住宅に関する情報発信をさせてもらいますので」

このひと言で、大抵アンケート記入はOKになりました。

さぁ これから3月号の作成にかかります。

皆さんからのコメントは「一回で32,000枚も」というメッセージを頂きました。本当はチラシにそんなコストはかけたくありません。

自分でも、「多い」と思うし、「もったいない」とも思います。

しかし、VCからは「チラシの反応」は0.03% 投入数に比例すると言われます。

元々地場密着型工務店さんとお付き合いしてきた私としては、チラシレスポンスで左右されるような展開は極力したくありません。

VCに加盟している現在、独自路線は結果が出てからと言われてしまいます。

「天の声」もチラシに始まりチラシに終わる、「チラシ」が全てと言います。それをどうのこうの言っても、「成功事例」と言われれば、今の自分には従うしかないのです。

雇われ社長は辛い。今が踏ん張り時ですね。


皆様の応援のワンクリックに“感謝”。ありがとうございます。
blogランキングへ よろしくお願いいたします。

チラシの反応が・・・
昨日の土曜日。

折り込みチラシを32,000枚、エリアに入れました。

朝から、モデルハウスを掃除しながら前を通られる方へ積極的に「声かけ運動」をしました。

「おはようございます、よかったら見ていってください」

まずは、モデルハウスを眺めていた二人組みのご婦人さん。

声をかけてみると「宗教の活動」の方でした。

小冊子を渡されました。

次は、男女のペア。

声をかけると、別の宗教の方。

「今、たいへんな時代なんです」

「すっすいません、今仕事中なんで・・・」(汗)

結局、建築申込みされたお客様の間取り変更が一件だけで、新規来場者はゼロ。

先週も、冷たい雨の影響で新規客はゼロでした。

今日、日曜日も再来のアポは一件ありますが、どうでしょうか。

皆様の応援のワンクリックに“感謝”。ありがとうございます。
blogランキングへ よろしくお願いいたします。

分煙ってどうなの
住宅街にある近所のファミレスに家族で行った時の話です。

うちの家族は「禁煙席」に必ず座ります。

子どもと一緒のときは、私が喫煙者であった時からそうしていました。

しかし元ヘビースモーカーでありながら、現在は完全に嫌煙家。

特に食事時の煙草のにおいは、きついものがあります。

私が建材商社にいた時の営業所は、分煙にしていました。(煙を吐き続ける、機関車のような部長が、常駐していた営業所の時はできませんでしたが・・・)

