mr.gonsukeの感謝するから幸せになれる
素直な心・感謝の気持ち・謙虚な姿の3つを日々心がけています。松下幸之助氏、鍵山秀三郎氏の経営学に影響を受けた42歳です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
I believe 
荒川さん、オリンピック女子フィギュアスケート史上初の金メダル獲得おめでとうございます。欧米人が幅をきかす世界。日本人はスタイルで不利と言われていましたが、そのハンデも克服しての世界一は、本当にすばらしいと思います。

今回、村主さんも堂々の4位、安藤さんは惜しくも15位でした。

安藤さんは、年末から調子を落とし、足の小指の骨折というけがをおしての出場。そんな中で失敗はしましたが、大舞台での4回転サルコーへの挑戦は、よく頑張ったと思います。

ある記事から知りましたが、現役女子高生シンガー・ソングライターの絢香ayakaさんが、生年月日が同じということを知り、関係者を通じて安藤にデビュー曲「I believe」のCDを贈り交流がスタート。手紙やメールのやりとり、電話などで親交を深めてきたそうです。

また、安藤さんは練習中によく I believe をかけて滑っているいるそうです。

その曲の中で

I believe myself 

      信じることで すべてが始まる気がするの…。


というフレーズがあります。

まさに失敗する可能性の高かった4回転に挑戦したのは、I believeだったのしょうね。失敗をしましたが、大舞台でのチャレンジは大きな成果です。

「信じることで、すべてが始まる」と私も思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【本日の感謝】

 自分を信じなければ、挑戦しなければ、何も始まらない、変わらないという ことを教えていただきました。
 
 「I believe」でポジティブマインドをくれた絢香ayakaさん、

 それを実践して教えてくれた安藤さん若いお二人に感謝!! 

 ありがとうございます。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

バナー小橙人気blogランキングへ
スポンサーサイト
鄙事多能
鄙事多能 (ひじたのう)

世の中に特別なこととか特別なものは何もない。

そのことを慶応大学をつくられた福沢諭吉先生は、「鄙事多能」と言っておられます。

慶応大学というと、さぞ立派なことを教えられたのではないかと思うのですが、先生は鄙事、つまり普通の人たちが雑然と片付ける細々としたこと、例えば、朝起きたら布団をたたむとか雨戸を開けるとか、ちょっと家の前を掃くとか、そういった身辺の雑事に対していつも多能で、器用でなければいけないと教えております。

また、芥川龍之介は、

「人生は瑣事(さじ)に苦しみ、瑣事を楽しまなければいけない」と書いております。

 鄙事・・いやしいことがら 瑣事・・こまかいこと つまらないこと

 凡時徹底 平凡を非凡に努める 鍵山秀三郎 (致知出版)  


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【本日の感謝】

福沢諭吉先生は、慶応大学を設立された立派な教育者です。それでも、鄙事の大切さを訴えておられた。芥川龍之介氏も瑣事を経験しなければ、人間としての成長はないというような素晴らしい考え方の人。そこの身分の違いは無関係です。

  この素晴らしい人生訓に対して感謝!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

バナー小橙人気blogランキングへ

伝説の営業マン
新しいビジネスパートナーから伝説の営業マンの話を聞きました。

伝説の人は、某有名ハウスメーカーの住宅営業の達人です。全国でも五本の指に入るスーパー営業マンだそうです。

新人の頃、売れなくて悩んでいたビジネスパートナーが、少しでも売れる営業マンの秘訣を学びたくて、「伝説の営業マン」と一緒にお客さんの所へ同行させてもらったそうです。

伝説の人は、大阪で営業するには不利な東北弁。見た目も少し野暮ったい感じだそうです。

一体どんなセールストークを始めるのか、興味津々でついて行きました。

でもお客さんの所では怒られてばったかり。一緒に数軒回ったそうですが、一緒にいる方も気が滅入るほどだったそうです。

でも伝説の営業マン曰く、「営業は怒られていくらの世界」だそうです。

「怒られる=期待している」らしいのです。また、Reアクションになりますが、お客さんの言われることを速やかに解決すれば「期待」が「信頼」に変わります。すると次のお客さんを紹介してくれるそうです。

だから、伝説の営業マンは、今まで「怒られたお客さんからの紹介受注」で売上を何年間も達成したそうです。現在は九州地区の部長とのこと。

今だに会社を変わったビジネスパートナーにもたまに「元気でやっているか」とメールが届くそうです。さすがですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【本日の感謝】

考え方をポジティブに切り替えて、お客さん思考に徹することが大切。

いくらクレームでもお客さんのお話をじっくりと聞いて、速やかに問題解決できれば、お客さんとの間に信頼が生まれる。

伝説の営業マンに感謝。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

バナー小橙人気blogランキングへ
坂村真民さんのことば
私の座右の銘は、「凡時徹底」です。それを長年実践している鍵山秀三郎氏を尊敬しています。今日から毎週一回、鍵山氏の著書「凡時徹底」から感謝の言葉を抜粋して、自分の意見も述べて行きたいと思っております。


