mr.gonsukeの感謝するから幸せになれる
素直な心・感謝の気持ち・謙虚な姿の3つを日々心がけています。松下幸之助氏、鍵山秀三郎氏の経営学に影響を受けた42歳です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お客さんに喜んでほしいから
先日、NHKのスポーツ大陸の内藤大助さん密着ドキュメントを見ました。

中学時代の壮絶なイジメ。

イジメグループに毎日殴られても、学校は休まなかった。

何故休まなかったかというと、次の日に休んだ分を殴られるから。

なんという辛い日々だったのでしょう。

大人になってもその影を引きずっていました。

そんな彼は、強くなりたいとボクシングを始めました。

そして、多くのお客様の声援を得るチャンピオンになりました。

本当に努力の賜物です。

亀田大毅戦以降、彼は日本で一番有名なボクサーになりました。

テレビや雑誌のレポートに引っ張りだこです。

バイト暮らしの日々から、お金も名声も得ることが出来たのです。

今彼のモチベーションは、「お客様に喜んでもらうこと」だそうです。

みんなに嫌われ疎外され続けた自分が、多くのお客様を喜ばせている。

そのために、日本一ハードな練習を続けているのです。

バラエティー番組では、突っ込まれキャラとしておどけていますが、
番組を見て、芯はしっかりとしたものを持った方だと思いました。

うちの会社の目標も「お客様に喜んで頂く」というのが大前提です。

個人的な欲求を満たす目標より、社会性を持った目標を持った方が、より大きなモチベーションが得られますね。

これからも、内藤選手注目し、応援していきたいですね。

いじめられっ子のチャンピオンベルトいじめられっ子のチャンピオンベルト
(2008/02/23)
内藤 大助

商品詳細を見る





 こちらのポチっもよろしくお願いします。皆さんに感謝、ありがとう。
人気ブログランキングへ~貴重なポチっありがとうございます。心から感謝・感謝です。
スポンサーサイト
ちょっとした態度で
いつも事務所より遠いガソリンスタンドを利用していました。

近くにあるのですが、いかにもヤンキーみたいな店員がいるので、敬遠していました。

でも、あるきっかけで今は出来るだけ、そこを利用しています。

それは、「挨拶」と「笑顔」です。

店員の第一印象が悪いので、以前の私のように避ける人もいるでしょうが、一度何かのきっかけで利用した時、その印象とのギャップに何か小さな感動がありました。

お客様が期待していたレベル以上のサービスがあると、そこに「小さな感動」があります。

それが、期待していたことより、想像も付かないくらいのギャップがあれば、涙物の感動が生まれると思います。

それが、リッツカールトンホテルのサービスですよね。

ふとしたことで、自分の会社に置き換えて考えるようになりました。

我々のVCでも、引き抜きで入ったベテランの住宅営業より、未経験の女性や若い新人の方が、成績がいいのです。

ベテランは「大手のやり方は・・・」なんて講釈ばかりで、フットワークが悪いのです。

お客様のことを「客」と呼んだり・・・。

やはり、経験も大事ですが「ちょっとした気配り」ができる人物でなければだめですね。


バナー小橙blogランキングへ


高速走行中いきなりパンク 
今朝もいつも通り、会社に向って近畿高速を走っていました。

八尾を越えた辺りで、何だかおかしな音が・・・。

後輪がおかしい、パンクか?三車線の一番右端を走っていましたので、慎重に斜線変更して、路肩に停車。

初めて、高速道路の非常電話を利用しました。

バナー小橙blogランキングへ


[高速走行中いきなりパンク ]の続きを読む
笑顔を忘れない
今日の高校野球は、仕事で全く見れませんでしたが、なんと2試合共いずれも逆転勝ち、すごいですね。

試合終了後の選手たちの涙は、見ているものもジーンと来ます。

これが夏の甲子園の持ち味です。

でも最近多くなりましたが、負けても全力を出し切って戦ったという達成感の「笑顔」これがまたいいですね。

学生らしくて活き活きして、とても爽やかです。

今大会は、離島から初出場した沖縄・八重山商工の選手たちがそうでした。

ブログランキングに“ワンクリック”ご協力をお願い致します。
バナー小橙人気blogランキングへ


[笑顔を忘れない]の続きを読む
気付きの力
長浜の城主となった秀吉が、城下の寺に立ち寄った時に茶を所望しました。

寺小姓の佐吉は、1杯目は飲みやすいようにぬるくたっぷりと出しました。

これを秀吉は一気に飲み干したので、小姓は、2杯目は少し熱くして量は半分にして出しました。

またこれも秀吉はすぐに飲み干しました。

すると3杯目は舌の焼けるほどの熱い茶でありました。これは、ゆっくりと時間をかけて飲みました。

秀吉は、この小姓を非常に気に入って、自分の家来にして重要な役目を与えたそうです。

この青年が、後に「関が原」で家康と戦った石田三成です。

バナー小橙人気blogランキングへ




[気付きの力]の続きを読む
顧客満足度日本一・ホンダクリオ新神奈川 
松下電工さんの研修会で、PHPの「ホンダクリオ新神奈川 感動なくして販売なし 本気のCSはここまでやる」というビデオを見ました。

この会社は、「顧客満足度日本一」で全国的にも有名です。私も工務店さんのCSの勉強会でよくホンダクリオ新神奈川のビデオ(DOIT!の方)を何回も使わせていただきました。
本当にすばらしい会社です。また相澤社長(現会長)の考え方がすばらしい。相澤さんの著書「サービスの底力」はPHPから出版されています。

その本の中に、ホンダクリオ新神奈川の非常識な常識というのが6つあります。その前に「顧客満足だけではいけない。感動が必要だ!」と松下の研修会の教師も言っていました。私自身の復習の意味も込めまして、ご紹介していきたいと思います。

【相澤語録】

 CSってのは実はお客さんのためじゃないんですよ。

 CSってのは、自分のためであり、自分の会社のためであり、社員のためにあるんですよ。みんな勘違いしているんですよ。

 CSは商売のため、なんて思い込んじゃうと、CSってのは形だけになってしまう。そして、そういうところに限って、不景気になると「CSだ」「顧客満足だ」と言い出す。好況の時は「自分満足」なわけですね。

 次回に続く 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。