ファミレスの話に戻ります。

店員:「お煙草お吸いでしょうか?」

私:「いいえ」

店員:「では、こちらへどうぞ」

案内されたのは入り口から入って右側のエリア。

店は空いていました。

私たちは、ちょうど真ん中あたりの席に座りました。

食事を終え、お茶を飲んでくつろいでいました。

しばらくすると、例のにおいが。

すると私たちが座ったエリアの奥で煙草を吸っている男性がいました。

「なんて不謹慎なヤツだ」とその人物をにらみ付けました。

家内が咳き込んでいます。軽度の煙草アレルギーなのです。

本当は、もうちょっとゆっくりとしていたかったのですが「もう食事も終わったから出よう」と立ち上がった時、ビックリしました。

奥の全ての席に、灰皿が置いてありました。

そう、そこは、喫煙エリアだったのです。

そして、自分たちが座っていた上を見上げると、空気清浄機と何やら気流を作る機械のようなものが、天井付近に取り付けてありました。

レジで精算していると、喫煙者のゾーンだと思っていた、入り口から左側のエリアが実は禁煙席だったのです。

禁煙席を望む人が多いので、席数を増やしていたのですね。

だから、機械で換気しようとしていたのです。

でも、煙草のにおいが辛い人には、そんな子ども騙しのようなものでは我慢できません。

煙草のあのユラユラとした副流煙が、のどの奥に入り込んでむず痒くなります。一気に食後のリラックスした雰囲気が台無しになります。

元々煙草吸いだったので、喫煙者の気持ちはよくわかります。

でも、煙草を辞めなければ、嫌煙者の気持ちは全くわかりません。

住宅街のど真ん中にある、子ども連れが多いこのファミレス。アニメのキャラクターが店のシンボルです。

そんな店であるからこそ「分煙」なんてやめて、「完全禁煙」にすべきだと私は思います。

来場した小さな子どもたちに、ぬり絵を渡してそれを掲示するような店なのに、小さな子どもたちが「受動喫煙」のような状態で、全く何とも思わないのですかねぇ。

愛煙家の人たちには、耳の痛いお話ですみません。

皆様の応援のワンクリックに“感謝”。ありがとうございます。
blogランキングへ よろしくお願いいたします。



しるこ屋をやれ!
「しるこ屋をやれ!」 
 
 昭和三十年ごろのことである。新型コタツの発売に踏み切った直後に、誤って使用されれば不良品が出る恐れがあるとの結論が出て、市場からの全数回収決定された。

 その回収に翻弄していた電熱課長がある日、幸之助に呼ばれた。
 
 「きみが電熱担当の課長か」
 「はい、そうです」

 「会社に入って何年になるかね」
 「十八年になります」

 「きみ明日から会社やめてくれ」
 「・・・・・・」

 「今、会社をやめたら困るか」
 「困ります。幼い子どもが二人いますし・・・・」

 「それは金がないからだろう。きみが困らないように金は貸してやろう。その代わり、わしの言うとおりにやれよ」
 「はい・・・・」

 「会社をやめて、しるこ屋になれ」
 「・・・・・・」

 「まあ、立ってないで、その椅子に座って。きみは、まずあしたから何をやるか」
 「新橋、銀座、有楽町と歩いて、有名しるこ屋三軒を調査します」

 「何を調査するのや」
 「その店がなぜはやっているのか、理由を具体的につかみます」

 「つぎは?」
 「そのしるこに負けないしるこをどうしてつくるか研究します。あずきはどこのがよいか。炊く時間と火力、味つけ等です」

 「おいしいしるこの味が決まったとしよう。ではそのつぎは?」
 「・・・・・」

 「きみ、その決めた味について、奥さんに聞いてみないかん。しかし、奥さんは身内やさから『うまい』と言うやろ。だから、さらに近所の人たちにも理由を説明して、味見をお願いしてまわることや」
 「はい、必ずそれをやります」

 「自分の決めた味に自信をもつこと。それから大事なのは、毎日毎日、つくるごとに決めたとおりにできているかどうかみずからチェックすることや」
 「必ず実行します」

 「それだけではあかんよ。毎日初めてのお客様に、しるこの味はいかがですかと聞くことが必要やな」
 「はい、よくわかりました」

 「きみはそのしるこをいくらで売るか」
 「三店の値段を調べてみて、五円なら私も五円で売ります」

 「それでええやろ・・・・、今、きみが五円で売るしるこ屋の店主としても、毎日これだけの努力をせねばならない。きみは電熱課長として、何千円もの電化商品を売っている。だからしるこ屋の百倍、二百倍もの努力をしなくてはいけないな。そのことがわかるか」
 「はい、よくわかります」

 「よし、きみ、いまわしが言ったことがわかったのであれば、会社をやめてくれは取り消すから、あしたから課長としての仕事をしっかりやってくれ」

        松下幸之助の見方・考え方 PHP研究所 より 



毎日、住宅営業でどれだけの努力をしているのか。

まさに、住宅はしるこ屋の何千倍、何万倍努力しなければならないはずです。

考えてみれば、しるこ屋さんの「爪の垢を煎じて飲まなければならない」ところが多いですね。

このしるこ屋の話、「住宅」に置き換えても当てはまります。

自分たちの理念や品質は維持しながら、絶えずお客様の声に耳を傾ける。

これぞ商売の原点ですね。

幸之助さんは、部下に考えさせて、答えを導きださせて、さらに心に残る一言を付け加えます。

さすがですね。器の大きさを感じます。

皆様の応援のワンクリックに“感謝”。ありがとうございます。
blogランキングへ よろしくお願いいたします。



上司の欠点にこだわるな
「秀吉になれ」

 ある社員が、二人の上司のうち、信頼し慕っていたほうの上司に転勤命令が出たことに抗議するため、同志とはかって辞職願いを出した。大決心ではあったが、本心ではやめたくはなく、結局幸之助に侘びを入れて、なんとか納まった。

 幸之助のもとに一同が集められたとき、「たいへんご心配をかけました」と頭を下げる社員に幸之助は、間髪を入れずこう応じた。
 「何を言うか。きみたちは、これからも心配をかけるだろう」
 このひと言で一同は安堵の胸をなで降ろした。

 後日、幸之助はその社員を呼んで言った。
 「きみ、光秀になるなよ。上の者の欠点にこだわって反抗したのでは正しくても大成しない。残したほうの責任者は、確かに欠点も多いが自分は得がたい経営者だと思っている。秀吉のようによいところを見て対処しなさい」
         松下幸之助の見方・考え方 PHP研究所


