mr.gonsukeの感謝するから幸せになれる
素直な心・感謝の気持ち・謙虚な姿の3つを日々心がけています。松下幸之助氏、鍵山秀三郎氏の経営学に影響を受けた42歳です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
松井選手の理念
 さまざまなスポーツ選手の中でも、世界のトップアスリートたちは、個人の確固たる理念を持っています。

 優れた技術だけでなく、理念が彼らをトップに導いているといっても過言ではありません。

 「常に大きな夢を持って生きていたい。野球人としてだけでなく、この星にくらす者としての責任と自覚を持つこと。それが自分の生き方です」

 これは、ヤンキースの松井秀喜選手の生き方、彼の人生の理念を物語る言葉です。

 この言葉に照らして彼を見れば、彼の言動や行動は、すべてそこからはじまっていることがわかります。

      大人が変わる生活指導 原田隆史氏 から一部引用。

 バナー小橙blogランキングへ
[松井選手の理念]の続きを読む
スポンサーサイト
言葉のしつけ
 「コミュニケーション」は非常に重要ですね。上司に対して「報告・連絡・相談」(ほうれんそう)の徹底などを会社の方針書に書いているところも多いでしょう。

 でもそんなことを言っている会社で、挨拶が普通にできていない所が意外と多いのです。

 バナー小橙blogランキングへ


[言葉のしつけ]の続きを読む
ベクトルをあわせる
金村選手が監督批判をした問題。

チームが優勝目指して、一丸となっている時に「自分」を出してしまった金村選手。

アマではなくプロ選手なので、個人成績は重要です。それはよくわかっています。

バナー小橙blogランキングへ


[ベクトルをあわせる]の続きを読む
死刑囚と無期懲役囚
 原田隆史先生の「大人が変わる生活指導」の中で、刑務官として長年、死刑囚と無期懲役囚を観察してきた人から聞かれた興味深いエピソード。

 意外にも、無期懲役囚より死刑囚の方が刑務所で充実した生活を送っているようです。

 無期懲役囚の多くは、獄中でダラダラとした生活を送っており、問題行動が多いらしいのですが、 一方、死刑囚の中には、目をギラギラ輝かせて執筆を始めたり、絵を書き始める人もいるそうです。

 「死を宣告」された死刑囚が、自暴自棄になって問題行動が多そうに感じるのですが、何故実際は違うのか。

バナー小橙blogランキングへ


[死刑囚と無期懲役囚]の続きを読む
阪神もしかして・・・
 祝5連勝!!阪神今日も勝ちましたね。中日が負けてついに3ゲーム差。

 中日との天王山と言われる試合にことごとく敗れて、何回もあきらめましたが、この粘りすごいですね。この20試合16勝3敗1分けというすごいペース。先発投手陣の踏ん張りが目立ちます。

 やはり、残り試合の関係で中日が圧倒的に有利ですが、セリーグの火を最後まで消さないこの戦いぶりは本当に見事です。

 残り12試合 ドラマはこの先起きるんでしょうか?

  バナー小橙blogランキングへ



人をきたえる
 人が成長する過程で、“厳しさ”は絶対必要です。

バナー小橙blogランキングへ

 最近は、ほめて伸ばす方法がもてはやされていますが、厳しさがあるからその中での「やさしさ」をありがたく感じることができるのです。

 しかし最近の指導者で、足りないのは父性(厳しさ)です。

 叱ったら、若い人がついて来なくなるからと部下に遠慮して、逆に管理職がストレスをためるケースが多くなってきたのではないでしょうか。

 またやさしくほめて長所を伸ばすというのは、聞こえはいいのですが、けじめのない規律のない職場になってしますが多いです。

 ただ感情的に「怒る」のではなく、「叱る」ことが重要です。叱るには、愛情を持つことと心に余裕がなければできないと思います。

[人をきたえる]の続きを読む
近江商人の商売10教訓
売り手よし、買い手よし、世間よし。

 お礼状用、バースディカード用のポストカードを購入した、有限会社ホワイトベース さんから送っていただいた「売り上げUPの秘訣・特別レポート」2006年9月から引用します。