坂村真民さんのことば

不動の商魂、それは凡に徹することである。

これさえ身につければ、お金は向こうからやってくる。

これは商の常道であり、不変の哲理である。

 わたしが常々言っているのは、男は何に何に命を賭けるか、であり、また他の人に出来ないことを一つでもいい、身につけること、であり、そしてこれを実践することである。     
             -中  略-

天下に名をなす人は、皆凡から出、凡に徹しきっている。

 凡時徹底 この四字こそ、商人道の根幹であり、運をつかむこつである。

凡時徹底 平凡を非凡に努める 鍵山秀三郎 (致知出版)  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【本日の感謝】

私は営業職である。この坂村真民氏が言う「凡に徹する」を実践していきたいと思います。

真民先生のすばらしいことばに感謝!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

バナー小橙人気blogランキングへ
透明性とコミットメント
昨晩、スマステーションに特別ゲストとして、カルロスゴーンが出演していました。

ゴーン氏と言えば、ご存知のように倒産寸前ともいわれた日産を立て直した男です。

普段の彼は毎朝7時に出社し、11時に帰宅する“セブンイレブン”なのであります。彼曰く、「上司が早く出社すれば、部下の出社も早くなる」とさらりと言ってのける。何せ休日でも、他社の売れている車を乗り回して、ベンチマーキングするほどの仕事人間。

机上で指示するのではなく、就任直後は、ひたすら工場、企画、販売等の現場を巡回し、多種多様にわたって現状の問題点をピックアップし、日産リバイバルプランを打ち出しました。

赤字解消が出来なければ、「自分を含めた24人の役員が総辞職する」と世間にコミットメントし、「責任転嫁」が出来ない体制を構築。

その結果、7000億円近い赤字を出した日産がトップにゴーン氏が就任後、一年で赤字を解消。約束の前倒しで、3000億円の利益をたたき出しました。

その彼の好きな言葉は「透明性」「コミットメント」だそうです。

彼は日産の大きな問題点を「責任転嫁」と言いました。売れない理由を他に求めるのが癖になっていたようです。営業は商品が悪いと言い、製造は営業力が弱いというようなものです。

自分たち一人一人が責任感を持たなければ、決して良い結果は生まれないということですね。そこで「コミットメント」なんですね。

また、経営も組織もガラス張りにし、透明性を持たさなければ問題点が埋もれてしまうということでしょう。

私もこの事は、しっかりと意識していきたいと思います。 

バナー小橙人気blogランキングへ

テーマ:マーケティング - ジャンル:ビジネス

ブログをはじめます
3月末に今まで働いていた商社を退社する事になりました。4月からは、新しい分野のリーダーとして働きます。

ある方から、「やってみないか」という声をかけて頂き、すぐに「やらせてください」と即決しました。

だって「チャンスは一度」って言いますもんね。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~    
  チャンスは誰にでも平等にやってくる。

  それがチャンスだと気づかない人もたくさんいる。
 
  それをみすみす見送ってしまたり、逃がしてしまう人もたくさんいる。

  その人たちは、チャンスがまたいつかやってくると思って。

  でも、チャンスを無駄にする人のところには、二度とやって来ない。

  チャンスとはそういうものだ。

  だからチャンスを見つけたら、決して逃してはいけない』

                          by gonsuke 

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

でも、人間ネガティブになることってありますよね。

私も、この前それに遭遇したんです。

その時、完全に忘れていたんですが、何年か前にシステム手帳にメモった「ポジティブ」な言葉集を本当に偶然のタイミングで見つけてしまいました。

これは、神様の仕業でしょうか?(ちょっと大げさかな でもそうなんです)

 
 「間違ってもいい。今、すぐ決断すること」 中谷彰宏

 「準備ばかりの人生はやめよう」 本田 健

 「何も決めないよりは、間違った意思決定をした方がいい」
                    ジェームス・スキナー

 「今すぐ下される間違った意思決定が、
    最後まで引き延ばされる意思決定に優る」 ブライアン・トレーシー

 「スパゲッティをゆでるとき、時計の針は中途半端なところにある。きりの いいところから何か始めようとする人は永遠に始めることができない」

 「一生かけて学ぶべきことは、君はもう学んでいる。あとは練習しながら、 その意味を確認するだけ」

 「人生はエスカレーターと同じ。一歩踏み出すだけでいい」

      
本当に、今の自分の肥やしになる言葉ばかりです。これを手帳に書いた自分はその時、何を感じて書き留めたのでしょうか。全く記憶がありません。不思議ですね。

これからは、
 
今までやったことのない職種で、今まで一度も来た事もない遠い場所で、今まで経験のなかった単身赴任で、今までに一度も会った事のないメンバーとの新しいスタートです。

だから、商社での仕事の引継ぎと新しい分野の立ち上げで、結構忙しいのです。

勿論、出資者方の色々なバックアップがあるからこそ、一歩一歩前進していけるのですが。

このブログは、人間力の向上とEQ力のUPを中心に書いていこうと思っています。

これからもよろしくお願いします。

人気blogランキングへ

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。