 昨日、天の声に対して、ムカムカしていた自分の心に響く話です。

 秀吉は、プラス発想で「天下」を取ったんですもんね。

 私も「秀吉」になれるようにがんばります。

皆様の応援のワンクリックに“感謝”。ありがとうございます。
blogランキングへ よろしくお願いいたします。
自分の道を歩く
自分の道を歩く

 たとえ、どんなに狭く細い道であっても、自分自身の努力と工夫で切り開いていく生き方が大切です。

 切り開いていくのは、大きな忍耐とエネルギーを要することですが、くれぐれも、へこたれず諦めないことです。

 自分の信じる道を歩き続けていますと、共感し集まってくる人が必ず出てくるようになります。共感者が表れると自信が湧いてきます。

           鍵山秀三郎「一日一話」より PHP研究所



 いろいろな方からアドバイスを頂き、心より感謝しております。

 自分ひとりで悩んでいるより、こうして皆さんからの励ましやアイデア、成功事例、過去のご自分の経験などをお聞きしていますと、ポジティブに前向きになれます。

 本当に心強い一言。 感謝、感謝です。

 また、自分の心の底には「こうしたい」という強い思いがあります。

 その気持ちを忘れず、困難にはへこたれず、夢を諦めないでいこうと日々心に誓っております。

 これからは“お客様に「共感者」を増やしていきたい”ですね。

 皆様の応援のワンクリックに“感謝”。ありがとうございます。
blogランキングへ よろしくお願いいたします。


お友達同士の料理教室
昨日の日曜日、モデルハウスを買っていただいたT様の奥様とお友達で「IHクッキングヒーターを使った料理教室」を行いました。

本来、平日にできればいいのですが、皆さん働かれている奥さんなので、集客の日曜日ではありますが、実施することに。

関西電力さんに協力で、料理の先生を呼んで頂きました。

来られた奥様は、T様を含めて5名。プラスお子様4名。

このイベントのきっかけは、購入されたのがオール電化住宅、T様の奥様が「IHで上手く料理できるかな」と言われた一言から始まりました。

このT様の奥様は、非常に横のつながり、ネットワークを持っておられるお客様。

以前も「家が欲しい」というお客様をお二組、モデルHにご一緒に来て頂いたことがあります。

皆さんで、「早春のイタリアン・ランチコース」を実際に作られて、その後、スタッフも入って料理を食べました。

食事の後、お茶を飲みながら、奥様方とディスカッションさせていただきました。

「当社のチラシについて」「モデルハウスについて」等いろいろな貴重なご意見を頂きました。

昨日、チラシの反応について書きましたが、皆さん「信頼できる方からの口コミに対する信用力に勝るものはない」と仰っておられました。チラシは何種類か、他社も含めて見てもらいましたが「どれも同じ」ということでした。ただ、ネイビーブルーの重い配色で、「構造計算・災害シュミュレーション」をうたっているチラシに対しては、拒否反応を示しておられました。あとVCでは「チラシに間取りは入れてはいけません、何故なら自分が好きな間取りでなければお客様は来ないからです」という指導でしたが、奥様方の意見としては「間取りを見るのが好きなので、絶対に入れて欲しい」という意見でした。ただ仕様、価格が明確なのは良いということでした。

終始T様の奥様も喜んでおられましたので、多少経緯はかかりましたが、やってみて「よかったな」と思いました。

皆さんありがとうございました。

私自身、得るものも多かった一日でした。感謝。


blogランキングへワンクリックお願いいたします。

新規のお客様は少ないですが
この土日は天候にも恵まれず、チラシを土曜日にエリア全域に入れましたが、新規来場者はゼロ。

三週間ぶりのチラシで、少し期待したのですが残念でした。

コストの事を考えると辛い・・・。

ただ、手離しでは喜べ無いところも現状はありますが、昨日U様から正式に「現金xx万円と共に「建築申込」を頂きました。

そして、また今日S様から電話で私に「敷地調査」をお願いされました。
S様は競売の土地を申し込んでおられたのですが、他に競合の申込みがなく期限を迎えたので、ほぼ内定になったようです。

元々PH、THとの3社合い見積もりのお客様でしたが、当社の株がぐぐっと上がってきたようです。

自分自身の3棟目へチャレンジです。


blogランキングへワンクリックお願いいたします。

三つの言葉
三つの言葉

高崎市立長野小学校四年一組の鈴木順子さんが、私の思いを次の三つにまとめてくださいました。

①よいことをすれば、人に好かれる。

②よいことを進んでやれば、人にあてにされる。

③よいことを続けてやれば、人にあてにされる。

この三つが守れれば、年齢に関係なく立派な人間になれると思います。

    鍵山秀三郎 「一日一話」より PHP研究所



「よいこと」はお客様に喜ばれること、自分に利益がなくても人のためになることだと思います。

この「三つの言葉」手帳に書き留めました。

今日の大阪は、良い天気になるようです。

本日午前11時から、10名の奥さん方がモデルハウスに来られて、ちょっとしたイベントがあります。

また結果は、ブログ上で報告させていただきたいと思います。

blogランキングへワンクリックお願いいたします。
喜び半分
今日の大阪、雨が終日降り続き寒い一日でした。

特に現場の仮設トイレの掃除は、手がちぎれるかという位水が冷たかったです。

本日、7ヶ月目のお客さんから「建築申込」を頂きました。

申込金もお預かり致しました。

私、これで2棟目。

まだ契約ではないですから、100%とは言えませんが。

本来なら嬉しいはずなのです。

しかしちょっと複雑。

すんなり行かないのです。

信頼関係も人間関係もバッチリ。

でも・・・。

お客様の宿題が難問なんです。

いや、まわりの環境が一番大きな壁か。

今日のところは、オール・オア・ナッシングという感じ。

微妙なところです。

今日は半分だけ「ヤッター」

ここまで読んで下さってありがとうございます。

blogランキングへワンクリックお願いいたします。
ブログの縁
昨晩、ブログでのコメントのやり取りで、一年以上お世話になっているワンマンさんとお会いしました。

関西方面に出張で来られていたのです。

毎日のやり取りで、お互いのことは大体わかっていますが、実際にお会いするのは今回が初対面、何か不思議な感じです。

私の話は取り留めがなく、あっちこっちに飛んでしまい、自分の言いたいことばかり話してしまったのではないかと反省しております。

ワンマンさんには、参考になるアドバイスをたくさん頂きました。

自分と同じ体育会出身、頼りになる先輩という感じで、調子に乗ってあれこれ余計なことまで話してしまい、恥ずかしい限りです。

でも、ブログをやっていなかったら、この様な出会いはありえなかったと思うと、やっていて良かったと心から思います。

ブログが取り持つ縁に感謝しています。

ワンマンさん、今度関西方面にいらっしゃったら、名物おやじがやっている高槻の立ち飲みをご紹介いたします。(笑)