 うちの会社の社訓にしたいと思いました。

こういう姿勢で、日々仕事に向わなくてはいけません。

バナー小橙blogランキングへ

 



[近江商人の商売10教訓]の続きを読む
健康が第一ですね
昨日の休日は、いつも通り6時に起きてラジオ体操をして1時間程ウォーキングをしました。

バナー小橙blogランキングへ



[健康が第一ですね]の続きを読む
手を合わす
 展示場に来られるお客様に対して、このような気持ちを持つことが出来たなら、もっと良い商売人になれると思います。

バナー小橙blogランキングへ




[手を合わす]の続きを読む
縁を大切にするために
 今までやった方がいいというのは、分かっていましたが出来なかったこと。

 それは、「感謝のハガキ」を書くということです。

 尊敬する鍵山さんも研修会でお会いしたとき、「感謝ハガキ」のお話をされておられました。

 お会いした方には、必ずハガキを出されるのです。

 私も名刺交換させて頂きましたが、後日会社宛てにお手紙と「日めくりカレンダー」を送ってくださいました。

 研修会で鍵山さんは、今まで使用済みになったボールペンの束を見せてくださって、「これは私の宝物です」と言われておられました。
鍵山さんのような方から有難いお話を聞いているのに、「面倒くさい」「何を書いていいのか分からない」「ヘタな手紙を書いて恥を書きたくない」のどのネガティブな理由で、実践できていませんでした。

 そんな中最近、3冊の本を読みました。

バナー小橙blogランキングへ


[縁を大切にするために]の続きを読む
長かった注文住宅の受注への道
 3連休の最終日。

 午前中は台風の影響でかなり風がきつかったのですが、終日晴天でした。

 来場者はわずか一組で終わりました。

 でも、その一組のお客さん、次回契約ということになりました。

 本日、営業担当と設計担当が費やした時間は4時間。 
 
 でも、会社立ち上げでこの5ヶ月間、口頭契約まで行きながら二人のお客さんから断られていますので、契約するまで不安でありますが・・・。

 会社を立ち上げて5ヶ月目でようやく、注文住宅部門初受注になります。

 この勢いで、続きたいと思います。ヤッター!(^.^)>(^.^)>\(^_^)/

バナー小橙blogランキングへ
3連休2日目
今日の来場は3組。

バナー小橙blogランキングへ




[3連休2日目]の続きを読む
志を立てよう
 志とは、辞書によると「心中でこうしよう、ああしようという心の動き」 「心がある方向を目指すこと」となっています。

 自分でも、何かをしようとする時は志を立てて動き出しているつもりですが、松下幸之助さんが言われる「志」とは、そんな生半可なものではありません。真剣さが足りないと言われそうです。

バナー小橙blogランキングへ


[志を立てよう]の続きを読む
3連休初日
台風接近中、パラパラ雨も降りましたが、昨日は何とか一日良い天気でした。

新聞折込の日です。昨日は近隣のポスティングもみんなで行ないました。

結果は・・・。

バナー小橙blogランキングへ


[3連休初日]の続きを読む
十年偉大なり
 十年偉大なり。


二十年おそるべし。 


三十年にして歴史なる。


 
 どんな些細な小さなことでも、十年心を込めて続けると言うことは“偉大”なことです。それにもう十年加えて、二十年間それを続けたとしたら、それは
“おそるべき力になる”というくらいに意義があります。そして、さらにもう十年続けて三十年に至れば“歴史ともいえる力になる”のです。

     掃除に学んだ人生の法則 鍵山秀三郎 致知出版社 より


バナー小橙blogランキングへ

[十年偉大なり]の続きを読む
社長としての座標軸
ドトールコーヒーの鳥羽博道社長には、社長としての七つの座標軸という基本的な考え方があります。

バナー小橙blogランキングへ


[社長としての座標軸]の続きを読む
 自分には自分に与えられた道がある。天与の尊い道がある。どんな道かは知らないが、ほかの人には歩めない。自分だけしか歩めない、二度と歩めぬかけがえのない道この道。広い時もある。せまい時もある。のぼりもあればくだりもある。坦々とした時もあれば、かきわけかきわけ汗する時もある。

