mr.gonsukeの感謝するから幸せになれる
素直な心・感謝の気持ち・謙虚な姿の3つを日々心がけています。松下幸之助氏、鍵山秀三郎氏の経営学に影響を受けた42歳です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久しぶりに
先日現場で、クロス屋さんと世間話をしていたら、ふとY君のことを思い出しました。


Y君は私の教え子なんです。


プロフィールも書いていますが実は私、高校の体育の先生だったのです。


当時3年生の担任をしていた私は、進路のことで走り回っていましたが、その中でもY君はちょっと手ごわい生徒でした。


2学期終了の時点で、出席日数がギリギリだったのです。


ちょっとヤケになっていた時期があって「オレもう学校辞めるわ」というムードだったので、遅刻、欠席が多かったのです。


あと、一日休むと留年が決定してしまうという状況でした。


そこから、私と彼の努力の日々が・・・。


彼も駅から走って来るようになり、またクラスのみんなが応援してくれるようになり、何とかギリギリ卒業出来るところまできました。


ただ、補習が山ほどあったので、皆と同じ卒業式には出れませんでした。


3月の最後の日に一人だけの卒業式を行いました。


勿論、進路は未定。


「オレはギターリストになるんや」と言っていた彼。


とても手先が器用で、ギターが飛びぬけて上手かったんです。


そんな彼と8年後再会しました。


場所は、「現場」で。


当時、問屋の営業時代、建築現場に自社の商品を採用してもらおうと、工務店の社長を尋ねていきました。


その社長はいつも現場に出ていて、特に営業マンが大嫌いという方で、全く相手にもしてもらえず、現場でボーっと立ち尽くしていたときに、奥で見た事のある職人さんがクロスを貼っていました。