ここまで読んで下さってありがとうございます。

blogランキングへワンクリックお願いいたします。

お客様からのメール
一昨日、会社のHPにこの前書いた“突風の中”同じようなことを書きました。

ちなみに会社のHPは、ブログ形式になっていますので、自由に書き込みができます。

すると、先日契約の運びとなった土木関係の会社にお勤めのお客様からメールが。

「産廃のバッカンの飛散防止は、シートよりネット系の方が風で風船状に膨らまないので扱いやすいですよ!私の現場でも、グリーンネットで覆っています」

嬉しいですね。当社のHPをしっかりと見ていてくれているんですね。
このお客様とは、心の部分でつながっているような感じがします。

かっこいいけどプロにお任せの高価な「イメージHP」にしなくて良かったです。

周囲のスタッフは大反対だったのですが、最近SEO効果にも気付き始めたようです。

Yahoo、Googleでも上位にランキングされるようになってきたからです。

こうなれば、お客様が難しいURLの入力をしなくて良いから、見てもらいやすくなりますね。

ニュースレター→HPという流れで、もっと人間性をアピールできたらいいなぁと思っています。大手はスマートなHPのほうがお似合いですが、私たち地場工務店は、人間味が出ているほうが合っています。

あるセミナーの場で知ったのですが、ビルダーさんで年間100万円以上ウェブにお金をかけている所って以外に多かったのです。

うちは、ほとんど使っていません。

ただ、VCからの指導でチラシを定期的に入れるように言われます。

「チラシレスポンスは投入数の0.03%。ある程度の数を出さないと、お客様は来られません」と。

「お客さんはHPなんてほとんどの方がきちんと見ません」「チラシを見てから、どんな会社か確認の意味で見るだけ」と。

早く、独自の流れを成功させて、経費も落として、まわりを見返してやりたいですね。

でもチラシレスポンスなんて、確実に落ちているのに・・。

○井さんのチラシレスポンス型営業で、経費倒れしたリフォーム店を過去、たくさん見てきました。

でも、VCに加盟しているから、右にならえは仕方ない部分です。

結果が出なければ、単なる“狼少年”ですから。

ここまで読んで下さってありがとうございます。

blogランキングへワンクリックお願いいたします。

授業参観に行ってきました
木曜日は会社がお休みなので、小一の次男の授業参観に行ってきました。

「からすのパン屋さん」という朗読の劇でした。

クラス全員で、一行づつ読んでいくといった発表です。

自分の読む部分を子どもたちは、ひとりひとり暗記しているのですが、自信満々で大きな声を出す子もいれば、小さな声で自信なさげな子もいて、親としては自分の子の番になると、ハラハラしていた人も多かったのではないでしょうか。