 この道が果たしてよいのか悪いのか、思案にあまる時もあろう。なぐさめを求めたくなる時もあろう。しかし所詮はこの道しかないのではないか。

 あきらめろと言うのではない。いま立っているこの道、いま歩んでいるこの道、ともかくもこの道を休まず歩むことである。自分だけしか歩めない大事な道ではないか。自分だけに与えられているかけがえのないこの道ではないか。

 他人の道に心をうばわれ、思案にくれて立ちすくんでいても、道はすこしもひらけない。道をひらくためには、まず歩まなければならぬ。心を定め、懸命に歩まなければならぬ。

 それがたとえ遠い道のように思えても、休まず歩む姿からは必ず新たな道がひらけてくる。深い喜びも生まれてくる。

              道を開く 松下幸之助 PHP より


バナー小橙blogランキングへ


[道]の続きを読む
「うらみ」と「のろい」と「たたり」の経営
「初心7年」と言われるとおり、独立して7年もたつと初心の素直さや原点の心をすっかり忘れ、自己中心的になる社長が増えます。
さらに「横着15年」と言われるとおり、15年もたつと自分に直言する人がいなくなるため、経営が横着になってきます。
 

バナー小橙blogランキングへ


 
[「うらみ」と「のろい」と「たたり」の経営]の続きを読む
本気で言えると
お店に入った時に「この店気持ちいいな」と思える所って何か違いますね。

それは「いらっしゃいませ」の声と店員さんの笑顔です。

お店を出るとき、「来てよかったな」と思える所は、

「ありがとうございます」の声と店員さんのお辞儀です。

だから、リーダーはそういう人間を育てなければならないんですね。

それが、一番の売上、利益UPの方法ではないでしょうか。

バナー小橙blogランキングへ


[本気で言えると]の続きを読む
突然の・・・
一昨日、訃報を聞きました。

商社時代、半年程一緒に仕事をした方がお亡くなりになられました。

まだ30代半ばの若さです。
[突然の・・・]の続きを読む
あきない
あきない

商売は あきない という

どうして あきない なのだろう

それは おもしろくておもしろくて

しかたないから あきない なのだ

いつも おもしろいから

笑い顔 笑顔がたえないから

商売は〈笑売〉だ

「いらっしゃいませ」

「ありがとうございます」

笑顔がたえない いつも活発

だから〈勝売〉となる

ところが あきない 商売を

おもしろくないと思っていると

その商売はすぐあきる

いつも不平不満や愚痴が出て

心が次第に傷ついて

(傷売)となってしまう

こんなお店には

そのうち誰もよりつかなくなり

(消売)となって 消えてしまう

(笑売)をしているのか

(傷売)をしているのか

(勝売)をしているのか

(消売)をしているのか

あなたはどちらの商売をしているのだろう

         ありがとう  清水英雄より




この詩は商社時代、初めて営業所長になった時に男子トイレに掲示しました。
[あきない]の続きを読む
「百聞百見は一験にしかず」
「百聞は一見にしかず」というが、「百聞百見は一験にしかず」とも言える。

知っていても実行しなければ知らないことと同じ。

いかに的確な判断をしてもそれを為し遂げる勇気と実行力がないと、その判断は何の意味も持たない。

松下幸之助
[「百聞百見は一験にしかず」]の続きを読む
割れ窓理論
割れ窓理論というのは、「建物の窓が壊れているのを放置すれば他の窓もまもなく全て壊されるだろう」との考え方であります。

有名なのは、ニューヨークの話

ニューヨーク市は1980年代からアメリカ有数の犯罪多発都市となっていたが、1994年に検事出身のルドルフ・ジュリアーニが治安回復を公約に市長に当選して以来、ケリングを顧問としてこの理論を応用しての治安対策に乗り出した。