そうです、Y君だったのです。


彼は親方の下で、一生懸命暑い中、頑張っていました。


向こうも気がついたらしく、「えっ・・・森田先生ちゃうん、何でこんなとこおんの」と声をかけてきました。


「いやー教師辞めて、建材問屋で営業してんねん」と私。


久々の再会に喜び合っていると、私の存在を全く無視していた工務店の社長が、ニコッとして話しかけてきました。


「おいおまえ、先生やっとんたんかー、Yの先生やってんなー、こいつむちゃくちゃ腕がエエクロス職人やで、ところでカタログ出せやー」。


何とドラマのようですが、その日に3棟分の外装材の注文を頂きました。


勿論、ケチョンケチョンに値切られましたが(笑)。


Y君との出会いで、私はその工務店に出入りできるようになったのです。


本当に、出会いや縁の大切さを実感しました。


親方に聞きましたがいつも彼は、誰よりも早く現場に来るそうです。


元々ギターリストで手先が器用だったY君、もう立派なプロの顔でした。


その後やり取りしていましたが、私が営業所を転勤し、彼も親方から独立し、状況が変わってしまい、段々と音信不通になっていました。


それが先日、クロス屋さんと話をしていて、急に思い出したのですから不思議な感じですね。


急に彼の声が聞きたくなって、電話をしてみました。


「あっ、なんや先生やん」


随分久しぶりの電話ですが、Y君は相変わらず人懐っこい声で話してきました。


今の現状を話すると、彼はびっくりしていました。


彼も3人の子供のお父さんだそうで、これは私がびっくりしました。


「だってオレも35やで先生」そうです、私も43で中2の父親ですもんね。


記憶はまだあの頃のままなんですが・・・・。


話の成り行きで、私の知り合いのリフォーム店を紹介してあげました。


今度、訪問することになったそうです。


いいご縁が出来ればいいですね。


私もY君に、いつか会えることを楽しみにしています。


ecocap.jpg



 こちらのポチっもよろしくお願いします。皆さんに感謝、ありがとう。
人気ブログランキングへ~貴重なポチっありがとうございます。心から感謝・感謝です。

スポンサーサイト
今日の大阪・秋感じます
今日の大阪、秋感じますね。


急に涼しくなりました。



秋の空


地鎮祭に向かう途中、朝8時の空です。


そうなんです。


今日は地鎮祭です。


晴天で凌ぎやすい気温の中、いい地鎮祭でした。


台湾に抜ける台風のおかげで、ちょっとだけ風は強かったですが。


地鎮祭


地鎮祭の準備している途中、宮司さんとお話しましたが、


最近地鎮祭をされない施主様が多いそうです。


うちは、今のところ地鎮祭を行う確率は100%なので、宮司さんとも随分親しくなりました。


そうなると、いろいろと有難いお話を聞くことができるので、有難く思います。


地鎮祭の後、お施主様と一緒に近隣挨拶。


その後、チラシのポスティングを200軒ほど頑張ってきました。


そして午後からは、モデルハウスの基礎見学会。


結構バタバタしています。


今回は、是非見ていただきたいんです。


美しい・・・でしょ。


瑕疵保険・検査員の先生からも、すごくほめて頂きました。


基礎見学会


でも残念ながら結果は・・・・ボウズ・・・。


エリアの小、中学校は運動会でしたし・・・。


でも、続けることが大切ですね。


手書きの告知チラシを作って、頑張ってポスティングしました。


明日もあります。


プラス発想、アファーメーション、お客様が来てくれるいいイメージで・・・。


ecocap.jpg



 こちらのポチっもよろしくお願いします。皆さんに感謝、ありがとう。
人気ブログランキングへ~貴重なポチっありがとうございます。心から感謝・感謝です。

考えさせられます
昨日は休日だったので家に帰りましたが「朝帰り」になってしまいました。


前日、夜の高速を走って帰る余裕がなかったからです。


朝7時に帰宅。


すると長男は、もう学校が始まっているのでいませんでした。


珍しく次男が起きているので、聞くとラジオ体操に出ていたからとのこと。


家内は仕事に出かけたので、その後一日中、次男と一緒でした。


夏休みの宿題を見たり、「テレビゲーム」の相手をさせられたり。


ちなみに「ウイニングイレブン10」というサッカーのゲーム。


3戦3敗という結果。


折角お付き合いしてあげているのに、お父さんの威厳をたもってくれませんね(笑)。


一日中、やたらと、「ねえねえお父さん・・・」。


これが多かったですね(笑)。


パソコンで仲間のブログチェックをしていても、横に座ってずっと私に話しかけてきます。


単身赴任と言っても週1回は帰っているのですが、やはり寂しいのでしょうね。


私が住宅営業へ来る2年半前までは、普通のサラリーマンなので、土・日・祝がずっとお休みで、一緒に行動してましたので、小学低学年の彼は寂しいのでしょうね。


朝出かけるときも彼に、何回も「いってらっしゃい」と言われました。


「後ろ髪」を引かれる思いです。


おやじの決断で、家族を巻き込んでしまい、「ごめんな・・・」と心の中で言いました。


ブログ仲間のYHさんも、私より長い期間、家族と合えない単身赴任の方。


私のように、近いようで遠い中度半端な距離が、いけないのかも知れませんね。


家族の顔を見ると、やはりホッとします。


資金計画で、無理がある方には、家を建ててもらうことにマイナスになるかも知れませんが、必ずライフプランのお話をしています。


子供が小さいうちから、お母さんが朝から晩まで、ローンのためにパートに出るというのもどうでしょうかと。


「家族は一緒が一番」なんてお客様に言っている私。


自分の家族は・・・・ちょっと考えさせられますねー。


普段が「家族の幸せ」と携わっている商売ですから。


ギャップ感じますよね。


さあ、今日からまた1週間、がんばりましょう!




 こちらのポチっもよろしくお願いします。皆さんに感謝、ありがとう。
人気ブログランキングへ~貴重なポチっありがとうございます。心から感謝・感謝です。

今日はトリプルヘッダーです
今日の大阪は朝から雨。

もうすぐしたら施主様ご夫婦が来られ、松下電工のショウルームまで同行します。

お客様に喜んでもらおうと奮発して、ツインタワー最上階の東天紅の景色最高の窓際の席キープしたのに・・・。

この雨じゃ・・・ねぇ。

そして、帰ってきたらすぐに新規のお客様とアポ。

敷地調査の報告とプランのお話です。

そして、お正月用のチラシ作成を印刷屋と打ち合わせ。

お引渡し前の社内検査の日程調整などなど。

やることが目白押しです。

でも、めざましテレビのおとめ座は3位でした。

「仕事をテキパキとこなせる一日」と言う感じのこと言ってたので、
全部上手くいきでしょう。

年内引き渡しあと2棟。

登記も含めて、キワキワです。

がんばるぞ!

果たして、お正月は無事迎えられるか(笑)





クリック募金の後にでも、お時間があればいいんですが・・・こちらのポチっもよろしくお願いします。皆さんに感謝、ありがとう。
人気ブログランキングへ~貴重なポチっありがとうございます。心から感謝・感謝です。


対応が難しいのです。
当社は、移動型の展示場で営業しています。

普通の住宅街にモデルハウスを建てて、半年間使用した後は売却して、また次のモデルハウスを建てます。

だから、地域の住民の方とは本当に良い関係を築いていなければいけません。

自治会で問題にでもなれば、すぐに撤退しなければいけなくなります。

ということで、先日は地主さんの許可を得て隣地の草刈と溝掃除を行いました。

すると近所の奥さんも、笑顔であいさつしてくれるようになりました。

でも、対応が難しいこともあります。

それは、近所の子供さんへの対応。

「見学させて~」なんてよくやって来ます。

モデルに小物などが置いてあるので、興味があるのです。

最初は、どうぞー。なんて入ってもらっていたのですが、なかなかヤンチャな子供さんもいて、知らず知らずのうちに、破損していたこともありました。

ずっと、案内している訳と遊び場状態になってしまうのです。

以前こんな子もいました。「暑いなー。モデルハウスで涼んでいく」なんて友達と話していたり。

来場記念品を欲しがる子も多いですね。くじ引きやってた時なんて、大変でした。

「これ頂戴!」「じゃあ一つだけ」なんてあげちゃうと、次の日大勢でやってくる。

「○○ちゃんだけずるーい」って、女の子はしっかりしています。

「ジュース頂戴!」といって勝手に冷蔵庫を開ける男の子も。

近隣で親と一緒に一回見に来た子が、結構多いですね。

だから、子供さんだけの訪問は「ごめんね、このお家買う人決まってるんで」と断るようにしていました。

でも、地域密着で近隣の人に門を広げれば広げるほど、こういう対応が難しいんですね。

基本的に、常識の範囲内ならいいと思うのですが・・・。

収拾つかない場合もあるので。

特に近隣の子は、注意するのが難しいですね。

これも受け入れるか!