それでも、素直な気持ちいっぱいの一年生。

どの子も一生懸命に頑張っているのが伝わりました。

親のひいき目で、「うちの次男のセリフは長いけど、しっかり落ち着いて発表している」なんてモロ「親バカ」で目を細めていたのです。

今朝学校に行く前に「絶対に見に来てよ」と言って学校に出かけた次男。

いつまで、このようなことを言ってくれるのか。

高学年になったら、「来んといてよ、恥ずかしいから」って言うんだろうなぁ。

自分もそうだったから、文句言えませんけど。

早く大きくなって欲しいけど「いつまでも素直にニコニコしていて欲しい」という気持ちも強いですね。

ここまで読んで下さってありがとうございます。

blogランキングへワンクリックお願いいたします。

おやじ弁当の秘密②
前回でご紹介した「創味のつゆ」

soumi.jpg


これは、お弁当に入れる「玉子焼き」に必ず使います。

醤油だけ入れると、まろやかさに欠けるのですが、創味のつゆなら「だし醤油」なのですごく美味しく作れます。

勿論、ざるそばのつゆ、うどんのだしとしても、その他料理の隠し味として重宝しています。

お湯を沸かして、つゆを少したらして豆腐を入れると、湯豆腐にもなります。

主婦なら大体の方は知っているそうですが、まだの方は是非お試しください。

ここまで読んで下さってありがとうございます。

blogランキングへワンクリックお願いいたします。

おやじ弁当の秘密①
昨日、弁当の話の続きです。

時々、朝になって「ご飯がない」と焦る事があります。

普通、寝る前にご飯の量を確認するのですが、遅く帰ったり、たまに飲みに行ったりすると、その確認を忘れてしまいます。

そんな時はおかずだけ用意して“サトウのごはん”を持って行く時もありますが、最近は冷凍したごはんを解凍して「チャーハン弁当」に凝っています。

そもそもチャーハンは炊きたてよりも、冷ごはんの方がパラパラになって美味しいのです。

解凍時間も、早めにしてそれを利用します。

そんな時、強い味方になってくれるのが、魔法の調味料「味覇・ウェイパー」です。


are1


これをほんの少し入れるだけで、酷が出て何ともいえない美味しいチャーハンに。プロの味付けのようです。

忙しい朝なので炒め物は、手早く作れるのが嬉しいですね。

★手抜きおやじチャーハンの作り方

①冷凍ご飯を弱めに解凍する。②玉子をとく(塩をほんの少しパラ)③フライパンを強火で温める④サラダ油を大さじ2杯位をフライパンになじませる(あまり少なくすると美味しくない)⑤ハムを一、二枚適当に切る。⑥フライパンが熱くなったら玉子を入れて、手早くかき混ぜる→冷ごはん→塩をパラパラといれて炒める。ここでウエイパーを小さじ1/4を投入⑦冷凍ネギか冷凍ほうれんそう、ハムを入れて、パラっとするまで炒める⑧最後に※創味のつゆと酒を入れて軽く炒めて完成!

すぐ出来て、美味しいですよ。ウエイパーと創味のつゆのお陰でコクも香りもgood。

チャーハンでフライ返しなんかすると、男の料理って感じがしますよね。

ちなみに時間が無いので、あまり使いませんがマイ中華なべを持っていたりします。以前はまさに「男の料理」。作るだけ作って片付けは奥さんでしたが、大抵は同時に片付けもします。

でも、これって仕事に絶対役にたっていると思います。整理術かな。

凡時徹底。

人間の器は、掃除など「つまらない」と思われる小事が、どれだけ効率よく真剣に継続できるかで大きな差がつくものだと信じています。


ここまで読んで下さってありがとうございます。

blogランキングへワンクリックお願いいたします。

突風の中
朝、現場へ直行。

すごい風。足場につないだフェンスが倒れそうになっています。

そのあおりをうけて、足場ごとガタガタと揺れています。

この現場は、海の近く。海は大きな白波がいくつもたっています。

ご近所の方々に迷惑がかかっては大変。

急遽現場に、スタッフを全員集合させ作業開始。

早速、ホームセンターでブルーシートを購入。

ゴミ用のバッカンを覆い、紐で縛り上げました。

ダンボール類は全て軽トラに移して処分。雨も降り出す悪天候。

強風の中、足場最上段まで上って、養生シートを全て外しました。

途中突風で、バルコニーに非難することも。

ゆっさゆっさと揺れる足場は、本当に怖かったです。

のぼりなども、全て撤去し風対策はこれで、一安心です。

それから、トイレ掃除も済ませて帰社しました。

朝から本当に大変でした。でも、迷惑をかけなかったのが幸いです。

ふぅー。

ここまで読んで下さってありがとうございます。

blogランキングへワンクリックお願いいたします。

ある朝の45分間
昨日の朝、いつもより30分寝過ごしてしまいました。

あせって、弁当の用意と子供たちの朝ごはんの用意。

弁当のおかずは冷凍食品が中心で、電子レンジの使用頻度が多くなります。子供達の飲む牛乳を温めたり、トーストを焼いたりするのも同じレンジですから。

30分の寝過ごしは、そういった意味では大変です。

弁当を作って、自分の朝食をとって、子供たちの食事の準備を済ませたら、ワイシャツとスラックスのアイロンがけ。

ここまでは、毎日のルーティーン。

しかしこんな日に限って、子供達の給食当番のエプロン、帽子、袋が二人分あり。

ヒェー。(汗)

でもあわてず、落ち着いて自分のシャツ、スラックス共アイロンがけも全て10分ほどで終了。アイロンがけのテクニックも急上昇。

去年まで、奥さん任せにしていたことも、何でもこなすことにより、時間を有効に使えるようになり、生産性がUPしました。

きっと、仕事にも大きく役立っていると思います。

これこそ凡事徹底効果ですね。

ここまで読んで下さってありがとうございます。

blogランキングへワンクリックお願いいたします。

移動したウェルカムボード君大活躍
毎朝、モデルハウスの掃除をしながら「おはようございます」と、積極的に声をかけています。

犬の散歩をしていた、近所の床屋さんのご主人と立ち話を20分。「またよかったら情報誌お店に置いて下さい」と頼んでみましたが、「いろいろな付き合いがあってね」と上手くかわされてしましました。でも、ご主人とは親しくなれた気がします。