彼の政策は「ゼロ・トレランス(不寛容)」政策と名付けられている。具体的には、警察に予算を重点配分し、警察職員を5,000人増員して街頭パトロールを強化した他、

落書き、未成年者の喫煙、無賃乗車、万引き、花火、爆竹、騒音、違法駐車など軽犯罪の徹底的な取り締まり
ジェイウォーク(歩行者の交通違反)やタクシーの交通違反、飲酒運転の厳罰化
路上屋台、ポルノショップの締め出し
ホームレスを路上から排除し、保護施設に収容して労働を強制する
などの施策を行った。

その結果、就任から5年間で犯罪の認知件数は殺人が67.5%、強盗が54.2%、婦女暴行が27.4%減少し、治安が回復した。また、中心街も活気を取り戻し、住民や観光客が戻ってきた。需要の増加を反映して、中心街の家賃は45%も上昇したという。

Wikipedia「割れ窓理論」より引用
[割れ窓理論]の続きを読む
ピンチはチャンスだありがとう
今日も本箱を整理していましたら、「ありがとう」という詩集を発見。

これは講演家の清水英雄さんが書かれた心に響く詩集です。

以前、ゴトウ経営さんの研修会で購入しました。

この詩集は、会社の朝礼などで利用されているところも多いようです。


バナー小橙blogランキングへ



毎日、皆で読み合わせをしていると、お客さんへのありがたみが社員の心に浸透し、接客・対応が目に見えるように変わってくるそうです。
[ピンチはチャンスだありがとう]の続きを読む
感謝は率直に
 現代人は、感謝の気持ちを素直に率直に表現しなくなりました。

 原因は、素直とか率直とかは、次元が低いことのように勘違いしているから

だと思います。人間の感情を率直に表することは、教養がないと格好をつけて

いるからだと思います。感謝の気持ちを素直に率直に表さなければ、人間関係

スムーズにいきません。感謝の気持ちは相手に伝わってこそ本物です。

                 PHP 鍵山秀三郎 「一日一話」より

よく、うちの子供たちにも注意するのですが、感謝の気持ちを示す「ありがとう」という言葉を最近の子は、あまり使いません。

「ありがとう」は非常に大切な言葉だと思います。

バナー小橙blogランキングへ


[感謝は率直に]の続きを読む
人間の甘さ
 人間は苦労することによって、この世の中の厳しさがわかります。

それはいいかえますと、人間の甘さが除かれるということでもあります。

「人間の甘さ」とは、一体どういうことかといえば、

 (一)自分自身を実際以上に買いかぶること。

 (二)他の人の真価が正しく評価できないこと。

 その甘さを徹底的に除いてくれるのが、逆境の試練というものです。
       
            (PHP 森信三・魂の言葉 より)
   
バナー小橙blogランキングへ


 
[人間の甘さ]の続きを読む
高速走行中いきなりパンク 
今朝もいつも通り、会社に向って近畿高速を走っていました。

八尾を越えた辺りで、何だかおかしな音が・・・。

後輪がおかしい、パンクか?三車線の一番右端を走っていましたので、慎重に斜線変更して、路肩に停車。

初めて、高速道路の非常電話を利用しました。

バナー小橙blogランキングへ


[高速走行中いきなりパンク ]の続きを読む
試練
なんか今の自分の状況を見られているような気持ちです。

でもすごく、モチベーションがアップする言葉なんです。

なにせ、重大な任務を授かっているのですから。

バナー小橙blogランキングへ




[試練]の続きを読む
一回限りのマラソン競争
 われわれ人間の一生は、ただ一回のマラソン競争みたいなものでありまして、もしそうだとしたら、それについてコースのだいたいの見当がついているか否かということは、たいへん大事なことです。
 
 現在自分は、決勝点まで、一体どの地点を走っているか、ということを、忘れないことが大切です。その結論として、われわれ人間は、人生の決勝点に入るまでの人生の長さをつねに忘れず、一日一日の生活の充実を期せねばならぬと思うわけです。
                 PHP 森信三 魂の言葉より


バナー小橙blogランキングへ





[一回限りのマラソン競争]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。