どうしたらいいでしょうか。


今日も最後まで読んで頂きありがとうございます。

さあ月曜日!元気出して頑張りましょう!!

ぽちっ!貴重な一票ありがとうございます。心から感謝・感謝です。


建材メーカーの展示会にふと思う
某メーカーさんの展示会に行ってきました。

建材営業時代は、何回もこのイベントに力を注いできました。
元々、工務店、建材店に来てもらって、先の受注を獲得するため、動員、売上げの目標のため必死に頑張りました。

各3日間、年二回の大イベントでした。

その後、着工数が減り始めて押し込み営業が厳しくなり、「需要を創造する」ということで、ユーザーの動員にしのぎを削りました。

とにかく、動員バブル。

バス動員とあれば色々な支援もし、動員数を競いました。

私の営業所は各代理店動員数のコンテストで2回一位になりました。

鼻高々。達成感がありました。行くところまで行った感じでした。でもそこには、ユーザーさんの気持ちは何も配慮されていませんでした。

結局、半年たっても売上げは少しも上がりません。逆に落ちていく傾向が・・・。

要するに目標自体が、「動員」になってしまい、その後どうするの?が無かったのです。

集めて、見せたら、その気になる

顧客を甘く見ていましたね。

ビルダーや流通も、メーカーさんに付いて行ったら見返りがあると思っていたのです。

結局、メーカーは試行錯誤を繰り返し、今の形に戻った訳です。

流通を軽視したり、また持ち上げたり。

方向性が定まらないのが、この時代なんでしょうね。

でも、7月以降の着工数の落ち込みが、相当響いているはずです。

今日の展示会、どうしてもReアクションの感が否めません。

集めたら、どうにかなるやろって感じですかね。

苦しくなったら元に戻るというのが、業界の鉄則なんですね。

道が空いていて、早く着いてしまったので、しばらく車の中でを読んでいましたが、その影響でしょうか。
この展示会を斜めから見てしまう自分がそこにありました。

ねぇ会場で会ったどんぐりさん、そう思いませんか?


今日も最後まで読んで頂き感謝です。皆様のお陰で夢のような上位にランクUPできました。ありがとうございます。

ぽちっ!ブログランキングに貴重な一票ありがとうございます。心から感謝です。

何という偶然
先日行った地鎮祭の後、施主様と近隣へ挨拶に行きました。

たまたまご挨拶廻りの前に住宅地図を見たのですが、ちょっと気になる名前を発見しました。知っている人と同姓同名。名の方が少し珍しいので。

でも、「まさかそんなことありえへん」と思っていました。

そのまさかが現実に。

何と今度の建築地の真裏に、高校時代の部活の顧問が住んでいたのです。

顔は随分老けており、髪も白髪で少し薄くなっていました。

その先生と会ったのは13年ぶりでした。

お施主様がメインで挨拶され、先方は私の事に気付いていなかったので、こちらからはあえて声をかけませんでした。

普通、恩師と偶然の対面だったら

「先生、ボクです。覚えていますかー。懐かしいなぁ」とテンションも高くなるはずですよね。でも、あえて目を合わさずに挨拶。

ちょっとだけ、心に引っかかることがあったからです。

それは自分が高校の教師時代に遡りますが、部活の試合会場で偶然会って話をする機会がありました。その時先生に言われた一言がずっと心に残っているからかも知れません。

懐かしいそうに話をしに行ったのですが、しばらく話をした後「お前なんかとしゃべって損したな」と言われたのです。

この悔しくて、情けない経験は、後の人生で役にはたったと思います。

そんな先生だったので、自分から声をかけれなかったのかも知れません。

この先生が以前お住まいだったのは、今の場所より80km以上も離れた所でした。

それが、こんなに離れたところで、しかも着工する建築現場の真裏に住んでいるなんて・・・。

今は定年を迎えられたようで、一日中家にいる様子。

いずれ、対面があると思いますので、また報告します。

初対面の場は、近隣からのクレームだったりして(笑)


blogランキングへ ありがとうございます。

ついに2人に
スタッフの一人が体調不良で倒れました。

ずっと無理していたのがたたったか。

この土日2人で乗り切れるか?

しかも、引渡し前のお客様との予定と辞めていった営業マンのクレームの予定も入っている。

ピンチ(汗)・・・。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。