「今度お世話になりに行きます」と笑顔で別れました。

ご主人も「今度は家内と来るよ」と言ってくれました。

先日から、活躍中のウエルカムボード君。

いつもの玄関前から、少し移動しました。


wb2



道路側から良く見える位置に。

なんとこれだけで、平日に来場が4組。

いつもの平日は、子どもくらいしか来場はありません。

ちょっとした事なんですが、すごい反響ではないでしょうか。

ビルダーナースさんのブログで紹介されていた、イーゼルと黒板。

実は、近くのなか卯(モスバーガー系)でアルバイトの日記のような文章が、その様な黒板に毎日書かれていました。

店の商品とか営業的にあまり関係のない内容。

例えば「家族全員が風邪をこじらせて寝込んでいるが、自分だけ大丈夫だ」とか「朝、通勤途中にさざんかがきれいだった」とか。

何か読んでしまいます。

そしてそのアルバイトさんが、働いていたら何かニヤっとしてしまいます。
初めてなのに変な親しみ感が。

手書きの汚い字。私の字です。習字は小4の時に、二つ下の弟に3級を抜かれてから全く自信なし。

メーカー色の強いサインボードより、目を引くのでしょうか。

さらに嬉しいことが。

「ニュースレター読んでるよ」「あんたxxxなんでしょ」掲載記事に対しての突っ込みがあったそうです。

モデルハウス当番のスタッフが、事務所に帰ってきてから嬉しそうに話してくれました。

徐々に効いてきました。

これからもコツコツと、「gonsukeワールド」を作って行きたいと思っています。

ここまで読んで下さってありがとうございます。

blogランキングへワンクリックお願いいたします。

感謝の気持ちで幸せに
あるお会社がこの土日、当社のためにイベントをしてくれました。

何のイベントかというとすぐ何処かがわかってしまうので、あえて書かないでおきます。

暖冬と言っても2月。まだまだ寒い中、私たちのモデルハウス前の吹きっさらしの屋外でイベントをしてくれていました。

オープン前の朝早くから、営業さんは一生懸命準備をしてくれていました。

そのお手伝いも出来ずに私たちもモデルの清掃と準備でバタバタと。

その後、女性スタッフさんが来られました。

普段、少数で運営しているのでこの日は何だか華やかです。

お昼になって、私がスタッフに方のお弁当を買ってきました。

折角お手伝いしてもらっているのだから、ほか弁では一番デラックスなのを選びました。と言っても740円でした。(笑)

2Fの子供部屋に商談テーブルが置いてあるので、そちらで食べて頂くことに。熱いお茶を入れてお持ちしました。

その後、おもてなしの気持ちで、コーヒーとお菓子を持っていきました。お客さま用に用意していたプチプランスのクッキーです。

すごく喜んで頂いて、私自身も嬉しくなりました。

その後、お昼過ぎから私の担当するお客様が、3組もお見えになって少し慌てていましたが、イベントスタッフの方が機転を効かせてくれて、助かりました。

貴重な連休に、私どものモデルにお手伝いくださって、本当に感謝、感謝です。

最後に帰られるときに、営業さんと女性スタッフさんが言ってくれた意外な言葉にビックリ。

「こんなに親切にしてくださって感動しました」と。

こちらは、「二日間もウチのために手伝ってくださって、「感謝」の気持ちでいっぱいなのに逆ですよ」と言いました。

すると営業さんは「こんな話はやらしいのですが、弁当なんて出してくださるのは珍しいんです。それも温かい部屋で、温かいお弁当を出してもらえるなんて。その後、コーヒーにお菓子までもらって感動です」

女性スタッフも「昼ごはんも時間を取るように声もかけてくれないし、忙しいなら食べるなといった雰囲気の所が多い、ウチのスペースで宣伝させてやっているのだから、その位は我慢しろ」という工務店もあるそうです。また「セクハラ」等も。

こんな話を聞いて、本当に情けなくなりました。と同時に「普通の感覚を持ち合わせて、当たり前の事を当たり前に行う」こんなことが出来ていない人も山ほどいることを実感しました。

それに気付かせてくださったスタッフの方に感謝です。

こちら側もこんなことを言って頂いて感動。すごくハッピーです。

何も特別なことをしないでも、「当たり前のことを当たり前に」で人は喜んでくれるのです。

私が建材営業時代は、人情溢れる工務店の社長さんに巡り合う事が多かったので、私は幸せものだなぁとも思いました。

そうでなければ、この業界に飛び込んではこなかったでしょう。

このブログのタイトル「感謝するから幸せになれる」この言葉は本当に素晴らしいと思います。

どんな小さなことにでも素直に感謝できる人間、いろいろな事に「気付き」のある人間、いろいろな人に感動を与えられる人間になりたいと強く思っています。

本音を言うと「お金」も欲しいけど、それだけじゃなく人のために役にたつ人間になっていきたいです。


ここまで読んで下さってありがとうございます。

blogランキングへワンクリックお願いいたします。

「家づくり勉強会」開催しました
この3連休。

昨日今日とイベントを行っています。

中でも、初めての試み、「失敗しないための家づくり勉強会」は本当にやってよかったと思いました。


benkyoukai



モデルハウスで実施しましたので、狭い中での勉強会。
2Fの洋室でプロジェクターを使って、パワーポイントを使って間取りの勉強会をしました。講師はうちの設計担当。

基本的な間取りの考え方を講義した後、一緒に考えるといったスタンスです。

2組のご夫婦がご来場くださいました。来場されて3回目と2回目のお客様です。

途中でのコーヒーブレイク。1Fのリビングでおくつろぎ頂きました。

勿論、ヒーリングDVDと音楽。

私は、喫茶店のマスターのようにお茶とお菓子を出しました。こだわりがありますので、ついついしゃしゃり出てしまいます。

後半は演習で実際に間取りを書いてみるといった展開。

時間は90分どころか2時間以上もかかってしまいました。

でも営業くささが全く出ないで、よりお客様と親密になれますね。警戒バリアはゼロ。友達のようです。帰りにお客さんが、すごく感謝してお帰りになられました。

「次xx日に来ますからよろしくね、プランで相談があります」

いつもと逆で、お客様からアポを取って来られました。

この方は、他の住宅会社を見てから来られた方です。

この私が強引に進めた企画に、シブシブ受けた設計担当でしたが、「これ毎週やってもいいね」と言って笑っていました。


ここまで読んで下さってありがとうございます。

blogランキングへワンクリックお願いいたします。

例のヤツ いっときました
ついに食べました。

あの噂の・・例のもの

このヘルシーブームの中、時代を逆行するような食べ物。

エネルギー754kcal、たんぱく質42.0g、脂質45.9g、炭水化物42.9g

これです。

昼に食べたのですが、まだ充分残っています。私も大食いですが、セットで食べるとなかなかヘビーでしたね。

アンテナ低くてすみません。トレンド的に言えば、もう最後の一花かも知れませんね。お恥ずかしい。

夏ごろから、「禁ラーメン」「禁ビール」「禁ファーストフード」だったので、話題の商品とは知っていましたが、食べるのが遅くなりました。

やっぱり「限定」という言葉に弱いですね。

「めざましテレビの特集」にも見事引っかかってしまいました。

せっかく、10kg減量したのに、今日がリバウンドの始まりかも・・・

“パン、肉、肉、パン、肉、肉、パン”の迫力に「マイッタ」です。

「メガマック」まだ食べていない人、話の種にどうぞ。

そうそう、ドライブスルーで一つ前の営業風の人、自分と同じくらいの年齢で、一人でメガマックセットとフィレオフィッシュとエビフィレオ買ってましたね。こいつすごいわ。

ここまで読んで下さってありがとうございます。

blogランキングへワンクリックお願いいたします。


全てはお客様のために
先日スタッフから受けた報告で、心から嬉しいことがありました。

現在着工中のお客様にお供して銀行へ行ったのですが、その時お客様が銀行の方へ「いい工務店に家を建ててもらって、私たちは本当に幸せものや」とお話になられていたそうです。

その報告を受けて、本当に心から嬉しかったのです。

事業として、この仕事をさせて頂いているので、利益を出して健全な強い会社にしていかなければいけません。また、今のようにギリギリの生活でなく、家族の幸せのためにもっとがんばらなくてはなりません。

しかし、強い健全な会社でなければ、社員が幸せでなければ本当のCSは不可能だと考えます。

全ては「お客様の幸せ」につながる事。

顧客満足を第一に考えなければ、強い会社や社員の幸せはありえません。

本当に大切な事を流されずに、いつまでも忘れない会社にします。

全ては「お客様のために」


ここまで読んで下さってありがとうございます。
blogランキングへワンクリックお願いいたします。




NFLで寝不足です
昨日念願のスーパーボウル優勝をインディアナポリス・コルツが果たしました。

家に帰ってから、録画を見たので今日は寝不足です。

でも、すごい試合でした。

最初のキックオフリターンTDで、やはりシカゴ・ベアーズかと思いきや、長年蓄積した鬱憤を見事に晴らしたコルツ。


本当に良かった。


個人的には、スーパボウルで、ファーブの最後の雄志が、見たかったのですが。
現場営業は挨拶から
今週も現場見学会。

いいお天気で温かかったです。

朝から準備を行い、仮設トイレ掃除、花の手入れをしてお客さんをお迎えしました。

お昼過ぎにお客さんが来られました。

先週、モデルハウスに来られたお客さんです。

今日は土曜日で、大工さんは仕事をしていたのですが、現場に入って来られたお客さんに、仕事の手を止めて元気に挨拶をしてくれました。

すごく嬉しかったです。

施主さんが、お茶を持ってきてくれた時も、「ありがとうございます」「いただきます」と大工さん、外装施工業者さん共に礼儀正しく挨拶。

挨拶のきちっとできる職人さんって、本当にいいですね。

くどくどとマナー研修をしている訳でもないのに。

それだけで、気持ちいいですね。

現場はみんなの協力で成り立っている。また、職人さんの挨拶は、営業マンの大きなサポートになります。

職人さん、ありがとう。感謝、感謝です。


ここまで読んで下さってありがとうございます。
バナー小橙blogランキングへワンクリックお願いいたします。

弁当箱を洗う人と洗わない人
私はいつもお弁当を会社に持っていっています。

前にも書きましたが、毎朝自分で作っているのです。

作っているといっても、ほとんどが昨日の残り物や冷凍食品を入れるだけ。あんまり偉そうに言える事ではないかも知れませんが。自分で作るといったら、玉子焼きくらいです。

自分で言うのなんですが、私の作る玉子焼き、出し醤油を入れて、微妙な焼き具合で、なかなか美味しいですよ。

長男でしたので、小さな時から何でも母親任せで、結婚しても家内になんでもやってもらっていた自分が、最近は何かと自立してやれるようになってきたと思います。

その弁当ですが食べ終わった後の弁当箱を、すぐ洗う人と洗わない人がいることに気づきました。

カップ麺も食べ終わって捨てる前に、洗ってから捨てる人もいますね。

自分は、弁当もカップ麺も食べ終わったらすぐに洗うのです。

洗う人と洗わない人の違いは何か。

自分も以前は、洗いませんでした。何故洗うようになったか。

その答えは、自分で弁当を作っているからです。カップ麺は、ゴミの処理をするようになったからです。

最近は、缶コーヒーも飲んだ後洗って捨てるようにしています。飲んだ後の缶には糖分が充分残っています。缶を洗ってから捨てるだけででも、ゴキブリ等の発生を少しは防げます。

「いいかげんなヤツ」と思われるかもしれませんが、自分で翌朝弁当をいれる時、面倒くさいのと、不潔に感じるから洗うようになったのです。

それまでは、翌朝まで弁当箱を出さずに、家内に文句を言われることも多々ありました。

結局、自分で実際にやらなければ、その人の気持ちやその人の苦労などわからないということなのです。

これは、いろいろなことに当てはまります。実際に自分でトイレ掃除している人は、トイレを汚しません。

喫煙者でも、どんぐりさんのように道路のゴミ拾いをしている人は、吸殻を道にポイ捨てしません。

尊敬するイエローハット鍵山秀三郎さんがおっしゃる、「凡時徹底」という意味合いはこういうところにあるのだなぁと思います。

私が毎朝続けているのは、弁当を作って、スラックス、シャツにアイロンを当てること。こういう家事を行うと、家内の気持ちがほんの少しだけですがわかります。

感謝の気持ちが湧いてきます。


気づき力は、凡事徹底から。

ここまで読んで下さってありがとうございます。
バナー小橙blogランキングへワンクリックお願いいたします。


ブログ仲間が・・・
ブログ仲間のどんぐりさんが、環境問題・保護ランキングで1位になりました。

知り合いが、ランキング1位になるのは初めてなんで非常に嬉しく思っております。

ほぼ同じ時期にブログを始められて、毎日休まずコツコツと更新して来られました。

大阪枚方市の材木屋さんなんですが、本業以外にいろいろな趣味をお持ちの魅力的な人物です。

建物のジャッキアップの記事・写真など、なかなか最近見ることが出来ない貴重なシーンも。

地味ながら、真面目に家づくりをされている工務店さんの応援ブログにもなっています。

今朝、ブログランキングを見てみれば、僅差で2位になっていました。

どうか皆さん応援してあげてください。

ついでに私へも応援を。

バナー小橙blogランキングへ


水が冷たいです。
今日の大阪は超寒い。気温より風が冷たいです。

朝一現場直行し、仮設のトイレ掃除、前面道路ゴミ広いを行いました。

現場は、海が近いので特に厳しく、水を使う手がかじかみます。

大工さんと外装施工業者さんに挨拶をして、花に水をあげてから現場を後にしました。

今日は昼から、雪が降るという予報です。子供達は楽しみにしてましたが、通勤往復150kmの私としては、今晩が不安です。


バナー小橙blogランキングへ

あなたのカメラ
高木善之さんのブログから、心に響くお話を一つ。

あなたの1カメ、2カメ、3カメ・・・

あなたはカメラを何台持っていますか、いえ普通のカメラではなくあなたの視点のことです。

★1カメ
自分の目でどう見えるか、自分の立場でどう思うかという普通の視点。
これだけでは物事の全体像はよく見えないから、勘違いや思い込みで
トラブルを起こす。

★2カメ
相手の目からはどう見えるか、相手の立場ではどう思うかという視点。

この視点があると、相手の立場や気持ちが分かり、トラブルは大幅に減ります。

★3カメ
第三者にはどう見えるか、第三者はどう思うかという客観的な視点。

これがあれば、物事の全体像がはっきり見え、冷静な判断ができます。

誰でも1カメは持っています。
しかし、腹が立ったり、不思議に思ったりするのは、1カメだけで物事を見ているからではないでしょうか。2カメ、3カメを備えると、全体像が見え、問題は解決に向かいます。


特に今日は心に響きます。

昨日大失敗をしました。お客様に対しての対応で「自分の思い込み」を押し付けてしました。

ここの所いい感じで進んでいたので、油断していました。また、「謙虚さ」にかけていたのです。すぐ調子に乗りすぎるところが、私の悪いところ。

自分のカメラも1カメのみです。2カメ、3カメを持っていれば、このような失敗はなかったと思います。

失敗は謙虚に認めて、正直に対応したいと思います。

(高木善之さん 以前講演会に行きましたが、環境と平和を訴え続ける素晴らしい方です NPO地球村にも10年程前に、少しだけ参加していました)

詳しくは、

ブログ http://www.chikyumura.org/blog/

ネットワーク「地球村」 http://www.chikyumura.org/

バナー小橙blogランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。